728414 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

 SUPER DIAMOND SMASH

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >

実生活

2012年03月17日
XML
カテゴリ:実生活
 6日ほど遅れましたが,東日本大震災から12ヵ月が過ぎました。


 震災により,1万6千もの尊い命が奪われ,2万7千の方方が負傷し,
3千を超える方方が未だ行方不明のままとなっております。

 全国の避難者は震災直後に45万人を超えました。
避難所の数も,過去の震災とは傾向が異なり,震災の2ヵ月後まで漸増しました。
(過去の大きな震災は,1週間後には避難所の数が減少傾向にありました。)

 現在も1万8千人が避難所・ホテル・知人宅などで避難生活を送っており,
これまでに転居した人は仮設住宅などを含めて32万人を超えているそうです。


 東北や関東の沿岸の町町は津波によって破壊され,0から作り直すに等しい状態になり果てた町も多くあります。
1年を経た現在では,山積みになっていた瓦礫が取り除かれ,道路や電線が新しく設備されてはいるものの,
やはりそこには茶色と灰色の荒野が広がっております。


 中でも宮城県は大きな被害を被り,
石巻市にある大川小学校では,児童・教職員121人のうち79人が亡くなり,5人が未だ行方不明となっております。

 本日(3月17日)には,大川小学校の卒業式が行われ,当時5年生だった13人の児童が巣立ちました。
その中の6人の卒業生は震災で亡くなられ,ご遺族の方方に証書が渡されたようです。
ご遺族の方も,一緒に卒業する児童さんも,たいへん辛い思いをされたと思います。

 自分が小学校を卒業したときは,6年を共にした皆と一緒に旅立てることがものすごく嬉しかったことを覚えているので,
大川小学校の記事を先ほど読みまして,やりきれない思いになりました。


 ご遺族の方方に対しましては,謹んでお悔やみ申し上げます。






最終更新日  2012年03月18日 03時42分26秒
コメント(9) | コメントを書く


2010年11月22日
カテゴリ:実生活
久々の日記なので,無難に日常的なことでも書こうかと思いましたが,あえて無難に日常的なことでも書きましょう(ナゼ。

実は私は2006年1月1日から5年近く夢日記というものをつけております。
 夢日記というのはその名の通り,「その日に見た夢をひたすら書き記した日記」です。
『夢日記をつけると発狂してしまう。』という恐ろしい迷信もありますが,
 5年近くもこの怪しい日記に挑戦し続けている私がはっきり言うと,発狂しません。
  まぁ実は発狂しているけれども自分では気がついていないという可能性もあるかもしれませんがね。
 よっぽど発狂すると信じている人なら反偽薬効果で本当に発狂するかもしれませんが,まぁそこまで言うとキリがないです。

ちなみに夢日記の1ページ目となる2006年1月1日の日記は,「友達と数学の授業をサボった。」です(ぉぃ。
 なんか初っ端から非常に残念な夢ですが,現在に至るまでにはいろんな意味で素晴らしい夢と幾度と遭遇してきたので,
  本日の日記ではその一部を公開いたしましょう。けっこう長くなりますmm


・2006年3月30日
バスケットボールがのどに詰まってしまい,絶望的である。
  非常におかしな状況ですが,夢ではアリエテしまう。

・2006年12月2日
ベッドで寝ていたらベッドがいろんな方向に傾き始めたので,落ちないようにしがみついている。
  なんか一見イヤな夢って感じもしますが,実はベッドが大空に浮かんでいる感じだったので,意外と気分爽快でした。

・2007年5月14日
パックマンの世界に迷い込んだ。周囲は高い壁に囲まれていて,迷路のように入り組んでいる。
後ろから恐ろしい怪物のようなものが光を放って無機的に迫ってくるので,私は必死に逃げている。
  あのコミカルなパックマンも,実写版(?)となればこんなに恐ろしいのですm(_ _)m
  むしろパックマンをここまで恐ろしく変換する私の感性が恐ろしいのでしょうか。

・2008年1月11日
11月10日のことである。自分の部屋の床に大量の蛾の幼虫がうごめいていた。
私は裸足なので,足の指の間に潰れた幼虫がぐちゃぐちゃ挟まって気が狂いそうだ。
  どうしてこういうときにかぎって私は裸足なんでしょうかねmmしかも何故私はその上を無理に歩こうのするのだ。
  私はもともと虫が好きなんですが,さすがにこんな状況だとそうも言っていられません。
  ちなみに11月10日っていうのは,夢でそういう設定だったから今更どうしようもないですね。

・2008年8月3日
朝に登校する支度をしているが,時間がなくて焦っている。
それなのに服を選ぶのに異常な時間が掛かり,なぜか化粧までしている。いざ家を出ようとしたら忘れ物に気付く。
とにかく時間がないのはわかっていて,かなり急いでいるはずなのになんだかんだで邪魔が入る。
そうしているうちに午後になり,やがて外がもう真っ暗になっている。
  朝支度で暮れてしまうアリエナイ1日にも疑いの心を持たず,夢の中の私は夢中になって支度をし続けるのです。
  ちなみに現実の私も,時間のない朝にかぎって勉強を始めたり髪を切り始めたりしているので,
  この夢はそんな状況を皮肉に映し出しているのかもしれません。恐らくよくあるタイプの夢だと思います。

・2008年8月15日
私はものすごく細く薄っぺらいマンションに住んでいる。
ついにマンションが傾いて隣のマンションに寄りかかってしまったので,私は部屋の荷物を必死に外へ運び出している。
  なんか意味不明な夢ですが,なんとなく面白いので公開しました。

・2009年2月8日
踏み外す。
  ビクッてなって起きあがりました。

・2009年6月21日
部屋に驚くべき髪型のマッチョな女がいたので,私はバウンドしながら逃げた。
1回のバウンドによって2~3倍の高さにジャンプできるので,いつしか東京タワーを見下ろせるようになり,
ついにはスペースシャトルの上に乗ることもできた。
しかし筋肉女も同じようにバウンドして追いかけてくるので,オリンピックをしている上空で女と空中戦をした。
  何故バウンドするのかは置いておいて,最初は女に追われてイヤな夢だったんですが,
  すごい高さまで飛び跳ねるのは爽快でした。
  最後はどうしてオリンピックの上空で戦ったのかはわかりませんが,まぁそんなこと考えても時間の無駄です。

・2009年10月13日
何かよくわからないけど,鼻がつまって呼吸がしにくい。しかもなんか暑苦しい。
  これはいろんな意味で疲れます。まぁ起きたらうつぶせになっていたんですが。

・2010年3月17日
私は金縛りにあっている。
  金縛りってもともとは夢と現実との境目に位置するんですが,たまに夢の中で金縛りに遭うこともあります。
  つまり夢と夢の夢との境目を彷徨っているわけで,もはや現実という概念もわからない状態となっております。

・2010年11月14日
家の中に悪人がいたので,私は空を飛ぶ技術を身につけて窓から夜の世界に飛び立った。
大都会の超高層ビルの屋上あたりを飛んで楽しんでいるうちに,私は宇宙へと飛び立っていた。
そして私は,冥王星の向こう側に新たな洞穴状の惑星を発見したのだった。
  空を飛ぶ夢は本当に好きです。現実では絶対に味わえないあの爽快な感覚…。
  ちなみに私が夢の中で空を飛ぶときはいつも平泳ぎみたいなフォームで飛びます。
  洞穴状の惑星はフシギでした。なぜ洞穴なのか,ってツッコんだらダメです。


 うーんでも予想通りツッコミどころが満載で,?マークの嵐ですが,夢なので仕方がない。
全体的に悪夢な気もしますが,やはり悪夢というものは改めて思い返してみると印象に残っているものです。
 こういった夢は,何ヶ月も何年も前に見たものでも昨晩見た夢のように思い返すことできますね。
  逆に本当に良い夢っていうのは意外と少ないものですよね。


夢日記をつけることによってちょっとした利点も生じたりします。
 夢の内容や,夢を見る見ないかというのは自分の心理状態を反映していたりするので,
  自身を客観的に観察する手助けになったりします。
 また,夢と自覚しながら見る夢,つまり「明晰夢(めいせきむ)」を見る回数もかなり増えました。
  明晰夢では基本的に自分の思った通りに事を進めることができるので,比較的良い夢を創り出しやすいです。
   その反面,夢だとわかっているので目も覚めやすくなりますが。

  そして何より夢はアイディアの宝庫
 実は我がサイトにおいても,普段の通俗な自分では絶対に考えられないような発想を夢から頂いた例もあり,
  特にスーパー正男の発想はけっこう夢日記から採用していたりします(ナンダト。
   で,この発想を思いついたのは私なのか誰なのかと問えば,んー確かに夢を見た(作った?)のは私自身だけど,
  夢そのものは私の意思とは別個に流れている感じもするので,それじゃあいったいその発想はどこから来たのか…?
   夢に対する疑問は深まるばかりですm(_ _)m
 ちなみに過去の著名な発明家や学者たちにも,夢からヒントを得て大成功を収めたという事例があるようです。
  ということは,ヒトは起きているときよりも眠っているときのほうが超越的な発想を導くことができるんでしょうか。
   ……みんな寝よう(。


少し前に金縛りの研究日記(?)も書きましたが,別に私は心理学を専攻しているわけではないので,
 まぁただちょっと面白くて気楽に夢や金縛りを観察しているかぎりですm(_ _)m
あれ,でもよく考えてみると私って変な趣味ですね。もしかしてこれが発狂というやつでしょうか(。






最終更新日  2013年04月07日 03時54分22秒
コメント(5) | コメントを書く
2009年12月19日
カテゴリ:実生活
そろそろ冬至クリスマス2010年ですね。

 私は最近疲れている(?)みたいで、毎週土曜日の昼寝時には必ず"金縛り"に遭います^^;
 皆さんは金縛り経験したことありますか?

私は金縛りを初めて経験したときは「うわ、こえー」と思いましたが、
ここまで日常経験しているとだんだん冷静になるようで、
金縛りについて客観的に研究できるまでに至りました(ぉぃ。

  私は今日、昼寝する前にじゃ○りこのサラダ味を食べながら生物の本を読んでいたんです(ぇ。
  そしていつの間にか寝ていて、いつものように金縛りに遭いました。
  今日は冷静に周りの状況を確認してみると、
  そこにはじゃが○このチーズ味が置いてあって、読んでいた本は宇宙の本になっていました。
  また、時計の置いてある位置も変わっていました。

このことからわかるように、金縛りで見る自分の部屋は、ホンモノではなく夢の中の創造物なんですね(※閉眼型の場合)。
金縛り時の自分はホントは寝ていて、妙にリアルな夢を見ているんです。
どうやら、ヒトは寝る前の光景を鮮明にインプットしていて、金縛りが起きると夢の中にその光景を写し出すようです。
でもそれは夢なので、現実とは別物だし、現実にはアリエナイことが普通に起きてしまう(ここが怖い)。

 でも実は、金縛りが怖いと思えば思うほど、そこに怖いモノが現れてしまうようです。
 金縛りに慣れたら、金縛りが心地良いと思ってみてくださいbb
 私は、金縛りのときに大空に浮かんでいる光景をイメージしたら、なんだかものすごく気持ち良くなりました(ぇ。
 しかし最初のうちはどうしても恐怖心が勝ってしまって、容易には出来ないのかも?

金縛りが日常的になってきて、金縛りについ興味を抱いてしまう管理人でした。






最終更新日  2009年12月20日 02時31分21秒
コメント(7) | コメントを書く
2009年11月01日
カテゴリ:実生活
今日から11月ですね。

 今日の夜中なんですが、寝ていたら屋根の上でズズズッ…って音が聞こえたんですよ。
 まさかと思って外を見てみたら、真っ白な雪景色でした^^;
 夜だけで屋根にも積もるくらい雪が降ってしまったようです。

  本当の初雪は10月30日に私の市内で降ったらしいですが、
  そのときはどこで降ったの?って感じだったので、今日が私にとっての初雪です*。・゚*☆

で、現在、大根おろしのような雪が地面に敷かれております。
大根おろしは好きですが、大根おろしのような雪は大嫌いです。


 今までの初雪日記では「自転車おしまい」ということで、かなり冬を嫌っていましたねー。
 でも、、私は冬嫌いの元凶であるこの弱点を克服するために、今年は一度も自転車に乗りませんでした。
 つまり、移動手段はぜんぶ自分の足。登下校はいつも10km走ってやりました。

だから、自転車と無縁になった今の私には、自転車の時代が終わろうが無関係!
むしろ冬の寒さがランニングに最適だぜ!!はっはっは!!!(死






最終更新日  2009年11月01日 14時44分45秒
コメント(6) | コメントを書く
2009年03月08日
カテゴリ:実生活
あっという間に3月になりましたね~。ん,もう8日ですが。


 先月私は試験があったんですが,何しろ期末の試験なので,久々に勉強に力を入れてみました。
  試験前は一夜漬けするなら普通に寝たほうが良いとかいう説もありますが、
 普段あまり勉強しない私は普通に寝たら大惨事パターンなので,基本2時間睡眠で頑張りましたm(_ _)m

そんな素晴らしい日々を過ごし,試験が終わった翌日(土曜日)のスケジュールはこんな感じに↓

01234567891011121314151617181920212223時
ねるおきるねるおきるねる

朝6時に起き,夜10時に寝るという理想的な生活ですね!朝8時から夜8時までの謎のタイムスリップを除けば。


普段からマジメに勉強していればこんな生活にならんだろうに。。
 いつもそう思うけれど,いつもそう思うのは試験前だから,いつもこうなるのです。






最終更新日  2019年11月04日 23時48分00秒
コメント(8) | コメントを書く
2008年12月21日
カテゴリ:実生活
 今日は冬至ですね!
このサイトでは3度目の冬至となります。

最近は暗くなるのが早くて、まだ夕方の4時なのに夜の7時と勘違いして夕食にしたりします(ぉぃ。
 これからは日が長くなるんだって思えば、生きる希望が芽生えますね。

 後10日ほどで2009年になっちゃうことにも気付かず、時代に追いつけない私でございます。
最近やっと「あ~2007年終わって2008年になったんだ~」って実感し始めていたんですがねー--;


  ところで、昨日は久々に「いろいろ画像集」を更新しましたm(_ _)m
 ホントに久々です。画像分類で最終更新日の『200*年』だけを隠したら、まったく違和感なくなりますからね(ぁ。
スマブラDX自体も久々で、まずは何度かCPUと戦って操作法を思い出しましたmm やっぱりスマブラは面白いですね。

別に機器が壊れていたとか管理人が死んでいたというわけではなく、1年間完全に管理人のサボリーマでしたmmm
 もうスマブラXの時代ですが、スマブラDXの画像にも受けてくださる方がいれば嬉しいです。
  画像集の更新が復活するかどうかはわかりませんが、長い間放置して申し訳無かったですm(_ _)m






最終更新日  2008年12月21日 22時54分12秒
コメント(10) | コメントを書く
2008年10月29日
カテゴリ:実生活
 * 初 雪 *

私の住処では、とうとうが降っちゃいました。だから寒い。
 雪はかなり大粒で勢いも強く、初雪にしてはダイナミックな登場でした。
その後雪はすぐ溶けたんで、今のところはまだ積雪していません。

今年の初雪は平年より遅いみたいで、新聞によると昨年よりも16日遅いようです。
 でも昨年の初雪は短時間のパラパラで、それから1ヵ月後にやっと2度目の雪が降り出しました。
ってことで今年も初雪から2度目の雪まで1ヵ月くらい間を空けてください >雪さん
↓気付いた人は目が良い(ぇ。
雷が積もって一番イタイのは、やっぱじてんしゃ不可なところmm
 自転車乗れないとバス通学になるんですが、早起き&人混みのバス通はあまり好きじゃないですm(_ _)m
だからといって雪道の自転車は非常に危険だし、歩行者や乗用車にもかなり嫌われるのでやめるべし。
 
  ●追記(11月4日)
 6日後の11月4日に2度目の雪が降りやがりました(ぁ。
  このまま根雪になるかはわかりませンが、今はまだ雪が残っています***。
 じてんしゃさようなら、、また会う日まで。。






最終更新日  2008年11月05日 00時06分17秒
コメント(15) | コメントを書く
2008年08月24日
カテゴリ:実生活
北京オリンピック の活気溢れた17日間も、今日で終わってしまいましたね。
 日本は金メダル9枚銀メダル6枚銅メダル10枚を手に入れました。

たくさんの選手さんが大活躍していたのですが、感想を全部書いていると日が暮れてしまいます(もう暮れていますが)。

100m走タイムの記録更新が管理人の心に残りましたね~。
 9秒69という超タイムを叩き出したジャマイカのボルトさん
 身長高いなぁ~と思って調べてみると、196cmでした。
6と9に恵まれたお方です。


  実は管理人はあまりテレビ見ない人間なんですが、
 この期間は帰宅後就寝前までほとんどテレビがついていたはずmm
選手さんもテレビさんも、本当にお疲れ様でしたm(_ _)m

次の冬季オリンピック(2010年)はカナダのバンクーバー、夏季オリンピック(2012年)はイギリスのロンドンです☆★






最終更新日  2008年08月25日 00時55分37秒
コメント(10) | コメントを書く
2007年12月25日
カテゴリ:実生活

*゚・。* *。・゚*
略してメリスマス(死
私の住んでいる地域では、が朝から延々と降り続いています。。
しかも粒デカイ&量オオイので、雪密度が非常に大きいです。
まさにクリスマスらしき光景(?)でした。

南国のクリスマスは真夏ですが、
ニホンジンの私には真夏のクリスマスなんて想像できぬ(^^;)

ではでは、良い年末を。






最終更新日  2011年03月19日 11時45分59秒
コメント(14) | コメントを書く
2007年11月15日
カテゴリ:実生活
今日は初雪でした。

いや、実は数日前に一度雪が降ったんですが、短時間パラッと降っただけだったんです^;

 それに比べ今日は本格的に降り、今では道が白くなっています。
 ということで、私にとっては今日が初雪気分でした☆

じゃあ、さっそく冬の欠点を並べましょう。(ん
 1. 寒い。
 2. 昼が短い。
 3. 路面が滑る。
 4. 自転車に乗れない。
 5. 除雪しないといけない。
 6. 朝になかなか早く起きられない。
 7. クツの中に雪が入ったときの絶望感が忘れられない。

要するに、私は冬がキライなわけですm(_ _)m






最終更新日  2011年03月19日 12時05分30秒
コメント(17) | コメントを書く

全11件 (11件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.