000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

テセウスのパラドックス

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

考察

2009.06.11
XML
カテゴリ:考察
どうも、パラドックスです。


いまさらながら「カード名がHNってどうよ?」とか思いまして、

「黒百合」という新しいHNを考えたのですが、傍から見ると痛々しかったのでやめました。

そもそも、ある程度定着しているHNを変えようってのが間違いなんだよ、うん。

…結構凝ったHNなんだけどなぁ。



では、先日の続きを…の予定でしたが、

その前に出回っているフラゲ情報の考察をしたいと思います。

真面目な文章を書くのが面倒になって、無かったことにしようとしてるとか、

そんなことはありませんからね。


情報元は西日暮里駅東口様。


【聖霊王イカズチ】 
エンジェル・コマンド/オリジン
光文明・コスト7
パワー8000
■進化-自分のエンジェル・コマンドまたはオリジン1体の上に置く。
■クリーチャーがバトルゾーンに出た時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを好きな数アンタップしてもよい。こうしてアンタップしたクリーチャーはそのターン、「ブロッカー」を得る。
■W・ブレイカー

このクリーチャーを出したときには、

自分のクリーチャーは全てアンタップされていると思うのですが、

この解釈はなにかを見落としているんでしょうか。

…Sトリガーで【緊急再誕】?


「クリーチャーがバトルゾーンに出た時」を、

「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」と読み違えていました。

相手の攻撃にあわせてニンジャス・トライクで…微妙ですね。


【真姫ヴィクトリア】
メカ・デル・ソル
光文明・コスト7
パワー6000
■進化-自分の「ブロッカー」を持つクリーチャー1体の上に置く。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分の「ブロッカー」を持つクリーチャー1体につき、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選びタップしてもよい。
■W・ブレイカー

真・恋姫…いや、なんでもない。

このカードを見た瞬間、

【無敵城 シルヴァー・グローリー】によって無敵化したブロッカーたちに、

バトルゾーンを制圧されるビジョンが浮かんだのは僕だけじゃないでしょう。

【ロード・リエス】や【セイント・キャッスル】の存在もありますし、

ブロッカー、恐ろしい子。


【クリスタル・アックス】
リキッド・ピープル
水文明・コスト7
パワー11000
■手札進化-水のクリーチャーを1体自分の手札から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■このクリーチャーはブロックされない。
■W・ブレイカー

新ジャンル「手札進化」なカード。

進化元を場に用意する必要がないため進化条件としてはゆるく、奇襲性にも優れています。

つーか、コイツ強くね?

なんの前触れもなしに手札から飛んできて、ブロックされないWブレイカーだよ!

シノビでも止まらないし!

即死怖いよぉ。


【超電磁マクスウェルZ】
サイバー・コマンド
水文明・コスト8
パワー8000
■進化-自分の「サイバー」と種族にあるクリーチャー1体の上に置く。
■ソウルシフト-このクリーチャーを召喚する時、このクリーチャーの進化元クリーチャーを選ぶ。このクリーチャーのコストは、その進化元クリーチャーのコストだけ少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない。
■各プレイヤーは、自分自身の墓地にある呪文と同じ文明を持つ呪文を唱えることはできない。
■W・ブレイカー

とある科学の…いや、なんでもない。

ついにDMにもサイバー流が!

コストは少々重いものの、コスト軽減能力である「ソウルシフト」を持っているため、

実質的には大した苦にならない優秀カードでしょう。

Sトリガーで【デーモン・ハンド】を踏んだときに、

他に落ちている闇文明の呪文が想像できないのは気のせいだと思います。


【神羅ブリザード・ムーン】
ルナティック・エンペラー/サイバー・コマンド
水文明・コスト6
パワー9000
■究極進化-自分の進化クリーチャー1体の上に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、カードを3枚まで引いてもよい。 
■W・ブレイカー

ようやく究極進化らしい効果が出てきましたね。

究極と言うからにはコレくらいやってくれないと。

ま、素直に【エンペラー・マルコ】でいいでしょう。


【死神戦鬼ベル・ヘル・デ・バラン】
デーモン・コマンド
闇文明・コスト5
パワー11000
■このクリーチャーは、アンタップされているナイト、サムライ、シノビを攻撃できる。
■このクリーチャーが攻撃できる時、自分の場のクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、このターン、このクリーチャーはアンタップされている進化ではないクリーチャーを攻撃できる。
■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。

相手の種族を指定した能力はあまり強くないものが多いのですが、

ここまでのパワーと追加能力を持っていれば別でしょう。

「なんでコイツにナイトがついてるんだよっ!」という悲鳴が聞こえてきそうです。


【死皇帝ハデス】
ダークロード
闇文明・コスト8
パワー9000
■墓地進化-闇のクリーチャーを1体自分の墓地から選び、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。
■自分のターンにクリーチャーを1体、自分の墓地から召喚してもよい。

システムクリーチャーにしてはコストが重すぎるので、強いカードとは言えないでしょう。

名前負けですね。


【貴星虫ヤタイズナ】
パラサイトワーム/ダークロード/オリジン
闇文明・コスト6
パワー5000
■自分のターンのはじめに、進化クリーチャーを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。

やっと、ダークロードが!

と思いましたが、そうでもないカードでした。

ただ進化クリーチャーを出すだけであれば【魔光蟲ヴィルジニア卿】で足りていますし、

使うとすれば専用デッキになりそうです。


気になったカードは以上。

新しい進化カードの条件がゆるすぎて「進化?」って感じですが、

面白いエキスパンションにはなってくれそうです。

WHFでの先行発が楽しみだ!



それでは、本日はこれで。



その場の勢いで「クイーンズブレイド・ザ・デュエル」のスターターを購入。

後悔はしているが、反省はしていない。

せっかくだからトモエタソ単デッキでも組んでみようかな。






最終更新日  2009.06.12 15:14:14
コメント(2) | コメントを書く


2009.05.13
カテゴリ:考察
どうも、元気でリア充やってるパラドックスです。

…嘘です、授業終了と同時にバスに飛び乗ってます。

食事のお誘いもカラオケのお誘いも遊びのお誘いも断って、自室でエロゲーやってます。

なんなの僕?ばかなの?死ぬの?

とりあえず、8月までは生きよう。



そんな屍の元にフラゲ情報が届きました。

「考察」というカテゴリに本格的な違和感を感じてきたぞ。

情報元は西日暮里駅東口様です。


32弾 神化編

【神羅ドラグ・ムーン】

ルナティック・エンペラー/アーマード・ドラゴン
火文明・コスト7
パワー15000
■究極進化-自分の進化クリーチャー1体の上に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、パワー6000以下の相手のクリーチャーを2体まで破壊する。
■T・ブレイカー

進化条件は厳しいですが、それに見合った強力なATを持った進化クリーチャー。

とはいえ、進化クリーチャー自体に強力なものが多いので、

わざわざ進化させる必要があるかというと微妙なところ。

cip能力持ちから進化させるような、無駄のない使い方をしたいですね。

赤入りマルコビートに突っ込んでみるのもいいかな。

あぁ【青銅の鎧】と同じ効果を持ったワンダー・トリックが出てくれれば…。


【神帝アナ】
ゴッド/オリジン
水文明・コスト5
パワー5000+
■G・リンク【神帝アージュ】の右横、【神帝マニ】または【神帝ヴィシュ】の上側
(バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時は、どちらか1枚を選ぶ)
■このクリーチャーがゴッドとリンクした時、相手にバトルゾーンにある自分自身のクリーチャーを1体選ばせ、持ち主の手札に戻してもよい。

【神帝アージュ】
ゴッド/オリジン
闇文明・コスト7
パワー8000+
■W・ブレイカー
■G・リンク【神帝アナ】または【神帝スヴァ】の左横、【神帝ムーラ】の上側(バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時は、どちらか1枚を選ぶ)
■このクリーチャーが他のゴッド3体とリンクしていて、このクリーチャーが攻撃またはブロックする時、このクリーチャーをアンタップしてもよい

神帝マニ】
ゴッド/オリジン
水文明・コスト4
パワー4000+
■G・リンク【神帝ムーラ】の右横、【神帝アナ】または【神帝スヴァ】の下側(バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時は、どちらか1枚を選ぶ)
■このクリーチャーがゴッドとリンクした時、カードを1枚引いてもよい。

【神帝ムーラ】
ゴッド/オリジン
闇文明・コスト3
パワー3000+
■G・リンク【神帝マニ】または【神帝ヴィシュ】の左横、【神帝アージュ】の下側(バトルゾーンに自分の指定ゴッドがあれば、このカードをリンクしてもよい。リンクしたゴッドは、各ゴッドの特性(パワーや能力)を持つ1体のクリーチャーとなる。バトルゾーンを離れる時は、どちらか1枚を選ぶ)
■このクリーチャーがゴッドとリンクした時、自分の手札を1枚捨ててもよい。そうした場合、ゴッドを1体、自分の墓地から手札に戻す。

悪ふざけとしか思えない、噂のゴッド。

縦長なんてやりすぎだよ、どう考えても相手のバトルゾーンに入っちゃうよ。


単体として考察を書くのもアレだったので一気に紹介してみましたが、

読みづらさもかなりのものになってしまいました。

要約すると「無限攻撃ができるでっかいやつを完成させよう!ってことでおk?


それぞれが、ゴッドリンクを完成させるための効果を持っていることは評価できるのですが、

「このクリーチャーがゴッドとリンクした時」という条件がついているので、

単体では役立たずのよう。

単体でも活躍できて、2体のリンクだけでバトルゾーンを制圧できるHMには勝てないかな。

イラストのかっこよさなら並べるけどね。


【ボルシャック・NEX】
アーマード・ドラゴン
火文明・コスト6
パワー6000+
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札を見る。その中から、名前に「ルピア」とあるカードを1枚、バトルゾーンに出してもよい。その後、山札をシャッフルする。
■このクリーチャーは、自分の墓地にあるファイアー・バード1体につき「パワーアタッカー+1000」を得る。
■W・ブレイカー

勝舞君をダークサイドに落としたらしいドラゴン。

すごく平和な能力に見えるのは多分きのせい。

【エターナル・フォース・ブリザード・ルピア】の登場に期待だね。


エントリーパック フォース・オブ・ドラゴン

【ガトリング・フォース・ドラゴン】
アーマード・ドラゴン
火文明・コスト8
パワー7000 
■自分のドラゴンが攻撃する時、相手の「ブロッカー」を持つクリーチャーを1体破壊する。
■W・ブレイカー

エントリーデュエルでは無双の予感がするドラゴン。

エントリーデュエルでは。


【ルピア・ラピア】
ファイアー・バード
火文明/自然文明・コスト4
パワー3000 
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■自分のドラゴンを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。
■このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のマナゾーンに置いてもよい。そうした場合、ドラゴンを1体、自分のマナゾーンから手札に戻してもよい。

これは強い!

と思ったのですが、よく見ると4マナ。

【青銅の鎧】や【フェアリー・ライフ】をつかっておけば、

4ターン目には【緑神龍バルガザルムス】が出せるわけで…。

惜しい、コイツが3マナだったら。


エントリーパック パーフェクト・エンジェル

【覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン】
エンジェル・コマンド
光文明・コスト7
パワー5500
■ブロッカー
■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターン、自分の他のクリーチャーが相手プレイヤーを攻撃することができない効果はすべて無効になる。(召喚酔いや、「このクリーチャーは攻撃することができない」または「このクリーチャーは相手プレイヤーを攻撃できない」などの効果が無効になる。ただし、この効果でクリーチャーを攻撃することはできない)

野菜デッキへの投入を考えていた【光神龍ダイヤモンド・グロリアス】がコストを下げて帰ってきた!

帰ってktkr!

わかってる、そのかわりにドラゴンじゃなくなってるんだよね、わかってるから。


【王機聖者ミル・アーマ】
グレートメカオー/イニシエート
光文明/水文明・コスト3
パワー3000
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■ブロッカー
■自分の呪文を唱えるコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。

ナイト種族を持っていることが、どれだけ重要かを教えてくれるカード。

確かにハイスペックなのですが、3ターン目に召喚して殴りにいくわけでもないので、

パーフェクト・エンジェルには【氷牙フランツ1世】を推したい。

【魔弾オープン・ブレイン】はデフォルトで。


【知識の精霊ロードリエス】
エンジェル・コマンド
光文明/水文明・コスト5
パワー4000
■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■ブロッカー
■このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。
■自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚引いてもよい。

さすが一城なつきだぜ!なカード。

野菜デッキに【セイント・キャッスル】を4積みして、コイツを投入すれば!

光文明/水文明

もう一回、もう一回。

光文明/水文明

ちっきしょぉぉぉぉ、今回こんなんばっかりだよ!


コロコロコミック7月号付録 

【超竜B(ボルメテウス)クリムゾン】
アーマード・ドラゴン
火文明・コスト8
パワー9000
■デッキ進化-自分の山札の上から1枚目を表向きにする。そのカードがクリーチャーであれば、このクリーチャーをその上に重ねつつバトルゾーンに出す。そのカードがクリーチャー以外であれば、このクリーチャーを自分の手札に戻す。
■自分のファイアー・バードがシールドをブレイクする時、そのシールドを見る。そのシールドに「S・トリガー」が付いていれば、相手の手札に加えるかわりに墓地に置く。「S・トリガー」が付いていない場合、相手はそれを手札に加える。
■W・ブレイカー

新たな進化が続々登場!なカード。

デッキ進化は外したときのデメリットが大きいようですが、上手く進化できればSA。

1枚差しの【母なる紋章】を引き当てたりしそうだから、僕は絶対使わないけどな!


効果はファイヤー・バード版の【封魔ダンリモス】

対象がドラゴンだったらやりすぎだけど、ファイヤー・バードなんて殴らないし、

うーん、難しい。


【ボッコ・ルピア】 
ファイアー・バード
火文明・コスト4
パワー1000
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のドラゴン1体につき、「ブロッカー」を持つ相手のクリーチャーを1体破壊する。

【ガトリング・ドラゴン】がこの効果じゃダメだったのかなぁ、と思わずにはいられないカード。

パーフェクト・エンジェル相手に使ってフルボッk(ry



それでは、本日はこれで。



最近、ジャンプの方のワンピースが面白いらしい。

ここ2年分くらい、同人誌でしか見たことないんだけど、

いまからでも読んだほうがいいのかな?






最終更新日  2009.05.13 20:22:03
コメント(0) | コメントを書く
2009.04.25
カテゴリ:考察
どうも、パラドックスです。


休日の返上と授業をサボってのレポート消化によって、勉強地獄が安定期に入りました。

その代わりに体調を崩してしまいましたが、TCGに触るのには差し支えのないレベルです。

むしろ、学校が休めるからメリt(ry



そんなわけで、本日はエントリーデッキの考察でも。

収録カードリストは、皆さんご存知だと思うので省略します。

相変わらず、考察と呼べる代物でないのは仕様。



・フォース・オブ・ドラゴン

強力なレアカードをガッツリ投入した豪快なデッキ。

「TCGの楽しさを教える」という意図に、これほどマッチしたデッキは他にないでしょう。


惜しむ点があるとすれば【コッコ・ルピア】以外のマナ基盤がないところ。

【チッタ・ペロル】と【紅神龍ガルドス】のコンボを使えば、序盤をしのげるかもしれませんが、

2枚のカードを手札にそろえるのが困難なことは、確定的に明らかでしょう。


【緑神龍バルガザルムス】にもキレイに繋がるから、

【青銅の鎧】くらいは入れてもよかったんじゃないかな。

でないと「3ターン目に【コッコ・ルピア】が引けなかったから負けた」って子供が続出しちゃう。

ドラゴンデッキを使う上での、通過儀礼みたいなものなんですけどね。


あ【バザガジール・ドラゴン】については突っ込みませんよ。


・パーフェクト・エンジェル

こちらもコンセプトがわかりやすい良デッキ。

強力なドローソースによって、安定して戦うことができるため、

コントロールデッキの入門によさそうです。

うーん、よく出来てる。


ただ「【ヘヴンズ・ゲート】専用ブロッカー」がやたらと多く、

コンセプトに特化しすぎた気がしないでもない感じ。

ここに【魔光王機デ・バウラ伯】辺りが入っていれば、話は別なのですが、

改造なしでデッキを使うと、手札に溜まった高コストブロッカーにうんざりさせられそうです。


とはいえ「改造なしで」という前提が、そもそもおかしい気がするので、

良デッキという評価に間違いはないでしょう。


【魂と記憶の盾】は…「人生、思い通りにはなんねーぞ!」ということでひとつ。



以上。

今後もこのようなデッキが出てくるのであれば、DMの未来は明るいでしょう。

あとは【サイバー・ブレイン】が普通のエキスパンションに入ってくれれば言うことなし。

「ベストチャレンジャー(ガチ)」とか出ないかなぁ。



それでは、本日はこれで。



…煙草とお酒は、20歳になってもやらないほうがいいと思った。

いや、深くは話しませんけどね。






最終更新日  2009.04.25 20:33:56
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.17
カテゴリ:考察
どうも、最長タイトルを記録したパラドックスです。

アレは絶対に劣化してると思うんだ。

だいたい、ヨコから切れても、あんまり特しないよね。



また、新たなカード情報が流れ始めたようで、早速見てみましょうか。

と言っても、不明部分が多いため、キチンとテキストが判明しているカードだけ。

情報元は西日暮里駅東口様です。



【氷牙レジェンダリー・ヴァンガード】

水 リヴァイアサン/ナイト

5マナ パワー11000

■進化-自分のナイト・クリーチャー1体の上に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地に呪文が3枚以上あればカードを1枚引いてもよい。
■W・ブレイカー


水文明としては初登場の進化ナイトクリーチャー。

非常に高いパワーで、ナイトデッキのパンチ力を補ってくれるのは間違いないでしょう。


が、高いパワーの反面、ATは非常に地味なものになっており、

ファッティ以外の目的で投入されることは少なくなりそうです。


というか、条件を満たして1ドロー? 

いや強いよ、1ドローが強いことは間違いないけどさ…なんかね。


【魔弾 クリティカル・デストロイヤー】

火 ナイト

3マナ

■相手のブロッカーを持つクリーチャーを1体破壊する。
■ナイト・マジック(バトルゾーンに自分のナイトがあれば、この呪文の能力をもう一度使ってもよい) 


ナイトでビートなデッキを構築中(再構築?)の僕としては、

火文明のナイト呪文というだけで、盛り上がってしまうのですが、

効果を確認して、キチンと盛り下がっておきました。


他のブロッカー破壊呪文と比べても、特筆すべき点は見つからないようですし、

これはがっかりデストロイヤーと言っていいでしょう。


【土隠龍ジライヤ】

自然 アース・ドラゴン/シノビ

5マナ パワー5000

■ニンジャ・ストライク4
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、そのターンの終わりまで、バトルゾーンにある自分の他のシノビすべてのパワーは+3000される。


パンプアップ ま た お 前 か

自然文明のシノビは、それ以外の効果を知らないんでしょうか。


【土隠の式神センブーン】と比べれば、

すこしはオリジナリティを持っている気がしなくもありませんが、

【土隠風の化身】を差し置いて投入されることは無いでしょう。


今後に期待をしてもいいんだろうか。



31弾に「強いカード」が収録されていることは間違いありませんが、

「強いエキスパンション」と言えるかは、微妙なところですね。



それでは、本日はこれで。



某大型動画投稿サイトにコメントを投稿するという、久しぶりすぎることをしてきました。

い、いや、決して怪しいコメントではありませんよ。

ルカ様がどうとか、全然言ってませんからね。






最終更新日  2009.03.20 01:06:18
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.12
カテゴリ:考察
どうも、1日3回の更新予定を「とらドラ」読後の鬱モードによって粉砕したパラドックスです。

7巻の鬱っぷりは、ちょとsYレにならんしょ。



それでは、早速、新カードの考察を。

情報元は帝国大劇場別館様です。



既出のカードは飛ばします。

「全てのクロスギアと合体できるなんて、それなんて性装?」

とか言いたかったんですけどね。


【迅雷の精霊ホワイト・ヘヴン】

光 エンジェル・コマンド/サムライ

6マナ パワー6000 

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンに自分のエンジェル・コマンドが他に1体でもあれば、バトルゾーンにある相手の進化ではないクリーチャーを1体選び、裏向きにして持ち主のシールドに加えてもよい。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


「光文明の確定除去ktkr!」とか言ってる君。

【セレスティアル・アーク】があるじゃないか。

誰それ? ですよねー。

というか【セレスティアル・アーク】は確定除去じゃないしね。


一瞬、強いことが書いてあるように見えるのですが、

効果を使用するために「エンジェル・コマンド」を用意するのは容易ではないでしょう。

そろそろ、こんなクリーチャーが欲しかったところなんですけどね。

あ、用意と容易って(ry


【光牙忍ソニックマル】

光 ライトブリンガー/シノビ

5マナ パワー3000 

■ニンジャ・ストライク4(相手のクリーチャーが攻撃またはブロックした時、自分のマナゾーンにカードが4枚以上あり、その攻撃中に「ニンジャ・ストライク」能力を使っていなかった場合、このシノビをコストを支払わずに召喚してもよい。そのターンの終わりに、このシノビを山札の一番下に置く)
■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある自分のクリーチャーを1体アンタップする。


また「ライトブリンガー」かよ、お隣さんのデッキを強化しやがって。

その有り余る愛が憎すぎる!


と言いたいところですが、効果に関しては強いとは言えない様子。

効果の方向性から見ても【光牙忍ハヤブサマル】を超えることはないでしょう。

ざまぁ。


【蒼狼の始祖アマテラス】

水 ナイト/サムライ/オリジン

6マナ パワー5000

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札からコストが4以下の呪文を1枚選び、山札をシャッフルしてからその呪文を唱えるか、自分の山札からコストが4以下のクロスギアを1枚選び、山札をシャッフルしてからそのクロスギアをジェネレートしてもよい。


えーっと、デッキから呪文かクロスギアを使えるってことかな。

…強くね?


と思ったら「コストを支払わずに」とは書いていない様子。

…弱くね?


「うっかり」書き忘れてしまったのか、

それとも「うっかり」弱すぎるカードを作ってしまったのか。

発売後の裁定を楽しみにしておきましょう。


ちなみに、登場時は違和感を感じていた「オリジン」ですが、

このカードを見る限り「起源」や「元」という意味の「オリジン」なのでしょう。

多種に枝分かれした、クリーチャーたちの起源。

現在、漫画で活躍中のアダムとイブにも繋がりますし、なかなかカッコイイではありませんか。


【T2・オガプー】

水 サイバーロード

3マナ パワー2000 

■自分の城をシールドゾーンに置いた時、カードを1枚引くか、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選んで持ち主の手札に戻してもよい。


なにが強いのかさっぱりです。

城入りマルコビート? 【海底鬼面城】? 【クウリャン】使えって。


で、でも、バウンス効果はオンリーワンなんだからっ。

コイツを使うくらいなら【封魔バルゾー】使うけどね。


【大邪眼バルクライ王】

闇 ダークロード/ナイト

7マナ パワー11000 

■進化-自分のダークロード1体の上に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、進化ではないダークロードを1体、自分の墓地からバトルゾーンに出してもよい。
■W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2枚ブレイクする)


特に繋がりはないのですが、ふと某征服王を思い出してしまうようなお名前です。

闘竜死爵デス・メンドーサ「あなたこそ、僕の王だ」

あ、ちなみに僕の心の女王は【死蝶将軍レイラ】様です。

…さーて、考察に戻ろうか。


久しぶりの「ダークロード」強化カードです。

登場前の墓地肥やしが必要になりますが、

進化クリーチャー+アタックトリガーというかみ合った能力と、

コスト無制限のリアニメイトはなかなかに強力です。


とはいえ、リアニメイトするほどのカードが「ダークロード」には見当たらないことも、

…【邪眼王ロマノフ1世】がいるじゃないか!

このカードからロマノフに繋げて、リアニメイト連鎖だ!

強いぞー、かっこいいぞー


何が言いたいかというと【邪眼王ロマノフ1世】を使いましょうってことで…あれれ。



【ヤミノカムスター】

闇 ダーク・モンスター

3マナ パワー1000 

■このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、相手の手札を見てクリーチャー以外のカードを1枚選び、捨てさせる。


強い、間違いなく強い。

ピーピングハンデスもここまで来たか、と言えるようなカードです。


とはいえ【解体人形ジェニー】先輩を差し置いて投入するかと聞かれれば、微妙なところ。

1ターン早く出したところで【解体人形ジェニー】は落とせませんし、

狙い目である【ソウル・アドバンテージ】は殿堂入り。


環境によって強さが左右されるカードですが、

今のところ、大きな脅威とは言えないように感じます。


こんなカードがあるのに【ソウル・アドバンテージ】が殿堂って…いやいや、考えるまい。


【超銀河弾 HELL】

火 ナイト

10マナ

■相手のクリーチャーをパワーの合計が9000以下になるように好きな数選び、破壊する。
その後、こうして破壊したクリーチャー1体につき、相手のシールドをひとつ選び、持ち主の墓地に置く。


思わず、

「【超聖竜ボルフェウス・ヘヴン】カムバァァック!」

と叫んでしまうような効果です。

進化元にもなる【龍仙ロマネスク】を絡めれば、手撃ちも夢ではありませんし、

あー、組みたいなぁ。


とコンボを前提に語ってみましたが、

破壊効果だけでも、かなりのアドバンテージが取れるため、

手撃ちを狙う価値は十分にあると言えるでしょう。


問題は見ての通り、コストの重さ。

10マナというコストは、そうそう払えるものではありません。


【英知と追撃の宝剣】が殿堂入りしたことも考慮して、

自然文明を絡めたランデスデッキのフィニッシャー辺りが妥当でしょうか。


G(がっかり)ブレイクだった【超銀河剣THE FINAL】とは打って変わって、

ギンガ団銀河弾にふさわしい呪文と言えるでしょう。



【星狼凰マスター・オブ・ディスティニー】

闇/自然 フェニックス/ナイト/サムライ

7マナ パワー12000 

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■進化V-自分のサムライ・クリーチャー1体とナイト・クリーチャー1体を重ねた上に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、自分のマナゾーンにある「S・トリガー」付きの呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、クロスギアを1枚、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出してもよい。
■T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)


進化シリーズ第2弾。

名前から察するに「石破天驚パルマフィオキーナ」とかいう技を使うのでしょうか。

…なんですか? そんな「ベタベタだな」みたいな目をされても困りますよ。


相変わらず、進化クリーチャー+アタックトリガーという組み合わせは評価できるのですが、

進化条件が非常に面倒な上、それに見合った働きをするかというと微妙なところ。


このカードの効果によって撃つべきSトリガー呪文なんて見当たりませんし、

ジェネレートすべきクロスギアはもっと見当たりません。


やっぱり【邪眼王ロマノフ1世】で(ry


【暗黒皇グレイテスト・シーザー】

闇/火 アーマード・ドラゴン/ドラゴン・ゾンビ/ナイト

6マナ パワー13000 

■マナゾーンに置く時、このカードはタップして置く。
■進化V-自分のナイト・クリーチャーまたはドラゴン・ゾンビ2体を重ねた上に置く。
■このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地にある闇または火の呪文をコストが7以下になるように好きな枚数選び、コストを支払わずに唱えてもよい。その後、その呪文を好きな順番で自分の山札の一番下に置く。
■T・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを3枚ブレイクする)


進化シリーズ第3弾。

そろそろ、同じようなことを言うのにも飽きてきました。


えーっと、

1.進化の困難さに見合った働きはしない。

2.【邪眼王ロマノフ1世】で事足りる

ってことでおk?



最後はあんまりな終わり方ですが、こんなものでしょうか。

一部では【凶星王ダーク・ヒドラ】のプレミアム殿堂入りに、

【大邪眼バルクライ王】が絡んでいるとの噂もありますが、

微妙にシナジーがかみ合っていないような気がしますし、気のせいでしょう。


とはいえ、突然のプレミアム殿堂に違和感を感じるのも事実。

「ダークロード」の大幅強化フラグだと期待しておきましょう。



それでは、本日はこれで。



ツンしかないキャラがツンデレになる。

愛なんて、所詮は都合のいい妄想さ。

あ、こっちの話ですよ。






最終更新日  2009.03.14 09:43:31
コメント(2) | コメントを書く
2009.03.11
カテゴリ:考察
どうも、パラドックスです(2回目)

いつまでもヤンデレていても仕方が無いので、

久しぶりに考察モードに入ることにします。

ソースは帝国大劇場別館様です。



まずは、新殿堂情報から。


新プレミアム殿堂

【凶星王ダーク・ヒドラ】
【母なる大地】


新殿堂

【雷鳴の守護者ミスト・リエス】

【ソウル・アドバンテージ】
【母なる紋章】
【英知と追撃の宝剣】


コンビ殿堂解除

【龍仙ロマネスク】+【母なる紋章】



【凶星王ダーク・ヒドラ】

殿堂時に大して活躍していなかったカードが、

プレミアム殿堂になるというのは、少々疑問を感じるところ。


確かに強力なカードですが、1枚くらいなら…まぁ、不満を言っても仕方が無いかな。

墓地回収呪文で十分でしょ。


【母なる大地】

上記のカードとは逆に「1枚でも強すぎたカード」でしょう。

このカードのプレミアム殿堂化によって消えるデッキもないでしょうし、

納得の裁定だと言えます。


僕、こいつ嫌いなんだよね。

厳密に言うと「基本でしょ」とか言って、デッキに投入しちゃう人が嫌い。


【雷鳴の守護者ミスト・リエス】

個人的には、今回の新殿堂で一番の衝撃です。

確かに強力なカードではありますが、対処法もわかりやすく、

マスト除去の概念を教えてくれる良いカードでした。

これが殿堂入りとは、ちょっと強引じゃないかな。


なによりも、光文明唯一と言えるドローソースだったために、

このカードの殿堂入りによって、罪無きデッキが消えることは確定的に明らかでしょう。


絶賛愛用中の【白緑ワイルドべジーズ】なんて、どうすればいいんだろう。

【ハッスル・キャッスル】を4積み? いやいや、まさか…ありえるな。


【ソウル・アドバンテージ】

みんな大嫌い、大型ハンデス!

と言いたいところですが、殿堂にするレベルかというと微妙なところ。

【解体人形ジェニー】や置き型ドローソースに押さえ込まれていたことを考えると、

残っていても良かったような気がします。


が、このカードが無くなった環境が面白いことは間違いないでしょう。

このカードの殿堂によって、ドローソースの選択がどのように変化するのか。

楽しみではありませんか。


【母なる紋章】

どうしても【母なる大地】と比較してしまい、違和感を感じますが、

コンビ殿堂解除に巻き込まれたと思って我慢していただきましょう。


このカードを殿堂入りさせたということは、

下位互換出すつもりなのか、それともこのジャンルを消滅させるつもりなのか。

今後に期待ですね。


【英知と追撃の宝剣】

みんな大嫌い、大型ランデス!

これは、殿堂入りでも納得できるでしょう。


ランデスデッキの切り札であり、生命線でもあったため、

今後のランデスデッキが、高速ビートにどうやって対応していくのか、

新しい形を求められそうです。

HDMで安定? 否定はしませんけどね。


ざっと書いてみましたが、こんなものでしょうか。

コンビ殿堂の解除には、いまさら口出しすることも無さそうです。



お次は、新カードの…と言いたいところですが、

少々長くなってしまったため、一度ここで切ります。


次回「1日に3回はオナ○ーの限界だよ!」編にご期待ください。






最終更新日  2009.03.11 21:29:37
コメント(0) | コメントを書く
2009.03.02
カテゴリ:考察
どうも、パラドックスです。

「眼鏡をかけると、裸眼の視力が低下する」

というのは、嘘ではなかったらしく、

眼鏡を外した際の世界のボンヤリ度はかなりのものです。


まぁ、世界なんて、もともとボンヤリとしか見えていないんですけど。

…うまいこと言っちゃいましたかね。



本日は、出回っている新カード情報の考察を。

情報元は、西日暮里駅東口様です。



【怪魔城ポチョムキン】

闇文明 1マナ

■城

■相手のクリーチャーが攻撃してブロックされなかった時、攻撃の後、そのクリーチャーを破壊する。


世間で騒がれている、破壊効果を持った1マナの城。

強そうなことが書いてあるのですが、破壊するカードを相手に選ばせることが難点でしょうか。


ビートダウン以外には、あまり効果がなさそうなので、

このカードを使う際には「アタックされる理由」を考えたいところ。


準闇単速攻なんかに入れてみると、

全クリーチャースレイヤー化or殴り返し要員破壊+手札補充

という状況が作れて強そうです。


コメント欄には「タカラトミーはビートを駆逐する気ですかね」なんて発言がありましたが、

この手の発言は【斬隠テンサイ・ジャニット】のときにも、

【ローズ・キャッスル】のときにも聞いた気がします。

勝手に駆逐されてろ!


とはいえ、1マナということを考えれば、十分に「強いカード」と言えるでしょう。



他にも情報が出ていますが、考察を書くほどのカードは見つからなかったのでスルー。

べ、べつに、コメント欄で発見した「シザー愛」の文字に、モチベーションを削られたとか、

そういうのじゃないんだからねっ。



それでは、本日はこれで。



積みゲー消化のために「THE IDOLM@STER SP」をプレイしてみました。


マトモにプレイしたのは初めてだったので、オーディションの操作がさっぱりでしたが、

チュートリアルと説明書を二回くらい読んでようやく理解。


選択肢を選択→リセット

の流れを繰り返すチキンプレイを行いながら、

千早に怒られまくる、プロデューサー生活を送っています。

「かも? 確信がないのなら黙っていてください!」

全力で選んだんだよ、本当だよ。






最終更新日  2009.03.02 20:04:48
コメント(2) | コメントを書く
2009.02.12
カテゴリ:考察
どうも、プリンに醤油をかけたものを食べたら、吐いたパラドックスです。

もしも、アレをウニと呼ぶのなら、僕はこの世の全てを疑う必要があるでしょう。

というか、ウニを食べればいいじゃん!



先日は、某練馬春日店でフリー対戦を楽しんできました。

非公認大会でのアツイ試合や、遠方からのプレイヤーさんとの対戦など、

色々と出会いがあったのですが、言いたいことは一つだけです。


【永遠のジャック・ヴァルディ】ってなんでしょうか? わけがわかりません。

4マナ7000Wブレイカーって、なんでしょうか?

登場同時に【竜装ザンゲキ・マッハアーマー】をぶっ壊していくって、なんでしょうか?

自身よりも大きい【大神秘ハルサ】をバラバラにしていくって、なんでしょうか?


わけがわかりません。



さて、前回の日記では書き損ねてしまいましたが、

サムライデッキの構築には、フィニッシャーの選択も重要な要素になります。


というわけで、本日は選択肢となるカードのリストアップと考察を。



【ボルメテウス・武者・ドラゴン】

「サムライデッキのフィニッシャー」と言っておきながら、

早速サムライ種族ではありませんが、心は誰よりもサムライなクリーチャーです。


注目ポイントは、軽さと固有のシナジー。


インフレの波に乗った新入りたちに押されてしまい、忘れられていますが、

4マナ 【竜装ザンゲキ・マッハアーマー】をジェネレート

5マナ 【ボルメテウス・武者・ドラゴン】を召喚

効果で【竜装ザンゲキ・マッハアーマー】をクロス SA化で攻撃


という、王道とも言える流れを保持しています。


エラッタによって、種族にサムライが追加されれば…。

いやいや、そのままでも強いですよ、もちろん。



【維新の化身】

大型新人の登場までは、サムライのフィニッシャーとしてチヤホヤされていたカードです。

過去の栄光だっていいじゃない、栄光に足りうるだけの能力があったんだから。


注目ポイントは、汎用性の高い効果と除去体性。


デッキに投入されているクロスギアによって、幅のある役割をみせてくれます。

少々地味な印象ですが【閃光イナズマ・カブト】と組み合わせれば、

派手な動きも期待できるでしょう。


また、クロスギアを犠牲にするとはいえ、

【デーモン・ハンド】等を無効にできる除去体性の強さはいうまでもありません。


器用貧乏? 知らない、知らない。



【ボルメテウス・剣誠・ドラゴン】

「初代武者(笑)」という言葉を広めた張本人。

【ボルメテウス・武者・ドラゴン】にサムライの心得を教えたとかなんとか。

弟子はサムライですらないんですけどね。


注目ポイントは、G0での奇襲と強力なATと固有シナジーと…。

とにかく、現在「サムライのフィニッシャー」という表現に、最も当てはまるカードです。


唯一の弱点であるコストの高さも、利点であるG0によって軽減されていますし、

サムライデッキでしか、活かすことのできないカードというのも…。

他のカードも見てみましょうよ、ね。



【大神秘ハルサ】

「でかい、かるい、かっこいい」の三拍子揃ったサムライクリーチャー。

「バトルオブYAMATO魂」の絵師である、daisuke.izukaさんが書かれていることも、

かっこよさの秘密です。


注目ポイントは、単体スペックと強力なアクセル能力。


進化クリーチャーであるがゆえに5マナでパワー9000という、

単体でも十分にアタッカーとして機能する、破格のスペックを持っています。


また、アクセル能力も他の追随を許さない非常に強力なものになっており、

オマケのようについている、侍流ジェネレートがさらに有用性を上げています。


今年度の「進化したいアニキコンテスト」の優勝はいただきですね。



【バジュラズ・ソウル】(笑)

最強の呼び声も高い、勝負を決めてしまうほどの破壊力を持ったクロスギアです。


マナ破壊効果の他にも、パンプアップ効果とブレイク数アップの効果をもっており、

まさに最強のサムライ…あ、サムライではないんですね。


とはいえ、アクセル能力や侍流ジェネレートとの相性はすさまじく、

投入する価値は十分にあるでしょう。


これが今日の日記のオチです。



目ぼしいカードはこの辺りでしょうか。

共通して言えることは、どれか一種類に絞らずとも戦えるということ。

「【大神秘ハルサ】デッキ」「【ボルメテウス・剣誠・ドラゴン】デッキ」

といった、狭い視野の構築ではなく、

「サムライデッキ」

という広い視野をもった構築を目指したいところです。


というわけで、考察の中に【戦国竜ヴァルキリアス・ムサシ】が入っていないのは、

偏った構築を必要とするカードだからだよ、

忘れていたわけじゃないんだよ、本当だよ。


え、それこそ「狭い視野」じゃないかって?

やかましいっ、子供はもう寝なさい!



それでは、本日はこれで。



よく考えると、

【ボルバルザーク・紫電・ドラゴン】も【バザガベルグ・疾風・ドラゴン】も書いてない。

偉そうに「考察」なんて言っていいのだろうか。






最終更新日  2009.02.12 19:23:54
コメント(0) | コメントを書く
2009.02.04
カテゴリ:考察
どうも、牛乳2リットルを一気飲みして、1日苦しんだパラドックスです。

そろそろ、長年のコンプレックスに決着をつけたいと思いましてね。


うん、お隣さんに会って、コンプレックスが再来するのは目に見えてるんだけどさ。

僕は、夢を追いかけていたいんだ。



とつぜんですが、僕は「基本」という言葉があまり好きではありません。


たとえば【サイバー・ブレイン】と【母なる大地】

某所で公開されているデッキの多くは、このカードの投入理由を「基本」と称しています。


確かに、これらのカードは殿堂入りになるほどの非常に強力な効果を持ったカードであり、

「基本のカード」であるのかもしれません。


しかし、これらのカードはあくまで「基本のカード」というだけであり、

「デッキ構築の基本」というわけではないのです。


これらのカードに共通していることは「他のカードを生かす」ための効果を持っているということ。


1枚のカードを3枚に、重要ではないカードを重要なカードに。

自身が「強い」と思ったカードに成り代わってくれるのだと考えるならば、

間違いなく強いカードです。


しかし、DMにはマナコストが存在し、これらのカードを使うためには、

使いたいカードをあきらめる必要があるのです。


かつて遊戯王に存在した【強欲な壷】

マナコストが存在しない遊戯王において、

このカードは「1枚で2枚に成り代わるカード」という表現にぴったりと当てはまる、

「おかしなカード」でした。


【サイバー・ブレイン】の効果が、マナコストを払わずにドローできるものであったなら、

【母なる大地】の効果が、マナコストを払わずにクリーチャーを入れ替えることができるものであったなら、

「デッキ構築の基本」という表現には、疑問を抱くことなどないでしょう。


しかし、他のカードと同程度のマナ数を支払い、

「ドローだけ」「入れ替えるだけ」という効果しか持ち得ないカードは、

はたして、どのデッキにも入る「基本」カードであるといえるのでしょうか。


【ソウル・アドバンテージ】対策に置き型ドローソースを過剰なほど投入したにもかかわらず、

【サイバー・ブレイン】を投入した理由は「基本だから」ですか?


速攻デッキやドリームメイトデッキに大量の軽量アタッカーを投入したにもかかわらず、

【母なる大地】を投入した理由は「基本だから」ですか?


何度も言いますが、これらのカードが強いことは間違いありません。

殿堂カードになっているくらいなんですから、今更そんな談義をするのはナンセンスです。


しかし「基本」だからと言って、

たいした理由もなく投入するのは、どこかおかしいと思うのです。


その枠に、相手のハンデスを阻害するカードを入れたなら…。

その枠に、ビートダウンができるクリーチャーを入れたなら…。


これらのカードだけではなく、

マナブーストならば【青銅の鎧】や【フェアリー・ライフ】

S,Tならば【デーモン・ハンド】や【地獄スクラッパー】

それを「基本だから」という理由で投入するのではなく、

明確な意味を持って投入したならば、

それは間違いなく「強いデッキ」になることでしょう。



なにか、ガラにもなく熱いことを書いてしまいましたね。

「普段はただの変態だけど、こんな僕もいるんだよ」

という自己アピールだとでも受け取っていただければ幸いです。



それでは、本日はこれで。



ここには、普段アレなことを書いたりするのだけれど、

うん、今日はこのまま終わらせよう。

たまにはそんな日があってもいいじゃない!






最終更新日  2009.02.04 19:56:52
コメント(0) | コメントを書く
2009.01.21
カテゴリ:考察
どうも、フラガラックの詠唱に妙な既視感を覚えたパラドックスです。

資産差って、怖いよね。



最近「雑記」に分類される記事が妙に多かったので、本日は新カードの考察を。

【お騒がせチューザ】?

ま、まぁ、それは置いておきましょうよ。



情報元は遊戯王カードwikiです。


【大天使クリスティア】

星8/光属性/天使族/攻2800/守2300

■自分の墓地に存在する天使族モンスターが4体のみの場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
この効果で特殊召喚に成功した時、
自分の墓地に存在する天使族モンスター1体を手札に加える。
■このカードがフィールド上に存在する限り、
お互いにモンスターを特殊召喚する事はできない。
■このカードがフィールド上から墓地へ送られる場合、
墓地へ行かず持ち主のデッキの一番上に戻る。


マック ま た お 前 か

OCG化されたカードがことごとく強いというのは、一体誰の陰謀なんでしょうか。

絶対に製作者側にマック好きがいますよね。

僕も好きです。


カードに関しては、ダークなお姉さん天使が好みなので、

みどりさんの「堕天使シリーズ」をOCG化していただきたいところです。

【闇の誘惑】? あ、集めてやんよ。



ごほん、考察でしたね。

現在の環境で猛威を振るっているシンクロ関係のデッキを完全に封殺することができる、

非常に強力な効果を持っています。

さらに、天使族であることから【神の居城―ヴァルハラ】での召喚が可能であり、

攻撃力も高めの2800。

さらにさらに、自身の効果による特殊召喚とサルベージ効果まで持っています。


一応、デッキトップに送られるデメリット効果を持ってはいますが、

【神の居城―ヴァルハラ】の維持や墓地のカードの枚数によっては、

再度召喚できるというメリットに解釈…できないこともありません。


今後も漫画版遊戯王GXからのOCG化が期待できることもあり、

天使族はかなり期待のできるデッキになりそうですね。

だから早く、みどりさんの(ry



それでは、本日はこれで。



DM? や、やってますよもちろん。






最終更新日  2009.01.21 17:17:55
コメント(0) | コメントを書く

全26件 (26件中 1-10件目)

1 2 3 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.