2018.02.07

管理栄養士として、患者の状況に合わせて、日々の献立を考える

カテゴリ:カテゴリ未分類
一人一人に、どんな栄養が必要かを考慮し、食事の指導もする。​歯科研磨機
 口腔(こうくう)外科を持つ同病院では、舌がんなど口の中の悪性腫瘍や、顎(がく)変形症などの手術も行われる。こうした病気の患者は、食事を取ることが難しい。そんな患者が摂取しやすい調理方法や、食欲がない患者に合わせたメニューが求められる。​歯科電解研磨機
 樋口さんは講習会などに参加し、工夫を凝らす。患者への声かけや、食べ残しの確認にも気を配る。
 適切な栄養摂取は、順調な回復に欠かせない。病院では管理栄養士や医師、薬剤師ら他職種を交えた栄養サポートチームを設け、連携して動く。樋口さんが折り紙を付けるのも、食事が楽しければ、食欲が増し、早期回復につながると期待しているからだ。
 「治療にとって食事は非常に大切で、口からしっかり食べる患者は退院も早い。おいしく食べてもらうには見た目も重要。早く回復できるよう、喜んで食べてもらえる食事提供に取り組みたい」と語った。
 節分には、赤鬼や青鬼が食事を飾る。

http://teeths.prtls.jp/entry.html?did=a2c5102f107e2268





TWITTER

最終更新日  2018.02.07 15:06:55
コメント(0) | コメントを書く