2011.01.11

出オチ

カテゴリ:デッキ
あけましておめでとうございます。

新年早々この更新率ですが、今年もよろしくお願いします。


そんな新年一発目は、ここがTCGを扱ったブログだと思い出すためのデッキ紹介。

みんな大好きハイランダーデッキです。


ハイランダーの話をすると決まって出てくる、

「ハイランダーにする意味はあるのか?」という意見ですが、

「ハイランダーから入る意味はないが、ハイランダーに近くすることによるメリットはある」

というのがこの話の落としどころなんじゃないかと思います。

ちなみにこのデッキはハイランダーから入りました。


【ジェネラル】

【始祖ドラゴンの末裔/Scion of the Ur-Dragon】


【クリーチャー 24枚】

【明けの星、陽星/Yosei, the Morning Star】
【潮の星、京河/Keiga, the Tide Star】
【水銀のドラゴン/Quicksilver Dragon】
【ボガーダンのヘルカイト/Bogardan Hellkite】
【カー峠の災い魔/Scourge of Kher Ridges】
【ドラゴンの暴君/Dragon Tyrant】
【カメレオンの巨像/Chameleon Colossus】
【収穫するものテネブ/Teneb, the Harvester】
【ニコル・ボーラス/Nicol Bolas】
【帰ってきた刃の翼/Bladewing the Risen】
【ジャンドの暴君、カーサス/Karrthus, Tyrant of Jund】
【鋼のヘルカイト/Steel Hellkite】

【アカデミーの学長/Academy Rector】
【粗石の魔道士/Trinket Mage】
【エレンドラ谷の大魔導師/Glen Elendra Archmage】
【影武者/Body Double】
【ヴェズーヴァの多相の戦士/Vesuvan Shapeshifter】
【鉤爪のジィーリィーラン/Zirilan of the Claw】
【永遠の証人/Eternal Witness】
【ヤヴィマヤの古老/Yavimaya Elder】
【ファーティリド/Fertilid】
【サッフィー・エリクスドッター/Saffi Eriksdotter】
【刻まれた巫女/Etched Oracle】
【真面目な身代わり/Solemn Simulacrum】


【ソーサリー、インスタント 23枚】

【神の怒り/Wrath of God】
【世界の荒廃/Global Ruin】
【質素な命令/Austere Command】
【綿密な分析/Deep Analysis】
【連合戦略/Allied Strategies】
【Demonic Tutor】
【滅び/Damnation】
【総帥の召集/Patriarch's Bidding】
【生ける屍/Living Death】
【耕作/Cultivate】
【木霊の手の内/Kodama's Reach】
【全ての太陽の夜明け/All Suns' Dawn】
【外殻貫通/Hull Breach】
【名誉回復/Vindicate】
【魂魄流/Torrent of Souls】

【嘘か真か/Fact or Fiction】
【死体のダンス/Corpse Dance】
【クローサの掌握/Krosan Grip】
【屈辱/Mortify】
【化膿/Putrefy】
【ドロマーの魔除け/Dromar's Charm】
【バントの魔除け/Bant Charm】
【クローシスの魔除け/Crosis's Charm】


【エンチャント 8枚】

【リスティックの研究/Rhystic Study】
【集団監禁/Collective Restraint】
【不実/Treachery】
【動く死体/Animate Dead】
【ネクロマンシー/Necromancy】
【騙し討ち/Sneak Attack】
【よりよい品物/Greater Good】
【破滅的な行為/Pernicious Deed】


【アーティファクト 7枚】

【Sol Ring】
【師範の占い独楽/Sensei's Divining Top】
【探検の地図/Expedition Map】
【巻物棚/Scroll Rack】
【稲妻のすね当て/Lightning Greaves】
【連合の秘宝/Coalition Relic】
【ダークスティールの鋳塊/Darksteel Ingot】


【プレインズウォーカー 2枚】

【精神を刻む者、ジェイス/Jace, the Mind Sculptor】
【野生語りのガラク/Garruk Wildspeaker】


【土地 35枚】

【聖なる鋳造所/Sacred Foundry】
【寺院の庭/Temple Garden】
【湿った墓/Watery Grave】
【草むした墓/Overgrown Tomb】
【踏み鳴らされる地/Stomping Ground】
【蒸気孔/Steam Vents】
【神無き祭殿/Godless Shrine】
【神聖なる泉/Hallowed Fountain】
【繁殖池/Breeding Pool】
【血の墓所/Blood Crypt】

【湿地の干潟/Marsh Flats】
【沸騰する小湖/Scalding Tarn】
【新緑の地下墓地/Verdant Catacombs】
【乾燥台地/Arid Mesa】
【霧深い雨林/Misty Rainforest】

【グルールの芝地/Gruul Turf】
【イゼットの煮沸場/Izzet Boilerworks】
【シミックの成長室/Simic Growth Chamber】

【反射池/Reflecting Pool】
【風変わりな果樹園/Exotic Orchard】
【宝石鉱山/Gemstone Mine】
【クローサの境界/Krosan Verge】
【すべてを護るもの、母聖樹/Boseiju, Who Shelters All】
【高級市場/High Market】
【ヴェズーヴァ/Vesuva】

【平地/Plains】×2
【島/Island】×2
【沼/Swamp】×2
【山/Mountain】×2
【森/Forest】×2


どこに需要があるのかわかりませんが、EDH用デッキの紹介。

冗談のようなクリーチャーが平然と出てくるEDHでは、少々パワー不足なドラゴンを、

節操なく突っ込んだぶっ壊れパワーカードでサポートしなら戦うデッキです。

世界の荒廃、陽星ロック、大量リアニ、と勝ち筋はいくつか仕込んでありますが、

優秀な除去カードで盤面のダメなカードをこまめに処理しつつ、

打点だけはあるドラゴンでクロックを刻んでいくのがお決まりのパターン。

ダメージレースを最後に少しだけ傾けて勝てるといい感じです。

ぶっぱデッキじゃないよ。


次回は絶対にDMのことを書きます…。





TWITTER

最終更新日  2011.01.12 00:16:43
コメント(0) | コメントを書く