1237988 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

混ぜるなキケン!

PR

X

Profile


ゲッターピジョン

Calendar

Favorite Blog

『日本人が知らない… New! babiru_22さん

-☆はぁと☆-のブログ -☆はぁと☆-さん
反抗期おてんば娘と… アダージオさん
わんぱく広場 やまもと2004さん
ピョンコうさぎの小… ピョンコうさぎさん

Comments

 背番号のないエース0829@ Manager 『アルフィー「君が通り過ぎたあとに-Don…
 ゲッターピジョン@ Re[1]:祖母が亡くなりました。(11/27) babiru_22さん >身内の不幸は悲しいです…
 babiru_22@ Re:祖母が亡くなりました。(11/27) 身内の不幸は悲しいですね。。。 数多く…
 ゲッターピジョン@ Re[1]:アフタヌーンの図書カード(10/22) babiru_22さん >お宝当選じゃないですか…
 babiru_22@ Re:アフタヌーンの図書カード(10/22) お宝当選じゃないですか。。。(^_^) …

Category

Freepage List

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2021.08
2021.07
2021.06
2021.05
2021.04

Headline News

2012.12.25
XML
カテゴリ:買い物
1.「仏女優E・イオネスコさん勝訴、「児童ポルノ」撮影で母親に賠償命令- AFPBB News(2012年12月19日10時22分)」http://www.google.co.jp/url?sa=t&rct=j&q=%E4%BB%8F%E5%A5%B3%E5%84%AAE%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%82%AA%E3%83%8D%E3%82%B9%E3%82%B3%E3%81%95%E3%82%93%E5%8B%9D%E8%A8%B4%E3%80%81%E3%80%8C%E5%85%90%E7%AB%A5%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%83%8E%E3%80%8D%E6%92%AE%E5%BD%B1%E3%81%A7%E6%AF%8D%E8%A6%AA%E3%81%AB%E8%B3%A0%E5%84%9F%E5%91%BD%E4%BB%A4&source=web&cd=3&cad=rja&ved=0CD8QFjAC&url=http%3A%2F%2Fnews.infoseek.co.jp%2Farticle%2Fafpbb_2917363&ei=_sHVUOydH-ahmQXTm4CwBw&usg=AFQjCNEK_LgkY-u_bERfhVx8EYcc7rTZdg&bvm=bv.1355534169,d.dGY

>子どもの頃に児童ポルノ写真を撮影されたとして、仏女優エヴァ・イオネスコ(Eva Ionesco)さんが実の母親を訴えていた裁判で、パリ(Paris)の裁判所は17日、写真家のイリナ・イオネスコ(Irina Ionesco)被告に1万ユーロ(約111万円)の損害賠償支払いと写真のネガフィルムの引き渡しを命じる判決を言い渡した。

 (中略)

>イリナ被告は1970年代に官能的な写真が評判を呼んだ写真家で、特に4~12歳のエヴァさんを撮影したヌード写真は米男性誌「プレイボーイ(Playboy)」「ペントハウス(Penthouse)」の欧州版など数々の出版物に掲載され、論争の的となった。

 (以下略)

2.「親族間の暴行・脅迫、急増=5年前の2倍以上に―「すき家」強盗は大幅減・警察庁」http://news-social.com/news/923224

>全国の警察が今年摘発した親族間の暴行と脅迫事件が5年前の2倍以上に増えたことが警察庁のまとめで分かった。同庁は「ストーカーや配偶者などからの暴力が注目されて届け出が増えたことに加え、被害届を積極的に受理しているため」と分析している。 警察庁によると、1~11月に認知した刑法犯は127万9045件で、昨年同期より8万9952件(6.6%)減った。

 ──

 今月、気になったニュース2点。

 「1」については、画像を見ていない(見る気も無い)のだが、ちょっと怖い話。「4~12歳のエヴァさんを撮影したヌード写真は米男性誌「プレイボーイ(Playboy)」「ペントハウス(Penthouse)」の欧州版など数々の出版物に掲載され」、「1970年代に官能的な写真が評判を呼んだ写真家」と書かれているところを見ると、「意図的に、女児のヌードを官能的に撮影し、掲載(公表)した」、と見るべきだろう。それならば「児童ポルノ」として発表された、と思われても止むを得ないかもしれない。

 恐ろしいのは、これが一般に波及する効果、と言うか、悪用される懸念である。例えば、「赤ん坊時代の全裸写真」だ。私のアルバムは封印してあるのだが(掘り出すのも面倒だし)、確か「タライで行水している全裸写真(推定1歳児)」があったはずである。今回のケースを悪用すれば、この様な写真を元に冤罪を作り出す事も難しく無いのでは?

 それと、これは あくまでマンガ(しかも同人誌)だが…1980年代半ばの作品で、「大人になった、元少年ライダー隊のメンバーが、風見志郎との思い出の写真を手にしている」シーンが有った。この写真は「粗相」をした後の状態で撮られたらしく、男児がフルチンであった(ただし、元少年が指で その部分を隠すように持っている)。こう言う類の写真、と言うのは、誰しも持っている(残っている)のでは無かろうか?

 杞憂かもしれないが、危機感を強くしたケースだった。もう、一切写真(画像)は残さない方が良いのかも知れない。

 え?「露出部が頭部、手に限られていれば問題無いのでは?」ですって? そうですね、キリコ・キュービーの普段着ぐらい(パイロットスーツ。手袋のままの事も多し)露出が少ないと、一安心かもしれませんね(常に学生服を着ているようで、味気ないですが)。しかし…例えば「バレリーナ」っていますよね。練習や発表会で「娘(少女)のバレリーナ姿」を撮ったりすると、それが「児童ポルノ」に認定されるかもしれません(ビーチバレーとか)。

 「2」について。「親族禁止」って言い出すアレな議員、出ないですかね? 少なくとも「サウスパーク」の後出しに なりますが。






Last updated  2012.12.25 17:32:06
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.