1228964 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

混ぜるなキケン!

PR

X

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >

ウルトラマン、円谷プロ

2012.09.19
XML

 ↑不快、もとい深い意味は無い。単に「ヌターウルフ」でggっても出ないので、自爆的に入れてみた。

 あと、一応「さいあく」は「さいはて」に掛けた つもり。

 ともあれ、第18話まで見たが...SF(ビジュアル)センス的にマズかったのか? いや、やっぱり主役だろうな。

 あと、高橋長英でSFとか...いや、この人の実力にケチをつける気は毛頭無いんだけど、やっぱり時代劇顔だし。

 何と言うか、ヴァルナ軍団の扱いが難しかった気もする。...原作 読んで無いけど。

 アストロノーティカ・ドラマとして、スペース・コマンドの活躍を描くには、時期尚早だったのでは?

 「『八犬伝』っぽい『スターウォーズ』」と言うアレンジの『宇宙からのメッセージ』の料理法の方が良かったか?

 (『~銀河大戦』は面白くなかった覚えが。「宇宙+忍者モノ」ってノリだったような?)

 それと、何故かEDに切り替わる直前、『メガロマン』を連想させる。







Last updated  2012.09.19 22:32:53
コメント(0) | コメントを書く


2012.07.19
 チャンネルNECOで「スターウルフ」を見た。アニソン4原則(w)の4番目、「主題歌の質と作品内容の質は反比例する」が見事に的中。デザインとか俳優とか安すぎる(シシ・ドジョーと高橋長英 以外)。主演俳優も「主人公の顔じゃない」レベル。あと22本も見るのか…キツいな。






Last updated  2012.07.19 14:36:43
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.26

 こう言う↑書き方をするとセーラービーナスだと思われてしまうが、MAT(「帰ってきたウルトラマン」)の話。

 コダイゴン(悪魔元帥 グロテス星人)時の話。伊吹隊長の一人娘、美奈子は「将来、MATに入る」と言うのだが、「~メビウス」辺りで「伊吹(美奈子)参謀」が出ても良かった気がする。

  とは言え、余りに性格の悪い女に なっていたりしたらイヤだが。

 (脚本では#38にも登場し、次郎が「マットに入るまで、あと6年」と言うのを側で聞いている…って、「奈美子」って書かれているんですが)







Last updated  2012.06.26 22:15:20
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.19

 「仮面ライダー」はパクリすぎ。

 「仮面ライダーV3」の#39~42が、「仮面ライダー」の#4、31、3、2の焼き直しである事には問題は無いのだが…(と言うか、とやかく言う気は無い)。

 ファミ劇の(今年の)放送で(やっと)気が付いたのだが、

「仮面ライダー」の#31(1971年10月30日オンエア)は、「帰ってきたウルトラマン」#19(同年8月13日、脚本・上原正三)のパクリ、

「仮面ライダーV3」の#13(73年5月12日)は、「帰マン」#39(72年1月7日、田口成光)のパクリなのである(地元の消防団のシーンとか、もう笑えるぐらいソックリ)。

 ライダーの脚本は伊上勝(メインライター)。自己作品のセルフリメイクは許されても、これは許されないだろう。

 困った事に、新マンの方は、両方とも設定編では無く、しかも直前の回が設定編だと言う…(#18、#38ともにセブンがゲスト。後者はダンとハヤタ、初代マンも)。

 一方、「~ライダー」の#31は設定編では無いのだが、「~V3」の#13は思いっきり設定編で、ドクトルG登場編を兼ねているだけにメジャーだと言う…。「~ライダー」の方も、「後にV3に流用された(しかも設定編)」と言う付加価値でメジャーっぽいし。

 今まで気が付かなかった自分もアレだが、コレばっかりはイカンなぁ…と痛感する。

 いや、伊上勝が、「ジャイアントロボ」のメトロスリーの話を「レッドバロン」で焼きなおしたり、

高久進が「スペクトルマン(「宇宙猿人ゴリ対~」?)」の超能力少年の話を「イナズマンF」に流用するのは、本人の筆だけに「アリ」かと思うが(制作会社が違うし、TV局も違うのだが…)。







Last updated  2012.06.19 22:13:05
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.18

「あ…ありのまま、昨日の朝 起こった事を話すぜ!

 「オレは戸部夕子がゲストの話を見た後、前夜の録画番組を再生したら、戸部夕子が映っていた」

 な…何を言ってるのか わからねーと思うが

 おれも何をされたのか わからなかった…

 頭が どうにか なりそうだった…

 ドラキュラスの話だとか「太陽に ほえろ」のゲストだとか両方とも東宝系だとか

 そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ

 もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…」







Last updated  2012.06.18 19:36:08
コメント(0) | コメントを書く
2012.06.16

 名作、と言うと異論も有ると思うのだが、「怪獣使いと少年」は問題作である。そのバイアスが掛かっている為、「傑作だ」と思っていたのだが…。

 ファミ劇の一挙放送で何度目かの再見。久しぶりにシナリオと見比べる。

 「個人が追求される(不当に追い詰められる)」と言うのは、#13・#14の前後編(シーモンス・シーゴラス編)と同じ構図。

 だが、立花の おやっさん(違)が日本人(地球人)なのに対し、メイツ星人は宇宙人(異星人)である。同じ宇宙人のよしみで、宇宙船の在り処を透視すれば、悲劇は回避できたのでは無いだろうか?

 (プロットが崩壊するが)

 もしかすると、メイツ星人と言うのは、ナチスドイツのような人種(思想)の宇宙人で、その為に新マンも見捨てたのでは…?

 ともあれ、「郷秀樹(の姿)で全力を尽くす」と言うポリシーが、「ウルトラマン夕日に死す」での悲劇を招いた…と言うのは穿ち過ぎか。

 あと、切通理作の「怪獣使いと少年」に有った(?)、通り、シナリオに有る、マット内の描写や坂田兄弟の出番が有れば、印象は変わったと思う。

 (「ウルトラマンメビウス」については、今回はノーコメント)







Last updated  2012.06.16 20:18:03
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.13

 新マン#37でシーゴラスが再登場するからだった。いっそ#37も封印すれば良いのに(毒笑)。前後編だからムリ? そんなことぁ知ったこっちゃねぇ。

 つか、今回「津波テロップ」が無かったのだが、良いのか?(ファミ劇的な意味で)。







Last updated  2012.05.13 20:04:14
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.07

 そのシーゴラス・シーモンス夫妻だが…。

 最初に見た時(当時)は判らなかったが、何度目かの再放送で、メスの方は「シー(海)・モンスター」の略称、と理解した(右目を潰されるなんて可哀相だ…)。

 で、オスの角が破壊されただけで終わる(退治されない)と言うのは「去●」の暗喩なんだろうな、と気づいた。種の存続が不可になった訳で…人類は罪深い。







Last updated  2012.05.07 23:59:51
コメント(0) | コメントを書く
2012.05.06

 やっと新マンの#13と#14がファミ劇で放送されたのだが(しかもイレギュラーな時間に)、開始前に「津波描写が有ります」と言う主旨のテロップが。そこまで規制されるか? 41年前の作品だぞ。

 「狂鬼人間」を封印した円谷的な対応なのか? ファミ劇の判断なのか? つくづく下らない話だ。フィクションを規制したら、事実が変わるとでも?

 そりゃ、確かに、あれを見たらトラウマは蘇るかもしれない。しかし、放送を半年も遅らせるのは論外。それなら、第1話の放送そのものを遅らせれば良かっただけ(40周年に合わせた訳では無いので)。

 そんな規制が掛かると、フィクションの中で遊星爆弾とかスペースコロニーとか落としちゃいたくなるな。あと、都心でカメバズーカに核バズーカ撃たすとか。







Last updated  2012.05.06 15:57:25
コメント(2) | コメントを書く
2012.04.02

 「あ...ありのまま 今 起こった事を話すぜ!

 『おれは怪獣プルーマを倒したと思ったら、ウルトラブレスレットに攻撃されていた』

 な... 何を言ってるのか わからねーと思うが、おれも何を されたのか わからなかった。

 頭が どうにか なりそうだった...。

 手がノコギリの怪獣だとか、自分を捨てた恋人を爆殺しようとする話だとか、そんなチャチなもんじゃあ 断じてねえ。

 もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ...」







Last updated  2012.04.02 16:05:45
コメント(0) | コメントを書く

全77件 (77件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 8 >


© Rakuten Group, Inc.