1920987 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

φ(..) Daily Groovus

PR

X

プロフィール


DJロマネスク

サイド自由欄

【DJロマネスクの”好き”】

★★好きなもの★★
プログレ/70年代ロック
ラジオ番組制作【Radio Groovus】
写真・カメラ
沖縄音楽・エイサー
大相撲
スターダム(プロレス)
日本画(下村観山さん)
時代劇
SF映画(ゴジラ系含む)
花鳥風月
mayla classic
ウルトラホーク1号
カラス天狗(迦楼羅)

★★好きな人物★★
本城裕二さん
紋次郎さん
三船敏郎さん
豊真将関(立田川親方)
豪栄道関(武隈親方)
宮城鈴菜選手(ボウリング)
COSMIC ANGELS(スターダム)
吉沢京子さん
乙葉さん(藤井夫婦)
本田真凜選手
丘みどりさん
みみ〈mimidoll〉さん(モデル)
平成フラミンゴ

★★もう一度会いたい★★
VELVET PΛW
LUSHEL
VALKYRE
蛇夢/ALM
林アキオさん
THIRSTYROAD
ウエタマユさん
Olivia Lufkinさん
伊福部昭さん
冨田勲さん

★★好きなアルバム★★
夢幻『Sinfonia della Luna』
STEVE HACKETT『侍祭の旅』
Jon Anderson『サンヒローのオリアス』
CAMEL『月夜の幻想曲(ファンタジア)』
PINK FLOYD『狂気』
QUEEN『II』
Mr.BIG(英)『Photographic Smile』
IT BITES『THE TALL SHIPS』
A.C.T.『CIRCUS PANDEMONIUM』
CAPTAIN BEYOND『CAPTAIN BEYOND』
PAVLOV'S DOG『禁じられた掟 Pampered Menial』
MAHOGANY RUSH 『Strange Universe 』
KLAATU『Klaatu 謎の宇宙船』
美狂乱『Anthology vol.1』
平山照継『ノイの城』
LUSHEL『奇蹟の城』
KENSO『天鳶絨症綺譚』
Yuka & Chronoship『The 3rd Planetary Chronicles 第三惑星年代記』
WAPPA GAPPA『我破(GAPPA)』
ザ・タイガース『ヒューマン・ルネッサンス』
SARABANDGE『SARABANDGE Ⅰ』
ATOLL『L'Araignee - Mal 組曲「夢魔」』
P.F.M.『Photos Of Ghosts 幻の映像』
PULSAR『Halloween』
映画『小さな恋のメロディ』サウンドトラック
Queensrÿche『Operation: Mindcrime』
DREAM THEATER『METROPOLIS PT.2 : Scenes From A Memory』

日記/記事の投稿

コメント新着

 Midge大佐@ Re:【寺内タケシ】 緊張した仕事 【ギターの神様】(02/20) New! 仕事には厳しいけど人情にはあついという…
 Midge大佐@ Re[2]:【再開します】 ヘルニアからの帰還 【復活】(06/09) DJロマネスクさんへ そうでした!誕生日で…
 Midge大佐@ Re:【再開します】 ヘルニアからの帰還 【復活】(06/09) 復活おめでとうございます! ぼちぼち頑張…
 DJロマネスク@ Re[1]:【NOVELA】 回想のかけら 【1040EGAWA】(07/18) にしむらゆかこさんへ コメントありがとう…
 背番号のないエース0829@  【アルフィー】(01/24) 「君が通り過ぎたあとに-Don't Pass…
 にしむらゆかこ@ Re:【NOVELA】 回想のかけら 【1040EGAWA】(07/18) 当時ティーンエイジャーだった私は ノヴェ…

フリーページ

お気に入りブログ

Toyah & Robert's Bu… New! ken_wettonさん

アジチカ/梅村真也… New! 虹之助さん

ROCK STEADY Oharatchさん
Pinefield's room ぱいんふぃーるず@さん
Midge大佐のCD爆買日… Midge大佐さん
lanvinの戯言骨董箱。 lanvinさん
エメラルド・打・ピ… G-nomadeさん
Napping of Woog Woogさん
2005年03月22日
XML
カテゴリ:この曲大好き
CIRKUS 『ONE』
1971年リリース(写真は1986年再発盤)




f^_^; 久々にプログレです♪
これは知る人ぞ知るブリティッシュ・プログレの名盤と誉れ高いアルバムです。
発売当時はインディーズレーベルからのリリースということで早い段階で廃盤となり、噂のみが世界中のプログレファンの間を飛び交ったという曰く付きの作品。 しかし我が日本が誇る、そしてプログレファンの聖地でもあった“EDISON”の企画により1986年見事再発することが叶ったわけですよ。 いやぁ、こんなに目出度いことはござりませぬな。

1971年と言えば『アイランズ(KING CRIMSON)』『タルカス(EL&P)』『こわれもの(YES)』『怪奇骨董音楽箱(GENESIS)』といったプログレ黎明期の名作がリリースされた年。 いわばROCKというフィールドの地固めをしていた時期です。
そんな中、イギリスの弱小(?)インディーズレーベルから密かにリリースされたこの一枚がそれら大手のアルバムに引けを取らないくらいの上質な作品を生み落としたんです。


さてその内容はというと、愛しいほどに健気な世界が繰り広げられています。 そう、DJロマネスクはこういう“健気”だとか“切ない”とかに弱いんです…。 
特にボクがお奨めするのはB面3曲目に収録された「ジェニー」という物静かなバラードナンバーです。 公園で母親と遊ぶ子供たちの声のSEをバックに寂しげなアコースティックギターの音が聴こえてきます。 あくまでも素朴なボーカルが切々と歌います。 前半はまるで悲しいフォークソングの雰囲気で曲は進んでいきます。 途中ピアノソロが入りその後美しいストリングスの裏メロディーが盛り上がってくるといよいよボクの好きな甘美な世界へと入り込んでいきます。 後半はドラムスも幾分か手数が多くなりEギターもちゃんとバッキングしはじめます。 そして天使のようなコーラスが聴こえてくると、曲はエンディングに向ってドラマチックに盛り上がってきます。 

正直、この曲だけを聴く限りではプログレとは言い難いです。 言うなれば“非常にメロディーがキレイなフォークロック”って感じです。 でもそれこそがこのCIRKUSの持ち味だと思うんです。
もちろんこの曲以外にも美しいメロトロンをフィーチャーしたドラマチックな曲(「タビッシュに捧げる歌」)やシングルヒットしそうな曲(「貴女への追想」)などもありますが、やっぱり彼等にはこの「ジェニー」のような素朴な曲の方が似合っているような気がしてなりません。 (少しネットで調べてみたんですが、ボクと同じ感想をお持ちの方がみえて嬉しかったです♪)


ボクにとってこのアルバムは正に“珠玉の名盤”という言葉がピッタリ当てはまる作品です。 是非みなさんにも聴いていただきたい一枚です。






最終更新日  2005年03月22日 18時07分50秒
コメント(4) | コメントを書く
[この曲大好き] カテゴリの最新記事



© Rakuten Group, Inc.