681887 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ある内科医の独り言

PR

X

プロフィール


どくちる

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2004.08.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ちりんさんの日記に「コンサバ」が出ていた。コンサバ、という言葉にぴぴんと反応してしまう僕は別におしゃれ通でも何でもない、ただの内科医である。ではなぜコンサバという言葉に反応したか……それは日常診療で普通に使う言葉だったからだ。コンサバという言葉がファッション雑誌に良く載っているなんて知りもしなかった(笑)

コンサバとは英語のconservativeという言葉から来ている、と思う。conservativeは英和辞典によると「保守的な」とか「伝統的な」「 控え目な」「 用心深い」などと載っている。我々が普段の診療においてconservativeという言葉を使うとき、ほとんどは「保存的療法」を指す。保存的療法、というのは平たくいえば「あたらずさわらず」の治療だ。主に整形外科領域なんかで使われることが多い。例えば椎間板ヘルニアの腰痛に対して湿布や内服薬などで様子を見たりする場合なんかが当てはまる。手術など大きな治療をする場合は保存的療法とはいわず、積極的治療などという場合が多い。内科なんかで保存的療法といえば、ほとんどが対症療法であったり補液だけで経過をみたりする場合が大半で、手術のような大技がない分ちょっとばかり寂しい感じもする。でもこうした保存的療法のみだけでも多くの患者さんは元気になって退院していくので侮れない治療、といえなくもない。

内科をやっているとどうしても「当たり障りのない治療」でお茶を濁してしまうことがままある。これがいいのがどうかはわからないのだが、少なくとも選択肢の一つであろうしそうした治療に対して患者さんも理解を深めてほしいと思う。






最終更新日  2004.08.13 13:35:54
コメント(6) | コメントを書く


お気に入りブログ

前向きに生きよう! ちぇりー1121さん
ココロツブヤキ ごまな=manaさん
人間について研究中  セルフケアキネシオロジーさん
スマイル上原の泣き… スマイル上原さん
尾張西クリニック … 尾張西クリニック院長さん
人気整体師の患者へ… タッチフォーヘルス・バランス調整法さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん
お気楽専業主婦~怒… キティ7171さん
ママのひとりごと bouge-tsuさん

コメント新着

坪野和子@ Re:コンサバ(08/13) 海外からの退院証明書の翻訳ボランティア…
一般人@ Re:55歳で医学部受験、その先には……(07/02) その年齢で受かった方が社会にはマイナス…
しろ(人間・♀)@ 電子カルテ はじめまして。 昨日より、私の職場は電…
腰痛アドバイザー@ 腰が痛いのは、辛いですね。 腰が痛いのは辛いものです。 私も14…
医者の娘@ Re:医師過剰は本当なのか(05/17) 私の父も風邪は病気のうちに入らないとい…

© Rakuten Group, Inc.