みお&ゆきのツキアップ日記

「究極の愛」シンクロ!

アメリカの天才建築家フランク・ロイド・ライト設計で重要文化財にも

 なっている自由学園明日館で、12月22日(冬至)に4人の奏者により、

 クリスタルボウルを通して「究極の愛」の音色が届けられました。


 コンサートの様子は、はら・まゆ魅さんが、ステキな写真とともに、

 ブログで紹介されています。

 『SUPER LOVE CONCERT 2011 無事終了!』
 http://ameblo.jp/aniel369/entry-11114502141.html


 30個のクリスタルボウルが奏でる「究極の愛」は、曽根さんが歌われた

 「アヴェ・マリア」を含めて、まさしく「9曲の愛」でもありました。


 このコンサートを企画された、はら・まゆ魅さんの温かい思いが、

 クリスタルボウルの音色を通して、お越しいただいたお客様のハートに、

 ストレートに“共振びんびん物語”していました。


 うちのお客様がお連れした方は、あまりの感動で、自分もクリスタル

 ボウル習いたいと熱望されていらっしゃいました。


 お客様が感動された音色は、こちらで習うことができます。

 『日本クリスタルボウル協会』
 http://www.7crystalbowls.jp/


 クリスタルボウルのことがすごくわかりやすくて、CD付きで

 とってもお得なガイドブックはこちらです。

 『聴いて幸せがおとずれるクリスタルボウル・ヒーリングブック』
 
【送料無料】聴いて幸せがおとずれるクリスタルボウル・ヒーリングブック


 マイラクのcuminさんもブログに早速コンサートのこと書いて

 くださいました。

 『ホリデーシーズン』
 http://plaza.rakuten.co.jp/nycumin/diary/201112230000/


 まゆ魅さんと私がつながったのは、「天上のシンフォニー」という

 スピリチュアル・アドベンチャー小説がきっかけだと思いますが、

 その著者の伯宮幸明さんが自費出版された「百姓レボリューション」

 という本の初版が、12月22日に完売したというのも、その本の内容

 からして「究極の愛」シンクロだったかもしれません。


 クリスタルボウルは、そんな不思議シンクロを加速させてくれる

 ミラクルツールでもあります。


 2012年を目前に控え、地球がその振動レベルを上昇させつつある今、

 ひとりでも多くの方が、その上昇の波にスムーズに乗れるように、

 クリスタルボウルの「愛」の音色・波動をどんどん日本中に届ける

 必要があると思います。


 それを担う方が、はら・まゆ魅さんです。


 (以下コンサートのチラシより)

 2011年は、日本各地で、
 かつてない災害に見舞われました。

 1年を振り返り、確信いたしましたことは、
 「人と人との繋がり」「思いやり」「助け合い」
 の大切さ、そしてそれは「愛」そのものでした。

 「愛」にも様々な形がありますが、ここでいう
 「愛」は、究極の愛~SUPER LOVE~。

 クリスタルボウルを通して、日本に、地球に
 「愛」の音色・波動を届け続けることを
 宣言します。

 コンサート終了後、応援して下さる方々の
 ご好意により、「はら・まゆ魅を応援する会」
 セレモニーを予定させていただいております。

 皆様のお力添えで、今まで以上に
 精進して参ります。

 2011年10月27日 新月

 クリスタルボウル・サウンドヒーラー

 はら・まゆ魅

 (以上転載)


 セレモニーでは、私も挨拶させていただきました。


 まゆ魅さんを応援する会の名前が「虹の会」ということで、

 私が当日していたレインボーマフラーもバッチリ、シンクロでした。


 「虹の会」発起人は7名で、私は第3チャクラの黄色担当です。


 みおのミ、ドーム・パラダイス太陽の子どもたちで太陽神経叢、

 こちらも収まるところに収まった感じです。


 これからも、まゆ魅さんの活動を、ハゲながらじゃなくって

 影ながら応援させていただきたいと思っています(笑)


 まゆ魅さんは、その翌々日、熊野本宮大社にて、

 正式奉納演奏をされました。


 『「熊野本宮大社」奉納演奏』
 http://ameblo.jp/aniel369/entry-11118798729.html


 私の産土神社は横浜市にある師岡熊野神社で、私の職場

 (ドーム・パラダイス)の鎮守神社が軽井沢の熊野皇大神社なので、

 22日のコンサートに、声をかけていただいたことも、そのあと、

 まゆ魅さんが熊野本宮大社での奉納演奏をされるのも、

 偶然という名の必然だったのでしょう。


 まゆ魅さんが熊野本宮大社の宮司様からいただいた「笑顔」の色紙は

 今、ドーム・パラダイスのエンジェルホールに飾られています。


 “熊野より日本の甦りを!”という思いが、この「笑顔」の二文字に

 込められているように思いました。


 9月に、明治22年の大洪水以来、実に120年ぶりの大水害に見舞われた

 熊野本宮大社です。


 今こそ、日本人が世界に先駆けて、その役割に早く目覚めないと、

 2012年は、日本にとっても日本人にとっても、さらに厳しい年になる

 ことは避けられないようにも思います。


 すべての出来事には、用意周到な秘密のシナリオがありますから。

 
 cuminさんの23日のブログにあった「ホピの予言」という言葉が、

 この「究極の愛」シンクロの鍵をにぎっているのかもしれません。


 SUPER LOVE CONCERT 2011 では、クリスタルボウルの演奏にあわせて、

 お客様と「きよしこの夜」の合唱がありましたが、映画「ホピの予言」

 監督の宮田雪(きよし)氏が、16年もの闘病生活を経て2011年2月14日に

 亡くなり、その宮田雪氏が闘病生活前に託したある方の本が、うちの

 お客様を通して私のもとに届けられたのも決して偶然ではないでしょう。
 
 
 『♪雪(きよし)この夜、蓮は光り~』
 http://ameblo.jp/loa-friends/entry-11002353596.html


 LOA携帯用を愛用され、すでにその効果を実感されている、まゆ魅さん、

 LOAペンダント「とも」を持参されて、熊野、松阪の旅の途中、某所にて、

 LOA環境エネルギーのエネルギー診断もしてきてくださったのですが、

 「LOAのエネルギーの素晴らしさは、実証されました(^^

 Оリングでも、がっちりと閉まりました。」

 ということで、日本の国体、波動エネルギーを上げるためにも、

 このLOA環境エネルギーは追い風になると思います。


 まゆ魅さんが前述『「熊野本宮大社」奉納演奏』にこう書かれていました。

 「宮司様には、
 今という時代に生きている私たちがすべきこと、
 思い出さなくてはいけないこと。
 明治時代に襲った大水害の時との人々の心のあり方の違い、
 それを今、思い出させるために、熊野は再度、災害にあった、と。
 それでも、東日本大震災のあの悲惨な状況を知っているから、
 熊野の人々は、自分の状況を受け入れ、未来に向かって、心を強くして、
 前進できていること。

 日本に今年起こった、3つの大事件。
 それらを通じて、気づかなくてはいけないことが沢山あること。
 今、気づかないと日本は世界は大変なことになってしまうこと。
 ためになるお話を沢山伺いました。」


 ブログでは書かれていない3つ目の大事件については、宮司様も、

 ありえない事件、とおっしゃっていたそうです。


 今年、「ホピの予言」シンクロと並行して起きていた音響シンクロでは、

 先日、その関連でドーム・パラダイスにお泊りいただいたある方が、

 偶然という名の必然で宮田雪氏が託したある方の本をうちで読まれ、

 その流れで伯家神道のことをその方から伺い、八幡神道との関係もわかり、

 12月30日、いつ?みおの日に、その謎解きは今日だったのだと判明。


 まゆ魅さんを通して、熊野と繋がり、そして、ついに深淵なファイナル

 アンサーへと新年を迎える前に信念の急展開で導かれました(笑)


 まゆ魅さんからは

 「すごいですね。

 すべてがつながっていますね。

 7月26日のマヤ暦元旦のコンサートで、
 ケンケンさんと知り合いになったのも、
 この一連の流れの一部ですね。

 やはり、マヤ暦のイベントから
 ずっと、エネルギーはつながっているのですね!

 11月11日のマヤの長老たちが、2万6千年ぶりに集ったことも
 http://blog.goo.ne.jp/flatheat/e/8ba89bcb084cc1418887fbd744abdeff

 ホピ族が300年前に書いたの預言書の一文
 「レインボーピープルが現れてクリスタルを奏でるとき
 地球に新しい夜明けが来る」という永田先生がホピ族から
 聞いてきたものとも関係がありますね。」

 というシンクロ追い風メッセージもいただきました。 


 これを読んで『宇宙心』という本を思い出してしまいました。


 『宇宙心─宇宙時代を幕明けた無名の聖者からのメッセージ
 


 この本の著者の鈴木美保子さん作のレインンボーカラー7色でできた

 ウランビーズ・ストラップを、ドーム・パラダイスの送迎車に

 ずっと飾ってきたのも、レインボーピープルの証だとしたら嬉しいです。


 私の守護天使のひとりは、名前もカイオワ、部族もカイオワ族のアメリカ

 インディアンで、私も過去世で彼と野山を駆け巡った仲だそうですので、

 レイピー(レインボーピープル)のひとりの可能性もありそうです。


 もし、レイピーなら、うれぴ~(笑)


 ダジャレは、このくらいにして、

 「究極の愛」から、めぐり巡っての「究極のアンサー」です。


 では、天下大変なそのファイナルアンサーをどうぞ!


 『伯家神道』
 http://www.k5.dion.ne.jp/~coppe/page030.html


 天下泰平さんのこちらの記事も参考になります。


 『伊勢神宮とスメル族の歴史』
 http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51781610.html


 あと、この本も!


 『誰も知らない世界の御親国(ミオヤクニ)日本
 

 御親国(ミオヤクニ)建つ!


 みお、役に立つ!(笑)


メルマガ噂の毒出しマガジン2012年1月号より



Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.