681681 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ある内科医の独り言

PR

X

プロフィール


どくちる

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2004.08.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
東京都の教育委員会が「ジェンダーフリー」という用語を教育現場から排除することになったらしい

用語を排除するかどうかは勝手に決めればいいことだろうが、こんなことがニュースになること自体違和感がある。教育現場ではジェンダーフリーという言葉が浸透しているのかもしれないが、僕には遠い言葉のように思える。男女混合名簿の廃止なども決定したようで、時代に沿っているのか沿っていないのかがまったくわからない。誰が音頭をとっているのかは知る由もないが、男女混合名簿かそうでないか、ってそんなに教育にとって重要なことなんだろうか。少なくとも教育を受けている当の子供たちにとってはあまり関心のないもののはずだ。僕自身、名簿の順番で気分を害したことなど一度もない。

外性器の区別をセックス、と呼ぶのに対し社会的な性差をジェンダーという。昔から議論百出しいまだに解決を見ないところを思うと、おそらく永遠のテーマなんだろう。先日もカリフォルニア州の最高裁が「同性結婚は無効」とした判決が出たばかりだ。まぁ、こちらは「結婚」というややこしい制度が絡んでくるのでひとまずおいておくとして、先にあげた教育委員会の決定は何か間違ってはいやしないか。

セックスの問題は残念ながらどうしようもない。しかしジェンダーはそれぞれの社会で形成されるひとつの概念であり、扱い方も多種多様であって当然だ。以前の日記にも「区別」と「差別」の違いについて書いたのだが、どうもこうした扱い方(handling)を取り違えているような気がしてならない。だいたいこうした「ジェンダーフリー」を撤廃しようとする教育委員会のお偉いさんたちっていうのは、性同一性障害に対して何の理解も示さないような気がする。ジェンダーフリーという用語を撤廃するとかどうとかいうようりも、もっと真剣に議論すべき対象があるはずだ。教育とはいったい誰のためのものなのか、十分に議論してほしいと思う。だから教育委員会っていうのは・・・。


メッセージを送る
人気サイトランキング

pagerankanniversaire






最終更新日  2004.08.15 11:21:38
コメント(0) | コメントを書く


お気に入りブログ

前向きに生きよう! ちぇりー1121さん
ココロツブヤキ ごまな=manaさん
人間について研究中  セルフケアキネシオロジーさん
スマイル上原の泣き… スマイル上原さん
尾張西クリニック … 尾張西クリニック院長さん
人気整体師の患者へ… タッチフォーヘルス・バランス調整法さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん
お気楽専業主婦~怒… キティ7171さん
ママのひとりごと bouge-tsuさん

コメント新着

坪野和子@ Re:コンサバ(08/13) 海外からの退院証明書の翻訳ボランティア…
一般人@ Re:55歳で医学部受験、その先には……(07/02) その年齢で受かった方が社会にはマイナス…
しろ(人間・♀)@ 電子カルテ はじめまして。 昨日より、私の職場は電…
腰痛アドバイザー@ 腰が痛いのは、辛いですね。 腰が痛いのは辛いものです。 私も14…
医者の娘@ Re:医師過剰は本当なのか(05/17) 私の父も風邪は病気のうちに入らないとい…

© Rakuten Group, Inc.