みお&ゆきのツキアップ日記

Recent Posts

Archives

Comments

 ハンサムクン3714@ Re:★開運新年★(01/01) 明けましておめでとうございます。 昨年中…
 ハンサムクン3714@ Re:★S様&M様からのメッセージ★(02/11) この度は私の描いた四コマ漫画「隊長と寺…
 みお&ゆき@ ヒロミ様からのメッセージを転載します ドームパラダイス様 先日はお世話になり…
 みお&ゆき@ Re:★M.K様からのメッセージ★(05/06) ブログを読まれたM.Kさんからいただいたメ…
 みおです@ Re[1]:★カーペンターズとクイーンの共通点7★(03/17) ジェニファー234さんへ はじめまして。コ…

Freepage List

噂の毒出し大作戦


朝食抜くのは朝めし前


水を見ずは向こう見ず


麺液革命は免疫革命


もてるモデルになるために前編「転落編」


もてるモデルになるために後編「復活編」


髪様をほっとけ様にしないで


月が昇ってツキアップ


月が昇ってツキアップ2


月が昇ってツキアップ3


腸~気持ちいい前編


腸~気持ちいい中編


腸~気持ちいい後編


秘湯は毒出しに大ヒット~


全身良くなる半身浴


朝食ぬきましておめでとうございます


ホ・オポノポノ


ミラクル・ハーブの真実


ヒストリー・デトックス


いよいよ14周年です


みおの正体にご招待


ゆきの正体にご招待


秘湯は毒出しに大ヒット~2


いかす電磁波天国ニッポン


続・いかす電磁波天国ニッポン


神々からのメッセージ2 予言編


アワワっなアワの歌


神が助ける本物の産業


続・神が助ける本物の産業


続々・神が助ける本物の産業


緊急提言・植物さんの主張!


風前の灯から風水の灯へ


ベッキーさんに捧げる日記大作戦


ホメオパシーを褒めよパシッと!


人生がときめく片づけの魔法


一富士 ミタか 三茄子!


おっと、この音セラピーは身逃せない!


魔法のめがねには目が無え~


22を超えて湯気!(完全版)


続・22を超えて湯気!(完全版)


続々・22を超えて湯気!(完全版)


縄文人のこころを旅する


クリーニング・ハーブ


意識の高さが家族を救う


今はスマフォにご用心!の巻


デジタルデトックス


デトックス三MAIの巻


こんなに心地よい場所は初めてですの巻


モンロー無用ノルディック有用


ドームハウスと長岡式酵素玄米飯


皆神山の謎のフィナーレに、みお登場


みおもんたの麻ズバッ!


新キャラ、甘野クキ登場!前編


新キャラ、甘野クキ登場!後編


お客様は神様です/サプリメントについて


効きすぎステビア伝説


お客様は神様です/腸脳力とステビア


効きすぎLOA伝説


リンゴはやっぱりスターだ!


元気が出る電気


愛と感謝と笑いのステビア普及活動


ツキアップコースでツキアップ


音と形の秘密


地球暦で時間と空間のデトックス


急にいちいち話題にする911(笑)


闘う預言者ミミ萩原 天からの警告


隠れ糖尿病の救世主現る!


福山雅治さんGACKTさん京本雅樹さん1日1食


あけましておめで糖ございます!


ステビアに流れがキテマ~ス!


町内でも話題の腸内フローラ!


ステビアの力で「お肌美人」「体内美人」


日本語が世界を平和にするこれだけの理由


カラダがときめくEMBODY&美顔率


オーラ・デトックスで起きること


お金のいらない星


極上のサロンを手のひらに


カンタン歯ぐきケアでカラダ健康!


幸運を運ぶ勾玉ペンダント


テラヘルツのしずく


A級保存版・知られざるステビアの秘密


低周波対策にもLOA


LOA環境エネルギーで憩いの安心住宅に!


日本の子どもたちにも電磁波対策を!


LOA環境エネルギーで憩いの音を!


グーミンをデトックスしてムー民に!


ヒストリー・デトックス・スペシャル


オーガニックのチカラ


年末年始のセドナツアー&スエットロッジ


秘湯は毒出しに大ヒット~3


続・あけましておめで糖ございます!


毒出し酵素玄米ダイエット


ブルゾンちえみがステビアちえみに大変身?!


桐谷美玲さんにもあのヒミツ教えた~い


あなたのスマホは危険スマホ?それとも安心スマホ?


参加者大満足の重ね煮教室


皆さんがステビアのことをよく知らない最大の理由はコレ!


本当は健康寿命が短い日本人の体質


ステビアで町おこしプロジェクト始動


総選挙のデトックス


不死鳥のヒストリー・デトックス


ウォーキング・デトックス


安室奈美恵さんも推奨の「ITデトックス」がカンタンにできる宿


戦争デトックス


今や浄水シャワーは家庭の必需品


温水洗浄トイレのコワーイ話


環境ホルモンから家族を守る50の方法


貨幣制度のコワーイ話


なるべく働きたくない人のためのお金の話


菌が信念!


知れば幸せになれるお金の話


のおさんちにやってきた金星人ミルトンさんの教え・その1


ウイルス対策の王道


金窮企画!コロナ時代におすすめの現金収入アップ術


コロナ時代におすすめの宿


愛よりもこの映画が地球を救う?


韓国を震撼させたベストセラーの日本語版


韓国ドラマが、めちゃ面白いそのワケとは?


ツキアップコースでツキアップ!


シンクロの泉


ふんどしシンクロ


妖精の写真の要請シンクロ


LOA88みおりん♪誕生秘話


トヨエツより、シンエツ!


元気が出る電気シンクロ!


続・元気が出る電気シンクロ!


続・トヨエツより、シンエツ!


自由学園シンクロ!


「究極の愛」シンクロ!


続「究極の愛」シンクロ!


22を濃いティーゆけ(復刻版)


214シンクロ


続・214シンクロ


超古代史の検証シンクロ


コミュニケーションの極意シンクロ


アグネス・ラムー・シンクロ


私のシンクロ人生でもピカイチのシンクロ!


ダブルまゆまゆシンクロ


わの舞&わの米シンクロ


エイトスターダイヤとドーム・パラダイス


美女のたたずまいさんと酵素玄米飯シンクロ


ネネさんに捧げるシンクロ大作戦


LOAシンクロ


サプリ名前シンクロ


瀬織津姫シンクロは突然に


ステビア普及仲間シンクロ


ま~るくって ちぃっちゃくって 三角だ!


辛酸なめ子さんシンクロ


3月26日、賛、フローシンクロ


ワンちゃんのワンチャンスシンクロ


越智啓子先生シンクロ


8と88と888シンクロ


五芒星&六芒星シンクロ


げんぱつシンクロ


杉本錬堂師匠シンクロ


太陽の子シンクロ


カール大帝シンクロ


88シンクロ・ファイナルアンサー


昭和天皇に御唱和ください・シンクロ編


千利休シンクロ


縄文シンクロ


小さな宇宙人シンクロ


昭和天皇にご唱和シンクロ


シャスタシンクロ


「神の数学」シンクロ


「植物と会話をした人たち」シンクロ


「ソーラーパネル」シンクロ


LOAとの出会い秘話シンクロほか


「ためしてガッテン」シンクロ


丹生川上神社シンクロ


やまと&大和シンクロ


LOAゴーヤクリームシンクロ


富士山シンクロ


腸と酵素玄米シンクロ


ナナさんジョーさん夫妻&縄文シンクロ


竹島水族館の熱帯魚シンクロ


私のシンクロ人生を全肯定させてくれた本


新月のトゥルシーシンクロ


縄文土器のドキドキシンクロ


太陽の子どもたちシンクロ


シュタイナーシンクロ


藤原史織さんシンクロ


辻麻里子さん&レムリアシンクロ


天上のシンフォニー想像の7日間


ホリスティック紀行・北軽井沢


メキシコの巨大野菜を求めて


ボルダー天使ツアー


嵐の前に知っておきたいこと


3分でわかる毒得の法則!


常用しているサプリ健康食品ランキング


食品の生命力を呼び覚ますステビアの力


ピュアなステビアパワー


ステビア美容ジェルのチカラ


ケイ素のチカラ


2016.08.20
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
★8月20日(Gate♯160)

【素直に喜びに興じられる日】

楽しいこと、好きなこと、喜びがなければ、地球にはやって来ないだろう。

しばし、楽しいことに没頭して、自分だけのマニアックな世界に興じよう。

素直になって、自分の魂が悦ぶことをしよう。

(以上転載)

★スサノオの風・前編★

からの続きですが、その前に自分だけのマニアックなコメントを
ご紹介します。

イッピーさんのブログ記事へのお礼と私の前編記事紹介のコメントです。

「 いつも興味深い記事をありがとうございます。
今回もイッピーさんの記事を多用してみまし たよ~(笑)

心からの感謝とダジャレをこめて・・・・みお \(@^O^@)/ 」

これに対してイッピーさんから、私の魂が悦ぶお返事が!

「うれしいコメントを素敵なご紹介をありがとう
ございますだおかだ。

今回の地震でスサノオという巨大な龍神が解き放たれた
ような気がします。

これで神の戸、水の戸、そして火の戸がそろいました。

いよいよかもしれま せんね・・・千年の眠りから目覚める
時が・・・(#^.^#)

Love always イッピー」


いやあ、イッピーさんも私と同じくダジャ霊性が高い!(笑)

今年は千年の眠りから目覚めることに専念する年になる!(笑)

本当に1414かもしれません(笑)

スーサの王


さて・・・

日本の黎明を切り開いた天王スサノオと大王ニギハヤヒ親子は
封印されました。

真の初代天皇がニギハヤヒだとしたら、ももくろさんから教えて
いただいたことも納得できそうな感じがしてきました。

ももくろさんはこう語っています。

「私は子供の頃、宇佐八幡宮の宮司や父に、「特別の力が出るよう
になったら、それを、自分や人々の心の向上に使いなさい。」と、
云われていたし、アメリカ留学から帰国した年に出会った、権禰宜の
佐藤氏から、「スプーン曲げや物を動かす遊び等でなく、スピリチュ
アルな方向に発揮しなさい。」と忠告されていたので、それが当然
だと思っていたのである。」

「1970年代に、ある事実に気づかれた昭和天皇は、宇佐八幡神社の
佐藤権宮司(室町時代の伝承を保持していた)様と私と出会う為に、
佐藤様に連絡をされた後、突然佐藤様は心臓発作を起こして亡くなられ、
天皇陛下ご自身も、病に倒れられたと、私は聞いています。」

「昭和天皇陛下が、私に、お伝え下さったお言葉に、次の事があります。
「貴女が、世に出られて活躍される時の為に、資金は用意してあります。」

実は、私の父も、亡くなる前に、別府の病院での看病に帰省した私に
同じ事を申しました。

私の父は、古代の日本の本来の天皇の直系の子孫です。」



ももくろさんが、ニギハヤヒの直系の子孫だとしたら、まだ子供だった
ももくろさんに会うようにと神に促されて戦後すぐに来日していたアイン
シュタイン博士の話も実は、実話だったという可能性もでてきました(笑)

『実は、私はアインシュタインに、小学校6年の冬、出会っているのだ。

第2次大戦が終わった後の昭和22年の寒い冬の日、生まれ故郷の大分県
中津市の、私が通っていた小学校の講堂で、彼の“相対性原理”の講演会を、
兄と二人で聞きに行ったことがあった。

講演は2時間かかったが、彼の話は1時間で、通訳が1時間だったと
記憶している。

講演が終わり、質問が始まると、直ぐに誰かが聞いた。

「何故貴方みたいな偉い方が、何故こんな田舎の町にいらしたんですか?」

「私は、自分が発見した核が、原子爆弾になって、日本の広島と長崎に
落とされて、大勢の人が亡くなったのを知った時、とても悩みました。
もしかして、人類は核で破滅するかもしれないと、気づいたのです。
苦しみを続けた結果、結局、救いを求めて10日間祈り続けました。
そして、神から、この地にくるようにと、教えを受けました。
そこで、子供に会うだろうと云われました。
もしここに、その方がおられるのなら、核による破壊から、
人類を守って下さい。」

お蔭で、私達子供は彼と握手が出来た訳で、私はその夜、
手を洗わずに眠ったのだ。』

『実は、私は、宇佐八幡神宮の中央に祭られている人の子孫として、
子供の頃に別の光を受けていて、ユダヤ教を信じていて、間違って
サタンのエネルギーに取りこまれたユダヤの人達(アシュケナジー)
を助け出す仕事も、いつの日かしなければならないと、云われていたのだ。

だから、アインシュタインも私が子供の頃に会いに来て下さった訳なのに。』

★昭和天皇に御唱和ください・核心編★

「実は、私の父は、第2次大戦中、防空壕を修理しながら、まだ小学校
2年位だった私に云ったことがある。

「この戦争は負ける。日本は忍耐出来なかった。日本は乗せられてしまった。
戦争してはいけなかったのだ。特に中国や朝鮮と争ってはいけない。」

それは当時、口にしてはいけない言葉であった。しかし彼は、自分には
学問がないが、人間の道は決して踏みはずしてはいけないと、独り言の
様に呟きながら、私に云った。私は、意味がよく分からなかったが、
その言葉と周囲の情況を頭にインプットしたのだ。

それから長い間、彼は再びその言葉を口にしなかったが、胃癌の手術で
付き添った時、

「お前に伝えておきたい事がある。本当はお前の兄に云いたかったが、
あの子は、科学に興味を持ってしまって、忙しくて、神の事や歴史の
事を聞くゆとりがない。わしにはもう時間がないから、お前から、
何時かみんなに伝えて欲しい。」

と私に、言葉少なに、驚くべき事柄を伝承したのである。

それは、日本の古代史の真実と、奈良・平安時代に宇佐神宮の大宮司
をしていた辛嶋の先祖の女性達と古神道の真実等であり、最後に日本の
未来、世界の未来への予言的な内容であった。」

さらに、ももくろさんにはこんなエピソードもありました。

「私は偶然のチャンスを得て、ヨセフ・アイデルバーグ氏と云う、
イスラエルの人に出会って、八重洲口近くの喫茶店で対話していた。

彼は次のような話を私に語った。

「私は、日本人の中に、失われた古代ユダヤの十支族のメインが
入っている事を、長年の研究で、突き止めました。貴女もどうぞ
この事を勉強してください。

ユダヤの世界支配戦略の本が、今日本に出回っているそうですが、
嘘の情報に惑わされないで、どうぞ、真実を理解してください。

本当のユダヤ人は、世界支配戦略など考えていません。神に背いて
失った国を、再建し、静かに、平和に暮らしたいだけです。

フリーメーソンと云われている、ユダヤ教を信じた白人の一部の
人々のことは、自分にはよく分かりませんが、私は真実の歴史を
解明し、平和の方向を選びたいのです。どうか力を貸してください。」

私は、父から聞いた話を思い出し、アイデルバーグ氏の話は、
本当だと感じた。

古代ユダヤが滅んだのは、神が、幾度も、戦ってはならないと
警告したのに、それを無視して戦った為、神が去り、人々は
国を失い、放浪の民になってしまったのだ。

実は、その神は、日本に来て、日本で祭られていたのだ。

私は、何とかして、彼を援助したい気持ちはあったが、まだこの
時期は勉強不足で、力を貸すだけの能力もなく、まして悪い物が
ついていると云われて、強制解雇された直後だったし、光を失って
いて、気力が低下し、どうする事も出来なかったのである。

アイデルバーグ氏から、以後、一度手紙を頂いただけで、その後
亡くなられたと云う噂を私は聞いたが、残念だった。

しかし私は、それ以来、ユダヤ問題やフリーメーソンに関する
文献を、必死で読み始め、最近ようやく、いろんな問題が理解
出来るようになったのである。

実は、フリーメーソンは、アメリカの影の政府と噂されるが、
首脳部と云われるロックフェラー財団の研究所に、宇宙人が
捕らえられて、研究されていると云う情報を、かなり前に私は
得ており、非常に興味を持っていたのだ。」


22を超えて湯気!(完全版)

に、「実は、ある方からこの辛島氏の辛は、
古代日本人であるカラ族からきていると教えていただいたカラでした(笑)」
と書きましたが、ある方(ももくろさん)は、こうも語っていらっしゃいます。

「実は、私は、子供の頃、父と古代史の研究家と言う方に、
 家系図を見せられた事があり、先祖が神話の神々になって
 いるのを記憶させられた事があります。

 私は、宇佐八幡宮に祭られている神功皇后、比売大神、
 応神天皇の真ん中の比売大神に当る人物の末裔だったのである。

 比売大神の名は明治以降に置かれた名で、それまでは、
 辛嶋勝乙目(すぐりにおとめ)(オオヒルメ)であったと云う。

 八幡神は、決して戦争の神ではない。

 戦争を避け、精神の向上を目指した存在であり、
 特に、中の神殿に祭られているオオヒルメは、
 生命や知恵を象徴するアマテラス神霊を、
 日本に招いた存在だったのだ。

 辛嶋のオオヒルメは、皇室の先祖でもあり、
 古神道の創立者でもある。

 彼女は、皇室の先祖でもあるが、神に祈って、
 人々の生命を守って来た天皇を、後ろから支えて来た
 我が家の先祖でもあったし、彼女の作った古神道には、
 アニミズムが合体されていた事から、自然界の精霊達も、
 たまたま神に出会った私にコンタクトして来た訳である。
 (昭和天皇も当時、神に出会われたと、私は信じている)

 ところで、今から2000年前、オオヒルメが、人類は戦争を
 してはならない言う言葉を、神道に、具体的に打ち出して以来、
 明治維新まで、日本は、外国とほとんど戦争をしていないし、
 元の襲来で、天皇が神に祈り、日蓮が八幡神に祈って、
 神風が吹いたという件は、日本が戦争をしかけたのではない為に
 守られた訳で、もし、日本が侵出していたら、決して守られはしない。

 そこに、日本の建国の秘密があったのだ。

 では何故、オオヒルメは、仏教、ユダヤ教(正統の)、道教、
 アニミズムを合体して古神道を成立させ、人々が戦い合わず、
 精神的に成長していく国としての日本を立て、その輪を人類に
 広げていく目的を込めたのだろうか?

 それは、人々が精神レベルを落として、戦い合った挙句に天災を招き、
 失ってしまった超古代文明の教訓を生かし、また古代イスラエルの人々が、
 戦ってはいけないと警告した神を無視した為に、神が去り、
 国を失ってしまった事を考え、千代に八千代に平けく、安らけく
 健全な社会が存続するように、と云う祈りが込められていたのである。

 従って、代々の日本の天皇は、作物が実って、人々が食べ物に恵まれ、
 戦いもなく、安らかで健全な生活が出来ます様にと、日々神に祈り、
 今日まで、人々を守り続けて来たのである。

 そして近代になり、政治家や軍部が、国家神道を戦争の守り神として、
 勝手に利用する事態になり、天皇や神道に対して誤解した人々もある様だが、
 実は、室町時代以降、政変の為に古代日本が封鎖された後も、代々の天皇が、
 未来に向けのての人々の成長の為に、言霊の真理を守り、生命を守る
 神ながらの道を、保持し続けて来たのは事実である。

 ところで、この旅で、私は思わぬショックを受けてしまった。

 たまたま先祖の魂に祈る為、立ち寄った宇佐八幡神宮で見た事態であった。

 神宮の菱形沼の古代から神霊が降りる場所であった社が潰され、
 奈良・平安時代に大宮司をしていた辛嶋の女性達の社が潰されて、
 一本の柱が残され、代わりに、非常に立派な宝物舘が建っていたのである。

 私は、見学しながら、言葉を失っていた。

 私は、宝物舘に入って、直ぐに疑問の一部を解く事が出来た。

 宇佐神宮の歴史を物語る書物が全部書き換えられていたのである。

 実質的に宇佐に八幡神宮を創り上げた、古代の辛嶋の歴史が、
 全て消されていたのである。

 奈良・平安時代に大宮司を務めたのが、辛嶋の女性の系列であった
 事実が消され、まるで、宇佐氏が祭った神宮のように改定されて
 いるのである。

 しかも、中の神殿に祭られている比売大神は、明治維新まで、
 辛嶋勝乙目(オオヒルメ)として明記されていた訳で、その名が
 消えた時、日本の古代史を解明する手掛かりが得られなくなり、
 日本の古代史は意味を失うであろうし、2000年間、外国に
 出兵して戦わない歴史を保った日本の存在価値も、天皇家の存在も、
 正しい解明が出来なくなるではないか。

 ここでは、詳しく歴史を語るスペースはないが、簡単に述べると、
 八幡宮の建っている小椋山は、辛嶋勝乙目の眠る巨大な古墳
 なのである。

 彼女は、2000年前に、父を中国のある王として、母を釈迦の
 血筋を引く女性として、中国に生まれ、仏教、ユダヤ教、道教を
 携えて日本に渡ってきた、東西随一の学者であり、王女であった
 存在である。

 彼女はそれらの宗教が、古代からの伝承で、本質は同じであると
 知って、アニミズムと合体させ、編み出したのが、日本の神道の
 一番元になる神祭りであった。

 古神道は、その後時代を経るにつれ、変化して行ったが、彼女の
 神祭りが根本であるには間違いは無い。

 従って、明治維新までは、神社は神仏混合であったし、維新後に
 廃仏毀釈が行われたのである。

 ここではスペースがないので述べないが、明治維新にフリーメーソンの
 影響があって、その後の神道にも変化が起こったのは確かである。

 それまで比売大神の場所にあった彼女の名前は、昭和10年に
 再建された宇佐神宮の表面から消えてしまい、2000年間、
 外国との戦いもほとんど無く、平らけく、安らけく、時代を
 経て来た日本も世界戦争に加わる事態となったのである。

 神の意志を大切にし、戦いを避け、千代に八千代に続く国として、
 建てられた古代の日本、その日本と云う国を守るため、そして
 神に祈って、国民の平安と豊饒を守る天皇を、守る立場で、
 宇佐八幡神社は続いてきたのである。」

辛嶋勝乙目(からしますぐりおとめ)については、ハリー山科さんも
こちらで少し触れています。



マル(結果)にチョン(原因)の「ス」がとても大事だということです。

大下先生からいただいた紅色光合成菌が私に最初に一度だけ
伝えてきた形が、神を象徴しているともいわれる、「ス」の形でした。

菌ちゃんからの伝言!

この「ス」が「ス」サノオの風にもつながってきます。



有名な「宇佐八幡神託事件」で時の称徳天皇が、近くの伊勢神宮ではなく
遠くの宇佐八幡に神託確認のための遣いを派遣していることも、下記の
ブログで紹介されている、大正時代に宇佐神宮の御量石の発掘を中止した
という件も、なぜ、中止しなければならなかったのかもこれで納得です。

神武天皇と宇佐についての妄想的私見

「宇佐八幡神託事件」で、日本三大悪人のひとりとまで言われてしまった
弓削道鏡についてはイッピーさんがこんな考察も。

歴史に翻弄された聖徳太子の光と影


以前、ももくろさんの家に、突然、聖徳太子の御霊の光が出現したことが
あったそうです。

ももくろさんは聖徳太子の御霊の光にどうしても聞きたかった
次の質問をしました。

「貴方は、何故若くして亡くなられたのですか?

殺されたとういうのは本当ですか?

一族の方々も滅ぼされたと聞いていますが。

当時は、秦の始皇帝の末裔の秦の河勝が大臣に取り立てられたり、
ペルシャ系の蘇我氏が活躍したり、国際的な時代だった様ですが、
貴方の様に心の広い優れた方に、何が起きたのでしょうか?

天皇家の貴方が、蘇我の馬子と組んで、物部守屋一族(ニギハヤヒの
子孫)を滅ぼした事が原因だったのですか?

それとも、百済から寄贈された大乗仏教のミロク像の方を、本来の
天皇家が保持していた天照大神の神道と本筋の仏教(阿弥陀~釈迦)
より尊重してしまった事で、エネルギーの戦いが起きたのでは
ありませんか?」

すると聖徳太子の御霊の光は・・・

「物部氏等が、仏寺、仏像を焼き棄てた事件後に、事態は悪化しました。

当時、私も若く、まだまだ学びが足りませんでしたが、因果応報は真理です。

貴女は、しっかりと学んで、正しい判断力を養って、これからの
時代を切り開いて下さい。

私は、今まで、日本を見守って来ましたが、これから大変な時代になります。

貴女が殺されかけた時、ニギハヤヒの尊様が貴女を助けられた事の意味を、
正しく理解され、生命を大切にしてください。

それから、宗教に関しては、本来の天皇家が保持していた、真理に
基づいた本物を、しっかりと学び、把握して下さい。」

と語って消えてしまわれたそうです。

ももくろさんはこのことについて・・・

「現在、聖徳太子がどこにおられるか、私にはわかりませんが、
日本を助ける為に、そして人類を助ける為に、自在に動いて
おられる様に、私は感じます。

そして、この時以来、「和をもって尊しとすべし。忍耐強く
話し合うべし。」と、私は、折りに触れ、思い出す次第です。

戦争で相手を滅ぼしても、因果応報で、自分達に、必ず返って
来ますよと、警告されている感じです。

つまり、聖徳太子も、昭和天皇と同じ様に、憲法9条を守りなさい。
そう言う生き方をしなさいと、おっしゃっておられるのでは
ありませんか?

米国がくれたものであろうとなかろうと、憲法9条には、生命
倫理に基づいた人間の生き方の例が示されているのではありま
せんか?」


「和をもって尊しとすべし」・・・要はこれですね。

大和の感覚


日本が分割統治される人類最終戦争が始まりました [ 田村珠芳 ]

田村珠芳著『日本が分割統治される人類最終戦争が始まりました』には、
早ければ2016年にも開戦となり、日本はそれに参加できないほどひどい
状況になると書いてあります。



2010年の月刊ムー11月号「木内鶴彦の臨死体験大予言」でも、ヨーロッパと
中東の間に戦端が開かれ、ロシアやアメリカ、中国も参戦するような世界大戦が、
2020年までには必ず起こるが、そのとき日本は経済破綻が極限に達していて
戦争に加わっていくほどの体力は残されていないというものの、木内氏は、
これは、結局のところ、生態系を破壊することによって成立してきた文明から
脱却し、新たな、そして持続可能な文明に至るための「生みの苦しみ」だと。

大災害が差し迫っているのでしょうか。

緊急事態法案と気象操作・人工地震・バイオテロ・戦争

ジャパニーズ・エクスペリメント



珠芳さんも日本にそのような悲劇がもたらされる理由をこう書いています。

「それは、私たち日本人が「日本人のお役目」を忘れているからです。

日本は戦争をしてはいけない国です。

「和をもって貴しとなす」、これが日本民族のお役目、役割です。

世界中が戦争の惨禍にあっても日本だけは平和を貫き、和を説いて回る。

戦争を終わらせ疲弊した世界を救う、それが日本人の仕事です。」

その日本民族のお役目、役割をアドバイスした人物は日本民族ではなかったようです。

聖徳太子の苦悩

歴史の既視感

伊勢神宮の不可解

封印もまた必然


「和をもって尊しとすべし」はこの方にも引き継がれます。



27歳のときに、松下幸之助主宰の経営者会議に講師として招かれた
天皇の国師こと三上照夫氏は、松下の関連会社の社長たちを前にして、
「社長の皆さんは、何のために会社を経営しているのか」と問い、
黙して答えない社長たちに「会社の使命とは何か。それは『日本書紀』に
書いてあるではありませんか」と畳みかけました。

「神武天皇が新しい国づくりをする目標として語った言葉が、
経営にも当てはまるのです。

『慶びを積み、暉(ひかり)を重ね、正しきを養わんがために』
経営をするのです。」と。

まさに昭和天皇もそうした理念で新しい国づくりをしたかった天皇でした。

それは前述のように、多分に明治天皇が、孫であるのちの昭和天皇の教育を、
そうした理念を持っていた乃木希典学習院長に託していたからだと思います。



JOG-Mag No.792 国史百景(4) 昭和天皇をお育てした乃木大将

ももくろさんのお祖父様は日露戦争の際に乃木将軍の直属の部下だった方で、
ももくろさんはお祖父様やお父様を通して明治天皇やのちの昭和天皇になら
れる裕仁親王殿下のことを、子供の頃からいろいろ伺っていたようです。

後年、明治天皇の後を追って殉死を遂げた乃木大将ですが、
昭和天皇の後を追うように自らの病いの治療を拒絶して死んだ
高木侍医長もある意味殉死だったのかもしれません。

そんな高木侍医長なら、ももくろさんにだけはどうしても自分の本当の
思いを伝えておきたくて、「昭和天皇陛下を殺したのは、私ではあり
ません。」という電話をご崩御の日にかけたのかもしれません。


明治新政府のときに誕生した「国家神道」という一種の宗教カルト
によって、それまでの「古神道」や「神道」が乗っ取られ、
国家としての血は汚れ、戦後も、昭和天皇は、外敵、内敵に囲まれ、
象徴天皇となってからは、さらに宮中祭祀の簡略化により、晩年、
ますますそのパワーを失って孤立化させられていきました。

戦後は、戦前にも増してヤーミンの魔の手が宮中にも深く忍び寄る
ようになっていましたが、この部分を深く追求すると、みお様の
お命が危なくなるので、このくらいにしておきます(笑)

ももくろさんは、皇室関係のことで、ある重要な事実も知っている
そうですが、それは絶対に他言できないとおっしゃっていました。

★昭和天皇にご唱和・奇跡の輪廻転生編★

天上から妙なる雅楽のような澄み切った音色が聞こえることもあった
という昭和天皇には、もっと天上界とのパイプ役としてそのお力を
発揮できるような場があれば良かったのになあと今改めて思います。

宮崎貞行著『天皇の国師』には

「三上によると、陛下は非常に高い霊性をお持ちで、霊的には
神界九層のうち、第三層のヒコホホデミノミコトと交流して
おられるということです。

陛下がときおり雅楽のような妙なる音をお聴きになるのは
そのひとつの証だそうです。

ただし、後醍醐天皇の因縁をお持ちなので、戦って負け幽閉
されるという因果をこの世で果たしていかねばならないとも
言っています。

敗戦も含めてすべてのスメラミコトとしての無限責任を
生存中も死後も一身に背負う運命を担わされているが、
陛下はそれに耐えうる強い星を持っておられると語って
いました」

とありました。

★昭和天皇にご唱和しました・その3★

昭和天皇のそういう話を知ると、こちらの話も納得ですね。

★昭和天皇と辛島佐代子さんが日本を救う!?★

ももくろさんも、不思議な力を発揮されていたようです。

1970年代の始め、宇佐八幡神社の佐藤権宮司を通じて昭和天皇との
間接的な交流があったももくろさんですが、昭和天皇のある決断は、
ヤーミンにも察知され、それから昭和天皇は孤立化させられ、連絡を
待っていたももくろさんの枕元に、ある日の午前3時頃、佐藤権宮司が
突然現れ、「私は心臓をやられました。もうお目にかかれません。
天皇様に必ずお会いになって下さい。」と言い残して消えてしま
われたそうです。

その2時間後に、佐藤権宮司の奥様から「今、主人が亡くなりました。」と
ももくろさんに電話があったそうです。

それから直ぐに、手紙で昭和天皇に面接を申し込まれたそうですが、
それが昭和天皇に届くはずもなく、二重橋に行っても拒否され、
その後、宮内庁に行っても門前払いを受けたそうです。

のちに昭和天皇が崩御される間際に、ももくろさんのお母様を通して
語られた内容は・・・

「下からの情報が間違っていて、貴女が酷い目に会う事態になり、
大変申し訳なく思っております。お許し下さい。」

「貴女に、2度連絡をしました。何故断ったのですか?何故来て
くれなかったのですか?」

でした。

「ええっ!私は、1度も、天皇様のご連絡を戴いておりませんよ!
あの頃、何のお知らせもないので、私の方から、2度以上ご連絡
申し上げましたが、何のご返事も戴けませんでした。何故ですか?」

とももくろさん。

日本が、間違った方向に進み始めたと、はっきり認識された昭和天皇は、
前述のように1970年代になって、古代から伝わる日本の真実を、国民に
伝える為に、佐藤権宮司とももくろさんへの連絡をとろうとされたよう
ですが、妨害が起きたということです。

そして、昭和天皇が崩御された1月7日、昭和天皇からももくろさんへ
最後のメッセージがありました。

「明け方4時、ふと目を覚ますと、母がまた、枕許に立ったまま、
私を見つめていたので、私は、飛び起きて聞きました。

「天皇様ではないのですか?」

「下からの情報が間違っていて、貴女に気の毒でしたね!
みんなには、この世の事も見えないんだね!」

そう言って母は、ベッドに戻って眠ってしまいました。」

おそらく、宇佐八幡神社の佐藤権宮司を通じて、ニギハヤヒの尊の
直系の子孫と連絡をとろうとされていた昭和天皇は、日本の危機を
見通された上で、日本を救い、人類を救うために、1935年(昭和10年)
宇佐八幡神社再建の時に決意された通り、天皇として、成すべき
行動を取ろうとしていたのだと思います。



神武天皇の統治以前に存在した白山王朝が、記紀歴史から抹消されて
いるという話がありますが、神理研究会主宰で霊力をもつ金井南龍氏と
東京外国語大学の笠井鎮夫名誉教授らとの対談録『神々の黙示録』には、
こんな記述もありました。

「天皇家は白山王朝の殲滅を断行しました。」と語る金井南龍氏ですが、
昭和35年8月9日、瞬間風速60メートル、こぶし大の石ころが飛んで来る
豪雨と嵐の台風の中、人っ子一人いない白山頂上に登った金井南龍氏が
『神々の黙示録』でそのときの想い出話をしています。

笠井「なんとも、すごい話になってきた。」

金井「私はこの時に、日本の白山神界の構造がわかった。

神々や眷族の主だったものが名乗りをあげて自己紹介してくれましたからね。

私がまったく意外に思ったのは、八幡神が白山神界に属しているということです。」

笠井「全国に四万社はあるといわれる八幡神がね・・・。

たしか八幡の本家は宇佐じゃなかったっけ。」

金井「ええ、ところが宇佐の八幡は八合目なんです。

だから根の根の底に押しこめられておった10合目の八幡神が踊り出ると、
ご機嫌伺いにやって来ましたよ。

その手を取り合っての主従再開の光景を見て、八幡神が白山神界に
属していることがわかったのです・・・。」

以前、ももくろさんにお会いした際に、この話をしたら、金井南龍氏の
講演会に参加した際、金井南龍氏がももくろさんを見るなり、
「菊理姫がお出ましになった」と言ったとか。

そう教えてくださったあとで私に「私は菊理姫ではないですけどね。」
と語っていたももくろさんです。

金井南龍氏は、きっと、ももくろさんが白山神界に属している八幡神に
つながる人物だということを一目見た瞬間に見抜いて、それを象徴する
意味合いで「菊理姫がお出ましになった」と言ったのでしょう。

今日は何の日? ククリの日!! 白山菊理姫 重陽の節句

ハリー山科さんも消えた白山王朝について取り上げていました。



ハリー山科さんも菊理姫の導きを受けているようですが、タカテルさんも
最近、キクリヒメの御遣いの訪問を受けていたそうです。

神秘体験 ~キクリヒメの御遣い~




造形の真術師たまのをさんに、こうしたももくろさん不思議なお話を
お伝えした際は、こんなシンクロもありました。

原八幡信仰を伝える「鷹居神社」

別の知人というのが私のことです。


残念ながら、昭和天皇とももくろさんが直接会うという機会は
ありませんでしたが、ブロガーの皆さんが今、スサノオに注目して
こうしてネットでも話題にしてくださることで、多くの日本人の
心の中にも「スサノオの風」が吹き始めて来ると思います。

そうすれば、人類が神になる日も近いのかも。

イカもタコも決して人間の邪魔じゃない!(笑)

人類が神になる日

最後のダジャレの意味がわかったキリストも思わずビックリして
目を開けちゃったみたい!(笑)

みたい!を見たい方はこちらからどうぞ(笑)

目を開いたキリスト像

『君の名は。』編に続く


心からの感謝とダジャレをこめて・・・・みお \(@^O^@)/

★デトックスの不思議宿ドーム・パラダイスのYouTubeチャンネル★


人気ブログランキング「女一人旅」には、
女性の一人旅に役立つ情報がいっぱい!

♪おんな~ごころを~癒す~でしょう
♪あなた~ポチっして~来た~の宿(笑)

にほんブログ村 旅行ブログ 女一人旅へ
にほんブログ村

LOA環境エネルギー製品のお求めは・・・

LOA環境エネルギー ドーム・パラダイス店

ブログもあります。

LOA88みおりん♪とLOAラブな仲間たち

dometop.jpg

JJJじゃなくってDDDな癒し宿!(笑)
デトックス&ダイエット&ドームの不思議な癒し宿!
ドーム・パラダイス
http://www.domeparadise.com/

ドームイラスト
DESIGN BY flower catman







Last updated  2016.09.10 10:08:09
コメント(0) | コメントを書く


PR

Profile


みお&ゆき

Keyword Search

▼キーワード検索

Favorite Blog

YouTube【綿棒工作】… New! 【 たまのを 】さん

放送直前ですが・・… New! 鹿児島UFOさん

カタカムナ48音回り… New! はなあそびさん

2021みたまふり~ク… KajiCrystalBowlさん

光まみれ☆オンライン… セドナの絵里さん


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.