000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

混ぜるなキケン!

PR

X

全4件 (4件中 1-4件目)

1

GPおじいちゃんの昔話

2006.12.05
XML

GP「むかーし昔、まだおじいちゃんの髪が白かった頃じゃ…」

 その頃、「ラクテン」と言う名のシロナガスクジラがおった。シロナガスクジラは「ヒゲクジラ」の一種で、歯の変わりにヒゲ状のものが生えておる。それで、海水ごとプランクトンを飲み込み、海水だけ吐き出す事ができる訳じゃ。

 さて、そのラクテンじゃが、ある日、ヒゲが全部 抜け落ち、代わりに歯が生えてきたんじゃ。これでは食事ができんでのぅ。可哀想に、ラクテンは程なく死んでしもうたんじゃ。

 ラクテンの死体は浜に打ち上げられたが、腐敗がひどく、また色んな団体の圧力もあって、食べる事はおろか、標本にする事さえ出来んかったそうじゃ。可哀想にのぅ。

 

 保護者の方へ。このお話は、あくまで寓話ですので、学術的な見地からのクレームはおやめ頂く様、お願いいたします。また、お子様には、その点、十分に説明して頂けるよう、お願いいたします。

 

追記 このネタを楽しむには、前回の『「楽オク」→「楽を苦」』を参照して下さい、テーマは「オークション」、カテゴリは「楽天オークション/悪天多くしょんぼり」です。







Last updated  2006.12.05 06:33:34
コメント(0) | コメントを書く


2006.11.24

子供B「おじいちゃん、なんでこのスパイダーマン黒いの?113906.jpg

GP「そうじゃのう、むかしむかし、おじいちゃんが学生だった頃じゃ…」

GP「当時、マーヴェル・コミックスでは、マンネリ打破の為、ヒーローのコスチュームチェンジが流行っておったんじゃ」

子供C「新しいグッズも売れるしね」

GP「そうじゃのう。そんな中、『あなたの親しき隣人』ことスパイダーマンもコスチュームチェンジしたんじゃ。スパイディばかりでなく、アイアンマンやキャプテン・アメリカpage-2109a.jpgもチェンジしたんじゃ。じゃが、不評でのぅ。みーんな、元に戻ってしもうた」

子供D「どうやって?」

GP「スパイディは、ヴェノムと決別する為img10381514563.jpg、キャップは政府が折れたんじゃ」

子供F「どうしたの?」

GP「元々、キャップは第二次世界大戦の際に『超人兵士計画』の一環として誕生したんじゃ。X-MENのウルヴァリンimg10381514517.jpgも、この計画の犠牲者じゃよ」

子供J「それで?」

GP「当時の政府(戦後の)が、キャップに命令したんじゃ。『アメリカの称号を使用するなら、政府の指示に従え!』と。キャップは、『自由・平等・平和』を信奉しておった。その為、政府への服従を拒んで、名前とコスチュームを返上し、『ザ・キャプテン』と名乗ったんじゃ。ところが、これが不評でのう。売り上げが落ちたんじゃ。そこで、マーヴェルは『政府が妥協した』と言う設定で、キャップに元の名前とコスチュームを返上したんじゃよ。いや…宇宙人が政府の要人に化けてキャップの信用を落とそうとしたんじゃったかな?」

子供K「じゃあ、楽天の社長も宇宙人が化けてフリマを止めたのかな?」

 GPおじいさんは「耳が遠いフリ」をしておったそうな。どっとはらい。

 

※おうちの方へ…オチの一部について、未確認の可能性があります。お子様へ読み聞かせる場合は、御配慮をお願いします。







Last updated  2006.11.24 19:56:49
コメント(0) | コメントを書く
2006.11.22
テーマ:楽天フリマ(367)

大臣「王様、これはバカには見えないエアギターでございます」

王様「ほぅ、良い物じゃな」

大臣「実は、オークションに、もっと優れたギターが出ております」

王様「ほぅ、そうか。なんとしても落とせ」

大臣「御意!」

 数日後 

王様「落札できたか?」

大臣「はッ!つきまして、今度は『バカには見えない衣装』がギター用に出品されております」

 

 保護者の方へ。このエピソードは、「自分の意思(価値観)を持つ事の重要性」を説いています。エアギターへの差別を助長するものではありません。お子様への配慮をお願いいたします。







Last updated  2006.11.22 21:10:25
コメント(2) | コメントを書く
テーマ:楽天フリマ(367)

子供B「おじいちゃん、おはなし聞かせて」

GP「そうじゃのう、それじゃ、今日は『アリとキリギリス』でもお話ししようかのう。むかしむかし、おじいちゃんが、まだ若かった頃の話じゃ…」

GP「その頃、アリさんの経営するオークションと、キリギリスさんの経営するオークションがあった。アリさんもキリギリスさんも、順調にお仕事をして、お客さんを増やしておった。ある日、アリさんは、何を考えたか、個人出品者を締め出してしまったんじゃ。出品者は困ってのう、みーんなキリギリスさんの方へ移ったものじゃ。入札者も、出品がなければ入札できんでのぅ、やっぱりキリギリスさんの方へ行ってしもうた。それで、アリさんは冬を越せなくなったそうじゃ」

子供C「良かれと思ってした事が、裏目に出ちゃったんだね?」

子供D「敵に塩を送るようなものだね」

 …おじいちゃんは、疲れて眠っておったそうな。どっとはらい。


 ※保護者の方へ…このお話は、小口消費者の重要性を意図したものであり、実在する蟻(昆虫)を誹謗中傷するものではありません。ご了承くだいますよう、お願いいたします。また、お子様が蟻を虐待しないよう、ご配慮のほどをお願いいたします。






Last updated  2006.11.22 06:54:43
コメント(2) | コメントを書く

全4件 (4件中 1-4件目)

1


© Rakuten Group, Inc.