1227425 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

混ぜるなキケン!

PR

X

全1件 (1件中 1-1件目)

1

リアルロボット

2007.11.22
XML
カテゴリ:リアルロボット

 以前、落札者様から、

「『聖戦士ダンバイン』は、放送当時どうでしたか?」

と言う主旨の御質問を頂きました。

 

 で。

 「汚部屋」を片付けていると、色々な物が見つかって、当時の事が思い出される訳ですが。

IMG_2232.JPG

  「ストライクドッグかよ?!」と言うツッコミがくると思いますが...同年なんですよね。

 中は、こんな感じ。多分、2体分(それ以上?)。

IMG_2234.JPG

 で、「ボトムズ回想ねた」は長いので割愛し、ダンバインに。

 正直、「ダンバイン」は、

期待→予想外→肩透かし

と言うのが、当時の僕の感想です。かなり、偏ってますが。


 以下、ネタバレ有り

 

 当時、エドガー・ライス・バローズのファンだった僕としては、「異世界へ召喚」という手法で「火星シリーズ」を連想しました。

 「異世界での冒険」という「ヒロイック・ファンタジー」と、「ロボット物」の合体...と期待したのですが...。

 「新宿編」を経て、後半で一気に「浮上」する辺りで「予想外」(途中、ジェリルとか、新しい聖戦士が召喚されるあたりが、個人的にはピーク)。

 

 それは良かったのですが、「♪しょせん~最後は~テッカマーン! ♪皆殺しの富野」というラストに呆気にとられました。

 「死にすぎ」です。

 

 「好きか?」といわれると微妙ですが、「第4次スーパーロボット大戦」で操作した時は、懐かしくて目が潤みました。

 

 今世紀になり、「実は、スポンサーの問題があって...」と知り、納得しましたが...ビルバインの「大砲」はチョット...。ビームライフルと変形は、許容範囲でしたが(「ビームではなくオーラ」と解釈しています)。「スパロボ」では、ビルバイン(飛び道具)がかなり使えるあたり、ちょっと複雑です。

 

バイストンウェル『ダンバイン』の物語を覚えている者は幸せである。こころ豊かであろうから」by若本規夫。







Last updated  2007.11.23 11:44:11
コメント(4) | コメントを書く


全1件 (1件中 1-1件目)

1


© Rakuten Group, Inc.