1228971 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

混ぜるなキケン!

PR

X

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >

幼児・児童

2012.09.17
XML
カテゴリ:幼児・児童

 ↑文字ってます。 

 16日(日)、田舎で地上波(テレビ愛媛)を見ていたのだが。

 21時30分過ぎ辺りで、2組の布団を敷いた旅館(ホテル?)の一室で、浴衣姿の男(推定30代)が幼女(推定10歳未満)を押し倒していた。

 このシーンだけをユーチューブ辺りにアップしたら、「児童ポルノ大国日本」の印象操作は完璧だな(地上波だし)。

 ちなみにタイトルは「ビューティフルレイン」らしい…







Last updated  2012.09.18 22:02:42
コメント(0) | コメントを書く


2012.01.17
カテゴリ:幼児・児童

 ↑例によって「必殺仕業人」の文字り。

 10日(火)にTVで見たのだが、

1.50才で初産

2.出産前から、子供は複数の障害(要 手術)が有ると判明していた。

で、一年余りの間に子供は大小7回の手術。呼吸が止まった事も有るそうで、ブログにも そう書いた との事。

 子供の体重は平均を割っており、生後一年ほどで5kg台。10kgになったら心臓の手術をする、との事。

 今も(オンエア時)も鼻に管を通しており、気管閉塞(?)で声も出せない→泣き声も立てられない。

 ...こんな状態で幸せなのだろうか、この子は? 将来、どうなるんだろう?

 母親、と聞くと、私は「母性愛」を連想する。しかし、これは母性愛からの行動だろうか?

 むしろ、「母親に なりたい」と言う焦り。あるいは、「母親に ならないと、女として一人前では無い」と言う強迫観念が透けて見える気がする。

 それとも、「どうしても、自分の分身(子供)が欲しい」、と言う事だろうか?

 「女の気持ちは、男には判らない」と言われると、それまで だが。

 しかし、この女性が全女性の代表(典型)だとすると、全女性は私に とっては敵だと言える。

 もちろん、子供たちに とっても。

 なお、この女性は野田聖子と言う。自民党の議員である。

【補足】

 私の母親は、「母親失格」と言うべき女で、小学生の子供たち よりも間男を選んだ女(しかも2度)。

 その上、子供たちを道連れに自殺(心中)しようとまでした。

 私の父親は、「父親失格」と言うべき男で、安定した職場を捨てて独立し、事業に失敗した男。

 母親の浮気は父親のせいでもある(水商売でのアルバイトも禁じたし。それで借金を、どう返そうと言うのか?)。

 父親はトンネルで排ガス自殺を試みたが、未遂(帰還)。私はパフォーマンスだと見ている(当時から)。

 離婚後、若い女性に手を出し、我々 兄弟を連れて、相手の親族会議に出された事も有る。

 (自宅の前で、相手の両親に待ち伏せされた事も)

 両親の親兄弟も、我々 兄弟には冷たかった。デビルマンのセリフでは無いが、「血も涙も無い(デーモン)一族」と言うところだ(「マジンガーZ対~」)。

 従って、私は私の血縁に関する限りは愛情の存在を認めていない。

 ただし、私以外の人たちには、それが有ると信じている。

 ...が、今回のようなTV(情報)に接していると、その確信が揺らいでくる。大きく。

 それと、私は人を羨む心は持っているが、妬む事は禁じている。これが唯一の私の美点で有る。







Last updated  2012.01.18 00:00:19
コメント(2) | コメントを書く
2011.12.19
2011.12.05
カテゴリ:幼児・児童

 30日(水)は遅番だったので、スーパーで夜食を買ってから出勤。

 1台しか無いATMに「待ち人1」状態だったので、先に買い物を済ます。出てくると、「利用者1」の状態。

 後姿なのだが、若い母親である事は一目瞭然だった。なぜなら、ベビーカーに幼児(女児?)が乗っていたから。

 さて、その子は推定年齢1歳半~2歳と思われるのだが...こっちを見ているんで、その表情をマネしてみた。

 幼児が上下の歯を見せて笑っているのは愛くるしいだろうが、40台半ばの男だと、どうか?

 しかし、その子は笑い返してきた。で、どう言うつもりか知らないが、「視線を外す→目線を合わせて歯を見せて笑う」と言う動作を繰り返すので、こちらも それをマネする。

 (実質、こちらの視線は相手に釘付け なのだが)

 何度か繰り返し、母親が用事を済ませて幼児と出てきた。ちょっと心温まる時間だった。

 さて。

 この子の人生経験は、圧倒的に短い。どう見ても3歳児 以上には見えなかった。

 それが、会話もなく、40過ぎのオッサンと判り合えた(笑い合えた)のは、どう言う事だろう?

 無い頭で考えるに、おそらく、同種の人物が、その子の周囲に居るもの、と思った方が無難だと思う。

 オカルティックに考えれば、テレパシーにも似た波長が共鳴し、判り合う事が出来...(中略)いかん いかん、オカルトに向かう ところだった。

 とりあえず、2歳児(幼児)にも自我が芽生えている事を再認識した。

 それが、後の人生で、どう成長するか?どう歪むか?

 性善説か性悪説か? どちらにしろ、大人と言うのは余計な知恵(先入観)が有るから、それがマイナスに働く事も有るのだろう。まさしく「知恵の実」は禁断の果実だった、と言う事か。

 ともあれ、やはりテレパシー理論で(ry







Last updated  2011.12.06 03:06:09
コメント(0) | コメントを書く
2011.08.19
カテゴリ:幼児・児童
 16日、ボウズにする為、二ヶ月ぶりに床屋に行く。

 途中、郵便局に寄ったのだが、出掛けに、小学生の姉妹らしい2人連れ(2年生と3年生と思われる)が自転車でハガキを買いに来ていた。 

 2人とも半そで・短パンなのだが、腕に袖までのカバーを着けていたのが印象的だった。こんがり、とは言わないが、確実に褐色に焼けていたのだが。

 まぁ、「ファッション」、「ポリシー」と言えば それまでなのだが…矛盾している気がする。

 あと、信号待ちで、私の原付の車輪(多分、スポークに取り付けてある反射版が、風車のように舞っていたのが気になったのだろう)を見ている小さな男の子が居たので、微笑みかけた(フルフェイス越しに)ところ、笑みが帰ってきた。

 ので、手を振って上げると、信号を渡りながら(父親に虫取り網を持たれて先導されていた)、何度も振り返っては笑いかけてきたので、その度に手を振った。

 ちょっと良い日だった。






Last updated  2011.08.20 00:26:08
コメント(0) | コメントを書く
2010.08.13
カテゴリ:幼児・児童

 「児童の権利を~」とか、「児童ポルノ禁止!」と言っている方々は、ホストクラブの禁止も主張しないとダブスタですね。

【参考記事】

 「探偵ファイル」の「餓死した2人の幼児   ~大阪市の刑事に聞くhttp://www.tanteifile.com/diary/2010/08/04_02/index.html

【蛇足】

 私自身が「ホストクラブ禁止」と言っている訳では ありません。念の為。

【参考記事】

 「探偵ファイル」「餓死した2人の幼児    ~母親の陰に男ありhttp://www.tanteifile.com/diary/2010/08/07_01/index.html

 同「餓死した2人の幼児を大阪市の刑事に聞く 2http://www.tanteifile.com/diary/2010/08/09_01/index.html

 







Last updated  2010.08.13 15:28:57
コメント(0) | コメントを書く
2010.07.22
カテゴリ:幼児・児童

 以下、「リビングまつやま」2010年7月17日 第1304号<9面>より、抜粋して引用。

>子どもの虐待についての相談は、愛媛県内3ヵ所の児童相談所で平成21年度の対応件数が272件。さらに松山市の「松山市子ども総合相談」でも虐待に関して229件対応しています(全体相談数は1823件)。

 (中略)

>松山市子ども総合相談所の平成21年度の虐待対応件数のうち、ネグレクト(養育の拒否・怠慢)が全体の約6割、身体的虐待が約3割。県の児童相談所でも、身体的虐待とネグレクトの割合が高く

 (中略)

>虐待は、実の父母によるものが多く、松山市では実母によるものが約8割。

 (引用終了)

 「サウスパーク」なら、「子供を実母から引き離せ!」と言うところだ。

 ちなみに この記事には「有害コミック」、「18禁ゲーム」などの記述は一切無い。

 松山市(愛媛県)と言うのは非常に保守的であり(参院選では自民党の山本順三が、昨年の衆院選では同じく自民の塩崎が当選している)、「日本の保守の典型」と言えるだろう。

 都会部ではどうか知らないが、「コミック/ゲームが~」、「オタクが~」とか言っている間にも、家庭内虐待で多くの子供が傷ついているのである。

 ...と言う言葉も、狂信者や利権の亡者には馬耳東風だろうけど。

 ちなみに、「リビングまつやま」では、「子育ての負担が母親個人に掛かっており、周囲がそれを軽減する事で虐待を防ぐ」と言う論旨だった。







Last updated  2010.07.22 13:59:57
コメント(0) | コメントを書く
2009.11.29
カテゴリ:幼児・児童

>赤ちゃんポスト 病院が会見「意義がある」< 2009年11月28日 18:57 >http://www.news24.jp/articles/2009/11/28/07148740.html

>報告書によると、これまでに入れられた子供は51人で、このうち親が判明したのは39人となっている。利用した理由については、「生活苦」と答えた人が7人いた一方で、「不倫」が5人、「未婚」と「世間体」が3人など、望まない妊娠が利用につながっている実態がうかがえる。

>この検証結果を受けて、慈恵病院が28日、会見を行った。蓮田太二理事長は「私たちのやったことは意義があると思っている」と話した一方で、「ゆりかごがいらない社会をつくらないといけない」と話した。また、報告書が、匿名で子供を入れることは容認できないと批判している点については、「匿名性が失われると、預けに来る人がいなくなってしまう」と話した。病院側は、妊婦らからの相談を受ける施設が全国に必要と強調した。

 上記では省かれていますが、「戸籍に入れたくない」が8人(トップ)です。

 なお、

>「未婚」と「世間体」が3人

は、「それぞれ3人ずつ」です。「合わせて」では ありません。

 で、

>蓮田太二理事長は「私たちのやったことは意義があると思っている」と話した一方で、「ゆりかごがいらない社会をつくらないといけない」と話した。

は正論ですね。

 とは言え、「望まない妊娠」を根絶するには、「男と女を接触させない」と言う方法しか無く(それすら完璧では無い)、それはディストピア(ユートピアの正反対)でしか無く、極めて危険な政治体制と言えるでしょう。

 現実味のある体制とは、どう言うものでしょうか...?

 (釣りだと思うが、こう言うのhttp://74.125.153.132/search?q=cache:HCE7G7ntQqEJ:re11.peps.jp/reichibe+re11.peps.jp/reichibe.&cd=1&hl=ja&ct=clnk&gl=jpもある)







Last updated  2009.11.30 00:00:56
コメント(0) | コメントを書く
2009.07.02
カテゴリ:幼児・児童

 「さよなら絶望先生」に、「~だけは避けてきました」と言うネタがあるが、一体、人は どこまで責任を負えるのか?

 豊田有恒のエッセイ(1970年代あたりに書かれたもの)によると、

>もし医者になったら、医療事故を起こしたかもしれない。SF作家なら、読者を殺すこともない。

と言うような主旨の事が書かれていた(記憶で書いてますが...)。

 

 例えば、「100円ショップで買った包丁で殺人事件が起こったら?」

 購入者(使用者)が罰せられるのは当然として(児童、精神薄弱などを除く)、

販売した店舗は?その経営者は?レジの店員は?店長は?

製造したメーカーは?問屋は?運送会社は?

...などと思ってしまう。

 

 さて、「小中学生の携帯所持規制 石川県議会が可決<6/29 21:36>http://www.news24.jp/138603.html」だが、

>小中学生の携帯電話の所持規制に踏み込んだ条例案が可決された。

>改正案では、「防災防犯の目的を除き、携帯電話を持たせないよう努める」としていて、規制はあくまで努力義務にとどめている。

となっている。

 これではザルだろう。「ウチでは、防犯の為、持たせています」と言えば、それまでだ。

 (個人的には、持たせた方が良いと思うが、通話とメールに特化すべき。通話・メールも相手を限定)

 それで、もし、「携帯電話を持たせていない」小中学生が犯罪に巻き込まれたら、どうするのか?

 誘拐された場合、携帯を持っていれば、

「犯人のスキをついて、110番できた」とか、「~家族に発信できた」、「GPSで追跡できた」

と言う事もあるだろう。

 もし、それらの手段が採れなかった為に、誘拐された小中学生が危害を加えられたら、石川県議会(の賛成した議員)は、どう責任を取るのか?

 

 歳のせいか、どうも、「子供にナイフを持たせるな」とか、「3ナイ運動」を思い出させる。

 責任を負える部分、そして負わされる部分と言うのは、無限では無い。

 あまり一元的な見方はしない方が良い。それしか出来ない人物は、政治から身を引くのが「責任」だと思う。







Last updated  2009.07.03 00:18:44
コメント(0) | コメントを書く
2009.05.20
カテゴリ:幼児・児童

View 改正児童虐待防止法施行から1年<5/19 21:54>http://www.news24.jp/135694.html

「 様々なニュースのポイント、行方について、日テレNEWS24の特別解説委員が深く、鋭い解説をする「プラネット・View」。19日は「改正児童虐待防止法の施行から1年」をテーマに、日本青年会議所副会頭・相澤弥一郎氏が解説する。(デイリープラネットより。動画配信のみ) 」

 ↑偏った内容では無かったと思いますが、NPO法人のバッチを付け、紹介しているのを見ると、ちょっと偏見を持ってしまいます。

 とは言え、「子育ては、有史以来の事」と言うのは同意。

 しかし、「虐待の件数が増えている」のは、「虐待の定義が細かくなったからでは無いか?」とも思いますね、「人間の証明(TV版)」を観ていると。

 

【追記】

 「誰が見張りを見張るのか?」、と。

● 和歌山少年暴行事件(わかやましょうねんぼうこうじけん)は、和歌山県の児童養護施設で女性の非常勤職員が施設に保護されている少年に性的関係を強要した事件である。2007年3月に事件は全国的に報道された。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%92%8C%E6%AD%8C%E5%B1%B1%E5%B0%91%E5%B9%B4%E6%9A%B4%E8%A1%8C%E4%BA%8B%E4%BB%B6

● 風の子学園事件(かぜのこがくえんじけん)とは、広島県にあった情緒障害児更生施設で1991年(平成3年)に発生した監禁致死事件である。事件の発生した施設は不登校もしくは問題行動をする児童・生徒の更生を目的にしていたものであるとされていたが、実態は教育施設とは到底いえないほどの貧弱さであり、のちに虐待施設であったと非難された。またその施設で死亡した少年の遺族が、施設を紹介した教育委員会の責任を民事訴訟で追及し認められた。

(略)なお、元学園長は服役後の2001年に女子高生への猥褻行為により広島県警に逮捕された。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A2%A8%E3%81%AE%E5%AD%90%E5%AD%A6%E5%9C%92%E4%BA%8B%E4%BB%B6

● 抑圧された記憶(よくあつされたきおく、Repressed Memory)とは無意識下に封印された記憶、あるいはそのような記憶が存在するとする仮説のことを言う。回復した際の記憶のことを回復記憶(かいふくきおく、Recovered Memory)という。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%8A%91%E5%9C%A7%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E8%A8%98%E6%86%B6

● 虚偽記憶(きょぎきおく、英: False Memory)とは、誤った催眠療法の誘導によって捏造された、実際には起っていない筈の出来事に関する記憶(エピソード記憶)のこと。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%99%9A%E5%81%BD%E8%A8%98%E6%86%B6

● 保育園などでの性的虐待の可能性に対する社会的恐怖(ほいくえんなどでのせいてきぎゃくたいのかのうせいにたいするしゃかいてききょうふ)とは、1980年代にアメリカをはじめとする各国で、保育園や幼稚園などの施設の経営者や職員らが子供たちに対し性的虐待を行ったとして親たちに相次ぎ告発された現象である。告発の内容は、職員らが子供たちの性器に触れた、拷問した、性的な行為を強要したなどであり、中にはエーカー託児所事件のように別室へ連れて行かれピエロに襲われたという証言や、マクマーティン幼稚園裁判のように魔女の出現を証言した子供たちもいた。

アメリカ合衆国に始まりカナダ、ニュージーランドやヨーロッパ諸国で同様の現象が起こり、保護者の間や地域社会ではヒステリックな告発が続き、多くの保育園や託児所が閉鎖された。しかし、実際にはこれは仕事を持つ母親や共働きの家庭などに対する反発、あるいは母親たちが見知らぬ他人に自分の子を預けて行く罪悪感などから起こったものであったといわれ、一種の魔女狩り・モラルパニックと評される事も少なくない。

後に虚偽記憶の問題が浮上し、この問題で逮捕されたり有罪判決を受けた人の多くは釈放された。特に1983年のマクマーティン幼稚園裁判では親たちが偽記憶を作ったと非難された。この事件で児童の精神鑑定を行い、「抑圧された記憶」を「明らかにした」のは「Children's Institute International」というLAにある無認可の児童精神福祉施設の組織であったが、この組織にいたスタン・カッツは後にマイケル・ジャクソンの裁判も担当している。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BF%9D%E8%82%B2%E5%9C%92%E3%81%AA%E3%81%A9%E3%81%A7%E3%81%AE%E6%80%A7%E7%9A%84%E8%99%90%E5%BE%85%E3%81%AE%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7%E3%81%AB%E5%AF%BE%E3%81%99%E3%82%8B%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E7%9A%84%E6%81%90%E6%80%96







Last updated  2009.05.20 01:31:56
コメント(0) | コメントを書く

全42件 (42件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 >


© Rakuten Group, Inc.