みお&ゆきのツキアップ日記

金窮企画!コロナ時代におすすめの現金収入アップ術




今回のコロナ騒動で、宿泊客がゼロ、

事業収入もゼロの「ゼロゼロ気分」の

毎日ですが、まったく不安はありません(笑)


「失敗は成功の元」「ピンチはチャンス」って

マジで月並みの言葉ですが、

でもこの言葉の「ツキ」は「並」じゃないですよ~!(笑)


な~んてダジャレで笑っていられるのも、

すべてはアノ人が教えてくれた、

ある情報のおかげです。


今回の新型コロナウイルスが一旦収束しても、

そのうち第二波、第三波が来たり、

また、じきに、さらに進化した新たなウイルスが

次々発生するかもしれないので、

ある日、突然の自粛生活になっても、

すぐに現金収入を得られるツールを

本業の他にも最低1つは持っておくことは

大臣になるより大事です(笑)


今後はもう、以前のような世界に戻ることは

ないでしょうから。


あの本田健さんも今後については、

かなり厳しい予想をされていましたが、

初エッセイ『馬鹿ブス貧乏で生きるしかない

あなたに愛をこめて書いたので読んでください』が

現在ベストセラーで話題となっている著述家の

藤森かよこ氏(福山市立大学名誉教授)の未来予測が

ミョーに光ります。
 
『「コロナ禍」以後のディストピア未来予測とは?』
https://www.excite.co.jp/news/article/BestTimes_11604/


馬鹿ブス貧乏で生きるしかないあなたに愛をこめて書いたので読んでください [ 藤森かよこ ]

藤森氏の本に書いてあった

「社会がアレしてくれない、これしてくれない、

他人が自分の都合よく動かないことでギャアギャア

騒ぐのはいくら馬鹿なあなたでも37歳までだ」

という鋭い言葉にちょっとだけ心が騒いだ方、

ぜひ、この続きもご覧ください。



私の命の恩人でもあるアノ人の名前は・・・

脱損知恵見(ダツソンちえみ)。


 上田君、ありがとう。


 斎藤君、ありがとう。


 池田君、ありがとう。


 みんなマスクつけてくれてありがとう。


 あ~、女に生まれてよかった!


 どうも~


 効率的な仕事ぶり、充実した生活 が


 一変したコロナキャリアウーマン!(無症状)



 減収で悲しい自粛ウーマンのみんな


 自分から「借り」に出ないと、お金出来ないと思ってない?


 じゃあ、質問です。


 花は自分からミツバチを探しに行きますか?


 「・・・探さない、ま~きのっ(笑)」





 撒いてごらん、自然とおばたのお兄さんが寄ってくるから(笑)




 キャリア


 ウーマン



 くみちゃ~ん


 副業、福業


 えっ?元(もと)金(カネ)の事が忘れられなくて、

 テレワークに集中できない?


 じゃあ、質問です。


 くみちゃんは味のしなくなったガムを

 いつまでもいつまでも、噛み続けますか?


 「・・・新しいガム、食べたくない?」


 


 副業はガムと一緒!


 うまみがなくなったらまた新しい福業をすればいい!


 ・・・だって、この福業で月に何万入ると思っているの?


 「・・・35万」


 「あと5千円」


 (35万)


 (35万)


 「さんじゅう・・・ごまん」


 「まんじゅう・・・ごはん」(笑)



ふふっ、冗談はさておき、私がおすすめする

福業になる副業ツールがこれ。


『パート勤務の月給10万円の主婦がエステに通う“お小遣い”を作れた方法』
https://lushlife-asp.com/lp/36898/1019408


老若男女どなたでも安心して取り組めます。


とにかく少ない資金で素早く現金収入を

増やしたい方にはこの方法が一番!

ということで・・・


ブルゾンちえみの名前を捨てて、

本名で再スタートした藤原史織さんも

興味があったら、脱損知恵見してみてね~(笑)



2年前にエンリケ・バリオス著『アミ小さな宇宙人』

という小説を読んで影響を受けたという藤原史織さ~ん、

アミシリーズ3巻が読み放題&穀物菜食で、コロナも安心、

おひとりさま貸し切りの宿ドーム・パラダイスにも

「緊急事態宣言」が解除されたら遊びに来てくださ~い!


『藤原史織、肉を食べない生活を告白 「面倒くさがらることを恐れ…」』
https://www.excite.co.jp/news/article/Fumumu_154763/

『元ブルゾンちえみこと藤原史織、突然のヴィーガン告白に「よく言った」「唐突すぎる」と称賛&困惑が噴出』
https://entamega.com/39115


脱損知恵見さんが元ブルゾンちえみさんに

知恵を見せてるような深イイ話がこちら。


『★マンガ『ぼくの地球を守って』はフィクションなんかじゃなーい!その39★』
https://plaza.rakuten.co.jp/detox/diary/202004240001/


ピンチこそ最大のチャンスだと

心の底から思えるために、

この本もおすすめです。
 


悪魔を出し抜け! / ナポレオン・ヒル 【本】



私は、人生の♪どん、どん、どん、どん底!だったときに

この本に救われました。


著者のナポレオン・ヒルさんに

悪魔陛下がこう語ります。

今回の世界恐慌では、人間の習慣が

いたるところで壊され、あらゆる階層の

人間にかつてないほどのスケールで

チャンスの芽が再分配されている。


自分が望ましくない状況に甘んじている

ことを言い逃れしたいとき、

「流される」人間が一番よく使う手は、

「チャンスなんて世界中探したって

どこにもない!」とわめき散らすことだ。


「流される」ことのない人間は、

チャンスが目の前に置かれているのを

待っていたりはしない。

 
自分の人生でやりたいことや、

そのために必要なものに合わせて、

自らチャンスをつくり出すのだ!


1929年に起こった世界恐慌のように、

失敗が国単位ともなると、

状況は完全に大自然の計画に同調し、

人間が持っていた古い習慣はすべて破壊され、

いたるところに新たなチャンスが

もたらされるようになる。


逆境に陥ると、人間は古い思考習慣を断ち切り、

新しい習慣を身につける機会を得る。
 


ナポレオン・ヒルさんと悪魔陛下のやりとりです。

「人間が知恵を得るのは、

どういうときが多いのでしょう?」


「逆境と失敗のときだ。

大自然はこの2つの共通言語を使って、

準備のできた人間に知恵を分け与える。」


「逆境と失敗のときには、

誰でも知恵が授かるのですか?」


「そんなことはない。

知恵を受け取る準備ができていて、

かつ自分からそれを求めている人間だけだ。」



だから、常軌を逸した上記ツールを自分から求めて・・・


あくまでも、悪魔を出し抜け!(笑)




☆今月のテーマ『金窮企画!コロナ時代におすすめの現金収入アップ術』のツボ☆

    
    ・ピンチ、ピンチ、チャンス、チャンス、ランランラン♪



メルマガ「噂の毒出しマガジン」2020年5月号より


© Rakuten Group, Inc.