000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

HOME LET'S SMILE

13.悩んじゃうのは可愛い米びつがないこと

わたしは、自分の身のまわりが、
お気に入りのもので囲まれていたなら、いいな、と
思っているので、
一つのものを買うのに慎重に考えるときが
しょっちゅうあります。

(もちろん、運命の出会いだ~とかいって
衝動買いもしますが・・・笑)

ここ数年、試行錯誤しているのが
「米びつ」です。

最初はよくあるプラスチックの物を買い、シンクの下にしまっていました。

でもその白い米びつの側面が薄汚れてきてしまうこととか、
それ以前にプラスチックという素材に嫌になってしまい・・・
アンティークのボトルに詰め替えるコトにして、
その米びつは捨ててしまいました。

でもその瓶が細長すぎて、あまり使い勝手がよくなくて・・・。

ガラスの大きな瓶でふたつきのを、売っていますが、
(おしゃれブロガーさんがこのガラスの瓶を使っていること、よくありますね)
何となく私は心惹かれなくて。

理想は、アンティークのフラワー(小麦粉用)缶。
でも、これがまた、ちょっとお高くて・・・1万以上しますものね。納得のいくクオリティだと。(アンティーク調、でがまんする?)

そこでぱらぱら本を見ていてひらめきました。
昔、中国北京のどの家にも大きな小麦粉の袋があった、という
写真から。

とりあえず気に入った米びつが見つかるまで、これでいこう、と。

それは、10キロ入りの米袋がすっぽりぴったり入る、麻の袋を手作りすること。
中は米袋をそのまま入れるので、清潔です。
口は、無造作に麻紐でしばるという感じで、
雰囲気はパンやさんの裏に転がった、粉の入った麻袋だけど、
布地はもうちょっと目のつんだ、薄手のものにしました。

☆☆2006年のわたしの米びつ

作りました。麻のキッチンクロスを半分に折って縫い合わせたら、
10kgの米袋とおんなじ大きさということに気がつき
さっそくちくちく。
(飽きたらほどいて再利用できるように、クロスを使って手作りするときは、必ず手縫いにします。ミシンだとほどくのが大変。)


LINUMキッチンクロスBONDEレッド ヘリンボーン(こういうクロスを使用)

麻の目をひろってクロスステッチでイニシャルを入れて。

口は、麻紐と古い鉄のペグで止めることに。

けっこう可愛い~☆

口のところは、ワインコルクと麻紐でも可愛いと思います。
お試しくださいね。

☆☆2018年のうちの米びつ



そうなんです、結局
「美味しいお米を買って、それが変質しにくい環境を作りたい」
という思いが、おしゃれという状況をうわまわりまして

米、と書いてある
桐の米びつになりました。

でも、なんだか

すとーんと腑に落ちたというか

もう、米びつ探しはここ10年していません。

たぶん、ずっとずっと……
これを使い続けるという確信があります。

良いところは、上をパカッと開けるんじゃなく
スライド式なところ。

桐の米びつ、おすすめです。


Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.