みお&ゆきのツキアップ日記

今や浄水シャワーは家庭の必需品

オウム真理教のサティアン突入に唯一参加した元自衛隊幹部、

池田整治さんのメルマガ「心のビタミン」から・・・



 【自己責任で浄化する時代】

 先日、愛媛のわが実家のお風呂浄水器の
 フィルターを交換してビックリしました。

 真っ白だったフィルターが真っ茶色。

 実家は、愛媛の最南端の旧一本松町、
 山ひとつ超えれば高知県の宿毛市。
 日本一の清流の四万十川より田舎です。

 それでも真っ白なフィルターが
 触るのも嫌なほど汚れています。

 今や日本の水道水には、農薬や薬
 化学汚染物質や放射能、
 アスベストや水道管自体の鉛・・・

 水に溶けるモノは浄水場では取り除き不能で、
 検査もしません。

 例えば、450~500種の農薬のうち
 水道局で検査するのは4種だけなのは、
 「ごめんなさい。検査しても除去できません」
 ということで、無視しているのです。

 さらに、浄水場では殺菌のため、塩素を入れます。
 マッカーサーの指示により0.1ミリグラム/リットル以上。
 世界の基準は、0.03ミリ/リットル以下。

 言うまでもなく、塩素は劇薬。
 ドイツで収容したユダヤ人を塩素シャワー等で
 殺害するために開発されました。

 日本では、真夏の大阪や東京の都会の水道水に
 100ミリグラム/リットル投入したこともあります。

 この塩素と水に溶け込んだ有機農薬等が
 お湯を沸かしたり調理する間に化合して猛発がん物質の
 トリハロメタンや、MX等を生成してしまします。

 また、15分の入浴やシャワーは、
 1リットルの飲んだ水道水と同じ塩素を
 皮膚等から吸収すると研究成果が出ています。

 それ故、研究者は蛇口で浄水することを進めています。
 もっとも、この研究は、欧米で行われています。

 リットル0.03ミリグラム以下の水道水での警告です。
 リットル0.1ミリグラム以上の日本では・・殺人レベルと言えます。

 空気も全く同じ状況です。
 フクシマからの「セシウムボール」が都内でも
 見つかったと新聞にのる事態です。

 それを、首相自体が「完全にコントロールしている」と
 全世界の前で嘘を行って、オリンピックを誘致する異常国家です。

 人は、必須アミノ酸、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカル、
 食物繊維、そして安全な水と空気で健康に生きています。

 特に、水と空気を、人間や動物は
 腎臓や肺でフィルタリングしています。

 浄水器等のフィルターは交換できます。
 しかし、腎臓と肺は交換できません。

 あなたは、
 フィルター交換しますか?
 腎臓と肺使い切って人間やめますか?

 汚染による病気で亡くならないための社会基盤を作るのが
 大人の役目、為政者の任務だと、私は思います。

 その社会改革、意識改革まで、
 自己責任でサバイバルしかない・・

 (以上転載)


 ドーム・パラダイスではお客様用の2台のシャワーはどちらも

フィルター付きの浄水シャワーですので、塩素処理した水道水の

有機塩素化合物トリハロメタンを気化した状態で吸引する恐れもなく、

髪へのダメージもなく安心です。


 しかも、シャンプーもトリートメントもステビアエキス入り。


 だから、髪対応が神対応!(笑)


 
   ☆今月のテーマ『今や浄水シャワーは家庭の必需品』のツボ☆

     
  ・宿泊者には浄水シャワーの特価販売実施中!まずは実際に体感を!


メルマガ「噂の毒出しマガジン」2018年5月号より


Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.