1265907 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

φ(..) Daily Groovus

PR

プロフィール


DJロマネスク

サイド自由欄

【DJロマネスクの”好き”】

★★好きなもの★★
プログレ/70年代ロック
ラジオ番組制作【Radio Groovus】
写真・カメラ
沖縄音楽・エイサー
大相撲
スターダム(プロレス)
日本画
時代劇
SF映画
花鳥風月(特に空)
mayla classic
ウルトラホーク1号
キングギドラ
カラス天狗

★★好きな人物★★
本城裕二さん
紋次郎さん
豊真将関(立田川親方)
三船敏郎さん
下山観山さん
鶴井亜南さん
本仮屋ユイカさん
五十嵐淳子さん
吉沢京子さん
本田真凜ちゃん

★★もう一度会いたい★★
VELVET PΛW
LUSHEL
VALKYRE
蛇夢/ALM
THIRSTYROAD
伊福部昭さん
冨田勲さん

★★好きなアルバム★★
夢幻『Sinfonia della Luna』
STEVE HACKETT『侍祭の旅』
Jon Anderson『サンヒローのオリアス』
CAMEL『月夜の幻想曲(ファンタジア)』
PINK FLOYD『狂気』
QUEEN『II』
Mr.BIG(英)『Photographic Smile』
IT BITES『THE TALL SHIPS』
A.C.T.『CIRCUS PANDEMONIUM』
CAPTAIN BEYOND『CAPTAIN BEYOND』
PAVLOV'S DOG『禁じられた掟 Pampered Menial』
MAHOGANY RUSH 『Strange Universe 』
KLAATU『Klaatu 謎の宇宙船』
平山照継『ノイの城』
LUSHEL『奇蹟の城』
KENSO『天鳶絨症綺譚』
Yuka & Chronoship『The 3rd Planetary Chronicles 第三惑星年代記』
ザ・タイガース『ヒューマン・ルネッサンス』
SARABANDGE『SARABANDGE Ⅰ』
ATOLL『L'Araignee - Mal 組曲「夢魔」』
P.F.M.『Photos Of Ghosts 幻の映像』
PULSAR『Halloween』
映画『小さな恋のメロディ』サウンドトラック
DREAM THEATER『METROPOLIS PT.2 : Scenes From A Memory』

日記/記事の投稿

コメント新着

 DJロマネスク@ 大佐へ もとい… ミッヂへ♪ へぇ~3枚とかもあるんだ(笑) まぁ月に1…
 Midge大佐@ Re:大佐へ(10/23) DJロマネスクさんへ 爆まではいかないです…
 DJロマネスク@ 大佐へ そう、今回ボクもWikiで下調べしてて知っ…
 Midge大佐@ Re:【Cozy Powell】 迫力のドラムソロ 【序曲1812年】(10/23) コージー、50歳ですもんね、亡くなったの…
 DJロマネスク@ Kimukazuさんへ 旅の歌ですか 確かにボクも共感します♪ …
 Kimukazu@ Re:【AMERICA】 名前のない馬 【ロンドンっ子】(09/20) この曲、 大好きです  ってか これしか…
 DJロマネスク@ のの。さんへ いつもありがとう! もはやブログという時…
 のの。コバイア@ Re:【祝:15周年】 2004年-2019年 【φ(..) Daily Groovus】(09/11) 15周年おめでとうございます。 続いてるの…
 DJロマネスク@ ちくわぶさんへ はじめまして。 ご訪問ありがとうございま…
 ちくわぶ@ Re:【トリビュート】 FLEESH 【完璧なカバーナンバー】(11/08) はじめまして。 たった今、Renaissance の…

フリーページ

お気に入りブログ

速報】山手線の高輪… New! ken_wettonさん

もったいない本舗から New! 虹之助さん

ねこバス トーク Kimukazuさん

今年お世話になった… lanvinさん

ROCK STEADY Oharatchさん
Pinefield's room ぱいんふぃーるず@さん
Midge大佐のCD爆買日… Midge大佐さん
エメラルド・打・ピ… G-nomadeさん
2019年10月20日
XML
カテゴリ:戯言
今日はレコード盤の思い出を書きます





ボクが高校生の頃の話なんだけど、まぁ当たり前だが当時はCDなんてまだ無くて主流はレコード盤だったんです
そのレコード盤をお小遣いを貯めて(お年玉含む)せっせと買い漁っていたのだけど当時のボクにしたらもの凄く貴重で大切な物だったわけ
自分の部屋の壁に金具を取り付けてまるで絵画鑑賞のようにLPレコードを飾っていたくらい
だからレコードのジャケットそのものも大切に扱っててね、なるべく傷が付かないようにレコード袋(ビニールの透明外袋ね)にしまう時でさえこすった痕が付かないように細心の注意を払っていたほどなんです

当時は見開きのダブルジャケット・タイプも多くてね、それが豪華なんだけど実は面倒くさいという反面もあったわけ

  それが背表紙問題!

ジャケットを開く度に背表紙に折り目が付くのだ!

白くなってしまった折り目の線が2本見えるかな?

これが気になって仕方なかった(笑)
ボクが人生で一番好きなアルバム『クイーン II』なんてその線のせいで背表紙の文字がかすれてしまったために新たにもう1枚買ったほど(←さすがに病気)
だからなるべくそうならないように極力開かないようにしていた

しかしこのEmerson, Lake & Palmer(=E.L.P.)の『四部作』は非常に強敵だった
2枚組のLPレコードだったんだけどなぜかトリプル・ジャケットだったんですよ!
つまりまず左側を開いて、次に右側を開く仕組み
で、このアルバムには歌詞付きのナンバーが収録されていてね、この折り畳んだ内側にその歌詞がびっしり印刷されているのです
特にSide Bのグレッグ・レイクの歌モノなんか絶対に歌詞を見ながら聴きたい作品ばかり、、、、
ボクは意を決して斜め向かいの文房具屋さんに飛び込んでこう言ったさ

  コピーをお願いします!!

まぁそれまでは丁寧に扱ってて、つまり全開せずになるべく線が付かないようにそーーっと半開きの状態で見ていたのだが、どうしてもしっかりと歌詞を知りたくてね
ただコピーするとなると今まで躊躇していた”全開”をしなければならないわけ!
もうもの凄い葛藤でしたよ(息苦しいほど)
本当に泣く泣く頼んだわけです



真ん中の薄くて下が透けるようなコピー用紙がわかりますか?(涙)
結局これをしたがために上のような線が付いてしまったのですが、、、、

でもやっぱりこの判断は間違ってなかったと言える
以前も書いたようにこの高校生時代新しく好きな子が出来て告白したんだけど見事にフラレて、その帰りにボクの部屋で友人らに慰められながら聴いたのがこのSide Bだったわけ
もう空で歌えるほど聴いていたから余計に胸に沁みた歌だった、、、、

【Closer to believing - Greg Lake】

グレッグの優しい歌声が沁みた



ELP四部作 +3 [ エマーソン、レイク&パーマー ]


そういえば高校卒業の時、音楽の先生が”どんな音楽で入場したい?”と聴いてきたので迷わずこのレコードを推薦した(ボクは生徒会長でその先生は生徒会の副顧問だった)

選ばれた曲は「庶民のファンファーレ」で壮大なイントロが体育館に響き渡った後ボクら卒業生が入場するという滅多に無いシチュエーションが実現した(笑)
ボクの高校時代は『四部作』で始まり『四部作』で幕を閉じたわけである






最終更新日  2019年10月22日 09時36分22秒
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.