412308 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【ログイン】

++Verba volant, scripta manent++

PR

Rakuten Profile

設定されていません

Favorite Blog

台風発生だって New! 黒猫とむさん

夢の中で New! はざや(葉明)さん

@ネットでチェック… ひまひまねこさん

愛鳥フォトコンテスト mariるびりっつさん

10月12日(木) ゆっぴぃ♪。さん

地球規模の気づき・… ぽれぽれローズマリーさん

■2世代?で参加した… ちあままさん

成田発シカゴ行 行… kelly:さん

Shopping List

お買いものレビューがまだ書かれていません。
2005.04.27
XML
海を飛ぶ夢を観て来ました。

touchyな問題である「尊厳死」を扱った、実話に基づいた映画。

主人公のラモン・サンペドロは若い時の海での事故で四肢が麻痺し、首から上しか動かせない。そんな状態で26年間も「生かされ」続ける彼。

自分で死ぬことも出来ない今の生き様は、人間としての尊厳がないと感じ、自らの人生にピリオドを打とうという気持が募る。。

彼の意思を尊重して尊厳死を支えて行こうという人たち、絶対死なせないという実兄。ラモンを実の息子のように思い、献身的な介護を続ける義姉。。

また彼にはいろいろな女性がかかわっている。詳しくはネタバレなので書きませんが。。

普通の愛し方が出来ないラモンは、いつしか心惹かれるようになった相手に
空想の中で空を飛び、「会いに」行ってしまう。
そばにいる時は、「あなたのにおいをまず感じる・・」というラモン。

身体は動かせなくても、二人の間には官能的な魂の交流が。。。
この辺のシーンでは、けっこうすすり泣いてる人がいたような
(ただの花粉症か・・・?<ヲイ!)

でもね、ただ重苦しいだけの映画ではなく、
時々笑わせてくれるシーンやセリフもある。

途中でストーリー展開に「あれ?」という部分もあって。。
終わってから、一緒に行ったくうちゃんともう一人の友人と
疑問の部分について、ああでもない、こうでもないって話したんですけど
(くうちゃんは肝心の部分で意識が抜け落ちたそうですが・・・笑)
スペイン映画って、突然の展開があるものも中にはあるとか。。

それはともかく、主人公を演じたハビエル・バルデムの、
顔の表情だけの演技がすごくいい。。見る価値が十分ある映画です。
脇役の女性の一人は「トーク・トゥ・ハー」にも出ていたらしいけれど、
記憶が・・・汗。






Last updated  2005.04.28 08:24:06
コメント(24) | コメントを書く
[読書・映画・演劇・音楽] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2017 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.