010393 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

真空成型器などの各種歯科器材紹介

PR

プロフィール


uraeloe11

カレンダー

バックナンバー

カテゴリ

日記/記事の投稿

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2017.04.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
歯科治療はトラブルが多い?
COXO®歯科用インプラント機器/インプラント装置/インプラントシステームC-Sailor
以下NHKニュースから引用
あごの骨に金属を埋め込んで人工の歯を取り付ける、歯のインプラント治療について、厚生労働省の研究班が調べたところ、治療を始める前に神経の位置などを確認する検査を行っている歯科医師は6割に、また治療の障害となる持病を把握するための血液検査などの値を確認している歯科医師は2割にとどまっていることが分かりました。
オススメ商品をご覧ください:
http://www.athenadental.jp/category-2057-b0-歯科用インプラント装置.html
研究班は、事前検査のガイドライン作りを急ぐことにしています。この調査は、厚生労働省の研究班が、歯科医師1000人を対象に行ったもので、このうちインプラント治療を行っている289人から回答がありました。エアモーターセット
それによりますと、
▽神経を傷つけてしびれが残った
▽インプラントの周囲に炎症が起きたなど、何らかのトラブルの経験がある歯科医師が61%にのぼりました歯科ハンドピース用 カートリッジ
そして、治療を始める前に、
▽骨の厚さや神経の位置などを確認する「CT検査」を患者全員に行っている歯科医師は57%、
▽糖尿病など治療の障害となる持病を把握するための血液検査や尿検査の値を確認している歯科医師は23%にとどまり、事前の検査が十分行われていない
ことが明らかになりました。研究班の班長で日本歯科医学会の栗原英見総務理事は、「インプラント治療を行う歯科医師には幅広い知識と専門性が求められる。安全に治療するためにどのような検査が事前に必要かガイドラインをまとめ、学んでもらう体制の構築を急ぎたい」と話しています。


関連記事

子供の抜けた乳歯から放射線量を測定







最終更新日  2017.04.17 23:17:16
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.