000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ある内科医の独り言

ある内科医の独り言

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

どくちる

どくちる

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2005.07.25
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今日は医学ネタとは関係ない話なのであしからず。

先日、「ネタと雑感」にもちらりと書いたのだが自宅でメインに使っていたiMacG5が昇天した。昇天直前まで快調に動いていたので何事かと思った。何となく画面がおかしいことに気づいてから昇天するまであっと言う間だった。現在は電源は入るものの画面はノイズ混じりの灰色のまま、アップルロゴすら表示されない有様だ。Apple JapanのDisscussion Boardsなどを参考にしてみると同様の症状を来している方が結構な数いることが判明。6月に修理依頼したまま1ヶ月以上も放置プレイ状態となっていて、現在も何も改善されていない。

どうやらロジックボード上のコンデンサが逝ってしまっているらしいというので、早速チェックしてみた次第。簡単ながら現在までの経過を記しておきたい。

6月15日頃

この頃から画面上にちらちらとノイズが入るようになった。最初はさほど気にもしていなかったので、写真などは撮っていないがGPU(NVIDIA GeForce FX 5200 Ultra)を酷使する3Dゲームなどを起動すると必ずフリーズするようになったため、最初はソフトウェアの調子が悪いのかと思い、HDD上のデータを待避した上で0フォーマットしOSやアプリを再インストールしてみた。

6月21日

クリーンインストールなど何度やっても同じ症状のため、AHTを起動。最近のマシンには標準でついてくる純正のハードウェアチェッカーだ。RAMを1GB積んでいるからか、なかなかチェックが終わらないが最終診断は「ビデオRAMに異常がある」とのお告げだった。このときの写真が以下のような感じ。

  1. 起動途中
    Desktop_2

  2. AHT起動中
    Desktop_3

  3. システムエラー
    Desktop_1

  4. AHT全景
    AHT_1

  5. VRAMエラー報告
    AHT_2

  6. 6月22日

    こりゃどうしようもない、ということでAppleへ修理依頼。DiscussionBoardで同様の症状が出ているユーザーがいることを知っていたので比較的話はスムーズに流れたが「部品調達のめどが立たず、約1ヶ月ほどお待ちいただきたい」とのこと。Excelなど大画面の威力がふんだんに発揮される統計などで活躍していただけに、仕事にも(若干)影響が出ることになる。

    ……以下、放置プレイ……

    7月24日

    約1ヶ月経つもののAppleからは何の音沙汰もないまま。遅れているのなら遅れているで進捗状況ぐらい連絡してもらいたいものだが、それすらもない。仕方がないのでちょっと時間を見つけて裏蓋を開けて基盤を確認してみた。どうやらウチの愛機もコンデンサが逝ってしまっているようだ。はっきりとわかるもので4つ。いずれも防爆弁が盛り上がっており、中から黄土色の電解液がにじみ出していた。長い間通電していないので固化しているが、ケース底部にも電解液が付着していた。それが以下の写真。

  7. ダクト上部付近
    コンデンサ1-1

  8. ダクト左側
    コンデンサ2-1

  9. ダクト左側(Alt.take)
    コンデンサ2-2

  10. 電源上部コイル付近
    コンデンサ3-1

  11. 電源コネクタ付近
    コンデンサ4-1

  12. 電源コネクタ付近(Alt.take)
    コンデンサ4-2

  13. 他にもGPUとおぼしきチップに付着しているべき熱伝導シートなどが一部めくれあがっており、相当の発熱があったのではないかと推測される。

  14. 銅製ヒートシンク上部GPU?
    GPU?

随所で「コンデンサが悪いのでは」という論調が目立つが、よほどの高熱でも加わらない限りコンデンサの防爆弁が盛り上がってしまうとは考えにくい。コンデンサ自体の不良というよりは、排熱機構に問題がある基盤設計上のミスではないかと考えている。相当熱かっただろうが、愛機は昇天直前でもファンが全開になることはなかった。

G5(PPC 970)の発熱問題はあちこちで議論されるが、最近発表された省電力型G5は別としてもこのチップはどうやらケースに相当余裕のあるマシンにしか組み込めないと思われる。

いずれにせよ早くAppleから何らかの連絡をいただきたいものだ。こうしている間にも保証期間は過ぎてゆく。保証期間の延長なども考えてほしい。設計に大きな変更がないのなら同じ問題の再発も考えられるので、可能なかぎり新品と交換してほしいのだけれど……。





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2005.07.25 16:54:13
コメント(4) | コメントを書く


お気に入りブログ

前向きに生きよう! ちぇりー1121さん
ココロツブヤキ ごまな=manaさん
人間について研究中  セルフケアキネシオロジーさん
スマイル上原の泣き… スマイル上原さん
尾張西クリニック … 尾張西クリニック院長さん
人気整体師の患者へ… タッチフォーヘルス・バランス調整法さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん
お気楽専業主婦~怒… キティ7171さん
ママのひとりごと bouge-tsuさん

コメント新着

坪野和子@ Re:コンサバ(08/13) 海外からの退院証明書の翻訳ボランティア…
一般人@ Re:55歳で医学部受験、その先には……(07/02) その年齢で受かった方が社会にはマイナス…
しろ(人間・♀)@ 電子カルテ はじめまして。 昨日より、私の職場は電…
腰痛アドバイザー@ 腰が痛いのは、辛いですね。 腰が痛いのは辛いものです。 私も14…
医者の娘@ Re:医師過剰は本当なのか(05/17) 私の父も風邪は病気のうちに入らないとい…

© Rakuten Group, Inc.
X