1203477 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

φ(..) Daily Groovus

2/9

ドライブのお供♪


今日は本部方面へ GO!!





今日も曇り空……この時期は雨季なのか?
とはいえ、明らかにテンションの高いロマは今日も散歩を待つ犬のように元気いっぱい。 さるぽんの周りを走り回る。


途中A&Wで昼食をとり、向かうは2000年12月日本で11番目に世界遺産登録された今帰仁城(なきじんグスク)跡だ。 お城好きなロマ大喜び。 


今帰仁城跡




駐車場には多くの観光バスや一般車が停まっていたが結構すんなりと駐車できた。 沖縄の城(グスク)は詳しい資料など残っておらずどんな城郭だったのかは定かではないらしいが、今も残っている石の城壁や通路はそれだけで壮観でありそのスケールの大きさと歴史の重みを感じさせる。


荒涼とした城跡のあちこちには日本で一番早く咲くという琉球寒緋桜などが彩りを添え、ボクたちを和ませていた。 ちょうど修学旅行生と出くわしたため若干賑やかではあったが、その一行が先に下りていくと城跡は再び清閑な姿を見せてくれた。


石畳と桜のコントラスト









本部(もとぶ)と言えば有名なのが“沖縄美ら海(ちゅらうみ)水族館”である。 というわけでボクたちもそこへ向かった。 
(実はその途中「ビーチに行こう!」と近くの浜辺に向かって車を走らせたのだが、なぜかボクたちは海とは縁遠く(苦笑)辿り着くことが出来なかったというエピソードあり。)


で、これですよっ!!

ジンベエザメ!!
水槽の脇にいる人間の小さいこと!!(驚)





このデッカイ水槽は横22.5M、高さ8.2M、厚さ60cmという世界一のアクリルパネルだそうで…。 体長7Mのジンベエザメや巨大マンタが悠々と泳いでいる姿を見上げるように見ることができるダイナミックさは言葉にはあらわせない感動だった。 この水族館はこの他にも深海魚や珍しい海の生き物が展示されていたが、水族館によくありがちな暗さがなくとってもキレイな作りで好感が持てた。


また水族館の外にも広大な施設がある。 ウミガメ館やマナティー館といった珍しい水槽も興味深く観たが、やっぱりここのメインは“オキちゃん劇場”だろう。 みんなのアイドルオキちゃん(イルカだよ)を中心に数頭のイルカたちが繰り広げる楽しいイルカショーだ。 ボクのツボだったのが新入りのカナちゃんという子♪ 泳ぐスピードは速いんだけど何しろ不器用で、ステージに上がれない(苦笑) でも一生懸命上がろうとする姿が健気でねぇ~。 ジタバタする姿、チョーかわいいよ。


オキちゃん劇場









行きは58号で北上したが、帰りは329号で米軍基地移転で話題の辺野古をまわり南下。 さるぽんお奨めの「与那原家」で夕食をとった。 しかし沖縄の料理ってのは量がハンパなく多いね。 この日ボクが食べた野菜がたっぷり入った沖縄そばにはそれだけでもお腹いっぱいなのにジューシーというかやくご飯がどんぶり大盛りで付いてきた。 いくら何でもこんなに食べられませ~ん!って嘆いてたらさるぽんが「私の分ちょっと食べて」とボクのどんぶりにヤツのご飯を半分くらい乗せてきやがったのだ。 おぃおぃ……(汗) でも完食したロマはスゴイでしょ?


余計な動きをすると逆流しそうなくらいの身重な体(笑)をそっと動かし車に乗り込む。 九州からのプチ出張帰りのさるぽんの旦那さんを迎えにその足で那覇空港へと出発。 しかしまだ時間に余裕があったので途中Jimmyで買い物をしたが、それでもまだ余裕だったのでBOOK OFFに立ち寄った。 普段からよくお世話になっているので、沖縄の店舗がとっても気になっていた…が、さほど変わり映えもせず(当たり前か)とりあえずCoccoのDVDが安く売っていたので買った。 そして時間となり旦那さんを出迎えて帰宅と相成った。






まだ2日半しか経ってないのに相当沖縄を堪能している幸せなロマであった。

  


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.