1472202 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

φ(..) Daily Groovus

PR

プロフィール


DJロマネスク

サイド自由欄

【DJロマネスクの”好き”】

★★好きなもの★★
プログレ/70年代ロック
ラジオ番組制作【Radio Groovus】
写真・カメラ
沖縄音楽・エイサー
大相撲
スターダム(プロレス)
日本画(下山観山さん)
時代劇
SF映画(怪獣含む)
花鳥風月
mayla classic
ウルトラホーク1号
カラス天狗

★★好きな人物★★
本城裕二さん
紋次郎さん
豊真将関(立田川親方)
三船敏郎さん
青木崇高さん
本仮屋ユイカさん
五十嵐淳子さん
吉沢京子さん
丘みどりさん
本田真凜さん
mimidollさん

★★もう一度会いたい★★
VELVET PΛW
LUSHEL
VALKYRE
蛇夢/ALM
THIRSTYROAD
伊福部昭さん
冨田勲さん

★★好きなアルバム★★
夢幻『Sinfonia della Luna』
STEVE HACKETT『侍祭の旅』
Jon Anderson『サンヒローのオリアス』
CAMEL『月夜の幻想曲(ファンタジア)』
PINK FLOYD『狂気』
QUEEN『II』
Mr.BIG(英)『Photographic Smile』
IT BITES『THE TALL SHIPS』
A.C.T.『CIRCUS PANDEMONIUM』
CAPTAIN BEYOND『CAPTAIN BEYOND』
PAVLOV'S DOG『禁じられた掟 Pampered Menial』
MAHOGANY RUSH 『Strange Universe 』
KLAATU『Klaatu 謎の宇宙船』
平山照継『ノイの城』
LUSHEL『奇蹟の城』
KENSO『天鳶絨症綺譚』
Yuka & Chronoship『The 3rd Planetary Chronicles 第三惑星年代記』
ザ・タイガース『ヒューマン・ルネッサンス』
SARABANDGE『SARABANDGE Ⅰ』
ATOLL『L'Araignee - Mal 組曲「夢魔」』
P.F.M.『Photos Of Ghosts 幻の映像』
PULSAR『Halloween』
映画『小さな恋のメロディ』サウンドトラック
DREAM THEATER『METROPOLIS PT.2 : Scenes From A Memory』

日記/記事の投稿

コメント新着

 DJロマネスク@ Re[9]:SOPHIA : 超強力RUSHタイプのプログレハード(11/08) ちぃくんさんへ 喜んでいただけて良かった…
 ちぃくん@ Re[8]:SOPHIA : 超強力RUSHタイプのプログレハード(11/08) DJロマネスクさんへ 貴重な音源ですね。 …
 DJロマネスク@ Re[7]:SOPHIA : 超強力RUSHタイプのプログレハード(11/08) ちぃくんさんへ ワルキューレのこのYouTub…
 ちぃくん@ Re[6]:SOPHIA : 超強力RUSHタイプのプログレハード(11/08) DJロマネスクさんへ 音源の案内、ありがと…
 DJロマネスク@ Re[5]:SOPHIA : 超強力RUSHタイプのプログレハード(11/08) ちぃくんさんへ 「プリズム」はその後元No…
 ちぃくん@ Re[4]:SOPHIA : 超強力RUSHタイプのプログレハード(11/08) DJロマネスクさんへ ああ、なるほど。当然…
 ちぃくん@ Re[2]:SOPHIA : 超強力RUSHタイプのプログレハード(11/08) DJロマネスクさんへ 返信、どうもありがと…
 DJロマネスク@ Re[1]:SOPHIA : 超強力RUSHタイプのプログレハード(11/08) ちぃくんさんへ、 はじめまして、コメント…
 ちぃくん@ Re:SOPHIA : 超強力RUSHタイプのプログレハード(11/08) はじめまして 2020年ですが、この古い記事…

フリーページ

お気に入りブログ

MORSE/PORTNOY/GEORG… New! ken_wettonさん

都留泰作「竜女戦記 … 虹之助さん

ソーシャル ディス… Kimukazuさん

ROCK STEADY Oharatchさん
Pinefield's room ぱいんふぃーるず@さん
Midge大佐のCD爆買日… Midge大佐さん
lanvinの戯言骨董箱。 lanvinさん
エメラルド・打・ピ… G-nomadeさん
2020年03月31日
XML
テクノ系音楽は苦手だ

まぁ全部が全部というわけではないのだが、機材さえあればなんとなく出来てしまう感がどうも性に合わない
これはボクがアナログ的なテクニック主義でもあるプログレッシヴ・ロックが最高だと思っているがゆえの側面であると自認しているのが大いに関係しているだが……


先日も書いたが1980年代は電子楽器の発達が音楽を変えた、というか発展させた時代だった
鍵盤なんて全く弾けなかったボク自身もシーケンサーやmidiを使って大仰なプログレ曲を作ることができたしサンプリングを駆使して一人でラジオ番組を作ったりできたのは紛れもなくそのお蔭である
……てのはわかっているけどやっぱりテクノ系音楽は理解しがたく肌に合わなかった


そんな中、1984年にNOVELAのボーカリスト五十嵐久勝氏がソロバルバムを発表!
一体どんなサウンドを聴かせてくれるのか…非常に期待していた


で、箱を開けたらそれはそれは非常に先進的なサウンドだったわけで驚きが止まらなかった
プロデュースは成田忍さん
周りを固めるのはDADAのメンバーやP-MODELの面々であった
いや、本当にビックリ仰天でどうしようかと途方に暮れたよ

苦手だ、、、、(本心)

五十嵐さんが元々ファッション系に明るく、逆に言えばNOVELAの中でも浮いてると言ってもいいくらいオシャレさんだったのである程度は理解できたけどそのサウンドはボクには遠すぎた
ただもちろん楽曲は悪くなくて、、、そう、”好きじゃないけど嫌いじゃない”って感じ(苦笑)

その中でも比較的よく聴いていたのはこちら
   ↓
【Hisakatsu Igarashi - NANA FUSHI OTOKO 】

あーだこーだと言いながら結局よく聴いてたなぁ(笑)

作曲も作詞もP-MODELの平沢進さん
ボクのイメージそのまんまの世界だった
まぁこの人はその昔【マンドレイク】という鬼卍ドプログレを演ってた人なので肌に合ったのかも…

で、このアルバムは1984年の12月発売だったんだけど、、、、実はP-MODELもほんのちょっとだけ早くアルバムを出してて、、、、それが『SCUBA』と題されたカセット・ブックでその中に「七節男」が収録されているというね、、、、1984年10月のことでした(CDは1989年1月にリリースされた)

つまり五十嵐さんの方がタッチの差で後発だったってのをつい最近知ったわけ(苦笑)
それ知ったの衝撃だったなぁ~

【P-MODEL 七節男】

今ではYouTubeでタダで聴けちゃう(ありがとう)



それにしてもやっぱりこのソロ・アルバムは意外だったなぁ~
もっと演劇的な一枚になると思ってた
ひっそり『サンクチュアリ』の「ディバイン・コメディ」みたいな世界を期待してた

パズル [ 五十嵐久勝 ]
この機会にもう一度向き合おうと思っている


この方面はののまる。さんの得意分野なので後はよろしく






最終更新日  2020年04月01日 14時33分16秒
コメント(4) | コメントを書く
[J-POP/アイドル] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.