みお&ゆきのツキアップ日記

あけましておめで糖ございます!

ということで、新年にふさわしいおめでたい糖がございます(笑)


 昨年11月に日本初のお料理用ステビア甘味料が発売になりました。


 カロリーゼロで砂糖不使用、夢のような天然甘味料です。

 『【ステビアスイート "0" ゼロ】』(旧名称レバスウィート)
 http://amazon.co.jp/o/ASIN/B00PIKH6KE/domeparadis02-22



 紅茶に入れると、午前中でも「午後の紅茶」になります(笑)


 これまでも、数々の問題点が指摘されていた白砂糖。 

 
 『砂糖が持つ怖るべき強力な依存性』
 http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-f15d.html

 『砂糖の取りすぎがアルツハイマーを引き起こす』
 http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-98d4-1.html

 『砂糖依存に代わる情熱を注ぐものを見つけねばならない』
 http://8729-13.cocolog-nifty.com/blog/2013/04/post-0567.html


 “社会毒”に翻弄される人々を罵倒しながらも温かく見守る、

 案外ピースフルなドクターうつみんこと内海聡医師は、社会毒の

 中でも代表的な白砂糖について、食品の中で最初に精製された

 覚せい剤だともおっしゃってます。


 内海先生によると急に血糖値を上げるのは、黒砂糖でも三温糖でも

 メープルシロップでもハチミツでもその危険性は一緒だそうです。

 
 そういうことからも、砂糖の200~300倍も甘いにも関わらず、

 その甘味成分がヒトの体内でほとんど吸収されないという

 ステビアの類い稀な価値を納得していただけると思います。


 しかもステビアエキスは、歯垢や虫歯の原因となる口腔内細菌の

 増殖を抑制すると言われています。


 また、歯周病の予防・改善という研究結果もあります。


 だからステビアは卒倒する砂糖ではなく、殺到する砂糖なのです(笑)

 『★卒倒する砂糖と殺到する砂糖!(笑)★』
 http://plaza.rakuten.co.jp/detox/diary/201411110001/

 どうして、ステビアにだけこんな特殊な糖特性をもたせたのか、

 それは・・・

 ♪もしかしてだけど(もしかしてだけど)
 ♪もしかしてだけど(もしかしてだけど)
 ♪それって 茎の秘密もあるよ~の サインじゃないの

 by糖ブロック(笑)

 どぶろっく


 そこに気づいてということで天は仕込んでいたのに、結局、

 それでは気が付かないで、甘味料工場の横のミカン園で、

 農園主も見向きもしなかったようなまずいミカンの樹の

 根本に捨ててあった役立たずの打ち捨てたステビアの茎が、

 堆肥がわりに積み上げられていたことから、甘くて日持ちの

 するミカンへの大変身が起きて、この世紀の大発見に

 つながったということではないでしょうか。


 まさに不糖中の幸いでした!(笑)


 白砂糖はガンや糖尿病などの生活習慣病の原因ともいわれています。


 でも、今年からは、そんな悪糖とは、もうおさらばです(笑)


 レバスウィートは専門家からもかなりの評価をいただいているそうです。


 そのポイントは・・・

 1.お料理の色がキレイに仕上がる!

 「糖化」が起きないため、玉子焼きにしても人参やカボチャ、ピーマン
 といったカロテノイド系の色鮮やかな食材が、食材のままの綺麗な色で残る。

 
 2.お料理の失敗が激減!

 これも「糖化しない」ことに関わることですが、“非常にコゲにくい”ということ。

 別の言葉で言い換えますと、“調理の失敗が少ない”ということだそうです。

 調理の失敗の大半は、煮過ぎ・焼き過ぎ・炒め過ぎによるコゲ・焦がし・
 変色(糖化)が原因とのことで、これが大幅に減ることが期待できます。


 3.調理時間の短縮

 火や熱の通りが非常に早くなるため、通常より7割から8割くらいの
 加熱時間で十分になる料理が多いとのこと。


 4.日持ちが良い!

 桃のコンポートやデザートを作って冷蔵庫に1週間とか入れていても、
 煮汁がほとんど濁らない!といったレポートが多くあります。


 5.そして、やはりダイエット!

 家の料理の甘味を全てレバスウィートの変えたことによって、この1ヵ月で
 2kgも体重が減った方がいて、

 「これまで特に運動も節食もしていなかったので、10年以上ほとんど
 変わらなかった体重が、たった1ヵ月で2キロも減った!これにはびっくり!」

 という人もいたとか。


 ご近所のひろまんさんが早速、ブログでレポートされていました。


 『レバスウィート!』
 http://ameblo.jp/nikonikohiroman/entry-11922336457.html

 『レバスウィート!・・・・(2)』
 http://ameblo.jp/nikonikohiroman/entry-11925337053.html

 『レバスウィート!・・・・(3)』
 http://ameblo.jp/nikonikohiroman/entry-11929097861.html


 皆さんが試した感じをまとめると・・・

 ・煮物は短時間で済み、あくが出ず、醤油と相性がいい。

 ・お菓子作りには、砂糖より少なめにして使い、
  煮詰まると甘さが強くなることに注意が必要。
 
 という感じです。


 使用量の目安としては、『レバスウィート』小さじ1杯で砂糖小さじ3杯、

 つまり砂糖の量の1/3を目安に使うように出来ていますが、人によっては、

 もっと少なくても満足していただける甘味になります。


 うちでも『レバスウィート』を実際に試したところ、まず一番に感じたのは、

 海外のオーガニック食品店で手に入れたステビア甘味料と違って味や香りに

 クセがないことでした。


 それは、海外のステビア甘味料の中には『天然抽出』のものではなく、

 化学合成によって作られたものもあるようです。


 確かにステビア「由来」といえば由来ですが、天然抽出のステビオサイドや

 レバウディオサイドとは似ても似つかないものだとか。


 しかも、『天然抽出』で、かつ、ステビオサイドより数十倍もコストが高く、

 味も良いレバウディオサイドを使っているのが『レバスウィート』です。


 『レバスウィート』の「レバ」はステビアの成分名レバウディオサイドの

 「レバ」で、レバニラ炒めの「レバ」ではありませんので念のため(笑)


 世界に先駆けて乳酸菌発酵ステビアエキスを開発した日本ですから、

 ステビア甘味料の分野でもやはりその技術はひと味もふた味も違いますね。


 現在、世界のAmazon.com でステビア甘味料を使ったレシピ本を検索すると、

 アメリカ700冊、カナダ400冊、ドイツ200冊もあるのですが、

 なんと日本は0冊です。


 カロリーはゼロがいいですが、レシピ本までゼロとは悲しいです(笑)


 今後、『レバスウィート』のレシピ本の出版も予定されているようなので、

 ますます「すばらスウィート」ですぅ。byああだこうだくみ(笑)


 
 
   ☆今月のテーマ『あけましておめで糖ございます!』のツボ☆


   ・カロリーゼロで砂糖不使用、夢のような天然甘味料です。
 
   『日本初のお料理用 ステビア甘味料 レバスウィート 100g

・ステビアが変える世界やステビアの可能性はこちらで。

   『ステビア ワールド』
   http://www.steviaworld.co.jp/



【文庫サイズの健康と医学の本・小冊子・ミニブック】多彩な効能を発揮する・ステビア


メルマガ噂の毒出しマガジン2015年1月号より


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.