194771 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

瀬戸キリスト教会牧師 西風の会代表 堀 俊明  精神障害2級 (躁鬱病,アルコール依存症)

PR

X

カレンダー

カテゴリ

フリーページ

日記/記事の投稿

コメント新着

王島将春@ 聖霊のバプテスマ はじめまして。福井市在住の王島将春(お…
雅理雄@ Re:安楽死を認める制度を創設せよ(10/22) 安楽死賛成派です。 仔細は下記に記しま…
xfd@ Re: 日教組はの平等教育なるものは間違ってい…
親日派@ Re:移民の子も日本人として教育せよ(11/20) お前みたいな反日チョンコウが何をほざい…
私だ@ 挿入できるよ アルバイトはじめました(人・ω・)$ <small…
2006/07/11
XML
カテゴリ:ブログ
 北朝鮮が弾道ミサイルを連続発射したので、額賀防衛庁長官は「国民を守るために必要なら、独立国家として限定的な攻撃能力を持つことは当然だ」、麻生外相も「核を搭載したミサイルが日本に向けられるなら、被害を受けるまで何もしないわけにはいかない」と発言しました。
 これに対し、韓国の盧武鉉大統領は日本が軍事国家を目指しているかのような発言をしましたが、弾道ミサイルに核兵器となれば日本の安全保障上対抗措置を取らざるを得ません。
 朝鮮半島の祖国統一は彼らの悲願ですし、日本がそれに関与するのは筋違いですが、韓国が北朝鮮を援助し続けるのならば、日韓関係が悪化するのも仕方がないでしょう。
 日本は戦後初めて日本領土にミサイルを撃ち込まれる危険に遭遇したのです。政府の反応は過敏すぎるようにも思えますが、北の将軍様の日頃の言動を見ていると杞憂とも思えません。
 中国の過度な北朝鮮に対する肩入れには理解しがたいところがあります。中国は北朝鮮制裁決議案を議長声明に格下げする提案をしましたが、国際的に孤立しかねないリスクを敢えて負った真意は何処にあるのでしょうか。
 ロシアも中国案に飛びついたのですが、この両国は北朝鮮が破綻すれば難民が流入するリスクを負っているからでしょうか。
 いずれにしろ、中国が北朝鮮を説得できれば中国の大きなポイントになります。北の将軍様はそこを見越して瀬戸際外交に打って出たのだと思いますが、思い通りになる可能性は低いような気がします。
 むしろ、弾道ミサイルの連続発射は日本とアメリカを硬化させた様な気がします。少なくとも日本の世論は、政府に対して北朝鮮へ経済制裁を含めた強硬措置を執ることを要求しています。
 北朝鮮の置かれた状況は、太平洋戦争に突入した日本の状況に似ているような気がします。経済封鎖をされ、国が立ちゆかなくなってきたので、座して死を待つよりも瀬戸際外交に賭けたのかも知れません。
 独裁者が支配する国は、常識を外れた行動を取りやすいものです。北の将軍様が錯乱して、日本にノドンを打ち込んできたならば、日本に対抗手段はありません。狂気が支配する国を相手の外交には常識が通じない面があります。
 日本はアメリカと協力して国際的な北朝鮮包囲網を造り上げるように努力すべきでしょうが、追い詰めすぎて窮鼠猫を噛むにしたら危険です。アメリカの金融制裁に日本が加われば、北朝鮮に壊滅的な効果をもたらすからです。
 日本国内でも専守防衛の概念が弾道ミサイル攻撃には通用しないので、北朝鮮の地上施設を攻撃できるだけの軍事力を持つ方向で議論が進むかも知れませんが、アジア諸国は日本の軍国主義化に反対するでしょう。
 日本は事態の推移に冷静に対処する必要があると思います。世論の反発もヒステリックですし、政府の反応もいつになく素早い気がするからです。
 東西冷戦時の体制から対北朝鮮、中国への安全保障体制に切り換える時が来たのですから、もう少し時間をかけて丁寧な議論をする余裕が必要だと思います。
     






最終更新日  2006/07/11 11:19:36 PM
コメント(0) | コメントを書く
[ブログ] カテゴリの最新記事


プロフィール


ドッチン

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

・2021/03
・2021/02
・2021/01
・2020/12
・2020/11

Copyright (c) 1997-2021 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.