2021.01.12

脳卒中、脳血栓症、脳梗塞、脳出血は病気ですか?

カテゴリ:カテゴリ未分類




脳梗塞の脳内出血は脳卒中です。


脳卒中には、虚血性脳卒中と脳性脳卒中、出血性脳卒中が含まれます。


虚血性脳卒中には、脳血栓症、脳血栓塞栓症、または脳塞栓症が含まれます。脳梗塞は、脳虚血後の脳組織の虚血性壊死の結果です。梗塞は無血管性壊死です。脳梗塞による脳梗塞、頸動脈アテローム性動脈硬化症、心房線維性塞栓症による脳梗塞、血管損傷、狭窄、塞栓症などの理由も脳梗塞を引き起こす可能性があります。


出血性脳卒中は脳出血です。脳実質は脳組織の出血であり、くも膜下出血(脳表面血管)もあります。高血圧、中国の脳血管系の奇形、血管腫の破裂、および外傷によって引き起こされる腫瘍患者の出血によって引き起こされる脳、そして時には脳梗塞の後に引き起こされる可能性のある脳血管微小動脈瘤の破裂があります。出血は、組織梗塞関連領域でも発生する可能性があります。


脳卒中は急性脳血管疾患です。


虚血性脳卒中であろうと出血性脳卒中であろうと、最終的な分析では、私たち全員が中国の脳血管および脳組織に問題を抱えています。急性発症、急性進行、神経障害があり、脳梗塞であれ、脳内出血虚血による脳虚血であれ、脳卒中です。


一過性の虚血性発作があり、時間が短く、脳機能が回復する可能性があります。これは一般に「小脳卒中」として知られています。臨床的には、「小さなストローク」が再発する場合、それは大きな「ストローク」を意味します。それで、脳卒中の症状は何ですか?小さな脳卒中が主です!


重要なことは、ストローク中に出血があるかどうかを判断することです。


突然の脳卒中の場合、医師は脳虚血と脳出血を区別する必要があります。ヘテロミアと出血の主な治療法は異なり、時間内に治療されなかった場合の結果は良いか悪いかです。


虚血は血液供給を改善することであるため、血栓症は血栓溶解、抗凝固または血栓除去のためであり、出血は止血のためであり、医学と治療は完全に異なり、一部の出血患者は明確にするために緊急手術も必要とします。 小中風治療


脳組織の異なる領域には異なる機能がありますが、同じ場所にある脳病変は同じ場所を示す可能性があります。脳梗塞や脳出血が原因ですか?判断が難しい場合があります。


これまで、頭部CT検査を実施していなかった場合は、主に病歴や臨床成績分析法に基づいて判断しており、くも膜下出血は腰椎穿刺や脳脊髄液でも判断できます。頭のctスキャンを行った後、純粋な臨床分析がそれほど正確でない場合があることがわかりました。明らかに脳梗塞であるものもありますが、過去の経験から出血と判断されるものもあれば、脳梗塞と判断されるものもあり、治療に隠れた危険をもたらします。


頭部CT検査があるので、診断が便利です。


頭部CT検査の目的は、出血があるかどうかを判断することです。


脳卒中の救急科では、医師が頭部CT検査を依頼します。ヘッドCTは何を見ていますか?主な目的は、出血があるかどうかを判断することです。






TWITTER

最終更新日  2021.01.12 15:33:36
コメント(0) | コメントを書く