083562 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ヒビツヅル

PR

X

全146件 (146件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >

ホンのこと

2013.03.21
XML
カテゴリ:ホンのこと






Last updated  2013.03.21 08:09:56


2008.10.09
カテゴリ:ホンのこと

脳を活かす仕事術

脳を活かす仕事術!

勉強法に続き、今度は仕事術!

気合入れて読むぞ~!!






Last updated  2008.10.09 07:17:57
2008.10.03
カテゴリ:ホンのこと

脳を活かす勉強法

著者:茂木健一郎

☆.。:・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*・☆.。☆.。:*・★.。:*・☆.。:*☆.。:*・★.。:*

時にはアハ体験をつい夢中で見ちゃったりします!
NHKのプロフェッショナルのMCである茂木健一郎先生著のこの本は、
友人から薦められた一冊です♪

人との出会いが人を育てるというような共感できる部分が
「脳科学」の先生なだけに「脳の働き」の根拠に基づいて書いてあるような気がします。
ある部分では自信を持たせくれたりもします。
忘れたくないところは早速手帖にメモしました!

私は集中して本を読みたいときはファミレスで読んだりします。
(わりと空いているときに)
何時間もずっといられる場所ではない緊張感とざわめきがほどよく逆に集中力を増してくれるようです。
カフェも好きですけど、ファミレスも好きなのです。






Last updated  2008.10.03 22:52:34
2008.09.06
カテゴリ:ホンのこと
ブログを更新しないあいだに読んだ本。
記録のつもりで。


シズコさん
週間ブックレビューをみて即買い。


夢をかなえるゾウ
こだわる理由は何?…にぐさりとやられた。


チーム・バチスタの栄光(上)
チーム・バチスタの栄光(下)
おもしろい


風が強く吹いている
青春小説好きなんで。






Last updated  2008.09.06 20:49:07
2007.09.30
カテゴリ:ホンのこと







Last updated  2007.09.30 16:37:58
2007.09.25
カテゴリ:ホンのこと



面白かった。夢中で読みました。
先に「沈黙」を読んでいて良かったなぁ。
美津子が役人が信者に踏絵を踏ませる行為と自らの行為を重ねていたところがあるから。
様々な人物が登場するが、やはり興味があるのはその美津子だった。

遠藤周作を読んで神について考える。
そもそも、こういう小説に興味がなかったので、触れることがなかったから尚更。
他の作家は知らないから、また遠藤周作を読みたいと思う。

読書っていいね(笑)楽しいね。






Last updated  2007.09.26 02:08:20
2007.09.24
カテゴリ:ホンのこと


怖ろしいね。
読んでいて、自分の臆病な面を突かれるようだった。
そして、フェレイラの言葉がぐんと胸にくる。
ロドリゴもそうだったのでは。
神について。まったく同じ神をもつものはいるのか。
そうじゃないと信仰は成り立たないのか。






Last updated  2007.09.26 15:07:26
2007.09.18
カテゴリ:ホンのこと
笑う大天使から他の作品にも興味を持ったので買っちゃいました。
メイプルは大天使より好きかも。
さらっと1,2(文庫)を読みました。
ほら、佐々木紀子作品のように川原泉作品も1ページの情報量がやたら多い。
そこがいいんだけど、なかなか進まないので、ちゃんと読めてません。
笑う大天使の和音さんも出てます。あの体育教師になった。

女性の野球チームがあったら…という設定で、色々個性あるキャラクターが光ってます。
なかでもお気に入りはプロ野球で大スター、そして浮気性である夫を持つ、仁科夫人。
見返すために女性チームに入団。当然夫婦対決と煽られたりします。
この2人の関係が面白いんですよ。
思えば、笑う大天使でも3人のうち1人(名前が出ない;)の家庭の両親にも似たようなエピソードがあって楽しかったので、この作品でも仁科夫妻に注目しちゃいました。
他にもオカマ、四姉妹などなど、いろいろ濃いです(笑)






Last updated  2007.09.18 14:31:26
カテゴリ:ホンのこと


最近、本から遠ざかっていて、なかなか1冊まるっと読むことがなくなってたんだけど、
やっぱり「読書の秋」ですからね。

ドラマ化もされた、この話。表紙がいいですね。
恩田陸作品はちょっとホラー要素があるので、得意ではない。
とても読みやすいので、いろいろ手に取りますが。

ホラー要素がある本の場合、休憩を多く入れながら読むので(笑)
あまりのめりこむことがない(わざと!)
だからこの本もそうで…やっぱり「夜のピクニック」や「ネバーランド」のほうが好きだなぁ。






Last updated  2007.09.18 13:45:22
2007.07.09
カテゴリ:ホンのこと



土屋賢二、三浦勇夫の対談。

一度は読んでみたいと思いながらも読まずにきた(笑)土屋賢二の本。
対談本ではありますが、一番新しいのを読みました。

らくに、気楽に、、、という感じですよね。
こんな風にやいのやいの言い合えるのもいいですね。






Last updated  2007.07.09 14:05:07

全146件 (146件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 15 >


© Rakuten Group, Inc.