000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

うなうな日記

全84件 (84件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >

食物。

2009年03月22日
XML
テーマ:家庭菜園(51083)
カテゴリ:食物。

はなっこりー

昨日摘んだものの、輸送したままだったため、しおれております。
しかし茹でただけで、とても甘く少しほろ苦く、美味!ぺろり
なんとも「春の野菜」という味がします。


この野菜の名は『はなっこりー』、山口県オリジナルの野菜なのだとか。
はなな?(←菜の花って言われたぞ)とブロッコリーの掛け合わせだそうです。



先日山口に帰りまして、父が丹精込めて作った野菜を持ち帰りました。
それらの保存作業がタイヘンでした~スマイル雫

赤ダイコンとラディッシュはプランターに埋め直し、(←と、教わった)
ダイコンとキャベツ・水菜・高菜は濡れた新聞紙にくるみ、
ブロッコリーは小房に分けて茹で、冷凍庫へ。
量が多いのと、葉ものばかりだったので時間がかかっちゃいました。


せっかく頂いたので、腐らせずに食べきれるようにしたいなスマイル






最終更新日  2009年03月22日 23時02分44秒
コメント(4) | コメントを書く


2008年08月15日
カテゴリ:食物。

とうふやうかい

オトナに聞いた、もう一度やりたい『夏休みの宿題』とは、自由研究だそうですが。
その時のコメンテーター?が想像したとおり、私も絵日記ならやりたいなぁ、なんて思います。
そうしたら、↑東京タワーも描くのピンクハートウフフ。


…それはともかく、先月末に行った≪とうふ屋うかい≫です。
八王子のうかい亭には2度ほど行きましたが、和のクラシカルな雰囲気とお料理が好きで、
このとうふ屋~もずっと気になっていました。
が、予約が取れず。 ←今でも2ヶ月待ち
何とか都合を合わせ、楽しみにして行ってきましたウィンク


【先付】長芋とろろ
とうふやうかい
目にも鮮やかな一品。奥まですくっていただくと、何かが(笑)隠れてます。

【進肴】あげ田楽
とうふやうかい
部屋から、焼いている風景(外)が見えます。焼加減、タレ、ともに最高!

【活造り】本日の湊より
とうふやうかい

【煮物】丸茄子海老含め煮
とうふやうかい

【八分】湯葉と芋茎胡麻和え 鰻と胡瓜酢のもの とうもろこし
とうふやうかい
とうもろこしの冷製スープが忘れられません。

【鍋仕立】豆水とうふ 
とうふやうかい とうふやうかい
とうふにコクがあってなんとも!汁(豆水?)まで美味しくいただけます。

【焼物】たかべ金平焼き
とうふやうかい

【御食事】しょうがご飯 香の物

【甘味】白玉あずき
とうふやうかい

絵的にはシンプルですが、めちゃめちゃ美味しいダブルハート目がハートです。
うかいならでは?の和風庭園を堪能して、個室でゆったりいただくお食事は最高です。
気付いたら3時間も経過。
中でもあげ田楽が絶品きらきらで、おかわりをお願いしてしまったほど!!

「お昼だし、とうふでさっぱりして良いか~」なんて気楽に考えてましたが、とんでもない(笑)
予約待ちなのもナットクです。
これが夏のメニューなら冬も来たいと、次の予約を考えてお店を後にしたのでしたスマイル

オススメのお店ですOK







最終更新日  2008年08月15日 15時35分14秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年04月01日
カテゴリ:食物。
ロブション

超・有名な三ツ星レストラン、Joel Robuchonです目がハート
別世界を思わせる素晴らしいこの建物は、恵比寿ガーデンプレイスの奥まった一角にあります。
三月、送別を兼ねた最後のお食事会にと、
この一年間温めてきた企画がこのロブションでのランチなのでした。(ディナーは手が出ない!)

2008032813380001.jpg

総勢17名で行ったため、用意された部屋はその名も≪ベルサイユ≫きらきらという個室。
至れり尽くせりの空間は、時を忘れさせるほど…(本当に忘れて4時間くらい滞在することに)

ロブション

実は予算もなかったため(とゆーか、サービス料が凄くて)、最もお手ごろなランチにしていました。
それで「ご飯が足りなかったらどうしよー」なんて言っていたのですが、とんでもない!!
大満足の質と量とで、もうお腹はパンパンになるのでした(笑)


ロブション
Amuse-Bouche

「ウイキョウを使ってる」としか説明を覚えていない(爆)
とろりとした、爽やかな味わいが今後の食欲をかき立てます。








ロブションロブション
Le Carbe

【ズワイガニ アボガドのフォンダンとトマトのジュレと共に】

器と共に、非常に色鮮やかで美しい一品です。

左側のミニパンは種類が豊富で、なくなるたびに何度もお代わりを運んでくれます。
全品を制覇した人いたかな?



ロブション
Le Topinambour

【トピナンブール なめらかなスープにし、パルメザンチーズのフランに注いで】

補足文を見ても「なんじゃそりゃ?」という感じですが、
ほんのり温かなクリーミーなスープの底を探ると、柔らかなチーズがひそんでいて、
それを一緒にいただきます。
その絶妙なこと!




ロブション
La Daurade

【長崎産天然真鯛 ポロ葱のエテュぺとシトロネエルの香りのクレームを添えて】



ロブション
Le Porc

【岩手産ハーブ豚 ゆっくりとグリルし、タブナード風味のジュで】

意味不明ですが、美味しいです(笑)。 ←ヒドイ


ロブション
Les Fruits

【フルーツのマリネ オリエンタルなジュレと合わせ、ミントのソルべと共に】

これがまたビックリびっくりの、真緑のアイス!
ミントなのですが、ミント以外何物でもない、というくらいミント。強烈です。
これまでの食事の味覚をするりと消し去る効果は見事、
しかし二杯は食べられないなぁ。




ロブション
Le Chocolat Caraque

【ガトーショコラ ブリュレに洋梨のクーリを合わせ、カフェのグラスと共に】

一見すべてチョコですが、それぞれ異なる食感と味が楽しめる一品。

ロブション
Le Cafe express

【カフェとプティフール】

プティフールの写真を忘れました涙ぽろり

あれ?と思ったのが←このカップ。
良く見ると底が深いのですが、窪んだ形の受け皿になっていて、
カップがすっぽりはまっています。
ちょっと面白いかもスマイル



本当に優雅なひと時を過ごすことができました。
こんな贅沢をして良いんだろうか?と恐ろしくなるくらい。 ←思いっきり小市民。

しきりと「お飲み物はいかがなさいますか?」と聞きにくるお店の人にドキドキしながら、
お水も有料(ミネラルウォーターですもの)という事実に、また不用意な汗をかき、
精一杯に背伸びして食事をしに来た庶民たちの一日は終わったのでした。

うふふ。でも会社のお金だからいっか♪






最終更新日  2008年04月01日 23時13分44秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年02月09日
カテゴリ:食物。
うっかりコタツを出したら、しっかりうたた寝をしてしまっただいな☆です。
お外は雪雪ですよ。
私は都会のど真ん中に出勤するのですが、雪が降った日は、みんなの出勤状況が異なるのが面白いです。
千葉から来ているこは「雪かきして出てきた」とか
埼玉だと「雨だったよ」とか。

私は雪は歓迎きらきらなんですが、翌日の半分溶けかかった≪雪でない≫状態がイヤです。
滑りますからねぇ。ほえー

チョコ チョコ

さてさて。
バレンタインも近づいているのですが、北海道に出張に行った家人から憧れの『ロイスの生チョコ』を買ってきてもらいました。
大事に大事にいただいてるのですが、バレンタインフェアで、某デパートの地下販売でロイスを発見してしまったことはナイショです。

しかーし!!
これはちょっと違いまして、限定販売なのだそう。
何と「山崎」と書いてあるよ~~~びっくり

お酒入りチョコを買ってきた、と聞いて最初はえ~わからんだったのですが、
(お酒が嫌いなのでなく、一緒になっているのが嫌でした。チョコはチョコ、お酒はお酒。)
これは中にリキュールが入っているタイプでなく、特別に「山崎」が練りこんである生チョコだったのでした。考えれば、ロイスの形態からすると当たり前かしら。
そしてもちろん、美味し~いダブルハート

うっとり目がハートです。
ビバ生チョコ!
ほどよくとろける具合のチョコが好物なので、カカオがみっしりしているチョコは苦手かも知れません。
しかも許されるのはホワイトかミルクか、程度の種類分けのみ。
(フルーツのフレーバーとか、これまた混じっているのはあんまり好きじゃない)
だから「ゴディバのチョコリキュール(を使ったお酒)もおいしいよ」と勧められても食指が動かないのでしょう。
その反面、自分流の条件にはまれば延々とチョコを消費し続けます。
どひゃあ。


小さな1粒2000円とかの超・高級チョコもあるそうですが、どうなんでしょう?
自分には買えないしあげれないなぁ。 ←ケチ
でも見るだけでも華やかな大混雑のデパ地下を、ちょっとワクワクしながら通ってみたりするのでした。






最終更新日  2008年02月09日 23時02分28秒
コメント(6) | コメントを書く
2008年01月10日
カテゴリ:食物。

新年早々、ウマイものです目がハート

新年会など一つもやらない間に、
ちょっとしたお祝いをしてあげる(決して私のコトではない)企画がありました。
そこで出た当事者の要望が、『Lawry's The Prime Rib』に行きたい、だったので、急いで予約。
ランチをいただくことになりました音符

ローリーズ

ここは溜池山王という地下鉄降りてすぐの場所にあるお店なのですが…入り口を入った途端、
落ち着いて優雅な空間が現われます。天井高く、シックな緋色に彩られた、雰囲気の良い室内!
いくつかランチメニューはありますが、≪東京店オリジナルの最も小さなカット≫と書かれた、
プライムリブを選びます。

しかーし!!


びっくりどお~~~~んっ!!
ローリーズ

ひと言、すんばらしいです。びっくり

サラダバーもいただけるのですが、サラダやスープ、パンなど一つ一つの品々が美味しいし、
(特にブロッコリーやコーンのピクルスは上出来!)
デザートのパンナコッタとフルーツポンチは、デパ地下でもなかなか味わえない一品です。

もちろん本命のプライムリブは、専門のスタッフが目の前でサイズごとに切り分け、
写真↑のように色々と添えて仕上げるパフォーマンスを、行ってくれます。
もっとも小さいサイズ、がコレですから…他のはどうなることやら!
この後焼きたてのプディングが添えられ、ラディッシュホースやクリームをのせていただくのですが、
んもぉ~~~美味しいっ!目がハート
たっぷりお皿に満たされたソースは、いつの間にかなくなってしまいました。

席の担当のスタッフさんも「いかがですか?」と確認にいらっしゃいますが…、
ランチにしてはまぁお値段は張りますが、お肉を味わった、という満足感があります。
私自身の、≪また来たいお店≫リストに加わることになりました。
オススメですオーケー

ひとのお祝いに、便乗できて良かった~(笑)






最終更新日  2008年01月10日 23時35分17秒
コメント(4) | コメントを書く
2008年01月04日
カテゴリ:食物。
シェンロン

 今更ですが。
 せっかく忘れたくないので、年を跨いでのご紹介(笑)

 ご覧の通りX’masディナーでございます☆
 いつもは「鶏を食すぞ!」と騒ぐのですが、
 予約の面倒さなんかもあって、以前に行った事のある
 『チャイナグリル XELON TOKYO』に決定☆

 入り口が開くと、ガォ~っとドラゴンがお出迎え~!!

  シーフードプレトの前菜
  金華ハムと貝柱の澄ましスープ
  特選フカヒレ姿ステーキ
  シェンロン名物北京ダック
  和牛ステーキ スパイス炒め
  手作り蒸しパン
  クリスマスデザート
  プレミアムティー



シェンロン シェンロン

シェンロン シェンロン

シェンロン Image0421.jpg


Image0441.jpg

 ワインも少し飲んで、ほろ酔い気分♪
 混んではいましたがサービスもよく、とても気持ちよく過ごせました。
 
 なかなか美味しかったですよ~
 また違うメニューを、食べに行きたいものです。
 ヽ(゜・^*)^☆.。.:*・






最終更新日  2008年01月05日 02時23分38秒
コメント(2) | コメントを書く
2007年11月27日
カテゴリ:食物。
ワインパーティ

三連休の最後、日曜日のお話ウィンク
実は(いまだに。笑。)続けていた英会話の先生から、カジュアルワインパーティに誘われていました。
オーストラリア人である彼女は、自国のワイン~お酒について造詣が深く、『オーストラリアを代表するワイン醸造家』であるフィリップ・ラッファー氏が来日するイベントの開催に関わるということで、
彼女の友人・知人、日本人外国人問わず、30名前後を集めていました。

ワインパーティ

↑実際のラッファー氏。優しそうなおじいちゃん!(失礼)

ワイン ワインパーティ

≪BAROSSA≫という池袋にあるレストランを貸切にして、なんと計6種類のワインを飲み放題!
というオイシイ内容での参加ですうっしっし

オードブル盛り合わせ
真鯛のマリネ サラダ仕立て
スズキのムニエル 柚子胡椒風味
牛ほほ肉の赤ワイン煮 ペンネリガーテのゴルゴンゾーラソース


上記のメニューに、スパークリングワイン・白ワイン2種・赤ワイン2種・ロゼスパークリングが、
料理に合うように出されます。なんて贅沢!!ワイングラス

ワインパーティ Image0051.jpg

ワインパーティ ワインパーティ

最初ドキドキしていた私たちも、ワインがすすむにつれ陽気になっていきます。
ほとんどが初対面のなか、外国の方々とも、日本語・英語を交え会話が弾む、弾む!
フィリップ氏や仲介した会社関係の方々の説明なんかも聞きながら、
改めて、ワインは食事を楽しくするよいお酒なんだな~、と実感しました。

産地がオーストラリアというだけで(つまり日本ではメジャーではない)、
こんなにも廉価(日本で、1本あたり1000円~2000円というからオドロキ)なワインを楽しめるのです。
そしてもちろん、日本の(味付けの)料理とも相性は抜群オーケー

ワインパーティ

フィリップ氏が出すクイズに答えて、なんとワインをゲット~!
(ミニボトルは全員へのおみやげ)

↓ジェイコブズ・クリーク リザーブ シラーズ
戦利品は、彼のサイン入りピンクハート

ワインパーティ

とっても楽しいひと時でした。
ご興味がある方は、ぜひお勧めします。
ジェイコブズ・クリーク
この名前を、お忘れなく。
きっとワインが身近になり、楽しい食事を演出してくれますきらきら






最終更新日  2007年11月28日 00時05分31秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年11月19日
カテゴリ:食物。

ある日、会社の女の子が言いました。

「スンドゥブが食べたいんです!」

「はぁ?(;`Д´)なんじゃそりゃ!?」



スンドゥブ



とゆーことで、食べに行きました。

石鍋スンドゥブ専門店 姉妹(チャメ)』です。

豆腐をメインとした韓国の鍋料理の一種…ということらしいのですが。
「純豆腐」と書くこの料理は、気付けば流行りらしく、実はあちこちでお店を見かけました。
その中でも彼女のお勧めのここは、結構名の知れた所だとか。

様々な種類のスンドゥブがある中で、私はスペシャルをオーダースマイル
3種類の前菜を食べながら待つと、石鍋に炊かれたほくほくのご飯と共に、赤い鍋がやってきました。
アツアツ炎のスンドゥブをそのままいただいたり、ご飯にかけたり、色んな食べ方があるそうです。
最後は石鍋に張り付いたオコゲにお茶を注ぎ、崩してお茶漬け風にいただきます。

好きなくせに辛さに弱い私には、これでも充分辛かったのですが、
食べ方を楽しみながらほふほふ言って完食したのでしたオーケー
お豆腐が入っていれば、すなわちスンドゥブなのか?
というアホな疑問を抱えながら、 ←しかし人に答えられない
美味しければまぁいいか。と。
ヘルシーだし楽しいし、またトライしてみたいご飯でしたウィンク






最終更新日  2007年11月19日 23時54分48秒
コメント(4) | コメントを書く
2007年08月15日
カテゴリ:食物。

忘れないうちに、夏休み前の思い出をひとつ。

月ごとに、お仕事の状態が良いうちは『打ち上げ』なるものを行います。
ご家庭の事情で夜の都合が悪い同僚が多く、必然的に昼間の贅沢ランチをチョイスすることに。
で、夏休みに入る直前に行ってきたのが、なだ万の系列『ZIPANG』。
メンバーの要望に応えて、テーマは≪和≫でした。


ランチ ランチ


ここはどこ?と思わせる入り口。
駅近でありながら、都会の喧騒が一瞬にして消えうせる、静かな空間です。

総勢20名で押しかけたため、当初「室料、別途7万を頂戴します」と言われびっくり
ひっくり返りかけたのですが。
交渉したら、なんとタダで準備していただけました。
(と、いうか、向こうも最初からそのつもりで申し出てくれた雰囲気が)
室料が必要なのも頷けるくらい、とってもキレイなお部屋で、賞賛の声が上がりますきらきら

ランチ

ランチ

ランチ


暑さに疲れた体に優しく染み渡るような、でもしっかりとした和の味は大好評!
さすがです。
普段それほど魚をランチで食べないメンバーも、美味しくいただいていました。
選んで良かったスマイル


ランチ

クーポン持参で、食後のコーヒーをちゃっかり要求した私たちにも店員さんは優しく、
最後まで丁寧な対応をして下さいました。
美味しくてサービス良く、環境も素敵となれば言うことなし音符
予算の関係で、実は一番安いランチにしたのですが、
機会があればまた来てみたい、と思ったお店なのでした。

誰か、連れてって下さい(笑)








最終更新日  2007年08月15日 23時49分06秒
コメント(8) | コメントを書く
2007年07月25日
カテゴリ:食物。

ちゃんこ

言わずと知れた、「ちゃんこダイニング若」です。

ず~っと行きたかった(実はチャンスがあったのだけど、逃した)トコロ涙ぽろり
先々週の話ではありますが、やっと行って参りました!

↑は、なんとトイレに備え付けられていた油取り紙。
この他にもアメニティが充実きらきら女性に気遣い盛りだくさん!
ビックリウィンク

ちゃんこ

本題。(笑)

お漬物や海老のマヨネーズ和え?もオーダーしましたが、写真(=データ)が行方不明。
お鍋自体はリーズナブルだと思います。
食い気たっぷりの私ですら、まったく追加がいらないほど、てんこ盛りです。
最後のぞうすいもお腹爆発寸前爆弾 ←自業自得。
あ、お鍋にはコラーゲンをトッピングで入れてみました。
(翌日のお肌は…???)

お鍋の仕切りは、すべてテーブル担当の方がやって下さいます。
ちゃんこの味の種類もいくつかありましたが、テレビで有名だったので「塩」をチョイス。
ダシがきいてるのか秘伝の調理なのか、お味はグーッ!!オーケー
さっぱりしていながら深い味わいで、飽きさせません。

この日は、最近起こったトラブルが話題の中心でしたが、
テーブル担当くんの爽やかな介入もあり、面白楽しくお食事できました黄ハート
そんなやりとりも大事!

ちゃんこ

打ち上げ・懇親会・会合…と、人と会う機会が増えたお陰で、
ここ一ヶ月ほど、贅沢し過ぎている気配が。
(さらに今週末はタイスキだ!)
な…夏なのに、体が絞れてない~~~ショック






最終更新日  2007年07月26日 00時50分18秒
コメント(8) | コメントを書く

全84件 (84件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 9 >


© Rakuten Group, Inc.