みお&ゆきのツキアップ日記

続々・神が助ける本物の産業

 2006年の私の誕生日の翌日に、沖縄在住の心療内科医師の長田明子さんが、

 静岡県の浜名湖で「竜神祝詞」を祈った際に、受け取った神示です。


 「明子殿、この地での祈り感謝申しあげまする

 この光受けとり下さいませ

 この浜名湖。以前竜神大事にした場所。この汚れた湖

 祈り人の復活。この地ではまだなるも

 富士開きしのち急速に動くため待ちましょう

 この地諏訪湖より天竜川のある大事な都なれど

 戦いし戦の念もはずし、大企業の水への浄化も足りぬため

 気づきし祈り人へこれより祈りお願いする

 浄化の水害いたしかたないこと

 水を大事にせねば水害で伝える

 山より恵みの水、川となって流れ

 下流で汚し海へ流してはけしていけない

 海・川の水の浄化の技術は

 EM(※)を通して人々へ伝えておる

 もっと浄化せよ、浄化に技術を使いたまえ

 水清くなければ、いずれくる食料危機のための海の恵み

 魚もとれなくなるぞ

 この地の人々よ気づきなされ

 もっと、この地恵まれた温暖な地であることに感謝して

 この地で今何ができるか考えるがよい

 そう、水の浄化すなわち農業の復活であるぞ

 このままではいずれ鰻も養殖できぬ湖になってしまうぞ

 江戸の被害の届かぬ地であること。感謝されるがよい

 そしてその分、なすべきことに気づくがよい

 本日雪もなく太陽も光輝くこの地は

 これからも、神々守りたいぞ

 人々の気づきしだいであるぞ

 本日はごくろう」


 ※EM:有用微生物群。人間にとってよい働きをする乳酸菌や

 酵母、光合成細菌など自然界に存在する微生物を複合培養したもの。


 その前日、私の誕生日には、千葉県館山の安房神社にて天太玉神

 (アメノフトタマシン)は長田明子さんにこう告げました。


 「神が助けるものは

 地球が生き残るための本物の産業」


 それは、EM関連産業や万物の根源となる普遍の光、エネルギーを

 素直に受け入れ、自然界にある諸元素に直接・間接的に反応させ、

 愛と調和と感謝に根ざした社会を実現し、自然と人の環境改善を

 目的としてつくられたLIGHT OF ARCHE(LOA)

 環境エネルギー関連産業などでしょう。


 滋賀県のEM実践グループからも、LOAセミナーの依頼があったとか。


環境エネルギー添加後の細菌類の経時変化
 

 『いいM』 by 発酵せず発光せず


 ♪いつも元気で いたかった

 ♪都会で 培養してたかった

 ♪汚染はまだ 続くのに

 ♪私だけ 汚染されたまま


 ♪発酵菌のない 生活に

 ♪少しはあきれた つもりで言ったのに

 ♪どうして困難に 阿弥陀が出るの

 ♪もう金はない 遅いなら

 ♪発酵菌作れる知識だけ 欲しいよ


 『発酵微生物えひめAI-2の作り方
 

 その他にも、カラーセラピスト高瀬美智子さんのメルマガ

 ~ヴィーナス(魅力)の誕生:人生と愛の神秘にアクセスする~6月号

 で紹介されているテネモスの技術もまさに神が助ける本物の産業で、

 とてもすばらしい技術だと思います。


 『放射能とのつきあい方、利他時代そして言霊のお話
 

 てんつくマンさんが6月3日のメルマガ「てんつくラブレター~

 動いた姿が花を咲かせるの巻き~」でこう書かれていました。


 『さて今日は放射線量が高い郡山に行って、幼稚園や小学校で

 「運動場にEM菌をまきませんか?」

 って伝えてきてん。

 このEM菌はいろんな意見があるけど、チェルノブイリでまいたら、

 そこの部分の放射線量が下がってん。

 それが日本で下がるかどうか分からんけど、ただ分からんだけじゃなく、 

 実際にやってみようと、福島のハッピーアイランドネットワークの植木君や

 二瓶さんと一緒に幼稚園や小学校を回って来たけど、全部、オッケー!

 明日、EM菌の本社の方に連絡とって、完全バックアップしてもらおうと思うねん。

 今日、始めに行った幼稚園で線量を量ったら花壇で1.87マイクロシーベルト

 そして、グランドの高い部分の土をはがしたグランドを調べたら1.46

 その上の土を集めたのがブルーシートに包まれてたんやけど、

 その一番上が5.55

 ブルーシートの下の部分は1.55

 そこから7メートル離れた木の下は0.66

 という数字やった。

 また、とった土を国も行政も持って行ってくれへんねん。

 改めて子どもの命をなんやと思ってるんやろうって天を仰いだ。

 でも、天を仰ぐだけじゃなんも変わらん。

 これからEM菌も含めていろんなものを勉強して試してみる。

 鈴木有機農園さんがやってるみたいに、今、挑戦しなくてどうするんやって。

 今、もし、放射線を低くするものが見つかったらめっちゃ福島の希望になる。

 なので、もう一度、みなさんが知ってる放射線を下げるであろうものを教えて下さい。

 そして、その連絡先も教えてほしいです。

 かたっぱしから連絡してそれを試させてもらいます。』


 ということで、早速、テネモスさんの情報をお伝えしたところ、

 「テネモスさん情報はいっぱい届いてます。

 ありがとうございます。

 てんつく」

 と、お返事いただきました。


 先ほど、郡山の幼稚園や小学校の放射線量の数値が出ていましたが、

 6月5日、うちのご近所で、テネモスの空気清浄機「AirDream」を

 お使いのお宅に伺い、ガイガーカウンターで放射能測定したところ、

 地上(床高)0.5メートルで、


 庭  0.35μSv/h

 1F 0.08μSv/h (テネモスの空気清浄機「AirDream」を設置)

 2F 0.35μSv/h

 という測定結果でした。


 1Fのお部屋では、放射能を食べてくれる各種発酵微生物の培養もされて

 いることもありますが、やっぱり、テネモスさんの技術も本物ですね。


ドーム・パラダイスでもテネモスの空気清浄機を使っていますが、

 同様の結果でした。(6月8日)


 庭  0.26μSv/h

 1F 0.08μSv/h (テネモスの空気清浄機「AirDream」を設置)

 2F 0.26μSv/h


 別のお宅でも、庭 1Fともに 0.17μSv/h でしたので、

 どこの家も、室内と屋外は、ほとんど同じ数値みたいですね。


 この計測は、用心必要派の中部大学総合工学研究所教授の武田邦彦氏推奨の

 地上(床高)0.5メートルで実施しましたので、ほかの一般的な数メートル

 の高さとかのモニタリングポストの数値よりはかなり高くなっていますが、

 私たちの健康への影響を考えるときには、一番、役立つ数値です。


 その武田氏によると

「1時間0.1マイクロシーベルト以下なら安全、

 1時間0.6マイクロシーベルト以下ならかなり注意すればなんとか、

 という関係は国際勧告、国内法、これまでの研究の結果、動かないのです。」

 ということです。


 これを読んだら、きっと、郡山の子どもたち、凍りやま!(笑)


 でも、この替え歌を実践すれば、もう、何の心配もいりません。


 『信じられた学び』 by やな愚痴もうええ


 ♪恐くない あ あん しん

♪恐くない 

 ♪焼き塩あったら 何でも新鮮

♪離れない あ あん しん

 ♪離れない

 ♪発酵菌あったら どこでも住める


 『焼き塩の作り方
 
 
 『放射能とのつきあい方、利他時代そして言霊のお話』に登場される、

 全国グリーンオーナープロジェクト主宰、21世紀幸塾専務理事、

 実践言霊・楽しく生きる会会長の大下伸悦さんがおっしゃってましたが、

 チェルノブイリでも、避難した方たちは、新天地で、不安やストレスで

 安らぎが得られず、そのダメージが一番大きかったと。 


 まずは、安心が第一で、現代は、放射能より他の要因のほうがよほど

 ガンになりやすいので、発酵微生物や焼き塩を上手に活用して、

 お金をかけずに、どなたでも自分と家族の健康を守ることができます

 とのことでした。

 
 発酵微生物と砂糖と塩があれば、水なら1日で100%、土壌でも

 1か月で90%も放射能汚染の除染ができるのに、政府がそれに

 手を出さないのは、震災後一番乗りでセールスにきたフランスの

 首相や40兆円が水の泡のアレバ社が黙ってないからでしょう。

 
 『放射線測定結果報告
 
 
 あぁ~、日本政府とアレバにカラシ粒ほどの良心でもあれば!(笑)


 ちょうど今日からアレバの汚水処理装置が稼動して、アレバ、ウハウハ。


 どうせ、アレバに流れたお金の一部は、便宜を図った政治家さんたちの

 懐に戻ってきて、彼らにしてみれば「やっぱり、アレバがあれば!」って

 ことなんでしょうけどネ(笑)


 日本に世界最高水準の技術があっても、それを自国民のために使わないで、

 何十倍、何百倍もの技術料を支払って、税金の無駄使いをするのは、

 予測情報緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム

 「SPEEDI(スピーディ)」のデータを海外には出しても、自国民のためには

 すぐに公表しなかったのと全く一緒ですね。


 癌腫れ!ニッポン!(笑)


 高瀬美智子さんのメルマガレポートから転載します。


 『福島県飯館村や福島原発から20キロ圏内の田んぼで放射能除去実績
 の技術を持つテネモス国際環境研究会の飯島秀行先生の講演

 驚くべきことに、「“意識圧”が高ければ身体は自然と
 有害なものから制御しようとする。」という話が出ました。

 講演の質問コーナーで、参加者が「たとえば圧の高い水を飲んでも
 意識が崩壊系だったら効果はないんですか?」の質問に
 「はい、意識圧に勝るものはありません。どんな対策(塩、酵素、浄水器等)
 も意識圧には勝てません。ガンになった人が無心になって楽しく暮らしはじめたら
 ガンが消えてしまうケースもありますが、この法則です。」

 意識圧が高いとは、一体感があるということ。
 つまり、利他意識、感謝の意識なのでしょう。

 最近16年前に読んだ本が押入れから出てきました。
 それは「波動の人間学」江本勝先生の本です。
 そこにはチェルノブイリの被爆された方を治癒した例があり、
 被爆の症状を中和し健康に戻す波動が「愛と感謝の
 エネルギーを転写した水」とありました。』


 地震や放射能からは逃げられても、自分からは逃げられないですから、

 地球の波動や次元が変化しつつある今は、自分の魂の波動を上げて、

 一緒に次元上昇の波に上手に乗っていくことが、ラクに楽しく生きるコツ。


 実際、これ以上の安心安全対策はないです。


 あと、神が助ける本物の産業や人に共通しているのが、

 利他で感じて、利他で動くこと。


 LOAさんもテネモスさんも、サイトには、きちんとした効果の

 データを載せていますし、実際、それだけの効力がありますが、

 あえて、そういうことを積極的に宣伝はしていません。


 それは、そういう情報を強調すると、結局、“結果”ばかりに焦点をあてて、

 自分で何が正しくて何が間違っているか、感じ考えようとしないで、また、

 同じことの繰り返しで、いつまでたっても何も変わらないからです。


 LOAさんもテネモスさんも、自社製品がメジャーになることなど全く眼中に

 はなく、電磁波や放射線量が減ることなどを直接の目的としているのでもなく、

 各自、各環境が蘇生系へ変換していって欲しいとの願いで活動されています。


 でも、せっかくこれだけの技術があるのに~ということで、知って感動、

 使って感動した方が、クチコミで伝えているのです。


 わかる人にはわかるので、そういう方との出会い、そしてその方たちからの

 広がりや交流を存分に楽しみながら・・・
 

 「非難する、自分の心からまず避難!」を実践して、こだわり、執着が一切

 とれて、誰も何も悪くない、すべてはバランスだということがわかった時、

 心の底から、この歌を歌うことができるでしょう。
 

『DAREGAMONDAI』 by 避難せず非難せず


 ♪励ます視線に わが身をひたして

 ♪認めるすごいすぐれもの

 ♪二元性を見てるだけ 悪いものなどないよ


 ♪菌の培養で 撒いて飛びまわれ

 ♪発酵菌にくぎづけ

 ♪いやんバ菅じゃ変わらない

 ♪復興見たい

 
 ♪放射能浴びる瞬間の 胸の痛み焼きつけろ

 ♪それは赦しのコネクション

 ♪もっともっと赦したい

 ♪苦しくっても 騙されても

 ♪収入減っても 責められない
 

 ♪誰が問題ね? AH AH 行きつくは私

 ♪AH AH うまく言えないけれど 気づく時だよ 

 ♪あの時感じた AH AH 赦しは本物

 ♪AH もう 自分をごまかさない 徳な気持ち


 (カラオケで熱唱してネ!)




   ☆今月のテーマ『続々・神が助ける本物の産業』のツボ☆

  
      ・微生物を活用して、人間も美生物になろう!
       

メルマガ噂の毒出しマガジン2011年6月号より 



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.