スチュワデスが呆れたドクタートヒモイ公式げすとはうす ~世界は基本的に広い~んですけど・・

フリーページ

国別


ミンダナオ島(フィリピン)


都市から砂漠へ インド


オーロラ フィンランド北極圏


インド 瀟洒な男


タイ ワタシも列車で考えた


コートダジュールの結婚式


ラホール パキスタン


ボルネオ島1


mm


amsterdam


イスタンブール


(チベット)


コサムイ


ベネチア1


新世紀をニューヨークで迎える


ショッピングパッカー イン インディア


イラン 古都イスファーン


スペイン


タイ 自転車縦断


ボルネオ島2 ゴムボートで河下り


ベルリンからプラハまで


ベネチア2


スマトラ島からジャワ島中部まで


マニラの下町 パサイ


インド ダーマン


エストニア タリン


スゥエーデン ストックホルム


デンマーク コペンハーゲン


フィリピン マニラ ケソン


バリ島北部


カルカッタ


デリー


シンガポールからスマトラ島へ


ボンベイ


中国 西寧


イギリス ウォリック


シアトル バンクーバー


マニラ 初夜


ロッテルダム


ペシャワール


ソウル


シャンティニケタン・タゴール大学 インド


上海


プラハ


北極圏及びヘルシンキ フィンランド


アテネ~カラチ~バンコク


香港


ホーリー祭 バナーラス


バンコクいろいろ


ミンドロ島


ジョードプル


2時間のアムステルダム


台北12時間


釜山


ワシントンDC


ブルージュ


サイゴン


サンフラン


グアテマラ


ホンジュラス


エルサルバドル


ロサンゼルス・サンディエゴ


メキシコ ティファナ


イギリス コッツウォルズ


フランクフルト


ビルマ


キエフ


リスボンガイド


ワルシャワ


アンドラ andora


映画テレビ


読書


音楽


絵画 アート


その他


税関・イミグレでの正しい抜け方


未分類


親善訪問国(準国)


recipe OF JAPAN


珍スポット 日本編 東日本


珍スポット・B級名所・c級グルメ 海外編


近隣問題


珍スポ以外の国内旅行


インナートラベル 健康


珍スポット 日本編 西日本


珍スポット 九州沖縄


アメリカ  United States of america


イギリス U K


イスラエル State of Israel


イタリア Republic of Italy


イラン Iran


インド India


インドネシア Indonesia


ウクライナ Ukraine


エジプト Egypt


エルサルバドル El Salvador


オーストリア Austria


オランダ Netherlands


カナダ Canada


韓国 South Korea


カンボジア Cambodia


グアテマラ Guatemala


シンガポールSingapore


スエーデン Sverige


スペイン Espa?a


スロヴァキア Slovakia


タイ thai


台湾 Taiwan


中国 China


チェコ Czech


デンマーク Kingdom of Denmark


ドイツ Federal Republic of Germany


トルコ  Republic of Turkey


パキスタン Islamic Republic of Pakistan


ネパール Nepal


ハンガリー Hungary


ビルマ Union of Myanmar


フィリピン Republic of the Philippines


フィンランド Republic of Finland


フランス French Republic


ベトナム Socialist Republic of Viet Nam


ベルギー Kingdom of Belgium


ポーランド Republic of Poland


ポルトガル Portuguese Republic


香港 HongKong


ホンジュラス Republic of Honduras


マカオ Macau


マレーシア Malaysia


メキシコ México


ヨルダン Jordan Hashemite


ラオス Laos


レバノン Lebanon


食べ物(海外)


飲み物(海外編)


旅行準備 行き先検討 旅行後


飛行機 空港 税関 乗り物


京都


大阪 Osaka


ギリシアHellenic


エストニア Estonia


ウルグアイ Uruguay


アルゼンチン Argentina


クゥエート Kuwait


バーレーン Bahrain


オマーン Oman


アラブ首長国連邦 United Arab Emirates


ブルガリア Bulgaria


チュニジア T?nis?ya


スリランカ Sri Lanka


モルジブ Maldives


カザフスタン Kazakhstan


キルギス Kyrgyzstan


マーシャル諸島共和国Marshall Island


グアム Guam


スイス Swiss Confederation


スロヴェニア Republic of Slovenia


ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosnia Herzegovina


バチカン市国 State of the City of Vatican


ミクロネシア連邦  Micronesia


パラオ Republic of Palau


モンゴル Mongolia


アルバニア Albania


ルーマニア Romania


クロアチア CROATIA


リトアニア  Lietuva


マルタ malta


ニカラグア nicaragua


コスタリカ costa rica


パナマ panama


エクアドル ecuador


アルメニア armenia


グルジア Georgia


キプロス  Cyprus


ノルウェー NORWAY


アイスランド iceland


アイルランド IRELAND


セントマーチン st.martin


プエルトリコ puerto rico


アンギラ Anguilla


アンティグアバーブーダ Antigua Barbuda


ブルネイ brunei


モナコ MONACO


モンテネグロ Montenegro


マケドニア macedonia


サンマリノ san marino


ペルー peru


ボリビア bolivia


コロンビア colombia


ラトビア Latvia


ルクセンブルク Luxembourg


リヒテンシュタイン Liechtenstein


セルビア Serbia


ジャマイカ Jamaica


ベリーズ belize


ブラジル brazil


チリ CHILI


モルドバ Moldova


アゼルバイジャン Azərbaycan


キューバ CUBA


ケイマン諸島 Cayman


モロッコ morocco


カーボベルデ Cabo Verde


バングラデッシュ Bangladesh


ロシア Россия Russia


ベラルーシ Belarus


アンドラ andora


パラグアイ(paraguay)


トリニダードトバゴ Trinidad and Tobago


タジキスタン tajikistan


ウズベキスタン uzubekistan


コソヴォ kosovo


ドミニカ協和国 dominican republic


タヒチ tatihi


ケニア kenya


マダガスカル madagascar


モーリシャス mauritius


セーシェル seychelles


サウジアラビア saudiarabia


エチオピア ethiopia


ジブチ djipouti


生き方 死に方


子供時代


学生時代


勉強 運動


食べ物(日本)


飲み物(国内編)


ショッピング 買い物 持ち物


嗜好品  趣味


宗教


反省 画像 まとめ


社会問題


政治 経済 報道


ことば 言語 発言 他人の主張 データ


建築 都市計画


知人友人家族


パソコン、ネット、コンピューター


ふんにょうえろぐろなんせんす


マジメな寺


自然 花 山


健康 怪我 病気


会社員


つぶやき


普通の人々


震災


温泉またはそれらしいもの


プロフィール


トイモイ

2009.01.02
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ウィ~ィイイン
ウィ~ィイイン
何故か修復中を覆う工事用防塵幕が、写真。
ウィ~ィイインウィ~ィイイン
ウィーンで観光で行けば、必ず行くことになる中心地がシュテファン寺院であるが、詳しくは、いろんなホームページで分かるようになっていはいるが私のメインは、この地下である。
ウィ~ィイイン
カタコンベである。
ウィ~ィイイン
ローマやパリ、パレルモやグラナダにもあるが、ここにもある。
ウィ~ィイイン
聖堂の地下部分は高位聖職者の廟で、外部の広場の地下にあたる部分がペストの死者の石室があり、そこは、骨骨骨の嵐であった。天井まで骨の部屋が続くのである。当時は広場に穴を掘って遺体を放り込み、後で地下墓所にしたようだが。
ウィ~ィイイン
 30分置きぐらいにツアーがあり、こそっと入りたくても入れず、皆で一同に進むので、写真禁止だけに、こそっと、写真を撮れないのが、残念ではあったが、仕方ないのである。
ウィ~ィイイン
ハプスブルグ家の心臓も収められているというが、何百年たとうが、その骨の饐えた臭いが鼻腔を刺激するのであった。
ウィ~ィイイン
寺院の外が出口となっていた。どうやら、カタコンブ自体は、寺院地下以上に広範囲に広がっている模様である。
ウィ~ィイインウィ~ィイイン
カタコンベはドイツ語で、フランスではカタコンブの発音に近いようである。
ウィ~ィイインウィ~ィイイン
ドイツ語の説明でさっぱり分からなかったが、それでも、大学は5年間もドイツ語を真摯に勉強しただけに、入場ガイド料6ユーロだっけ、2000体の遺体を見た料金であった。







最終更新日  2009.01.04 02:00:31
コメント(6) | コメントを書く

PR

お気に入りブログ

少し追加です New! ★紺桔梗さん

転用アームカバー New! ぼちぼち7203さん

ベルギー ブルージ… New! ほしのきらり。さん

『ブログ』 本気で… New! alex99さん

『・・・日本、失く… うさぎ仙人さん

クレパト再び 彌聖さん

金環食ダイジェスト 放浪の達人さん

娘の話 郡山ハルジさん

骨折したまま飛行機へ minnieミニーさん

2020、明けましてお… VeryBerryさん

コメント新着

とおもい@ Re[1]:エチオピアから隣国エリトリアへ、と思いきや、ジブチへ(01/11) a.n. otherさん うっかり、調べミスしまし…
a.n. other@ Re:エチオピアから隣国エリトリアへ、と思いきや、ジブチへ(01/11) > エリトリア行きに乗せることはできな…

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.