732777 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

ある内科医の独り言

ある内科医の独り言

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

プロフィール

どくちる

どくちる

カレンダー

日記/記事の投稿

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

2005.12.28
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
今年ももう残りわずかになってきた。

時間が過ぎ、年が変わる。毎年のようにやってくる「新年」だが、入院したまま年を越す患者さんも少なくはない。そして仕事は続く。

医者となって駆けだしていた頃、休みなんてどうでも良かった。給料もとりあえず食べていけさえすれば何とかなった。最悪、家賃が払えなくて追い出されたとしても病院には住めそうな場所がわんさとある。

何が楽しみかといえば、仕事と酒だった。教科書で覚えた知識が「生きた」知識となって実践され、目の前の患者さんが劇的に良くなり退院していく。まるで奇跡じゃないかと思えるような患者さんを何度も目の当たりにした。

そしてその後の酒。時間があればチビチビとやっていた。救急部をローテーションしているときはオンオフがはっきりしていたから、酒も飲みやすかった。時には仲間と語り合い、患者さんと飲みに出かけたこともあった。

しかし、ここ数年そうした爆発力は僕の中ではすっかり影を潜めてしまっている。

それはいったいなぜなのか。いろいろ思いを巡らせてみるが、イマイチはっきりしない。ただ、一つ確実にいえることは「奇跡が奇跡でなくなってきた」ということだけだ。

駆け出しの頃の奇跡は本当の「奇跡」だった。種も仕掛けもない、患者さんとお医者さんとの本当の意味での一体感がそうした奇跡を生んでいたように思う。

しかし「奇跡」は続かない。仮に続いたとしても奇跡は奇跡ではなく、当たり前のように感じられるようになってしまった。それは、手品の種明かしを知っている人間が手品をみて「次はこうなる」と思う瞬間と似たようなものだ。何が出てくるかわからない、ワクワクするような感じは減り、冷めた眼で先読みしてしまう自分が少し恨めしく感じられるようになった。

一方で予測というのは結構大事なポイントだ。予測のつく病気なら、先回りすればいい。そして病害を少しでも減らすことができるようになる。これは数を診て覚えていくしかない。しかし、予測がつくためにあきらめも早くなってしまう。

「もうダメなんだろうなぁ」

そう思った瞬間、医療は終わる。最終到着地の見える医療ほどつまらぬものはない。患者さんはあきらめていないかもしれない。いや、あきらめていないんだろう。でもその声は僕には届かない。最善は尽くしたはずだと自分を言い聞かせる。

しかしその最善とやらは何も定義されていない。本当に最善だったのか、自省する時間すら惜しいほど巷には患者さんがあふれかえっている。

まだまだ燃え尽きるわけにはいかない。しかし、時々くすぶってしまうのもまた事実だ。この先いったい何をすべきなのか、患者さんにとっての最善の医療とは、そして自分にとっての最善の医療とは何か……。こうした問題が何一つ解明されることもないまま、年は過ぎてゆく。

病院で年を越す患者さん達も、さぞかし悔しいことだろう。できることならば皆が皆、家族そろってのお正月を迎えられれば良かったものを……。ふがいない主治医のおかげで病院で年を越す羽目になってしまっている。

そうした患者さん達のことが気になりつつも、今日も納会。患者さん達のことは当直医に任せて、今日はしこたまイキますか……。

人気blogランキングへ←クリックしていただけると励みになるかもしれません(^^;;


http://ranking-blog.net/dr/rl_out.cgi?id=dr011&url=http://ranking-blog.net/dr/html/index.html





お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2005.12.28 15:43:07
コメント(5) | コメントを書く


お気に入りブログ

前向きに生きよう! ちぇりー1121さん
ココロツブヤキ ごまな=manaさん
人間について研究中  セルフケアキネシオロジーさん
スマイル上原の泣き… スマイル上原さん
尾張西クリニック … 尾張西クリニック院長さん
人気整体師の患者へ… タッチフォーヘルス・バランス調整法さん
グリザベラの館 グリザベラ4163さん
お気楽専業主婦~怒… キティ7171さん
ママのひとりごと bouge-tsuさん

コメント新着

坪野和子@ Re:コンサバ(08/13) 海外からの退院証明書の翻訳ボランティア…
一般人@ Re:55歳で医学部受験、その先には……(07/02) その年齢で受かった方が社会にはマイナス…
しろ(人間・♀)@ 電子カルテ はじめまして。 昨日より、私の職場は電…
腰痛アドバイザー@ 腰が痛いのは、辛いですね。 腰が痛いのは辛いものです。 私も14…
医者の娘@ Re:医師過剰は本当なのか(05/17) 私の父も風邪は病気のうちに入らないとい…

© Rakuten Group, Inc.
X