みお&ゆきのツキアップ日記

瀬織津姫シンクロは突然に

昨年、ツキアップコースとマナーズサウンドセラピーを受けに、ドーム・

 パラダイスに2泊して、バッチリ、ツキアップしてくださった方からの

 超ツキアップなご縁で、先日、武蔵国一ノ宮、多摩市一ノ宮小野神社の

 禰宜(ねぎ)さんが、ドーム・パラダイスに宿泊してくださいました。


 『武蔵国一ノ宮 小野神社』
 http://onojinja.or.jp/

 この宿を始めて、17年になりますが、これほどの強烈なラッキーシンクロ

 パワーを感じたことは今までありません。


 そこで小野神社の滝瀬禰宜さんには、「皆神山の謎」シリーズの山科監督に

 いただいた『皆神山の謎 第四部 一厘の仕組篇 』DVDの第七章 

 瀬織津姫物語を、宿泊中にバッチリご覧いただきました。


 『皆神山の謎 第四部 一厘の仕組篇 第七章 瀬織津姫物語』
 http://www.youtube.com/watch?v=eFIt1QM8UuI


 なぜなら、小野神社の御祭神の2番目が瀬織津比(口に羊の字)ノ大神であり、
 
 山科監督の住んでいるところからも近い多摩市一ノ宮小野神社の取材シーンが、

 この作品の40分あたりに収められていたからです。


 作品をご覧になった滝瀬禰宜さんは、「大変わかりやすくまとめられていて、

 理解が深まりました」とおっしゃってくださいました。


 帰り際に、名刺をいただいた際、「今度参拝しに伺います」とお伝えしたところ、

 「その際は、ぜひ、声をかけください」とのことでしたので、ちょうど近々、

 用事で上京する状況でしたので、「予約がとれれば、多摩市で魂のこもった

 正式参拝もできたらと思っています(笑)」と、うちのお客様で、これまでに

 小野神社、瀬織津姫関連でご縁のあった方にだけご案内してみました。


 山科監督へも「YOUもナニしに小野神社へ?」と誘ってみたところ、

 「なんだか胸騒ぎがしますね。」というお返事でしたので、

 ♪胸騒ぎの~ やましな~ by 散々煽るスターズ(笑)と返信してみたところ、

 ほかの方まで、次々と煽られてしまったみたいで、お二人のキャンセルがあったものの

 14名もの参加になり、「全員で祭典をつくっていくので…」とおっしゃる滝瀬禰宜さんも

 含めると、今回の瀬織津姫正式参拝は最終的には15名の参加者となりました。


 そのメッセージを滝瀬禰宜さんからいただいたのが、15日で、さらに、この15という

数について、15の数霊と形霊、隠された意味もみてみたところ、困難でました(笑)


 バランスをとる。

 自分自身のバランスを振り返る。

 栄養のバランスや頭と体のバランスなどは、自身で客観的に判断出来ても、思考や思想のバラ

ンスは自身で評価することは難儀です。

 そのためには多くの周りの人々の偏りに触れることが必要です。

 偏っている人を批評するのではなく、偏っているように思える人こそが先生であり、自分自身

のバランスを律することができるのです。

 バランスが悪く感じる人を観察することで自身のバランスが正せるということです。

 (以上転載)


 ひょえ~~~!深イイ話じゃあ~りませんか(笑)


 まるで、瀬織津姫さまからのメッセージをきいているかのよう。


 15日に15の数霊と形霊、隠された意味がわかったのも、偶然という名の必然ですね。


 実は、これは実話ですが、お二人のキャンセルのうちのお一人は、山科監督の

 「宇宙哲学」勉強会に参加されている、伊邪那美のわけみたまという女性Kさん

 だったのですが、伊邪那岐のわけみたまという男性Sさんとの二人揃っての参拝

 でないと、今回はどうしてもダメという天界からの展開がありました(笑)


 伊邪那岐と伊邪那美、根源としての真の男女の和合が強く関係していました。


 それをゆきに伝えると、ちょうど、さっき、こんなのみたよ~と教えてくれたのが

 これでした。

 『日本を考える動画三選』
 http://agnes2001.blog.fc2.com/blog-entry-1603.html

 滝瀬禰宜さんからも「深く伊邪那美を考える良い機会なのかも知れませんね^_^」と

 メッセージをいただき、なるほど~と思った次第です。


 偶然という名の必然で集った参加者のおひとり、カラーケアコンサルタントの

 高瀬美智子さんは、東京・自由が丘アンジェリの嶋ご夫妻が、今年3月にドーム・

 パラダイスに宿泊され、みお&ゆきと知り合うより前に、すでに、アンジェリさんで

 1月に開催されていた、山水さんの瀬織津姫講座:初級編に参加されていたという

 シンクロまであったことを正式参拝の直前になって私は知りました。

 『後編:伝説のヴィーナス☆瀬織津姫(セオリツヒメ)』
 http://ameblo.jp/angelicdesign/entry-11453877885.html

 さらに、その講座に一緒に参加された高瀬美智子さんのお友達のUさんは、

 すでに「Uは何しに小野神社へ?」もされていて、「小野神社の正式参拝は、

 皆で大祓神詞を唱えさせて頂く有り難いもので感激でした。瀬織津姫のお札も

 売られており、我が家に来て頂いております」とのメッセージも寄せて

 くださっていました。


 そのときの模様は、ヤンズさんこと山水治夫さんのブログで紹介されています。

 『魂のこもった正式参拝に感謝』
 http://love.ap.teacup.com/f000401/2158.html

 今回の正式参拝についても

 「小野神社 正式参拝に参加させて頂き、ありがとうございました。
 本当に清々しく有り難い、素晴らしい時間でしたね。

 『○○通信』の方々も直接お会いできて嬉しかったです。
 素敵な方ばかりで、改めて御縁に感謝です!」

 との嬉しいメッセージをいただきました。


 ほかにも、山科監督の奥様や、自称、天照おおみのかみ様からのメッセージを

 もらったことのある、のぶちゃんも。
 
 『天照おおみのかみ様からのメッセージ(前編) 』
 http://plaza.rakuten.co.jp/detox/diary/201206120002/

 ゆきの弟さんの奥様で、多摩市聖蹟桜ヶ丘にある書道教室『中野書道會』主宰の

 中野千秋さんも、バオバブ保育園繋がりのママ友、惠子さんを誘って一緒に

 参加してくださいました。


 『中野書道會』
 http://sho-works.jp/

 小野神社の近所に園庭をもたないバオバブ保育園があり、バオバブ保育園では、

 ずっと、小野神社の境内を借りて、運動会などをしてきました。


 千秋さんの長男(20)と長女(15)がバオバブ保育園の卒園生で、小野神社の

 境内を元気良く走り回った元園児だったのです。

 
 当日は社務所で、滝瀬禰宜さんからお話を伺ったあと、拝殿で厳かに正式参拝

 をさせていただきました。

小野神社正式参拝


 写真は、千秋さんが、その日は新宿での出張書道教室のため、途中下社

 の旅しなければならなかったので、正式参拝の前に撮影したものです。



 参拝当日の朝、私が、これまた、偶然という名の必然で、読むことに

 なったのが、『黎明 上巻』の第5章 普遍意識 でした。


 
【送料無料】黎明(上巻) [ 葦原瑞穂 ]


 これは、物質有意のこの3次元地球で、普遍意識から乖離して分離意識

 の中に閉じこめられてしまった私たち人類の現状をとてもわかりやすく

 まとめてくださったものでした。


 そしてまた、参拝翌日の朝に、読まされたのが、第6章 創造の原理でした。


 「それではひとつのヒントとして、二項対立が生じる状況を、
 前述の物理的なモデルを使って説明してみることにしましょう。
 
 原初のエネルギーの回転運動は唯一のものですが、物質的ヴァイブレーションと
 それについての観念が生じる波動領域においては、時空間が表現されているために
 回転運動と見る人との関係が生じて、同一の回転運動が片側から見れば右廻り、
 反対側から見れば左廻りという異なった現象に見えます。

 これがプラスとマイナス(陰陽)になって、本来は一つのものから二項対立の
 世界を現象化させる基本原理になります。」


人じゃが

 
 この合体いもの写真は、先日、ステビア普及会社の社長さんにプレゼントした、

 うちの畑で獲れたノーザンルビーというジャガイモですが、人という字にみえ、

 この会社は人を掘り起す事業だから、ピッタリだと思って差し上げたのですが、

 私から見た「人」の字は、対面の社長さんからは「入」とみえて、まさに「人」が

 「入」ということで、こんなところでも、本来は一つのものから二項対立の世界を

 現象化させるという3次元世界の基本原理を学んでいたのでした(笑)


 ジャガイモのことは、そのくらいで、い~も んということで、さらに、

 第6章 創造の原理から続けます(笑)


「日本神道の中に、国を産む(物質世界を創る)ために、男神の伊弉諾尊
 (いざなぎのみこと)と女神の伊弉冉尊(いざなみのみこと)が天御柱
 (あめのみはしら)の周りを廻る話がありますが、ホツマツタヱによれば、
 最初、男神(天のエネルギーを象徴する)が柱を右廻りに、女神(地の物質
 を象徴する)が左廻りに廻ったので流産してしまい、二回目に男神が左廻りに、
 女神が右廻りに廻って国産みが成功したといわれています。

 古事記および日本書紀の記述では同じ話が書き変えられており、
 男神と女神の廻る方向が逆様になっているのですが、
 この辺の事情については「光と影の識別」の章で説明することにして、
 ここで左廻り(反時計廻り)の回転運動が、男性、天、火、エネルギー、
 太陽、能動に象徴されているものであり、右廻り(時計廻り)の回転運動が、
 女性、大地または海、水、物質、月、受動に象徴されているものであることを
 前提にすると、この話の意味や、なぜ改竄(かいざん)されたのかという理由が
 明確になってきます。」

 (以上転載)


 小野神社の正式参拝を前後して読まされることになった『黎明 上巻』

 5章と6章、5は五芒星で、その形から、漢字の「火」であり、

 6は六芒星で、その形の6つの頂点は、漢字の「水」にも対応して、

 「火」と「水」で「カミ」、また、五芒星原理と六芒星原理が調和的に

 作用した結果として顕われる、円原理として、ドーム・パラダイスが

 採用している、ジオデシックドーム構造のフラードームハウスにも

 つながってくるのでした。 


 『皆神山の謎 第四部 一厘の仕組篇 終章 宇宙神界』
 http://www.youtube.com/watch?v=hFHbni9KfPo

 山科監督が、急遽、脚本を変更されて、終章 宇宙神界の後半で、

 ドーム・パラダイスを紹介してくださることになったのですが、 

 そこでは、フラードームハウスの構成要素である六角形と五角形を

 六芒星(ククリ)と五芒星(ムスビ)として、宇宙意識から発せられる

 父性原理と母性原理を形として表したものであると解説されています。


 孤高の古神道行者、金井南龍氏は、著書「神々の黙示録」で、

 「神というのは、何度も言うようですが、一人称的なものと考えては
 理解できません。

 神は変化(へんげ)するんです。

 菊理姫の裏変化がイザナミで、そのイザナミは目下のところ、黄泉の国に
 押し籠められて、黒髪大神になっているんです。」

 と、元東京学芸大学教授だった米津千之氏らに40年近く前に語っています。


 『GWS通信 第二回「金井南龍」 Harry山科』
 http://www.youtube.com/watch?v=7MdDuOMvpvk

 滝瀬禰宜さんが、「深く伊邪那美を考える良い機会なのかも知れませんね^_^」

 とおっしゃっていましたが、今、安倍総理夫人のアッキーさんをはじめとして、

 これほどまでに、多くの方に瀬織津姫さまが注目されてきているのも、日と月、

 火と水、男性性と女性性、ムスビとククリのバランスをとることやその統合、

 そして、敵対しないで相手を自然に包み込んでしまう縄文のエッセンスを今、

 日本に呼び覚ますことが何より必要だからなのでしょう。


 山科監督からいただいたメッセージもご紹介しておきますね。


 「先日はありがとうございました。

実質的には「○○通信」「成澤グループ」の参拝だったような気がします。

いろいろとご苦労があったと思いますが好い時間を過ごす事ができてよかったです。

 神社での雰囲気は瀬織津姫というよりも滝瀬禰宜さんの力が大きかったような
気がします。

非常に真摯な気持ちで取り組んでいるので、自然とパワーがついてくるのだと
 思います。

 けっきょく神様はそういう人間の力を借りなければなにも出来ません。

 そういう場に行く事ができたのはそれなりの意味を持っているのだと感じました。

 高瀬さんはじめ、○○通信のメンバーと顔を合わせることができて嬉しかったです。

 これからは通信を読んでいてもフィーリングを通して理解が深まりそうです。

 皆様にも感謝いたします。

 何はともあれ、成澤さん御夫妻に感謝です。

 ありがとうございました。

 山科晴義」

 
 その後、当日の正式参拝者の中から4~5名、山科監督の「宇宙哲学」勉強会に

 参加希望の方も出てきていますので、実質的にも「山科グループ」になるのは、

 もう時間の問題でしょう!(笑)


 瀬織津姫については、ドーム・パラダイスのお客様、滝沢泰平さんの

 超人気ブログ「天下泰平」でも取り上げていらっしゃいます。

 『天照大神の后である瀬織津姫』
 http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51861660.html
 

  また、「君が代」についても・・・

 『権現様と君が代』
 http://tenkataihei.xxxblog.jp/archives/51875995.html


    ☆今月のテーマ『瀬織津姫シンクロは突然に』のツボ☆


  ・男神を女神に偽装してみても、いつかバレるよ天照

   ・勉強会で、学べばたのしい宇宙哲学

    『Good Weather Studio presents』
    http://www.interq.or.jp/jazz/harrygws/index.html


 おまけ

 実は、これも実話ですが、小野神社に正式参拝に向かうため、朝、

 ゆきの実家から車を走らせたのですが、自走はできるのですが、

 変速するためのステップモーターが出発時より突然故障してしまい、

 途中で引き返して、ゆきパパの車を借りて、出直しました。

 
 きのうまでは、ちゃんと動いていたのに、これも何かあるなと思って、

 思いを巡らせてみたところ、やっぱりありました。


 ギアチェンジができないと、目的地には相当の時間がかかってしまいます。


 それと同じで、私たちも、早く、現在の分離意識の状態から、普遍意識の

 状態へとマインドチェンジしていかないと、いつまでたっても目的地には

 到達できませんよ~ということのサインなのだなあと実感しました。 


 そのためにも、山科監督の勉強会がお役に立つと思います。


 おまけのおまけ


 「参拝後に、のぶちゃん、充ちゃんと記念撮影したところ、
 背景が、まるで時空のねじれのように変わっていたことを
 夜、お教えいただき、写真をみて美っくりました。

 小野神社のパワー、そして、
 時空を超えたつながりの魂友たちとの再会ゆえでしょうか(*^^*)」

 と高瀬美智子さんからメールをいただいて、のぶちゃんからも、

 みっちゃんの携帯で結花ちゃんが撮ってくれた小野神社内での写真を

 送っていただきましたが、拝啓、背景さま そんなに歪んでさあ大変!

 という感じで、こんな写真初めて見ました。


 時空(背景の社務所)が歪んでしまっているのに、のぶちゃん、

 美智子さん、みっちゃん、3人の性格だけは歪まない!


 ホント不思議です!(笑)


 みっちゃんの今の携帯で撮るとたまにこういう事があるそうです。


 多摩でなくても、たまにあるとは、すごいですネ(笑)


 心からの感謝とダジャレをこめて・・・・みお \(@^O^@)/


メルマガ噂の毒出しマガジン2013年12月号より


Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.