968776 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

DFLY Room

PR

Category

Free Space

Favorite Blog

Recent Posts

全71件 (71件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

ヘッドフォンアンプ

Nov 25, 2012
XML
何とかボーナスが出るようなので、前から欲しかった
PHA-1を注文した。

製造数が少ないのか、需要が多いのか分からないが
即納のお店がほとんど無い。
ポイント10倍につられてこちらのお店にしました。

SONY初のHPA楽しみです。

折角良いアンプがあってもそれに見合ったイヤフォンが無い。
iPhone純正じゃ全然ダメだし、楽に持ち歩けないと意味ないし。
こうなると音の良いイヤーフォン欲しいな~






Last updated  Nov 25, 2012 10:39:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 19, 2011
修理完了した6418ヘッドフォンアンプ
長時間のテストをしてみたら、連続4時間以上使うことが出来た。
完全に空にするのはリチウム電池に良くないので、
LEDが暗くなったところで終了とした。
普通の音量なら4時間は使える!
自分としては十分な性能だ。

失敗は成功の母とか言うそうだが、故障したお陰で
電源をeneloopからリチウム電池に変更するきっかけになった。
充電式のポータブル真空管ヘッドフォンアンプの完成だ。

最終的な回路図
6418アンプ完成回路図








Last updated  Nov 21, 2011 08:18:26 PM
コメント(2) | コメントを書く
Nov 18, 2011
電池の準備が出来たので、早速本体の修理をした。
回路図が出来ていたので思ったより簡単に修理完了。

ただ、単四電池は分けて隙間に入れることが出来たが
リチウム電池は薄い分横幅が大きい。
更に充電用端子も取り付けたので、隙間が無くなり
すんなりとはケースに入らない。
さんざん苦労して何とか入れることが出来た。
修理は完了したが、今度は大丈夫かな。

正面は変わらない。
写真 6

後ろ側は充電用端子が付いた。
写真 7
充電するときだけ使用する。

さてこれで、視聴してみよう。
音は高音が綺麗だが、低音が少し弱い。
でもとても綺麗な音で良い感じだ。

前はピーという発振に悩まされたが、ボリュウム最低で
耳をこらしてかすかに聞こえる程度。
気にならないレベルだ。
DC/DCコンバーターの電流オーバーが原因だったんだろう。
直って良かった。

エージングを兼ねて、電池が無くなるまで長時間
動作テストをしてみよう。
前回はこれで壊れたので、今度は壊れませんように。






Last updated  Nov 18, 2011 08:37:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 17, 2011
最初から作り直そうと思ったが、部品が勿体ないので
故障した基板を修理して使うことにした。
故障といっても電源にDC/DCコンバーターが壊れただけ
なので、取り替えるだけ。

その前に電源の電池をデジカメ用リチウム電池に変更
する準備をしたい。
まずは充電器。
写真 4
電池を外して充電しなくても良いように6418アンプ専用
充電端子を付けた。
無理に穴を開けたら一部欠けたが接着剤で修理した。(^_^;

次にリチウム電池の方だ。
写真 2
3.7V1300mAh今までのeneloop単四が800mAhなので倍近い。
しかもコンパクトで、459円とはホントありがたい。

このままではヘッドフォンアンプに接続出来ないので
端子にケーブルを半田付けした。
写真 3
テープで固定して完成
これを6418ヘッドフォンアンプに使えば小さくなって
長持ちするはず。

さて、本格的に修理・改造するかな。






Last updated  Nov 17, 2011 11:10:09 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 8, 2011
電源を改良するので、回路図も変更した。
本当はMCW03を2個使って30Vをプレートにかけたかったが
その分コンデンサの数も増えるので、ケースに入らなくなる。
15Vで何とかすることにした。

6418アンプ回路図
どうせ基板を作り直すので、電源も工夫したい。
今は単四のeneloopを3本使っているが、
電池が切れる度にいちいち分解して入れ直すのは面倒だ。

実はDSC-HX9V用に充電池を買ったが、これが非常に安くて
充電器を入れても858円だった。
電圧も3.7Vなので、丁度良い。
スペースが厳しいが何とかこれを内蔵したい。

 

DSC-HX9Vに使ってみたが今のところ特に問題無い。
ホント安い。

2011.11.12追記:回路図訂正しました。






Last updated  Dec 15, 2011 11:34:31 PM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 5, 2011
素人らしく、仕様を無視した使い方で故障中の
6418ヘッドフォンアンプだが少し時間が取れたので、
交換予定のDC/DCコンバータのテストをしてみた。

使うのは、秋月電子で売っているMCW03-12D15だ。
MAU-109は低い電圧でも動作したし、電圧によって出力電圧も
変化した。MCW03-12D15はどうだろう。

とりあえず、可変電源で出力を見てみた。
MAU-109と違って、3V未満では出力が出ないが、
3V程度になるといきなり±15Vの出力が出た。
3V以上は出力電圧に変化は無く安定している。
MAU-109を2個使うより±3V電圧は低いが、
これなら電源はこれ1個ですみそうだ。

今度はうまくいくかな。(^_^;






Last updated  Nov 5, 2011 07:09:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 30, 2011
何とか形になたので喜んで使っていたら
電池の寿命が極端に短くなった・・・
と思ったら焦げ臭い!!!!!

こりゃいかん!と思いすぐに電源を切ったが
まだ臭い。
電池も全部外したが、多分コンデンサに電荷が
残っているのだろう。
MAU109が熱くなったままだ。
そうMAU109が焼けたのだ。_| ̄|○

完全に仕様を無視して使っていたが、
動作に問題が無かったので調子に乗っていた。

テスト中は使用が短い時間だったので
何とか耐えていたんだろう。
しかし、数時間使用したところで限界が(^_^;
まあ当然の結果だね。

作り直しか~






Last updated  Sep 30, 2011 10:50:54 PM
コメント(2) | コメントを書く
Sep 26, 2011
最初にテスト基板として作ってみて、
うまくいったらそのまま完成品にするつもりだった。
思ったよりうまくいって、何とか形になった。
調子に乗って音だしテストしてみよう。
その前に完成外観を。

前から見るとこんな感じ。
6418アンプ11
電源付きボリュームなので電源スイッチは無い。
電源インジケーターは青色LEDにした。
必要最低限なのでシンプルだ。

後ろから見たところ。
6418アンプ12
電池内蔵なので入力端子のみ。
電池交換が面倒だが、何とか持ち歩ける大きさにできた。
一応手のひらサイズだ。

まずiPhoneに繋げて視聴してみた。
電源を入れると結構なポップノイズが入る。
それに無音状態でシャーというノイズも僅かに聞こえる。
ピー音は無いが、まだまだ完成度が低いな~

適当に曲を再生してみると、広がりのある音で
なかなか良い感じの音だ。
オペアンプをMUSES8820に換えたお陰もあるかな。
ただ、全体として高音よりで低音が弱い。
ボリュームを上げると歪みも凄い。

しかし電源が電池で、仕様が±34mAしか流れないMAU109を
使っているのにここまでの音が出るとは思わなかった。
正直仕様からは相当外れているはずだ。
6418はかなり外部からの影響を受けやすい敏感な球だと
思うが、可能性を感じる。
電池は満タンに充電したら何とか2時間使用できた。

音質を改善するには、
電源は電池でも良いが、最低でも100mA流せる
3W級のMCW03-05D15を使いたい。
バイアス電源も取り方を工夫したい。

まあ何とか使えるので、とりあえず完成としよう。






Last updated  Sep 26, 2011 11:57:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 25, 2011
どのケースにするか色々考えたが、やっぱり
タカチのアルミケースKC3-8-10GSに決めた。

これはパネルがABS樹脂なので穴開け加工が楽だ。
寸法もピッタリだった。値段も安い!

早速注文したら休みの間に到着、となると完成させねば。
部品は揃っていたのですぐ完成と思ったが、結局一日かかった。
穴開けと配線は結構時間がかかる。
6418アンプ10
相変わらず配線が汚い。
今回はキッチリ寸法を計算したのでピッタリ入った。
単四電池にしても3個を横にしたケースだと入らない。
1個と2個のケースを直列にして、隙間に格納。(^_^;
電池はエネループを使用予定、3個で3.6V位かな。
アルカリ電池なら2個で動作する。

これでモバイルヘッドフォンアンプ完成だ。
ケースのお陰で見た目はかなり良い。






Last updated  Sep 26, 2011 11:04:33 PM
コメント(0) | コメントを書く
Sep 21, 2011
ほぼ完成したんだが、高いピーという音が
出力されるので、何とかしないと使えない。
ノイズ対策はプロでも難しいが、頑張ってみよう。

とは言っても、どうしたものか・・・
球自体の振動と外部ノイズ対策はしたつもりだ。
それでも基板をコツんと叩くとキーンという音が
長~く聞こえる。これはまあ仕方ない。
急激な振動を与えなければ、対策はそれなりに
有効だと思う。それにしても敏感な球だ。

しかし、ブレッドボードのテストからずっと
消せないピー音は残っている。
まあとにかく色々やってみようということで、
配線を手で触ったり、銅箔をパーツの隙間に
差し込んでみたが、全く変わらない。

やっぱりダメかな-と重いながら先曲がりペンチを
何となく基板に近づけたら音が変わった。(*_*)
これは?!っと思いながらあちこちペンチを
当ててみると、MAU109に当てると音がほぼ消えた!

他の工具で試したが、効果は無かった。何で?
そこで思い当たった、このペンチ長く愛用しているが
HDDを分解した時磁石を付けたことがあって、
少し磁化している。

早速適当な磁石を持ってきてMAU109に当ててみると
場所によってピー音が消える。
どうやらMAU109がこの発振音の原因らしい。
で、なんか磁石が効果があるようだという結論に。(^_^;

よく分からないが、MAU109はトランスを
使用して昇圧しているのでその磁気漏れが
原因かもしれない。
だから磁石を近づけると打ち消されて音が消えるのかも。

とにかく結果オーライ!分解した2.5インチHDDから取った
薄い磁石をMUA109に貼り付けてみた。
6418アンプ09
耳で聞いている限り、ピー音は聞こえない。
おお!これなら使えるぞ!!
まだまだ、ノイズや歪みがあるが自分としては
十分音楽を聞ける音になったと思う。

今後MAU109のシリーズを電源に使うときは気を付けよう。
完璧じゃ無いが、これでやっと基板完成だ。
出来るだけコンパクトなケースに入れたいな。






Last updated  Sep 26, 2011 10:59:23 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全71件 (71件中 41-50件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

Comments

DFLY@ Re[1]:朗音!真空管アンプの愉悦02(12/24) 45gsさんへ あけましておめでとうござい…
45gs@ Re:朗音!真空管アンプの愉悦02(12/24) あけましておめでとうございます、 こんな…
DFLY@ Re[1]:PM-A890廃インクカウンターリセット(03/17) おかめさんへ 書き込みありがとうござい…
おかめ@ Re:PM-A890廃インクカウンターリセット まだ現役です。(PM-A890)×3 WIN10でも…
DFLY@ Re[1]:6418追加購入(03/17) 45gsさんへ 返事が遅くなってすいませ…

Keyword Search

▼キーワード検索

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.