みお&ゆきのツキアップ日記

魔法のめがねには目が無え~

 子供の頃から、ずっと視力はいつも1.5、最近、ちょっと衰えて、

 それでも1.2という私ですが、目の良い人がさけられない、アレが

 ついに私にもやってきました。


 そうです、老眼です。


 それにしても、やな、響きですよねえ~、老眼。


 ローハイドの替え歌で


 ♪老眼 老眼 老眼 老眼 老眼 老眼


 ♪本と新聞 読みづらい 老眼~


 ♪遠くはよく見え 近くがちょっとぼやけ


 ♪ばやきがでるかもの 老眼~(笑)


 昨年の夏頃から、なんとなく気になりだしてはいましたが、

 本も40センチくらい離せば、文字もスッキリ見えるので、

 老眼鏡をつくろうなどとは夢にも思ってもみませんでした。


 ところが、わの舞シンクロ以来、私にとって注目のシンクロメーカー

 である助産師のMさんに、マナーズサウンドセラピーを受けにきて

 くださった際に、実は最近、老眼でねと話したとたん、Mさんが、

 ニコッと微笑まれて「いいめがねがあるの。これ!」と言って、

 自分のめがねを示されたのです。


 「来たあああ~」と思いましたね(笑)


 話を聞くと、両眼視検査法という注目の検査法で、かつ丁寧、

 見える世界が変わる魔法のめがね、クチコミで全国からそこで

 めがねをつくりに人がやってくるということで、これって、

 都市伝説にもなっているあの山本印店のめがね版?って思いました。


 『政治家、芸能人、経営者が殺到する印鑑屋』
 http://plaza.rakuten.co.jp/detox/diary/200703050001/

 『山本印店のいい点(笑)』
 http://plaza.rakuten.co.jp/detox/diary/200705150000/

 政治家、芸能人、経営者が殺到しないデトックスの宿もよろしく~(笑)


 早速、教えていただいた『眼鏡のとよふく』をネット検索して、

 「眼鏡のはなし」という本を送っていただきました。

 
 「時として、眼鏡を自分に適合させた良いものにするだけで

 人格が変わり、

 運命が変わります。

 雰囲気が変わって、

 家族が喜び、周りの縁ある人までが喜んでくれます。」


 ああ、やっぱり、これって、私の直感通り、めがね版山本印店です!


 先々代は昭和天皇さまのメガネも用立てられたということです。


 メガネは顔の一部ですと言いますが、眼は露出した大脳でもあり、

 それを安易な検査方法で選ばれた安易な眼鏡で済ませていると、

 絶えず脳への負担がかかり、やがて脳はNO!というサインを

 身体のどこかへ出して、私たちに気付かせようとしてきます。


 メガネ屋さんなのにお店の中に「穀菜食かふぇ」(予約制)もあり、

 穀菜食にも目が無い私は、早速、検査とランチを予約して、

 目が千葉知った状態で、千葉まで出かけてきました(笑)


 最初は、私だけのつもりだったのですが、「眼鏡のはなし」を読み、

 ネットに出ていたほかの方の下記体験談なども読んでいたので、

 『魔法のメガネ屋「眼鏡のとよふく」訪問記。』
 http://ikui.exblog.jp/11041922/

 現在、近視で時々めがね愛用中のゆきにも、せっかくだから一緒に

 作ったら~とすすめて、夫婦でお世話になりました。


 が、これが大正解で、私よりは、ゆきにこそ必要な『眼鏡のとよふく』

 だったのです。


 私は、眼鏡検査は初体験なので、他との比較はできませんが、1時間ほど

 かけて検査・選定をしていただき、店主の豊福厚至さんには「力のある、

 すばらしい眼ですね」と褒めていただきました。


 ん~、豊福さん、根が正直&目が正直!(笑)


 私の前にゆきが、2時間近くかけて検査・選定してもらっていましたが、

 眼鏡に替える16年くらい前まで約15年していたコンタクトの影響や、

 その後も強引とも言えるほどの眼張った無理な見方をしていたせいで、

 かなり脳に負担があり、心と身体のバランスにも影響があったようでした。

 
 途中、店内の「穀菜食かふぇ」で、ランチプレート1200円

 (日替わり野菜ごはん・スープ・プチデザート付)(眼鏡をご購入の方は

 コーヒーor紅茶がセットになります)をおいしくいただきました。


 写真付きのブログ記事はこちら。

 『魔法のメガネ屋さん「眼鏡のとよふく」』
 http://plaza.rakuten.co.jp/detox/diary/201203030001/

 食後に、スタッフの方たちと歓談していたら、豊福厚至さんが、奥様が

 雑誌ベジィ・ステディ・ゴー!で、ドーム・パラダイスの記事をご覧に

 なっていたと話してくださり、「有名よ~」とおっしゃっていたそうで、

 ゆめゆめ、有名とは思いませんが、やはり、ご縁があったようです(笑)


後日、スタッフの方からツイッター経由でメッセージもいただきました。


 「先日はご来店ありがとうございました! 

 ダジャレのお名刺、皆で見させて頂きました

 なにはともあれ笑顔が一番です」


 私からの返信は・・・


 「こちらこそ大変お世話になりました。ドーム・パラダイスのメルマガ

 「噂の毒出しマガジン」3月号の特集は、とよふくさんです。

 なにはともあれ眼鏡は、とよふくさんが一番です(笑)」
 

 1週間ちょっとで、マジに待っためがねも届き、早速、かけてみました。


 豊福さんのめがねとかけて、徹子の部屋ととく

 
 そのココロは・・・


 どちらも司会(視界)がキラキラ!(笑)


 ん~、ちょっとかけるところが違うんじゃな~い(笑)


 でも、冗談抜きにして、ゆきが、以前のめがねとかけくらべてみたら、

 豊福さんのめがねだと、本当に、キラキラして見えるのだそうです。


 ということで、キャッチフレーズは・・・


 小島慶子と豊福さんのめがねは、キラキラ!(笑)


 で決まりっ!(笑)


ゆきは今回、遠近両用めがねをつくりましたが、近視の人は遠くもよく

 見えるようにすると度がきつくなり、かけているとクラクラしてくる

 そうですが、この豊福さんのめがねだと、クラクラじゃなくって

 ラクラク見えるのに、善善きつくないのだそうです。


 一方、私は、初めてのメガネから、豊福さんのめがねをすることができて、

 視合わせ~(笑)


 ホンマに本を読む間が、ラクになりました(笑)


 気になるお値段も、二人とも8月8日のドーム・パラダイスオープン日と、

 メガネマークとのダブルシンクロで、これで、いい値だ!(笑)


 ♪これで~ いい値だ~

 ♪これで~ いい値だ~

 ♪どんどん よく視え

 ♪視え どんどん

 ♪天才技師だ

 ♪視~え どんどん


 毎日使うものだから、本当に自分に合った良いものを使いたいですね。


 福が豊かになる豊福さんのめがね、おすす目します!(笑)

 
 
     ☆今月のテーマ『魔法のめがねには目が無え~』のツボ☆


      ・お店は佐倉でも、私はサクラじゃないよ~(笑)

       『眼鏡のとよふく』
       http://www.toyofukuoptic.co.jp/



メルマガ噂の毒出しマガジン2012年3月号より 


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.