017207 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

間違った美容法をしていませんか?

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

バックナンバー

2018.05
2018.04
2018.03
2018.02
2018.01

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

カレンダー

2010.05.02
XML
カテゴリ:美容
肌にできてしまうシミには様々な種類があります。

摩擦黒皮症、老人性色素班、雀卵斑、脂漏性ゆうぜい、花弁状色素斑、炎症後色素沈着などが知られています。

太陽の強い光に肌をさらし続るとできやすいシミに老人性色素斑があります。

20代からも可能性はありますが老人性と呼んでいます。

シミがまだうっすらとしているなら美白剤なりで何とかなるかもしれませんが、はっきりしたシミは消しづらいようです。

濃い褐色の摩擦黒皮症は、肌を強くこすりすぎたためにできると言われています。

ナイロンタオルやナイロン製のボディブラシの使いすぎに要注意です。

雀卵斑はそばかすと呼ばれています。

子どもの頃から思春期にかけて出始める淡褐色のシミです。

遺伝の関係で出るといわれています。脂漏性ゆうぜいは高齢者に多く見られるシミです。

少し盛り上がった茶色や黒色のシミです。

女性ホルモンの調整がうまくいっていない時には肝班ができやすく、強めの紫外線を海水浴などでずっと受けていると背中や肩な花弁状色素斑呼ばれるシミができてしまいます。

虫さされややけど、切り傷などの肌トラブルば発生後、その炎症が色素沈着をして炎症後色素沈着というシミになることがあります。

老人性色素斑の治療としては、レーザー治療、ケミカルピーリングなどを行います。

ケミカルピーリングで取れない場合、レーザー治療を行います。

時間がかかる方法ですが、摩擦黒皮症では処方された外用薬を使うことになります。

雀卵班に対してはレーザー治療やケミカルピーリング、薬なども有効です。

脂漏性ゆうぜいには炭酸ガスレーザー治療が効果的です。

肝斑は外用剤、内服剤でシミの効果が現れます。

花弁状色素斑では外用剤、レーザー治療を行います。

炎症後色素沈着には、外用剤、ケミカルピーリングが有効です。

シミの種類によって、効果のある治療を選ぶことがシミを消すコツです。





安心してお金を増やせる投資術!【Bookmakers Arbitrage Pro2010】催眠調教セックス【青山愛の教えるSEXで麻薬以上の快感を与える方法】






最終更新日  2010.05.02 14:32:38
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.