みお&ゆきのツキアップ日記

なるべく働きたくない人のためのお金の話


 
 辛酸なめ子さんが・・・

 隠居男子がブームになれば、
 日本の未来は
 ちょっと明るいです
 この本があればたぶん
 無人島でも生き延びられます
 
 と、オススメする本

 
20代で隠居 週休5日の快適生活 週休5日の快適生活 [ 大原扁理 ]

 

 堀江貴文さんが・・・

 親も先生も信用してはいけない。
 就職しなくても生きていける。
 終身雇用なんて期待するな。
 世間の常識は疑ってかかれ。
 同調圧力や空気に負けるな。
 人生は一度きり。他人に自分の運命を左右されるのは御免だ。
 など、僕と考え方はほとんど同じだ。
 「働かざるもの食うべからず」なんて、古い。

 と、オススメする本


年収90万円で東京ハッピーライフ [ 大原扁理 ]


 の著者、大原扁理さんがお金と人生について、ゼロから考えた記録を

 まとめた最新刊がなかなか面白い!

 
なるべく働きたくない人のためのお金の話 [ 大原扁理 ]


 給料日はハッピーな気分だけど、給料日直前はお金が足りなくてイライラ…。
 生活をラクにするために働いているはずなのに、いつまで経っても幸せに
 なれないような気がする…。そんな風に感じている人は、お金に過剰依存
 してしまっているかもしれません。お金は確かに大事なもの。でも、お金に
 振り回される生活がハッピーと言えるでしょうか? 今の仕事や将来に不安を
 抱える人に、そんな問いかけとやさしい答えを提案するのが、『なるべく
 働きたくない人のためのお金の話』(大原扁理/百万年書房)です。

 本書は、著書本人が25歳から6年間続けた週休5日の低収入生活から得たという、
「お金と人生の考え方」をまとめた1冊。お金ですべて解決できるという風潮に
 逆行する生活を提案することで、本当の豊かさに気づけばもっとラクに生き
 られるのでは、という考え方が生まれたといいます。

 ■低収入生活のルールを常にアップデートしていく

 ■「自分がこうありたい」と考えて過ごす積極的な毎日を手に入れてほしい

 『なるべく働きたくない人、この指とまれ。自分のお金を見直すための教科書』
 https://ddnavi.com/review/479707/a/

 この本の要約もようやく出来ました!(笑)


 ・隠居生活は週休5日!
 
 ・最低限の満足ラインを確認する

 ・物は把握できる分だけ所有する

 ・毎月の支出を把握する

 ・お金に依存した幸せや自由は排除する!

 ・募金をして社会貢献する

 ・お金を擬人化して遊ぶ

 『【大原扁理】『なるべく働きたくない人のためのお金の話』でお金との関わり方を考え直した話』
  https://www.tkd-wanderer.com/entry/ohara-work-money


 ☆今月のテーマ『なるべく働きたくない人のためのお金の話』のツボ☆


  ・「豊かな生活って何だろう?」って自分にゆったかな?(笑)


メルマガ「噂の毒出しマガジン」2018年11月号より


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.