1750899 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

φ(..) Daily Groovus

PR

プロフィール


DJロマネスク

サイド自由欄

【DJロマネスクの”好き”】

★★好きなもの★★
プログレ/70年代ロック
ラジオ番組制作【Radio Groovus】
写真・カメラ
沖縄音楽・エイサー
大相撲
スターダム(プロレス)
日本画(下村観山さん)
時代劇
SF映画(ゴジラ系含む)
花鳥風月
mayla classic
ウルトラホーク1号
カラス天狗(迦楼羅)

★★好きな人物★★
本城裕二さん
紋次郎さん
三船敏郎さん
豊真将関(立田川親方)
豪栄道関(武隈親方)
宮城鈴菜選手(ボウリング)
青木崇高さん
本仮屋ユイカさん
五十嵐淳子さん
吉沢京子さん
乙葉さん(夫婦)
本田真凜さん
丘みどりさん
みみ〈mimidoll〉さん(モデル)

★★もう一度会いたい★★
VELVET PΛW
LUSHEL
VALKYRE
蛇夢/ALM
林アキオさん
THIRSTYROAD
ウエタマユさん
Olivia Lufkinさん
伊福部昭さん
冨田勲さん

★★好きなアルバム★★
夢幻『Sinfonia della Luna』
STEVE HACKETT『侍祭の旅』
Jon Anderson『サンヒローのオリアス』
CAMEL『月夜の幻想曲(ファンタジア)』
PINK FLOYD『狂気』
QUEEN『II』
Mr.BIG(英)『Photographic Smile』
IT BITES『THE TALL SHIPS』
A.C.T.『CIRCUS PANDEMONIUM』
CAPTAIN BEYOND『CAPTAIN BEYOND』
PAVLOV'S DOG『禁じられた掟 Pampered Menial』
MAHOGANY RUSH 『Strange Universe 』
KLAATU『Klaatu 謎の宇宙船』
美狂乱『Anthology vol.1』
平山照継『ノイの城』
LUSHEL『奇蹟の城』
KENSO『天鳶絨症綺譚』
Yuka & Chronoship『The 3rd Planetary Chronicles 第三惑星年代記』
WAPPA GAPPA『我破(GAPPA)』
ザ・タイガース『ヒューマン・ルネッサンス』
SARABANDGE『SARABANDGE Ⅰ』
ATOLL『L'Araignee - Mal 組曲「夢魔」』
P.F.M.『Photos Of Ghosts 幻の映像』
PULSAR『Halloween』
映画『小さな恋のメロディ』サウンドトラック
Queensrÿche『Operation: Mindcrime』
DREAM THEATER『METROPOLIS PT.2 : Scenes From A Memory』

日記/記事の投稿

コメント新着

 DJロマネスク@ Re[1]:ALMって知ってる!?(09/18) 熊崎創楽さんへ はじめまして お父様がALM…
 熊崎創楽@ Re:ALMって知ってる!?(09/18) こんにちは 父がALMというバンドに居たと…
 meg@ Re:【ELP】 2つの「夢みるクリスマス」 【Greg Lake ソロ】(12/16) 「クリスマスなのでELPのクリスマスソング…
 Midge大佐(Mr.Roboto改めw)引っ張りすぎじゃw@ Re:【鬼滅の刃】 炎のロックンロール 【クイーン】(12/06) いやぁ、鬼滅の刃は単行本で完結しました…
 Mr.ROBOTO⇒Midge大佐@ Re[2]:【スティクス】 日本語を使った洋楽ロックといえば 【酢亭久洲】(11/25) DJロマネスクさんへ やっちまいました。 …

フリーページ

お気に入りブログ

Roger Waters - The … New! ken_wettonさん

「キャッチ・ミー・… 虹之助さん

ROCK STEADY Oharatchさん
Pinefield's room ぱいんふぃーるず@さん
Midge大佐のCD爆買日… Midge大佐さん
lanvinの戯言骨董箱。 lanvinさん
エメラルド・打・ピ… G-nomadeさん
Napping of Woog Woogさん
2020年11月23日
XML
カテゴリ:この曲大好き
これもボクが中学生の時に出会った曲
1975年、このシングル盤はアルバムからの先行発売だった
5月にリリースされ8月になってようやく全米1位を獲得した(日本のように発売日に1位を獲るパターンではないのが本当に多くの人に聴かれ売れた証である)


アルバムのタイトルもシングルカットされたこの曲も同じ「呪われた夜」なのでややこしい


よく見るとジャケットはエンボス仕様が施されていてザラザラした感触が高級感を表した
しかもその怖い牛の絵柄だけレリーフのように浮き出ていてかなり凝ったデザインだ
あ、あと先の画像で分かる通りジャケットの上部からレコード盤を取り出すようになっている
これだと保管中にも完全にそこから埃が入る仕組みとなるわけでジャケットを横に倒して袋に入れ棚にしまう事となる……抵抗があったなぁ~外袋を二重にしようかと思ったほど嫌だった(笑)

ちなみに英語の原題は「One Of These Nights」なのだがなぜ日本のレコード会社が「呪われた夜」だなんて付けたのかはよくわからない、、、まぁそれっぽい歌詞もあるにはあるのだがタイトルから想像するようなおどろおどろしい感じではない
ただボクにとってはその「呪われた夜」というワードがプログレ魂を揺さぶったのは明らかで(←昨日のブログでも同じような事を言ってたなぁ~ 笑)しかも英語の原題が初めて好きになったプログレ・バンド PINK FLOYDの「吹けよ風、呼べよ嵐」の原題「One Of These Days」とよく似ていたからという理由もあった(突如洋楽かぶれになった中学生はかなりの耳年増で想像力も飛び抜けて豊かだった)


さて、このナンバーこそボクが初めてイーグルスを知ったきっかけだった
暑い夏の日にラジオから流れてきた妖しいイントロ
美しいハーモニー
かっこいいギターソロ
これがヒットしないはずがない、という王道サウンドだった
ちょっと聴いてみて♪

【Eagles - One of these Nights 1977】


最初に聴いた時はまさかドラムスの人が歌っているとは思いもしなかった
あと、メンバーの名前も覚えにくかったな(笑)
この曲を歌っているのはドン・ヘンリーでギターはドン・フェルダーという名前だ
同じバンドに2人もドンがいるってさぁ~
どちらかドナルドで良かったじゃん(笑)←しかもフェルダーの方は後から加入してるし
あと、リーダーの名前がグレン・フライでやっぱりハ行である
後に格闘技で有名になったドン・フライ選手も出てきてその時も一瞬迷ったよ(笑)
(余談だが、ボクが四日市に住んでいた時ドン・フライ選手に駅前のロッテリアでばったり遭遇した事があるが目つきが怖くて話しかけられなかったよ@当時は新日所属のヒールだった)

結局翌年発売された『ホテル・カリフォルニア』(1976年)が大ヒットしたお陰でメンバーの事も何となく知るようになったわけだが中学生にはまだ早かったかな、なにぶんハードロック少年だったから余計にね
なので当時はイーグルスとはジミー・ペイジと同じダブルネック・ギターを使っていることだけがボクの中でフィーチャーされることとなった(苦笑)



呪われた夜 [ イーグルス ]






最終更新日  2020年11月24日 11時37分40秒
コメント(0) | コメントを書く
[この曲大好き] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.