1288393 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

φ(..) Daily Groovus

PR

プロフィール


DJロマネスク

サイド自由欄

【DJロマネスクの”好き”】

★★好きなもの★★
プログレ/70年代ロック
ラジオ番組制作【Radio Groovus】
写真・カメラ
沖縄音楽・エイサー
大相撲
スターダム(プロレス)
日本画
時代劇
SF映画
花鳥風月(特に空)
mayla classic
ウルトラホーク1号
カラス天狗

★★好きな人物★★
本城裕二さん
紋次郎さん
豊真将関(立田川親方)
三船敏郎さん
下山観山さん
本仮屋ユイカさん
五十嵐淳子さん
吉沢京子さん
丘みどりさん
本田真凜さん
mimidollさん

★★もう一度会いたい★★
VELVET PΛW
LUSHEL
VALKYRE
蛇夢/ALM
THIRSTYROAD
伊福部昭さん
冨田勲さん

★★好きなアルバム★★
夢幻『Sinfonia della Luna』
STEVE HACKETT『侍祭の旅』
Jon Anderson『サンヒローのオリアス』
CAMEL『月夜の幻想曲(ファンタジア)』
PINK FLOYD『狂気』
QUEEN『II』
Mr.BIG(英)『Photographic Smile』
IT BITES『THE TALL SHIPS』
A.C.T.『CIRCUS PANDEMONIUM』
CAPTAIN BEYOND『CAPTAIN BEYOND』
PAVLOV'S DOG『禁じられた掟 Pampered Menial』
MAHOGANY RUSH 『Strange Universe 』
KLAATU『Klaatu 謎の宇宙船』
平山照継『ノイの城』
LUSHEL『奇蹟の城』
KENSO『天鳶絨症綺譚』
Yuka & Chronoship『The 3rd Planetary Chronicles 第三惑星年代記』
ザ・タイガース『ヒューマン・ルネッサンス』
SARABANDGE『SARABANDGE Ⅰ』
ATOLL『L'Araignee - Mal 組曲「夢魔」』
P.F.M.『Photos Of Ghosts 幻の映像』
PULSAR『Halloween』
映画『小さな恋のメロディ』サウンドトラック
DREAM THEATER『METROPOLIS PT.2 : Scenes From A Memory』

日記/記事の投稿

コメント新着

 DJロマネスク@ KURIさんへ はじめまして コメントありがとうございま…
 KURI@ Re:ALMって知ってる!?(09/18) まぢか? かつみ他界した? 知らんかっ…
 DJロマネスク@ 大佐へ もとい… ミッヂへ♪ へぇ~3枚とかもあるんだ(笑) まぁ月に1…
 Midge大佐@ Re:大佐へ(10/23) DJロマネスクさんへ 爆まではいかないです…
 DJロマネスク@ 大佐へ そう、今回ボクもWikiで下調べしてて知っ…
 Midge大佐@ Re:【Cozy Powell】 迫力のドラムソロ 【序曲1812年】(10/23) コージー、50歳ですもんね、亡くなったの…
 DJロマネスク@ Kimukazuさんへ 旅の歌ですか 確かにボクも共感します♪ …
 Kimukazu@ Re:【AMERICA】 名前のない馬 【ロンドンっ子】(09/20) この曲、 大好きです  ってか これしか…
 DJロマネスク@ のの。さんへ いつもありがとう! もはやブログという時…
 のの。コバイア@ Re:【祝:15周年】 2004年-2019年 【φ(..) Daily Groovus】(09/11) 15周年おめでとうございます。 続いてるの…

フリーページ

お気に入りブログ

Martin Barre. Thick… New! ken_wettonさん

トッド・ラングレン… New! 虹之助さん

早く、ジョンや中村… New! Kimukazuさん

COLDPLAY NIGHT Vol.… カレン♪08♪さん

ROCK STEADY Oharatchさん
Pinefield's room ぱいんふぃーるず@さん
Midge大佐のCD爆買日… Midge大佐さん
lanvinの戯言骨董箱。 lanvinさん
2004年11月08日
XML
カテゴリ:ミュージシャン
久しぶりの更新です (^^;....

さて今回は日本のプログレの話でもしようかな、と。 (長いですよ…苦笑)
もちろんタイトルの『SOPHIA』というバンドは現在活躍されている松岡充さんのではなく、20年程前に活動されていたプログレッシヴ・バンドの『ソフィア』です。

ボクは実際に彼等のステージを観たのは3回くらいしかないので、メンバーのこととか詳しい事は知らないんだけど、彼等の音楽は曲の良さとかステージングやMC、全部好きだったなぁ…。
特にギターの土坂健司さんのカッコよさは鳥肌ものでした。 
開演前のステージの様子から既に他のバンドとは違った世界があった。
背の高いギタースタンド(というか、スタンドマイクと言ったほうが近いかも知れない。マイクの代わりにギターを取り付けているのだ。)にローランドのギターシンセをセッティングしてある。それだけでも「どんな音を出すんだろう!?」と胸は高鳴る!

サウンドはというと、彼等はもともとNOVELA(ノヴェラ=日本のプログレを語る時に絶対外せない伝説のバンド。)のコピーをやっていただけあって傾向はよく似ている。 RUSHタイプといえばそれまでだが、それにアコースティックのリリシズムとギターシンセによるエレクトリカルなアレンジを加え「プログレッシヴ・ロック」という音楽の魅力を最大限に引き出していた。






ここで20年前にタイムスリップ。
1984年、名古屋の某有名ライブハウスの隣にあるレコードショップで偶然手に入れたのがこの2枚のアルバム…
『Sinfonia della Luna/夢幻』
『Sophia/Sophia』

いずれもインディーズ作品で今ではプログレを語る上で相当貴重なアルバムである。
〔『夢幻』に関してはボクが「マイフェイバリットアルバム」で挙げる『クイーン2(セカンド)』と双璧をなすほど大好きなアルバムなのでいずれ紹介させていただくことにしますね。〕

アルバム『Sophia』は彼らの1000枚限定のファーストアルバムです。
45回転の12インチレコードで全4曲収録となっているんですが、どの曲も“プログレ・ハード”ファンには垂涎の佳曲揃いです。1曲目の驚異的なドラムに引っぱられ多彩な変拍子を組み込みながらもこれでもかっ!という疾走感と緊張感が押し寄せる、いかにもプログレ・ハードという「CELEBRATION」も凄いが、ボクは特に2曲目の「妖精の悪戯」の静と動のコントラストの美しさに惹かれる。日本人好みのマイナーなメロディーが心を揺さぶること必至です。






しかし冒頭にも書いたように彼等の魅力はステージでより発揮される。
彼等は関西出身ということで、流暢な関西弁で楽曲とは正反対の「お笑いライブ」っぽいMCを繰り広げる。まさに「緊張と緩和」の妙技である。名古屋でのライブは、そのノリについていけないお客さんがほとんどで本当にメンバーには申し訳ないことをしてしまったと未だに悔やまれる(笑)。
そんな彼等のライブだが、かなりロック寄りではあるんですがやっぱりギターの土坂健司氏の発想とテクニックがソフィアの音楽の世界を特異なものにしていたと思う。
目の前にギターを固定しストリングスなどのシンセサウンドを爪弾く(!)という光景のカッコいいこと! そして彼の奏でるリフはどのフレーズもひとひねりしてあり正に一筋縄ではいかない職人技のようだった。

ボクの贔屓曲は「プリズム」「アプローズ」だった。
後にキングレコードから成田忍氏プロデュースでリリースされたメジャーデビューアルバム『ディファイアンス』にもその「プリズム」は収録されたのだが、なぜかインスト・ヴァージョンだったのでとても哀しかった記憶がある。 …というか、このアルバム自体、ボクは大っ嫌いです。 まるで別のバンドのようにサウンド・プロデュースされてしまっている。 本当に本人達は満足してたのかなぁ…。
ちなみにその「プリズム」ですが、もしボーカルバージョンが違う人のプロデュースでレコード化されていたらもう大変ですよ! きっと日本のプログレ界も違った運命を歩んでいたかもしれませんね。途中に入るギターのハーモニクス、駆け巡る音数の多いドラム、切り裂くようなハイトーンボーカルにプログレでは珍しいチョッパー奏法も取り混ぜるグルーヴ・ベース。 すべての楽器が主役となす名演である。
はぁ~、ホント、なんとかならなかったのかなぁ~………

愚痴を言ってもあとの祭りなのでこのアルバムは闇に葬ろう…。






ソフィアのライブと言えば、忘れられないのが85年に全国的に行なわれた伝説の『プログレッシヴ・サーキット』である。
我が名古屋では『ソフィア』としてではなく、『Wケンジ』として登場。(ボーカルも本名が森川健司さんというので…。まんま漫才師の名前なんですがね (^^;....)
地元(名古屋)の人気プログレ・バンド『Lushel(ルーシェル)』のキーボード:ハラボウ氏とのユニットで約30分のステージを披露した。 この時、ボクの大好きなNOVELA(ノヴェラ)の「魅惑劇」を演奏したのだが、ボクにとってその瞬間は天にも登る気持ちだったのを鮮明に覚えてる。

さて、最後に彼等がライブの最後に演奏する名曲「アプローズ」の歌詞をみなさんにもお届けしようと思います。
なにしろ、20年前にカセットテープで録音した音源からのヒアリングですので聴き間違いがあるかもですが、ま、書かせてくださいな♪





「アプローズ」

気がつくとそこは
喜び溢れた生命の集い
夜明けを告げる
鳥たちの声が闇の中に広がる Ah…

今新しい世界に生きてる
溢れ出しそうな光を浴びて
みんな舞い踊れ永遠の証し
夢はたった今始まったばかり

Lalala…






しかし今日の日記は同意していただける読者さんが果たして何人いるか!?って内容ですよね。なんと言ってもこのアルバム自体が限定1000枚ですもん。 
ま、一人でもSOPHIAを知っていらっしゃる方がアクセスして下さったら嬉しいんですけどね(ο^-')b





SOPHIA

『SOPHIA』
(見難いですがバンドロゴが浮き出てるんですよ)




PS: 当時キングレコードは「New Progressive Revolution」と銘打ってキャンペーンを行なっていた。
レコードの帯に付いている応募券を切り取り、5枚集めて送ると『特典盤』がもらえるという…。
ボクも相当なプログレ少年でしたからね、送りましたよ、ええ。
予告としてこんな文章があったんだもん。

   17cmシングル盤
   スターレス(1曲)、ソフィア(1曲)
   LP未収録曲

そりゃあ、期待しますぜ、旦那!




( ^▽^) <「アプローズ」に違いない!! いや、「プリズム」のボーカル入りかも!?





夢は膨らむ膨らむ♪






数ヵ月後、待ちに待った『特典盤』の到着ーーーっ!!




(;゜Д゜)<…………。







闇に葬ったままです。
さようなら。








最終更新日  2005年08月22日 00時31分27秒
コメント(33) | コメントを書く
[ミュージシャン] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.