551390 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

Ride On U.S

PR

X

全288件 (288件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

カテゴリ未分類

Oct 3, 2012
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

MR Projectとしては何年目になるんだろうか?
今年も無事プレエントリーが受理され、見事抽選にも通り2台とも参加することが決まりました。

ということで先日の土曜日の朝に何とかエンジンを乗せ、半年ぶりに筑波に行ってきました。

がケースカバーとクランクケースの組合せに失敗しオイルクーラー無で走行することになってしまいました。

筑波練習 20120930

なんとか走行前30分について、慣らしがてら筑波を堪能するもラップは動かなくなるしマシンはなぜか4速までしか入らないしでがっくし
筑波練習 20120930 
二本目は、リアを32Tから34Tにしてこれならいけるでしょということでアタックするも、15秒しか出ない。オイオイ昨年の茶耐は13秒LAPだぜと未だに4速までしか使えない仕様に半ば諦めモードでした。

走行後に確認したら、フロントが菅生耐久のままの18Tだったという落ちなのですが15秒も出たとみるか15秒しか出なかったとみるか。。。。オイルクーラーも動いていなかったためケース温度は115度になってましたがこれら二つの要因ってことにします。

いくらなんでも2秒落ちは無いでしょう・・・・せめて1秒落ち。

次の走行までにもうちょっと手直しが必要のようですが取り急ぎは練習できるマシンだということだけ確認できました。







Last updated  Oct 3, 2012 10:06:34 PM
コメント(0) | コメントを書く


Mar 20, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
都内は未だガソリン渋滞してますゎ。もうねーアホかと。そもそも地震があったあの日、都内近郊は大渋滞で全く身動きが取れなかったわけです。歩行者のが速い。なんでガソリンをそんなにも入れたいのかわからないけど車では移動できませんぜ、有事の際には。自転車の空気でも点検シトケって。少しでも安いガスをって地震が起きる前からガスの高騰は始まってるよ、中東危機で。今回ので供給会社は容易に価格をつり上げできるしそれに誰も文句も言わずありがたやと朝から並んでせっせと購入する。オメデタイことです。


おかげで必要な人に必要な量が供給出来ない更にアホな現象が起きている。今入れているガスは己のためだけで、数百の人を救う、助けるガスではない。それにひきかえ郵便、貨物、宅配、緊急輸送の車はみんなの為のガスだ。いっそのことこれを機に法改正してしまえばいい。有事の際の優先供給とな。


みんながトイレットペーパーを買うから私も、みんながガスを入れるから念のため、非常時、停電中にも食べられるパン、乾電池等々平和ボケもいいところだ。おかげで不要で不当かもしれない高いお金を惜しみ無く消費者は支払い、これで大丈夫だと思い込んでいる。定価でいいから乾電池を売れって町の電気屋は有難いわ。供給企業からみれば完全に特需だ。どれもこれも自分だけが助かればいいという何とも哀れな姿です。


ケツなんて拭かなくても死にやしねーし、電気がつかないなら布団に入って寝とけ。停電が夜中でもあるまいし数時間の停電でなんで今更灯りが必要なのか理解不能だ。
被災地には電気、ガス、水道も無いのにな。


家があり、雨風しのげるそれがあるだけでも有難いことなのに我先にと買い占めてああよかったと自己満足に浸る。


もう少し冷静になって考え直さないと明日の日本はないぞよ。


まぁこれを機に自分も含めて日本全体が災害について忘れかけていたものを考え直すいいチャンスだと考えるかな。








Last updated  Mar 20, 2011 02:40:58 PM
コメント(1) | コメントを書く
Mar 8, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
昨年の茶耐でデビューした新型のKR337でしたが、今年はその成果を本領発揮するべく、大型に混ざって初めてminiもお呼ばれしたので参加してきました。

朝から前日の雨で路面は冷え込んで、ウェットでしたがminiは走れとのこと。まぁ良いけどさ。雨でも速い所とグリップするところ見せろってか。

時間枠最後の方はラインは乾き始めたので19秒出して終了。昨年フルウェットテストで23だったかな?悪くは無い。但しエンジンパワーがありすぎだからかクラッチがお亡くなりになりました。


二本目は完全ドライ。タイヤ交換したかったが、クラッチ交換、キャブセット入れ替えしてたりしてお古で走りました。タイムは13秒。エンジンは早いのになんで12入らんかな。


三本目はサラ投入してアタック開始。単独では13しか入らない。そこへ51選手の80が混ざってくれて引っ張ってもらいました。pwk入りなので速い速い。おかげで12連発してアタック終了となりました。

今回は選手権ライダーがいなかったり、お子ちゃまが居なかったのであまり他のライダーと絡めませんでしたが、サスの改良とブレンボの確認、エアー圧確認が出来ました。

気温も低かったので油温もソコソコでしたが、夏場はオイルクーラー二個付けしないと無理だ


さて新型テストの為にまたエンジンばらすか






Last updated  Mar 9, 2011 11:04:37 AM
コメント(0) | コメントを書く
Mar 5, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
明日は茶屋以来の筑波サーキットです。

久しぶりだし、ヨシムラ慣らしだし火曜日のセッティングに専念したいと思います。

キャブも変えているのでまともに走れるのか心配です






Last updated  Mar 5, 2011 11:45:45 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 27, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類
贅沢な仕様に変えちゃいました。リアも含めると10万コース?


ここまで来ると、レーサーなんだか、カスタムなんだが分からなくなってきました。


少なくともノーマルでも十分と言えば十分です。パットは選びますがきちんと整備してあるノーマルなら本コースでも不満はありません。


じゃあなんで変えるかっていうといじるのが好きなんでしょうね。









Last updated  Feb 27, 2011 11:45:22 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 3, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類

さて、スーツ選びですが皆さんはどうされていますか?

自分の場合ですが、1998,1999年は走り屋時代から着ていたF-ONEのツナギをそのまま着ていましたが、骨折を機に作り替えることを決意し、2000年、TeamツナギだったLookに相談しセミオーダーで2着目を作りました。

2002年のタイトルを機にオフシーズンにプライドワンでフルオーダーのツナギを製作し、これが3着目。以降練習ツナギはLook、本番ツナギはPrideOneで7年が経ちました。

グローブ、ブーツ、ツナギ、メットと全てを練習用と本番用に揃えるのは難しいのですが、そもそもメットなんて転倒して傷ついたら本番では使えませんし、グローブもツナギも穴があいたら車検に通りません。これらを練習用に回すだけで実は長く大事に使うことができるわけです。ブーツだけは何故か11年使いっぱなしですね。ちなみにグローブも昨年穴があきましたが7年使ってます。監督にプレゼントしていただいたやつなのですが意外と長持ちしたなぁ。あっ雨用のグローブもありますね^^Lookは雨の時の本番にも着ます。

 

さて、ブランドですが最近は色んなメーカーがあり、かつ吊るしからオーダーまで多種多様あるわけで、結局どこでもいいと思うんですよね。本人がちゃんと確認してから買うのであれば。。。。


レースは裸では走れないし、ジーンズでも走れません。サーキット走行において、唯一守ってくれるのがツナギなわけでして、そこをけちると後で痛い目に合うことも多いわけです。
自分は肘の肘頭骨骨折を経験しているので肘カップの大事さを痛みを持って知っているのですが皆さんも同様にグローブだったりブーツにそれなりの思い入れがあると思います。


一番高いのがツナギで、一番大事なものだからこそ、きちんとしたものを選ばれると良いと思いますが意外とそうでもない。

難しいのはミニバイククラスですね。速度もあまり高くないし、それほどの大けがをすることもロードレースに比べれば確率は低い。そうすると軽い方が良かったり、安い方が良かったりするわけですが軽い、安いにはそれなりに理由があるわけで・・・・その理由を聞いてから選んだ方が良いと思います。とはいえ安い理由なんて教えてくれませんからその逆、なんで高いのかを高いメーカーに聞くのがいいんじゃないかと。。。


基本的に安いメーカーは企業努力です!という言い方がメインですよね。こことここを安い物、古い物にしているので、Totalでこれだけ安くできていますなんて説明してくれる人なんていません。その逆で職人(高いメーカー)は当然こだわりを持っていますから、このパーツとこの部材を使っているからTotalでこれだけかかるんですと言ってくれます。

車でも、ストレージでもそうですが安いには安いなりの理由があるわけで、その理由を知っていて、納得して買うなら有りですが知らないで買うのは残念ですね。
ちなみに今の仕事をしていると高い!とは言われますが安いとは言われたことはほとんどありません。なので高い理由と安いメーカーの安い理由をご説明さしあげるわけですが、それでも安いのが良い人は安いものを選びますし、それはそれで仕方の無いことです。
こちらは説明していますので、それでも他を選ばれたんですから後から後悔しなければそれはそれで有りです。

さて、話がそれました。ツナギで大事なのはカップ(=プロテクタ)と機能(着脱性)とデザイン(カラーリング)、最後にお財布(予算)などなどとなるわけですが、その中で一番大事なのはプロテクタです。


なぜかというと、何もプロテクタが無いツナギは流石にレースシーンでは着ないと思いますのでまずはこれでしょう。ところがこのプロテクタの比較をきちんとしていない人が多い。
最近スキーショップに行くとまるでバイクのインナーにも使えるんじゃないか?という見事なインナースーツが売っています。
なぜそうなるかというとスキー、スノボでは身を守ってくれるウェアではないからです。なのでインナーがどんどん良くなってきているわけです。

d3o社って聞いたことありませんか?衝撃吸収材なのですが、ゆっくりだと柔らかくて、急激にショックを与えると硬くなるというよく深夜の通販で売ってるやつです。
これをスノボのインナーにしているものもあります。先日行ったミナミには鎧武者とかありましたね。

http://item.rakuten.co.jp/egs06/09999043/


肘、すね、膝、脊髄とまるでレーシングスーツそのものです。

http://www.google.co.jp/images?um=1&hl=ja&lr=lang_ja&rlz=1I7GGLL_ja&biw=964&bih=538&tbs=isch%3A1%2Clr%3Alang_1ja&sa=1&q=%E9%8E%A7%E6%AD%A6%E8%80%85%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BC&aq=f&aqi=&aql=&oq=

 

ではここでツナギに話を戻してみるとツナギのインナーやカップの確認をしてからツナギって買っていますでしょうか?デザインだったり、着心地だったり、値段で決めていませんか?


ツナギを着る本来の目的は何なのか?身を守るためです。決して車検に通るためではありません。なのにその一番の目的を確認しないで買っている・・・・こんなに怖いことはありません。
自分も全てのメーカーの、全てのカップを確認したわけではありませんが、最近の吊るしでも肘カップやひざカップはすぐに取り外せるようになっています。そもそもインナーが取り外せますからね。
昔のツナギ(当時のLook)では取り外すなんてことは出来ませんでしたから、当然洗うことも、確認することも出来ませんでした。今は大型のバイクショップに行けばすぐにどういうカップを使っているのか確認できます。
オーダーであれば実際に入れるカップは見せてくれるはずです。買った後に見せてもらい???となるのでは時すでに遅しです。

聞くところによると、国内メーカーできちんとプロテクターについて開発を行っているメーカーは3社ほどだとか・・・後はOEMか、そもそも開発していないか。

答えはもうお分かりと思いますが、自分が選んだPride Oneにはこういう理由があり選んだのです。なので、今年作るツナギも引き続きお願いしたいと思っています。

PS:ちなみに今のPrideoneツナギのカップでさえ、既に時代遅れのやつみたいです^^

プライドワン:http://pride1.jp/

出来たてほやほやの2003年当時:http://pride1.jp/mobile/photo/musa-r_m-vol1.html

 







Last updated  Feb 3, 2011 12:16:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
Feb 2, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類

2003年に、Pride Oneでつくって以来、いまだに現役バリバリで使ってきた本番用のツナギですが、レギュレーション変更により脊髄パットに加えてチェストパットも入れなくてはいけないことになり、さすがにそれではきついだろうということで新調することにしました。

写真はトミンの寒中杯のときですね

寒中杯

Pride OneではDogカラー?のオレンジの吊るしもあるのですが、これがどうにもこうにも自分には色が気になりこのままでは作る気になれず、結局カスタマイズすることになりました。何が気になるかというと・・・・黒が多い!(←ただそれだけですが何か)

http://pride1.jp/pc/product/rode_race/pro_roderace.html

プライドワンオレンジ 

ちなみにですがモタード用なんてのもあります。最近モタードのが人気だとか^^

http://pride1.jp/pc/product/motard_t/pro_motard.html

 

サイズ的には下半身がSで上半身がMでちょうどいい感じ。少しだぼついているぐらいが良いと思えるあたりがおっさんになった証拠かね~

でカスタマイズしてみたのがこれ

Prideone_Musa

お尻の黒は譲れません。まぁこれはレース経験者なら分かると思いますが、転倒して擦るのがお尻であり、またシートスポンジで黒っぽくなるのもまたお尻なわけです。膝カップ部分はオレンジでも良いかもしれませんが、けっこうここも良く擦ります。肘も擦りますがここまで黒にするとオレンジの意味が無くなるので諦めました。

なんで黒が良いか!ですが黒の革部分って傷も目立たないし、タイヤ痕もわからないのです。その上転んで擦れたら、靴墨(靴クリーム)で上から塗っておけばほぼ目立たなくなる+艶も復活という裏技もあります。もし試したことが無い人は是非試してみてください。綺麗になりますよ。クリームはスポンジタイプのが良いです。

あっそれと白の靴クリームもあるし、青も赤もあるのでほとんどが直せますが残念ながらオレンジは無いので、赤で直すしかありません。自分はコロンブスさんのナイトリキッドをダイレクトで買ってます。仕事で様々な革靴を履くので、いくつかのメーカーを試しましたがここにかなうものは無いですね。今見たら赤はもう無いみたい・・・・

http://www.columbus.co.jp/

 

さて明日はツナギについて私見を語ってみようかな 

 







Last updated  Feb 2, 2011 05:18:45 PM
コメント(2) | コメントを書く
Jan 15, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類

土曜日はNITRONに行った後バラバラになったNSFを有る程度組み上げてきました。

NITRONではOH前、後の特性グラフを頂きだいぶこちらの意向にそった形となっているように見受けられますが、残念ながらサブタンクは新型の形にはなっておりませんでした。

2011NITRON-2

こちらがOH前の特性

2011NITRON-1

こちらがOH後の特性です。

もともとCOMP側(縮側)はほとんどかけていなかったので、より抜ける方向特性に代わっています。

rebound側(戻し側)はあまり大きく変わっていませんが多少カーブが変わっています。

NITORNの良いところは、大手メーカーや純正のように特性を変えられないのとは違い好みの特性に変えていただけるとことです。3年前の状態よりだいぶ進化しましたね。もう少しで金色にも近づけるのではないでしょうか?ってTTS使ったことないけど^^

残念ながら車高を落とすために削って頂くことには同意を頂けませんでしたので、ドッグに戻って4mmほど削ってきました。このため純正のサス長215mmと同じ長さしかできなかったものが210mm付近まで下げられました。もう少し削れるから削ろうか検討中。

NITRON+NSFでミニバイクサーキットを走るなら、こんなセットではないでしょうか

サス長:210mm (最短)

バネ:18kg~20kg (5mm以上イニシャルをかけるなら変えた方がいいです)

TEN:全抜きから10戻しぐらいまで (Hi,Loとも)

COMP:全閉から5戻しぐらいまで

基本的にはフルボトルするぎりぎりまで緩めて、とにかくよく動くサスが自分には合っているような気がします。動かないサスはケツが痛い^^

20110115

サスを取り付けた後は、スイングアームやらステップやらを取り付けてとりあえず終了。

ちらりと見えている赤いのは新たに投入予定のTM22です。







Last updated  Jan 17, 2011 12:33:29 PM
コメント(0) | コメントを書く
Jan 11, 2011
カテゴリ:カテゴリ未分類

http://blogs.forbes.com/greatspeculations/2011/01/03/netapp-could-hit-90-with-hardware-storage-growth/

 

90ドルもイケちゃうのか?VMは既にいってるけどね。。。。。







Last updated  Jan 11, 2011 10:24:04 AM
コメント(0) | コメントを書く
Nov 30, 2010
カテゴリ:カテゴリ未分類

 5:30早朝から筑波入りし、前日に車検を終わらせていたので余裕を持ってピットへ移動。他のライダーが当日朝のブリーフィングに出ている間に暖機等行い準備万端のはずでしたが、プラグをかぶらせてしまい予備プラグへ交換。なんとか無事暖機、クラッチの滑り等の確認も終わらせ、フリー走行に並ぶことが出来る見込みがたちました。というのも昨年は朝からクラッチが滑ってしまいフリー走行を全く走れずに決勝に並ぶことになった苦い経験があったためです。

 夜に降った雨の為路面はWET状態。まずはタイヤの皮むきをするため、自分が数周周回し、路面チェックと皮むき等を終わらせ第3ライダーに引き渡しました。今回第3ライダーには某A級選手にお願いしていたのですが、事前に1回乗っているということもあり、数周周回した程度で交代していただきました。というのも諸事情により急遽交代した第4ライダーに残り15分で慣熟走行してもらわないといけないためです。

 実は両者とも普段は正チェンジのNSR MINIに乗っているため逆シフトであるNSFに慣れることが必要でしたし、普段はミニバイクサーキットしか走っていない為にまずは感覚を取り戻していただくことが朝フリの目的です。

 今回のうちのライダー構成は、実は筑波のレース経験は豊富にあり、また急遽代打で乗って頂いた選手はSP250のシリーズタイトルも持つ往年?のライダーでしたのでそれほど不安はありませんでしたが、筑波の本コースを走るのも数年ぶり、まして4stOPEN車両も初めての経験だったのでこのフリー走行だけで感触をつかんでもらうという無理難題をお願いする運びとなってしまいましたがはたしてどうなることやら。。。。。

 実はもう1チームのA級ライダーも往年のライダーなのですが、これまた筑波はいきなりでNSR-APE・・・・大丈夫か

 

つづく







Last updated  Nov 30, 2010 10:42:12 PM
コメント(0) | コメントを書く

全288件 (288件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >


© Rakuten Group, Inc.