2018.02.01

冷たいプールに長時間入ると、くちびるが紫になるのはなぜ?

カテゴリ:カテゴリ未分類
健康な状態であれば呼吸により十分な酸素を取り入れて、くちびるは赤く見えます。プールに長時間入ったあとにくちびるが紫色になるのは、体温が低下して血管が収縮し、酸素の供給量が不十分になってしまうからです。血管の中を流れる血液の赤血球に含まれる「ヘモグロビン」が酸素を運ぶのですが、ヘモグロビンの酸素化が不十分になると、血液は黒っぽい色になります。​歯科研磨機
またプールに入るなどの原因がなくても、くちびるや指先が紫色に見えることがあり、医師はこれを「チアノーゼ」と呼びます。酸素をうまく体内に取り込めなくなる病気のサインとして診断に利用しています。​歯科電解研磨機
冷たいプールに入ったためにくちびるが紫になったとしても、暖まればすぐに赤色に戻るので、特に治療は必要ありません。ところが、病気によるチアノーゼでくちびるが紫色になっている場合には酸素がうまく取り込めていない証拠なので、治療が必要な場合があります。
血液に酸素がうまく取り込めない理由には、肺が原因の場合、心臓が原因の場合があります。肺の原因には肺の血管がつまる肺塞栓、喫煙などが原因で呼吸機能が低下する慢性閉塞性肺疾患(COPD)、重度の喘息や肺炎が挙げられますし、心臓の原因には生まれつきの心臓の構造異常(先天性心疾患)や心不全が挙げられます。
チアノーゼは子どもにも大人にも起こるので、原因が思い当たらないのにくちびるの色が紫色であることに気づいた場合は、注意してください。

http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=a3a9232cf7e211fd





TWITTER

最終更新日  2018.02.01 12:38:33
コメント(0) | コメントを書く