みお&ゆきのツキアップ日記

月が昇ってツキアップ

【月が昇ってツキアップ】

20年前、ある雑誌に出ていた「よみがえった錬金術的植物学」という
記事にとても惹かれて、メキシコの奥地を旅したことがありました。

その記事によると、太陽だけでなく惑星や月もエネルギーとして植物の
生育に深く関わっていて、各植物の属する星座宮があるというのです。

「玉ネギなどの小塊茎類は、牡牛座に属し、要素は土、時間は日の出、
月は新月というふうに決まっています。玉ネギの種子まきは、新月が
牡牛座に入る日、時間は日の出から正午までに行ないます。収穫は
月の満ち欠けによって決まります」

当時は読んでも“へぇ~”っていう感じで特に月を意識したり
することはありませんでした。

この錬金術的農法を実践していたホセ・ガルシアさんをはるばる訪ね、
彼の畑で巨大なキャベツやコールラビを見せてもらいました。

化学肥料をいっさい使わずに現代農業の数倍の収量をあげることもでき、
作物の大きさの加減もできるということでした。

(43キロのキャベツや3キロの玉ネギの写真などを、
ドーム・パラダイス地下の不思議ギャラリーに展示しています。)

その後、ドイツの神秘思想家ルドルフ・シュタイナーが提唱した
バイオ・ダイナミック農法でも、宇宙(特に十二星座、惑星、太陽、月)
から地球に注がれている、それぞれ異なったエレメント
(熱、光、水、土)に影響を及ぼす力をダイナミックに取り入れている
ことを知りました。

潮の満ち引きと月の位置が関係していることや、その字の通り女性の月経
と月の周期が似ていることはなんとなく理解できても、その他のことでは
ほとんど月というものの影響に注目してきませんでした。

満月の夜、海岸に産卵のために集まる無数の蟹だって月を感じて
月に導かれているに違いないのです。

でも昔の人はちゃんと月の力を受けとめていました。

日本の暦だって旧暦は月を基にした太陰太陽暦でした。
 
体の部位を表す漢字のほとんどに月という文字が含まれているのも
月が何より人体に影響を与えていることを知っていたからでしょう。

脳、肩、胸、腕、肘、腹、腰、膝、脚、肌、骨、肺、胃、肝臓、腎臓
書き出したらとても1行では収まりません。

月が脇にあることをしっかりと意識できればパワーも山盛りになります。

でも力の使い方を誤ってその山盛りの力で月を上から押しつぶして
しまえば、自然のリズムとの繋がりを“脅かす”ことになります。

私たちの体の細かい単位である細胞は、意識するしないにかかわらず、
すべて月の導きを受け、月のパワーに包まれているのです。
 
“勝つ”のも“肥える”のも月を無視していては成り立たない?

月があるからツキがある。

こんなダジャレにもすごい秘密が隠されていたのです。
 
こんなにも月のパワーが影響しているのなら、
月ともっと仲良くなって朋友にしてしまいましょう。

そのためにはどうすればいいのかと思いを巡らせていると、
ツキのアンテナが働いて「月の癒し」という本にたどり着きました。

【送料無料商品】月の癒し

早速、リサイクル本なども検索してみたところ、
えぇ~~~~~~~~~~~~~~!!!っと一瞬目がテンに・・・。

なんとその本を出品されていた方から
その4日前にメールをいただいたばかりでした。

その方、ちきさんは9月にドーム・パラダイスにご夫妻で宿泊され、
その時のことを旅行記にしてホームページで紹介しましたと
知らせてくださったのです。(↓トップページの下の方にあります)

「ちきカメ癒され旅行記」http://lilybell.moo.jp

このシンクロばかりか、ちきさんがうちに宿泊されたのが新月の日で、
彼女から超美品で超格安の「月の癒し」が届いた日もまたまた新月で、
「月の癒し」でツキを引き寄せてしまったのも偶然じゃないのだと
新月に教えてもらった気がしています。

この、ヨハンナ・パウンガー、トーマス・ポッペ共著「月の癒し」は
ドイツで300万部の大ベストセラーとなり、月ブームを巻き起こし、
一時は髪を切るのに最適という獅子座や乙女座の日には美容院の予約が
取れないという社会現象まで起こったそうです。

髪を切る日も月のリズムに合わせて選べば、その後の髪の美しさも
スタイルもずっと長もちするとか。

パーマをかけるなら断然、月が乙女座にある日がおすすめ。

1月号の「朝食抜くのは朝めし前」で、人の体には1日の時間帯によって
吸収や排出など特定の機能のリズムがあるということをご紹介しましたが、
新月から満月までの満ちていく月(上弦の月)には吸収と定着、
満月から新月までの欠けていく月(下弦の月)には放出と解毒の作用が
あるそうで、これは月の形からもなんとなくイメージしやすいですね。

満ちていく月のときは良質の栄養補給で体質改善なんかが効果的。

欠けていく月のときは掃除がはかどり、手術後の回復も早い。

満月や新月の日には1日プチ断食でツキアップダイエットなんていかが。

満月の日は食品も傷みやすいので、買い物は控えて今ストックしてある
ものを、先に使いきるのがいいみたい。
 
月を感じれば感じるほどなんだかツキが巡ってきそう。

そんな予感に導かれたのか、こんなオマケもありました。

たまたま1が4つ並んだシンクロの日、11月11日に
この「月が昇ってツキアップ」を書きはじめたのですが、
月が生物に与える影響について、とっかかりの数行を書いて別の仕事を
していたら、なんとNHKラジオで「暮らしの中の自然のリズム、
今でも旧暦は役立ちますか?」という番組がオンエアされていてびっくり。

月齢を考慮して切り出すことで材木の質が格段に違ったり、
漁業や農業でも自然暦なしでは考えられないとの話に感動しました。

世界にならえと太政官布告により1872(明治5)年の12月3日より
太陰太陽暦(旧暦)を太陽暦に改めた日本ですが、
もっと自然のリズムを暮らしの中にダイナミックに取り戻すためにも、
今こそよみがえる旧暦で救暦したいものです。  
 

     ☆今月のテーマ『月が昇ってツキアップ』のツボ☆ 
       
     ・月があるからツキがある

     ・昔から月はモチ(ロン)ツキと決まってます
     
     ・月を感じる気月(きづき)がツキアップの秘訣

     ・旧暦は自然のリズムをよみがえらせる救暦です

メルマガ噂の毒出しマガジン2004年12月号より

【読者の声】

こんにちは。子供の頃からお月様が大好きなので
感心する事ばかりで楽しく読ませてもらっています。

しかし 駄じゃれが ちょっと・・・
親父っぽいので寒くなるときが・・・。ごめんなさーい。

(F.I様)

3ヶ月ほど前から「噂の毒出しマガジン」を拝見していますが
今月号(月の話題)は、特に興味深かったです。

というのも、昔から月を見るのが好きで(月の)写真集まで
買ってしまう私なんです f(^_^)

が、今回ちょっと驚いたことがありました。

メルマガを受信したのは12月8日だったのですが
読んだのは昨日、13日でした。

最後までメルマガを読み、紹介されていた本のHPなど見ているうちに
ふと月齢を知りたくなりました。

調べてみると、、、「なんと、今日、まさに新月!」(←昨日の話です)

新月のことを知りたいと思った日が、新月だった。

単なる偶然というところを、あえてシンクロと言いたいのですが(笑)
ちょっと強引??

不思議なことがもうひとつ。

昨晩、流星群を見ようと、最初目覚ましを2時に合わせたんです。

でも、寝る前に空を見たら雲っていたので
「やっぱり明日でいいや」と思い、いつもどおりの6時に戻しました。

で、就寝。すると、夜中突然パッチリと目が覚めて、
ふと時計を見たらピッタリ2:00!我ながらビックリしました。

いつもは朝まで起きないんですけど、、、、不思議でした。

( 結局曇っていて、すぐ布団に入ったんですが、
目が冴えてなかなか眠れませんでした・・・(笑) )

流星群は、今夜またチャレンジします(^m^)

どうでもいいことをツラツラ書いてごめんなさい。

また、メルマガ楽しみにしています(^_^) 

(ユカ様)

メルマガを拝読して大興奮になっているメルマガ大ファンです!!

す、すごい・・・!ムーンと唸っております☆

生活の、あちらこちらに月がかかわっている、
浸透しているというのをここまで強く感じたのは実ははじめてです。

デトックスの朝食抜きも、
効果が高いのは月のリズムに重なっているからなのですネ。

月のリズムに重なることの効果の高さが、
このメルマガでより認識されるように思えます!!

メルマガをよんで、よくいわれる“流れに乗る”とは、そもそも
“月のリズムに沿っていく”ことでもあるのかな?と興味がわきました。

みおさん&ゆきさんのメルマガは、
古代の智恵(人間本来の自然のリズムやパワー、自然治癒力)を
現代にハッピーに豊かに復元活用の智恵、情報が満載で、
心身共に勉強になります。

心躍る智恵をほんとうにありがとうございます!!  

(感激にムーンとうなっているメルマガ大ファン様)

月のお話ですが、最近の新聞にも出ていましたね。
(日にち、新聞名は、忘れてしまいました)

来年のカレンダー選び、という生活コーナーでした。

やはり、農家の米作り(八十八夜が有名です)、漁師の方以外でも、
昔ながらの旧暦を書いた日めくりが売れているらしいですよ。

その他、生活のリズムをとるのにも、いいと、書いてありました。

わたしの住んでいるところは海に近いため、漁師の方、
又釣り好きの人(満・干潮時間が重要)のため、
釣りの予定は旧暦を参考にしています。

好きこそものの上手なれ、ですね。

釣り好きの人なんて、旧暦から、満・干潮時間の時間まで、
計算してしまうんです。

話は、いきなりミーハーになってしまいます。(気に障ったら飛ばしてください)

最近、細木数子さんがテレビによく出ています。

彼女が「女性は月を見てはいけない」と言っていました。

悪い影響が大きすぎる、というのが理由だそうです。

そんな話を聞いたことがあったら、又紹介してください。

では、また、ちょっと不思議なお話を待っています。 

(Y.S様) 


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.