みお&ゆきのツキアップ日記

自由学園シンクロ!

 アメリカの天才建築家フランク・ロイド・ライト

設計で重要文化財にもなっている自由学園明日館で、

12月22日に私もプチ参加してクリスタルボウルの

演奏をすることになったということを、メルマガ

 11月号の今月のおすすめ大作戦で紹介しましたが、

 そのチラシが出来ました。

 『チラシ表』
 http://aniel369.img.jugem.jp/20111124_1038128.jpg

 『チラシ裏』
 http://aniel369.img.jugem.jp/20111124_1038129.jpg

 
 クリスタルボウル・サウンドヒーラーの、はらまゆ魅

 さんは、ビジョン心理学、エンライトメント心理学を

 学び、2005年に「日本クリスタルボウル協会」を設立、

 会長としてこれまで約100名の認定奏者を送り出すほか、

 今年も7月に福島でのボランティア演奏会、8月には

 原爆ドーム前での野外演奏など、全国各地で癒やしの

 コンサート活動を展開されています。

 『クリスタルボウル・サウンドヒーラー はら・まゆ魅』
 http://aniel369.jugem.jp/


 ピュアな、はらまゆ魅さんが、うちに宿泊した際は、

 オーブ写真を写しまくりでした。


 オーブは、天使や自然霊が白い光の玉として

 映像化されたものだといわれているものです。

 『素晴らしかった、ドームパラダイス♪』
 http://crystalbowls.jugem.jp/?day=20070611


 今回、3名の愛弟子さんとのクリスマス演奏会に

 愛弟子でもない私をお誘い下さり、ああいえば

 こう友情出演させていただくことになりました(笑)


 参加を決めたあとで、会場のご案内をみたら、

 なんと、ゆきの母校で、ここでの演奏ならきっと

 ボコボコにされないで済むかなあと一安心!(笑)


 そんな天界からの展開?があってから、数日後に、

「タイマグラばあちゃん」というドキュメンタリー映画を

 みお&ゆきで観ることになりました。


 「タイマグラ」というのは、アイヌ語で

 「森の奥へと続く道」という意味で、

 岩手県北上高地最高峰・早池峰(1972m)の東麓、

 標高500mの所に広がる戦後の開拓地です。

『タイマグラ』
http://www.taimagura.com/


 ドーム・パラダイスの近くにも、ハイロンやアテロ

 といったカタカナ地名の戦後の開拓地集落がありますが、

 これもアイヌ語が語源でしょうか?


 「タイマグラばあちゃん」は、海外でいくつもの賞を
 
 受賞している世界も注目した作品です。


 受賞歴や映画の内容はこちらで。

『タイマグラばあちゃん』
http://www2.odn.ne.jp/ise-film/works/Taimagura/taimagura.htm


 この映画の監督、澄川嘉彦さんは、このドキュメンタリー

 映画をつくるためにNHKを退職して、タイマグラに

 移り住んだという方で、上映前にいただいた「命をつなぐ」

 と題する澄川監督からのメッセージが心に響きました。


 ちょうど今、TPPが話題になっていることもあり、

 言葉の重みが一層増します。


 「世の中では、食べ物を作る仕事、獲る仕事が買いたたかれている。

 お金は食べられないことを忘れて、安ければ安いほど良いと
 “消費者”は言う。

 私はタイマグラに来て消費者ではなくなった。

 あいかわらず食べ物を買ってはいるが、育てたり、獲ったりもする。

 それがどれほど大変なことなのか、身にしみた。

 食べ物をお金だけで考えてはいけないと思う。

 食べ物=命をつなぐ糧はわけあうものではなかろうか。

 作る人が食べる人に分けてくれる。

 さらに言えば、作る人は自然からわけてもらう。

 人と人との助けあい。

 人と自然との助けあい。

 人は自然から食べさせてもらっているのだから。」

 (以上、一部転載)


 この映画「タイマグラ(森の奥へと続く道)」は、

 私たちひとり一人の魂の奥へと続く道でもあるのだ

 と思いました。


 映画のあとは、ゆきが、キャンセル待ちをクリアして、

 ドーパラ代表で、タイマグラ在住の草木染めニスト

 安部智穂さんのスライド&お話会にも参加してきました。


 スライド&お話会の受付けをされていたのは、うちの

 お客様でもあるKさんだったので、その辺もしっかり

 計算に入れておけば私も参加できたかなあと思いました(笑)


 自由学園明日館で、クリスタルボウル演奏することになった

 途端に、なぜだか自由学園シンクロが続きます。


 映画「タイマグラばあちゃん」にも出演の、

 今は不思議民宿「フィールド・ノート」の女将をしている

 yamaさんと、婦人之友に「岩手タイマグラ便り」を連載中の

 安部智穂さんが2人とも自由学園出身で、

 ゆきの4期後輩さんになります。

『山小屋フィールド・ノート』
http://www.taimagura.com/yama/fieldnote.html

『ちほの宝箱』
http://homepage2.nifty.com/chi-ma/

安部智穂さんの森の暮らしが本になりました。

 『森の暮らし─たいまぐら便り
 


 ゆきが、安部智穂さんに、みおもプチ出演する

 「SUPER LOVE CONCERT 2011」のチラシもお渡ししたので、

 あとはこの自由学園シンクロの行く末を見守るだけです。


 その1週間後には、自由学園の同窓会もあり、そこでも、

 チラシ配りまくりでした。


 ♪チラシ まくなら この同窓会

 ♪あったか メンバーに 見せるだけ

 ♪ちょいと 見せたろう(笑)


 これまで、ほとんど私には縁のなかった自由学園ですが、

 この自由学園シンクロは、きっと自由が喰えん私に、

 大いなる自由をもたらしてくれるものと期待しています!(笑)


メルマガ噂の毒出しマガジン2011年12月号より 



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.