098853 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

土偶の独り言

PR

カレンダー

フリーページ

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

ニューストピックス

http://www.doguu.jpn.org
突然の故障にも素早く対応、持ち込み無料診断致します。
サーパラショップ
2016.12.03
XML
カテゴリ:雑談

最近思ったこと

「ドコモケータイ補償」年々改悪されてはいるものの、あって助かるサービスではある。
最近の人なら月400円の掛け金で、スマホの修理が出来るのですが
昨今1年のメーカー保証中であっても何かと難癖を付けて無償修理を断られる事があります
(実際に断られた事がある)身からすると必須のオプションだと思います。
とはいえ、修理だと一週間程度本体が居なくなることを思えばメイン回線では自分は困るし
大方の人もそうだと思います。
そこでこの補償には「お取替え」というものがある訳ですが、今時だと免責8000円、
同じ色の同じ機種を即日発送してくれる有難くはあれど掛け金(毎月)+8000は
中々安いとは言いにくいサービス。
まぁ2年*400+8000でも2万程度なのでやっぱり有難いサービスではあります。

その「お届けサービス」を使った時に思ったこと。
まずは有人電話窓口に問い合わせて色々聞いた時の一つの答えの中に

「毎日何万件も電話かかってくるんですよ~」

というのがあって、素直な自分は素直に驚いた声を上げた訳ですが、よく考えると変な気がする。
サポセンなので「マニュアルにそう答えろと書いてある」と想像難しくない訳ですが
万件となると最低でも10000。一人対応15分平均として1時間で4人、8時間なら32人
まぁ多く見積もっても40人程度のはず・・・。10000/40だと「250人体制」となるのだが
交換専門部門であるならその1/10くらいの体制じゃないけ?と思ったりする訳で
中々に怪しい感じしかしない部署だと感じなくもないんですが、ドコモさんほんとかいね?

そもそも何万回線もの顧客から交換の問い合わせがある訳がなかろう?
一応ドコモオフィシャル発表で7000万回線程度の顧客は持っているようですが、
20年かからずに一周してしまう・・・。
当然だがこの顧客全てが「ケータイ補償」に加入している訳ではないし
被保険者が全員10年に一度の利用なら一回に6万程度回収できてるし、
自分感覚だと交換してる人は少ない。
本当に万人規模なら太っ腹ドコモさんの顧客へのサービスだと良心的に解釈しますかね。

さてさて、実際に自分は利用させて頂いた訳ですが、このお届けサービスの肝は
紛失から本体粉砕まで幅広く端末無期間を耐える事無く「同機を即日発送」するところにある訳ですが
良くある話なのが

「同機、同色」がない

もう一度言うが、「交換出来る同機が在庫として無い」こと。
うん、まあ仕方がない。10年前の機種をよこせと言われたってそりゃー無いわな。それなら仕方ない。
でもねースマホの交換なんてそんな古いもんないですよねー、
白ロムまだ一杯売ってる機種だったりですもんね。
「交換機はリフレッシュ品」つまりは修理上がりの本体らしいので、
壊れない優秀な端末ほど交換品がないとかそういうこともあるかもしれない。
ががが、これが結構ない時がある模様で、自分も同じものは無いとの事でした。
で、そういう場合にどうなるかというと
「違う色もしくは同時期の違う機種で了承する」という選択肢が出てくる訳です。
自分の場合
ソニーの一つ後の機種とソニーの同時期か微妙な小さい安い機種(格下)の共に色違い
この2機種だったんですが、使っていたのはシャープ機。
あれー?おかしくないですかぁ?一応保険ですよね?
まだソニー機が同色ならば、「同色はこれだけなので」という提示も分からなくはないのですが
色違いっすよ?それならまずシャープ機の色違いをまず提示するのが筋なのではないかと・・・。
しかも一つは他社の下位グレードです。
「クラウンの同色」がないので「フィットの色違い」に交換、なんて言われたって意味不明でしょう(笑
そうすると折角の直ぐに送って貰えるサービスですが、それ自体を保留するという判断が出てきます。
在庫に関してドコモ側からは連絡出来ないそうで「ちょこちょこ自分で確認」する事になりますが
幸いにもネットで確認出来ますのでこまめにネットでチェックすることになります。
それも数日続きましたので自分は再度電話窓口に聞いてみる事にしました。

状況続いてますけどこれしかないんですか?
提示できるのはそれだけとなります。
シャープのはないんですか?
提示できるシャープ機はございません。
ほんんっとにシャープのは何にもないんですか?

てな感じで上席に御確認となりまして、
色違いですがシャープのが1つだけ出せます、と。愛機の次の機種だったんで
有難くそれを送って頂きましたが、随分特別です空気を出されましてですね。
いやいや、その新しいシャープ機と同時期で色違いのソニーのは初めから出してたやんかーと
なんで同じメーカーの方を出し惜しみするんですかと・・。
あまりに出し惜しみするから「まさかシャープのって最新機しかないんでわー?」そりゃ無理や
とか保留音聞きながら考えたりしたのは妄想でしたよとw
いや、そもそも
変えたいかどうかは兎も角として、色違いで提示するんなら富士通やサムソンのもあるよね?
なんでソニーばっかり押すん?
ケータイ補償のお届けサービスって「ドコモが押し付けたい機種を押し付ける」サービスなんですか?
と言いたくなってしまいます。
筋や順番が何か色々変なんじゃないかと感じてしまいました。
大昔ガラケー時代にも利用したことがあったんですが、その時はこんなこと無かったんですけどねぇ。

もしもだが、交換機の在庫がソニー機しか存在しなくなっていたなら色んな意味で
「すまなかったな、ドコモ」。
いや、それはないな、やっぱし・・・







最終更新日  2016.12.03 19:52:14
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.