107990 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ひばかり

全158件 (158件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

カテゴリ未分類

2017/01/06
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

rblog-20170106135809-00.jpg



https://itunes.apple.com/jp/album/soshitekokohekite-single/id1192124084


https://itunes.apple.com/jp/album/soshitekokohekite-single/id1192124084


iTunes。

とりあえず2曲
どろどろに酔っ払いつつ登録したら、価格設定を間違えたらしい。

高い。

しかしながら、それでも有難いことに
購入なぞしてくれた人がおるので
今更設定を変えれんのね。

他でも配信されてる様だけど、よくわかんない(笑)

年末のイベント以来、どうも心身共に調子が良くない。

買えとは云わぬ。
視聴してね。

検索)よたがらす






最終更新日  2017/01/06 01:58:17 PM
コメント(0) | コメントを書く


2016/07/22
テーマ:たわごと(24708)
カテゴリ:カテゴリ未分類

rblog-20160722234322-00.jpg


由々しき問題である。

携帯端末の位置情報を用いて現実世界を舞台とするゲームが、一足早い配信で話題となっていた海外一部地域に続き、我が国でも配信されることと相成った。

これは非常に由々しき問題である。

ただでさえ道義を守らぬ浮かれポンチの痴れ者共が闊歩する世の中で
当たり前でありきたりな決まり事なんぞ焼け石に水、何の役にも立たない。

迷惑な歩きスマホ、ながら運転
それに纏わる不愉快な思い&危険な場面に遭遇、果ては重大事故の発生すること必至で
運転業務に携わる当方としては、それら事象を目の当たりにする確率が高まるに違いなく、まるで有難くない。
厭わしいばかりである。

ってなわけで、道義をわきまえ正しく遊びましょうね。

無理だろうけど。

我慢の許容が小さいのでね。わはは。

わからぬ輩は、ぶちのめす。














最終更新日  2016/07/22 11:43:30 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/07/08
カテゴリ:カテゴリ未分類
hanbai

コチラから

しかしながらシステム上の時間差とやらが生じている様です。
気長によろしくですー。

dfghjkl;






最終更新日  2016/07/16 12:39:30 AM
コメント(0) | コメントを書く
2016/07/07
カテゴリ:カテゴリ未分類
iyoiyo


ご購入はコチラから↓(9日午前0時より  システムの都合上多少時間差が生ずる場合あり)

レトロ地下街 目出タキカナ

審査待ち~審査中に切り替わり、わずか一日という異例の早さで承認されました!

描写に少なからずの不安があったのですが
あまりにもスムーズ過ぎて拍子抜けではある(笑)

ってなことで7月9日、日付が切り替わると同時に販売開始でーす。

で、今回はそのスタンプ個々の秘話&こだわり部分をご紹介。

kappa1

ますばこの河童君、スタンプでは↑この様に目に黒線がひかれてプライバシー保護されております。
その素顔を今回に限り特別公開、そして髪と頬を伝う水滴(笑)
kappa2
kappa3


ナイフ&フォークを用いたライスを食すスタイル
間違っている、いや、正しい、というふたつの意見あり。
今回当方は間違っているという認識で
ダサい日本人として描きました。

dasai

↓この和服美人と弁慶、実は当ブログの過去記事「紙が欲しい」にて登場したお方なのです。
今回、髪型も大正ロマン漂う耳隠しにイメチェンし
着物も新たに着替えての再登場です。

wahuku1
wahuku2

当スタンプ作成にあたり一番最初に描いたもの。
この人、当初は全裸に正座でした。
しかしながらLINEのガイドラインに裸はNGとの御触書があり
まずパンツを穿かせ、シャツを着せ
最終的には全体の出来映えが気に食わぬということで
全面的に描き直し、処理し直しました(笑)

tv1
tv2

tv3

この看護婦さん、いかに可愛く、綺麗に描くかということに徹しました。
ま、一つ目なんだけどね(笑)
え?看護師? 看護婦ですよ、看護婦。

kangohu

「テメー」
「手に目があるか!」
というくだらないやり取りが、小学校時代に流行りました。
単なるダジャレですね。はい。
teme

鯛の腕にBCGの痕。
tai1

tai2

この医者、実はアノ大御所俳優をモデルに描いたのだけど
途中あまりに似過ぎてしまい、急遽、北里柴三郎をミックスしたつもりなんだけど
判るかなぁ?わはは、あのお方です。
haiyu

実はこの辺りの描写が見ようによってはグロテスク、微妙なのではと内心ひやひやしていました。
kale

以上、そんな感じでよろしくねー。


Unknown.png






最終更新日  2016/07/08 07:29:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/09/02
テーマ:PV(1)
カテゴリ:カテゴリ未分類
kawaranite

youtube 河原にて 5.11






最終更新日  2014/09/02 05:44:41 PM
コメント(4) | コメントを書く
2011/03/19
カテゴリ:カテゴリ未分類

「給料が下がって生活が厳しい」

なんて、ちっぽけな事
とてもじゃないが言えません。

会社に誠意が感じられないだとか
くだらない。まるでたいした事じゃない。

あまりに事が大き過ぎて言葉が出ませんよ。

頑張れ。なんて、頑張ってもいない、自分ごときが言えんです。

まったくもって非力です。

不甲斐無い。


とはいえ、少しでも、何らかのかたちで
お役に立てればと思う次第です。








最終更新日  2011/03/19 08:20:43 PM
コメント(6) | コメントを書く
2011/02/09
カテゴリ:カテゴリ未分類
tyoromatu.gif

なんだ?貴様。しばきまわすど! こら!

と、何故ゆえ毎日仕事の集荷先で顔を合わすおやじに対し
当方が上のごとき辛辣な言葉でもって罵倒するに至ったかというと

わっはっは。と、本来ならば笑い話で済むことであるにもかかわらず

なんやオマエ?誰の話しとんのや?こら!

などと敵意むき出しの態度、巻き舌で啖呵など切りして
向かってきたからであり

いやいや、笑い話というのは当方の主観的解釈であり
少々聞こえはよろしいが、実のところ常日頃から
このおやじが人格的不具者であるとされる
端々より耳に入る逸話の数々
そこからくる先入観の色眼鏡で透かし見たおやじの姿を
嘲り、小馬鹿にする意味合いも少なからず含まれていたかもしれない。

まあ色眼鏡で見ずとも思い当たる節は大いにあるしね。

ともあれ、オマエですよ。オマエ。

は?オマエ、誰に向かって口効いてんだ?馬鹿野郎!って感じ。

へっぽこおやじにオマエ呼ばわりされたとあっちゃ
いかな温厚なわたしといえども怒っちゃいますよ。

で、その笑い話の内訳と、さらにこのおやじが敵意むき出し
鼻息荒く激した理由が如何様なものかと申すと

集荷先である仕事場の便所に設置してある
小便器下の床に常時数滴、尿による溜りが出来ていて
偶然にもその溜りが出来るさまを目撃したこのわたしが
面白おかしく編集したドキュメンタリー、これがこの笑い話の内訳であり
このドキュメンタリーを第三者に解りやすく動作を交え解説し
さらにこの溜りの制作者であるおやじ本人に面と向かって指摘したこと
これこそが、このおやじが鼻息荒く激した理由である。

実際見たくもないものである。
ところが、見るともなしに目撃してしまったその現場に出会わして

は~、なるほどねぇ。と思った。

何が、は~、なるほどねぇ、なのかというと

例えば映画館やデパート、電車の駅、その他公共施設など
不特定多数の出入りする場所に設置された便所を使用することがままあるのだけれど
現場に立ち至ってみると、必ずといってよい程
先にあげた仕事場の便所同様、小便器下の床が汚れており
酷い場合、夥しい数の尿滴により巨大な水溜まりが形成されていることすらある。

不特定多数の隠し味をブレンドした共同作品である。うげえ・・。

しかしながらわたくし、この事象には少々不可解な点があり
理解するに容易くない。

通常、用を足す場合
当然ながら、放尿開始から終了に至るまで全ての動作をこれ
小便器の上にて行うものであり
そうして小便器上にて動作する限りにおいて
床上に滴が垂れ落ちる筈は無いのである。

ところが現状、床上には尿溜まりが形成されているわけで
どうなっているのだろう?

右を向いても左を見ても真っ暗闇なこのご時世である。
憤懣鬱憤を抱えた民衆が、そのはけ口にと
こぞって故意に的を外し床を汚しているとでもいうのだろうか?
さにあらず。
この尿滴滴る床の現状をつぶさに観察検証してみれば
民衆の故意でないことは一目瞭然。
故意で撒くにしてはいずれも少量、極めて消極的な感があり
どうせ撒くなら、「人工衛星、人工衛星!」などと叫びつつ放尿しながらくるくる旋回
床一面に撒き散らすくらいはするに違いなく
この場合、尿のみでは済まぬやもしれぬのである。

では何故ゆえこの様な事態が起こるのだろうか?うむむ。と一層謎は深まるばかり。

それとも、世間的におおやけにならぬだけで
正常な放尿すら困難なほど奇怪な形状、あらぬ方向を向いた持ち物を携えた
突然変異体のごとき種族が水面下に存在していて

極力、尿をこぼさぬ様、苦労に苦労を重ね、細心の注意を払いつつ放尿するも

あうっ・・・。と、あらぬ方向を向いた持ち物から、あらぬ方向へ図らずも
じょろろ・・。やむをえず粗相してしまった結果なのか?

いずれにしても想像の域を超えるには至らず
釈然とせぬまま渦巻く謎は胸中にてわだかまり、しこりとなりかけたその頃に
例のおやじの尿溜り制作現場に出会わし、意外にもあっけなく
全ての謎が解明されることとなったのである。

わたしが便所へ赴くと、すでに放尿中だったおやじは
別段変哲ない方法にて用を足していたのだけど

ふいに目前にて繰り広げられる、放尿終了後のおやじの動作に我が目を疑った。
というか、放尿は完全には終了しておらず
いまだちょろちょろとほとばしっている状態
にもかかわらず、おやじは突如ひょいと腰を後ろに引け
元気のないナマコのごとき萎びた下水ホースを
便器の尿受け範囲外へとずらすと、あろうことか
ぴんぴん滴を切りおったのである。

つまり、は~、なるほどねぇ。である。

しかしまあ、このおやじ同様
誤った放尿法にて粗相を繰り広げる人間が世の中に一体どれだけいることやら
まさか、このおやじ一人があらゆる場所に出没し
滴をぴんぴんしているわけではあるまい。

まったく、こんなことだから日本の景気はいつまで経っても
一向に上向かぬのではないだろうか?

いずれにしても、てめえが粗相したなら
良識人である僕をオマエ呼ばわりする前にしかと反省し
土下座するついでに汚れた床を舐めてでも掃除しやがれ、馬鹿野郎!と思う。

加えて云うなら、「おめえは運転も荒いんだよ。あほんだら。」

おっと、これは直接本人に云ったっけね。


banner_04.gif








最終更新日  2011/02/09 11:47:52 PM
コメント(8) | コメントを書く
2010/12/23
カテゴリ:カテゴリ未分類


本日のでこすけ 
2006sdghkl.jpg   
(我が家の先輩方との5ショット)





微妙なお年頃



その日のわたしは腹痛があり
その旨を、しかるべき相手に伝えなければならないのだけれど
いざその場に立ち至り、少々困惑した。

果たして「おなかが痛い」と云うべきか

「腹が痛い」と伝えるべきか

わたしの主観的な感覚では「おなかが痛い」と云うと
どこか子供じみた印象があり

「腹が痛い」なんて云うと、なんだか少々気取った感がある。

ところが、そうして葛藤するうちにも、相手方は
どこが痛いの?と、急く様に訊ねてくるので

いずれか選択しあぐねたわたしは、自らの腹部を指さし

「ここが痛い」と。

今からおおよそ四十年あと

幼稚園園内、幼いわたしと教諭とのやり取りである。





本日のモペッド

2006vbnj1.jpg
20060ertuio.jpg
少々いぢってみました。
ってまあ、いぢったの結構前だけどね。
さあ、どこをいぢったか分かるでせうか?


banner_04.gif
ヲシテネ。






最終更新日  2010/12/23 01:58:07 PM
コメント(4) | コメントを書く
2010/12/17
カテゴリ:カテゴリ未分類

 
 kid_05.jpg



  我が道をゆく 



虹色に光輝くラメ塗装を施した、高級自転車にまたがる男
短く刈り込んだ頭髪に、黒色サングラスの無表情な横顔。
見事に鍛え抜かれた上半身は、太く逞しいその腕も露わなタンクトップ姿。
ずっしりとした下半身との均勢も抜群で、まさにトータルバランスの極み。
スポーツ選手か、はたまたボディービルダーか、仔細は判らぬけれど
いずれにしても、極めて禁欲的な精神でもって
日々筋肉増強に勤しんできたに違いない。

一種異様な雰囲気を醸すその男の風貌に
一般庶民的生活感の類は一切認められず

例えば、帰宅時や夕餉の席などに於いて

「ただいま~」「いただきま~す」

或いは入浴時、湯船につかる際

「ああ~、極楽、極楽。」

などといった台詞を発するなど想像だに及ばず

いかにも凶暴獰猛そう、しなやかなドーベルマンが静かに出迎える
コンクリート打ちっぱなし近代的ビルヂングの薄暗い一室に無言で帰宅。
食事している姿など他人には一切見せず
バーボンのボトル片手に入浴は専らシャワー。
といった超俗的な生活が似付かわしい。

なにしろ音もなく颯爽と走り抜ける男の姿に
すれ違う者すれ違う者が皆、一様に振り返る。

夕暮れ迫る真冬の凍てつく寒風の中、これが我が道と疾走する自己顕示。









  ロボット少年



法律が悪いと思う。
車を運転していると矢鱈とマナーの悪い自転車乗りが目に付く
さらには己の立場が、事故の加害者へと陥れられかねない
際どい場面に幾度となく遭遇する。

信号無視、飛び出し、車道中央を蛇行などなど。目に余るものがある。

法律が悪い。

これら自転車乗りの多くは

「轢けるもんなら轢いてみやがれ。接触でもしようものならこちらは被害者。
 より大きな自動車の方が悪くなるのだ。」

といった法的優位な立場をかさに
悠然と横暴な運転を繰り広げているに違いないのだ。

数年前の話。

その日の配送業務を終えたわたしは
会社へ戻るべく、二トントラックを運転していた。

と、突如現れる学生の運転する暴走自転車。
むきになってペダルを漕ぎつつ、並走するその自転車は
前方に現れる駐車車両等、障害物をひょいひょいと
車道中央寄りに膨らむかたちでかわしていく

車道であるので当然ながら、走る凶器ともなりうる自動車が
それなりの速度でもって、列をなし走行しているわけであるけれど
この学生の運転する自転車は
障害物をかわし車道中央寄りに膨らむ際も、安全確認など皆無。
その度に、並走する自動車側が制動ペダルを踏み込み
安全確保せねばならぬ有り様で

「この、糞餓鬼があ!」
と、呪いつつも、この自転車の動きに注視し、小生これを追い越す。

ところがまったく間の悪いことに赤信号。
折角追い越したものを、すぐにまた追いつかれ、追い越す。また赤信号。
追い越すその都度、この学生に向けて全力で凶悪な表情を拵え
睥睨してみせたりするのだけど
学生、真っ直ぐ前方を見据えたまま甜然と走行を続け
というか、こちら側のこの、じりじりした感情のたかぶりを
幾らか察知している様子で
視線は前方にありながら、視界の隅で神経のみこちらに向けていて
無言の反抗に徹している感がある。

この無言の反抗がまた実に腹立たしく、いっそのこと

「文句あるか!この、おたんちん!」

と、面と向かって反抗された方が、対処のしようもあるというものである。
紺のブレザー左胸にエンブレム様の刺繍ワッペン、灰色のスラックス。
上下ともに、七分丈のごとくちんちくりん。
刈り上げた頭髪に、吊り上がった目尻、鼻翼の押しひろがった鼻。
一見にして勉強の出来る、お高くとまった優等生と見て取れるこの学生の外見。
こういう手合いには、概して陰険な頑固者が多い。

兎にも角にも、間の悪い本日。またしても赤信号で追い付かれ
また追い越しては、追い付かれして

そのうち前方にバス停留場。乗客乗り降りの為、停車するバス。

小生これを追い越すべく速度を落とし
今まさに追い越そうとしたその時、あろうことか疾風のごとくに
停車するバスと小生運転のトラックとの僅かな隙間を
すり抜ける自転車一台。 くだんの学生の運転する自転車である。

なめてやがる。

さすがに穏やかな小生もこれには激高。
先行する自転車を追いかけ、追い付き
並走するかたちで、助手席側窓のガラスを開け
その向こう、前方見据えたまま走行続ける学生に向け

「こらぁ!車道を走るんじゃねえ!」と一喝。

一方、学生、これにて態度を改めるかと思いきや
つり上がった目、押しひろがった鼻翼そのまま、表情ひとつ変えず語気強く

「自転車は車道です!」などとほざきよる。

この野郎!いくら交通法規上、自転車は車道を走るものと定められてるとはいえ
時と場合、限度、というものがあるのだ。

さらに激高した小生、走行する自転車のさらに前方
行く手を遮るかたちでトラックを路肩に寄せ停車。
加えて、それを避け、歩道を走行し始めた自転車の行く手、素早くトラックを降り
当方自らの体でもって立ち塞ぎ、これを取り押さえた。

御用!ってなわけである。

さて、憤激する小生、この後、声も荒げこんこん畳みかけるよう
説教を始めるわけであるが、何かがおかしい。

というのも、当方の激しい感情のたかぶりに対する一方の学生側
青白いその顔の表情に動揺の色はおろか、一筋の感情の乱れも見せないのである。
かといって特別反抗しているふうでもなく
例えば、通っている学校名、学年、氏名など
こちらの問いに対しても、はきはき滑舌よく答える。

答えるには答える。

しかしながら、この学生の発する言語にはまるで抑揚が無く
感情を持ち合わせた生身の人間と相対している感触がまるで無いのである。

「貴様は何故ゆえそのようなロボットみたいな話し方をするか?」問うと

「緊張しているからです」と同様の調子で答える。

まさに暖簾に腕押し状態。  はっきり云って不気味である。

これ以上この学生に説教したところで何の意味も無いと悟ったわたしは

「もうよいわ、去ね!」

と、云われた学生、表情もそのままくるりと背を向け自転車にまたがると
何事も無かったかのように走り去る。

ただ、彼に搭載されている頭脳には「車道を暴走してはいけません」
という小生の教えが即座にインプットされたらしく
歩道を、ゆっくりゆっくりと。

ぴいいいいいいいい がりがりがりがりがり・・・・
 
風に乗って微かに聞こえるコンピューターのごとき機械音。



banner_04.gif
ヲシテネ。






最終更新日  2010/12/18 01:42:38 AM
コメント(4) | コメントを書く
2010/12/15
カテゴリ:カテゴリ未分類
JBとは?(ここをクリック)

idiri0005.jpgidiri0006.jpgidiri0007.jpg

CA390158.jpg
(坊主頭になった現在のJB。相変わらず飲む席では油性マジックによるペイントが常)




★前回JBいぢりの報告★

日時:2009年10月28日



以前ひょんなトコロから破廉恥映像を収録した
ビデオテープを大量に貰い受ける機会があって
まっこと有り難いことではあるのだけれど
残念ながら当方、これを再生する器機を持ち合わせておらず
どうしたものか、と二秒思案し

ビデオテープ → アナログ → JB という図式より

自堕落な落黄ばんだ日々の狭間で浮き沈み繰り返している
しかばねJB君の生活に、ささやかなうるおいを与えて進んぜよう
結論に立ち至り、これを進呈することとなった。

しかしながら、ただこれを与えるだけではまったく面白味に欠け
さらに無料で快楽を与えて戴けるほど世間は甘くは無いので

まず、これら多数のビデオテープを段ボールの箱に詰め梱包。
さらに、これに偽造した送り状を貼り付け
彼の住まう、コーポ玄関扉の前に置き去り、自宅固定電話へ呼び出し。

「もしもし、釜村さん(JBの本名)のお宅でしょうか?」

「はい、そうですけど」とシラフでいつになく冷静なJB。

「わたくし、東北急送のパクと云う者ですけど
 先ほど荷物をお届けにあがったのですが、お留守だったようなので
 扉の前に荷物を置いてきたのですが、お受け取りお願い出来ますか?」

「え?何屋さん?どちらにおかけでしょうか?」

と、いまだ状況が理解出来ぬ様子のJBに

当方、荷物を配達に伺い、留守であった為
(実際は明かりが点いていて在宅していた)
さらには、本日当方の配送業務が立て込んでいて
こんなところでもたもたしてはおれんので、荷物を扉前に置いてきました。
つきましては受け取りお願いしますよ。といった内容を
極めてへりくだった丁寧な感じで伝えると、ようやく理解した様子で

少々お待ち下さい。と受話器を置き、荷物を確認に走る。
ややあって電話口に出たJB、さすがに不審げ。

これは何か?と問うのだけど
ここへきて、これまで極力押さえ込んでいた笑いが突如猛烈に込み上げてきて

どわっはっはっはー!  と笑うわけにはいかず

切羽詰まった当方、慌てて電話を打ち切った。

あひゃひゃ、危なかった。しかし愉快愉快。


このイタズラの終始をJB宅近隣に住む友人、桑原央文氏(仮名)へ
携帯メールにて報告すると
ノリの良い彼は、ならば自分も不要なDVDをかき集めて持って行く。と便乗。

ほどなく桑原氏より「今置いてきたよ♪」と配達完了の報告メール。
配達に赴いた扉越しのJB宅内部の様子は、何やら来客中だったよう。

なんにしても愉快愉快。ぎゃっはっはっ。

さて、この後、再度JB宅へ電話し
この電話で仲間内によるいたずらであることが判明するのだけど
(仲間内の誰かは判明していない)

この際のJBの豹変振り。

おう!くおらぁ!  わりゃ~、やり方おかしいんちゃうか?!

と生まれ育ち、生粋の名古屋人であるにも関わらず
故横山やすし氏を敬愛する彼は、さらに舌を巻き関西弁風味で凄んでみせる。

くぉらぁ!警察呼んだからなぁ!

ははん、なるへそ。
先刻の来客主というのは制服着込んだ公僕だったのね。
ぷうぅ~ぷりぷり。

しかし、この屁垂れ具合。
自宅に少々不審な荷物が届いたのみにて、びびりにびびって失禁&脱糞。
常日頃、国家権力の犬がぁ!などと毒突いている
そのお犬様に取りすがるのである。

さらには「戦争反対って言うよりはNO WARって言った方が何か伝わるやん」

などとわけのわからぬ戯言をほざく割には、てんで横文字に弱く
何度も目を通したであろう、わたしが拵えた送り状に記入されている
出鱈目な差出人住所氏名からも、何ら不自然な点を見出せなかったようで
他人事ながらまったくもって不甲斐無い。

愉快な冗談満載の送り状なのにねぇ。


★送り状の差出人住所氏名★

住所:  東京都中野区下ノ瀬和 ※1
      ダイパービル4F ※2

差出人:  ニップルレコード ※3


だいたいからして、仲間内が仕掛けた軽~いおふざけである。
通常ならば、なぁんだ~わっはっはっ。ってな具合に
笑って済ませられるレベルの細事。
よだれだらだら糞尿垂れ流しで激高する程の問題ではない筈である。

ところがこの屁垂れの余裕の無さ。

というか、これらJBの言動をわたしなりに解析してみると

俺を怒らすと恐ろしいぜぃ。触れると火傷するぜぇ。の関西弁バージョンな感じ。

つまりとっても危ないパンクロッカーを演じているのである。

それは以前、例の如く泥酔した彼が、おらぁ!と雄叫びを上げ自動販売機等無機物に
どかっ!と蹴りを入れ

「俺って何て危ないんやろ」なんてつぶやき
さらに「どっからでもかかってこんかい!」叫んだ直後
後方より迫り来たタクシーに、ぴっ ぴっ 警笛を鳴らされ
ちょっと路肩によける。みたいな行動からも伺い知ることが出来るわけである。

そう、彼はとっても危ない男なのだ。怖くないけど。

ともあれ、こんなくだらないことにすぐ本気になる
とってもいぢり甲斐のある廃人。今回はどうなることやら。

俺はいぢらないけどね。


(※1下ノ瀬和=シモノセワ ※2ダイパー=おむつ ※3ニップル=乳首)

deisui01.gifdeisui03.gif20061230330.jpgidiri003
idiri004
(2008年度忘年会でのJB。汚な過ぎる。)

banner_04.gif
ヲシテネ。






最終更新日  2010/12/16 05:31:10 PM
コメント(6) | コメントを書く

全158件 (158件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 16 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.