スチュワデスが呆れたドクタートヒモイ公式げすとはうす ~世界は基本的に広い~んですけど・・

フリーページ

国別


ミンダナオ島(フィリピン)


都市から砂漠へ インド


オーロラ フィンランド北極圏


インド 瀟洒な男


タイ ワタシも列車で考えた


コートダジュールの結婚式


ラホール パキスタン


ボルネオ島1


mm


amsterdam


イスタンブール


(チベット)


コサムイ


ベネチア1


新世紀をニューヨークで迎える


ショッピングパッカー イン インディア


イラン 古都イスファーン


スペイン


タイ 自転車縦断


ボルネオ島2 ゴムボートで河下り


ベルリンからプラハまで


ベネチア2


スマトラ島からジャワ島中部まで


マニラの下町 パサイ


インド ダーマン


エストニア タリン


スゥエーデン ストックホルム


デンマーク コペンハーゲン


フィリピン マニラ ケソン


バリ島北部


カルカッタ


デリー


シンガポールからスマトラ島へ


ボンベイ


中国 西寧


イギリス ウォリック


シアトル バンクーバー


マニラ 初夜


ロッテルダム


ペシャワール


ソウル


シャンティニケタン・タゴール大学 インド


上海


プラハ


北極圏及びヘルシンキ フィンランド


アテネ~カラチ~バンコク


香港


ホーリー祭 バナーラス


バンコクいろいろ


ミンドロ島


ジョードプル


2時間のアムステルダム


台北12時間


釜山


ワシントンDC


ブルージュ


サイゴン


サンフラン


グアテマラ


ホンジュラス


エルサルバドル


ロサンゼルス・サンディエゴ


メキシコ ティファナ


イギリス コッツウォルズ


フランクフルト


ビルマ


キエフ


リスボンガイド


ワルシャワ


アンドラ andora


映画テレビ


読書


音楽


絵画 アート


その他


税関・イミグレでの正しい抜け方


未分類


親善訪問国(準国)


recipe OF JAPAN


珍スポット 日本編 東日本


珍スポット・B級名所・c級グルメ 海外編


近隣問題


珍スポ以外の国内旅行


インナートラベル 健康


珍スポット 日本編 西日本


珍スポット 九州沖縄


アメリカ  United States of america


イギリス U K


イスラエル State of Israel


イタリア Republic of Italy


イラン Iran


インド India


インドネシア Indonesia


ウクライナ Ukraine


エジプト Egypt


エルサルバドル El Salvador


オーストリア Austria


オランダ Netherlands


カナダ Canada


韓国 South Korea


カンボジア Cambodia


グアテマラ Guatemala


シンガポールSingapore


スエーデン Sverige


スペイン Espa?a


スロヴァキア Slovakia


タイ thai


台湾 Taiwan


中国 China


チェコ Czech


デンマーク Kingdom of Denmark


ドイツ Federal Republic of Germany


トルコ  Republic of Turkey


パキスタン Islamic Republic of Pakistan


ネパール Nepal


ハンガリー Hungary


ビルマ Union of Myanmar


フィリピン Republic of the Philippines


フィンランド Republic of Finland


フランス French Republic


ベトナム Socialist Republic of Viet Nam


ベルギー Kingdom of Belgium


ポーランド Republic of Poland


ポルトガル Portuguese Republic


香港 HongKong


ホンジュラス Republic of Honduras


マカオ Macau


マレーシア Malaysia


メキシコ México


ヨルダン Jordan Hashemite


ラオス Laos


レバノン Lebanon


食べ物(海外)


飲み物(海外編)


旅行準備 行き先検討 旅行後


飛行機 空港 税関 乗り物


京都


大阪 Osaka


ギリシアHellenic


エストニア Estonia


ウルグアイ Uruguay


アルゼンチン Argentina


クゥエート Kuwait


バーレーン Bahrain


オマーン Oman


アラブ首長国連邦 United Arab Emirates


ブルガリア Bulgaria


チュニジア T?nis?ya


スリランカ Sri Lanka


モルジブ Maldives


カザフスタン Kazakhstan


キルギス Kyrgyzstan


マーシャル諸島共和国Marshall Island


グアム Guam


スイス Swiss Confederation


スロヴェニア Republic of Slovenia


ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosnia Herzegovina


バチカン市国 State of the City of Vatican


ミクロネシア連邦  Micronesia


パラオ Republic of Palau


モンゴル Mongolia


アルバニア Albania


ルーマニア Romania


クロアチア CROATIA


リトアニア  Lietuva


マルタ malta


ニカラグア nicaragua


コスタリカ costa rica


パナマ panama


エクアドル ecuador


アルメニア armenia


グルジア Georgia


キプロス  Cyprus


ノルウェー NORWAY


アイスランド iceland


アイルランド IRELAND


セントマーチン st.martin


プエルトリコ puerto rico


アンギラ Anguilla


アンティグアバーブーダ Antigua Barbuda


ブルネイ brunei


モナコ MONACO


モンテネグロ Montenegro


マケドニア macedonia


サンマリノ san marino


ペルー peru


ボリビア bolivia


コロンビア colombia


ラトビア Latvia


ルクセンブルク Luxembourg


リヒテンシュタイン Liechtenstein


セルビア Serbia


ジャマイカ Jamaica


ベリーズ belize


ブラジル brazil


チリ CHILI


モルドバ Moldova


アゼルバイジャン Azərbaycan


キューバ CUBA


ケイマン諸島 Cayman


モロッコ morocco


カーボベルデ Cabo Verde


バングラデッシュ Bangladesh


ロシア Россия Russia


ベラルーシ Belarus


アンドラ andora


パラグアイ(paraguay)


トリニダードトバゴ Trinidad and Tobago


タジキスタン tajikistan


ウズベキスタン uzubekistan


コソヴォ kosovo


ドミニカ協和国 dominican republic


タヒチ tatihi


ケニア kenya


マダガスカル madagascar


モーリシャス mauritius


セーシェル seychelles


生き方 死に方


子供時代


学生時代


勉強 運動


食べ物(日本)


飲み物(国内編)


ショッピング 買い物 持ち物


嗜好品  趣味


宗教


反省 画像 まとめ


社会問題


政治 経済 報道


ことば 言語 発言 他人の主張 データ


建築 都市計画


知人友人家族


パソコン、ネット、コンピューター


ふんにょうえろぐろなんせんす


マジメな寺


自然 花 山


健康 怪我 病気


会社員


つぶやき


普通の人々


震災


温泉またはそれらしいもの


プロフィール


トイモイ

2011.05.17
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
ジゴク
 モルジブは、あれだけ新婚旅行先やダイビングスポットとして注目を浴びているのに、特殊な面もある。それは、イスラムの国であることと、ビーチリゾート産業がイマイチ相容れない面があるということ、そして、完全島国で空港島には空港だけ、首都マーレだけがビルが建ち並びそれでも縦1.5キロ横2.5キロの小さな島で世界一の人口密度の島、その他700キロ幅100キロにわたり1200近くの島があり人が住むのが200、リゾート島が100、最高峰が3メートルとなっており、1島に対し、一つのリゾートしか出来ないようになっており、島間の移動が容易ではないので、大抵の旅行者は空港に迎えに来てくれたリゾートのスタッフが水上飛行機や高速ボートで送迎するし、最終日空港に送るという形になっている。
ジゴク
ジゴク
 そんな感じで、リゾートの数に観光の対応できていないためか、あまりイスラムの人々にウキウキな旅行者を見せたくないのか、基本的にフラフラ歩く個人旅行者を国としては歓迎してないのである。勿論、ダメではないのだが、それでもなかなか旅行しにくいのであった。
ジゴク
 いろいろ調べたところ、空港と首都マーレ島は1,2キロしか離れておらず、24時間20ルフィア(1ドルちょっと)が運行されているので、とりあえず、リゾートするわけでなく、世界最大の密度ってどんなんじゃい、モルジブでリゾートしなかった日本人になるために向かうのであった。
ジゴク
 モルディブへの道は、日本からだと、スリランカ航空でコロンボ経由か、シンガポール航空でシンガポール経由が一般的だ。1970年代に最初のリゾートがモルジブで開かれ、80年代にインドにいたとき、モルジブに行くにはインド南部のトリヴァンドラムからマーレ経由でスリランカに行けると聞き、何度か行ってみたかったが飛行機代が高くて断念したのであった。
ジゴク
 私は、スリランカのコロンボからエミレーツ航空でマーレに到着した。勿論、日本からこの航空会社のルートはまず日本人は使わないだろうが、さすが国際性を歌っているエミレーツ、90分の飛行時間、アナウンスでは、当機ではアラビア語、英語、スペイン語、中国語、韓国語、フィリピン語(タガログ)、スリランカ語(シンハラ語)、日本語を母語にする乗務員が乗ってますと説明があり、それぞれの国の人が乗っていた。それがエミレーツの売りか。ビールをもらいに後ろに行くと、日本人とばれたのか、「ドウゾー」と言われた。
ジゴク
ジゴク
 モルジブに23時に着くと、ちょうどシンガポール機が到着した後で、日本人が長蛇の列で並んでいた。
 空港を出て両替所を探すとない。出るまでに1箇所しかなく、インフォメーションで聞くと、戻ってもいいよとのことで戻って両替するが、誰も両替しない。全員がもう金を払っており、残りは全部ドル払いなのだ。両替したのは私だけである。
ジゴク
ジゴク
 空港を出ると、ネットで予約した対岸の島に渡ろうとしたが、ホテルの従業員が迎えに来ていた。え、俺、勝手に行くよと思っていたのに、少しびびった。そんなに俺を監視しなくてもいいよ。と。
ゴク
 空港アライバルゲートから歩いて2,3分で船着場に連れて行かれ、海を見る。夜にライトで照らされた海が、水深数メートルの底まで見えて非常に綺麗であった。日本語でいうと、チョーキレーである。空港でこれなら、その他はチョーチョーキレイなのではないかと期待された。
ゴク
 空港から10分程度でマーレ島に到着し、ネット予約で決め手になったのが、港から歩いて1分という立地であり、迎えにきてくれるならそんなこと気にしなくてよかったなあと思いながら、それにしても、島価格であり、何でもかんでもホテルは高く、清潔ではあったが、狭い部屋で8,000円であった。島ペースで、チェックインにも私以外にもう1組(韓国人)しかいないのに、30分ぐらい時間がかかった。この島へ泊まるのは通常、夜に着き、水上飛行機が夜間飛べないので、1泊し、翌日迎えにくるのを待つために泊まるというのが普通のようで、韓国人も翌日の島のバウチャーを見せ、その島にホテルの従業員が電話をして確認していた。もう1時というのに、彼らの出発は5時であった。そして、私の番になると、何、ノープラン?決まってない?そんなのないだろう、とひと悶着あったが、明日、島の旅行代理店でいろいろ決めるからということで落ち着いたのであった。
ゴク
 ホテルではネットが無料といっていたのでパスワードを聞いて、散歩の後、ネットをした。やっぱり、島に行きたくなったのだ。明日旅行代理店で手配するのもいいが、ネットで直接予約しようとしたのだ。しかし、島価格で季節もあるが、どんなに安くても1泊200ドル弱はするし、普通は300ドルとか500ドルという破格値段なのである。まあ、1泊ぐらいいいだろうと、空港まで30分程度以内に行ける近い島を選び出し、格安ホテルで予約しようとすると、何と、さすが、島、どのホテルを予約しようとしても、送迎代に100ドルぐらいかかるのである。水上飛行機ともなれば300ドルとかかかるのである。うわあ、これはたまらないな。でも、まあ、せっかく来たので行ってみようと、清水寺から飛び降りる思いで、予約ボタンを押し、クレジットカード番号を入力するのであった。
ゴク
 しかし、それで終わりではなかった。じゃあ、明日行こうかではなく、(1島1リゾートなので、普通の住民は住んでいないので、移動はそのリゾートの所有するボートしかないのだ)急いで、公式HPを開き、問い合わせメールを書き込んだ。「今マーレのホテルにいるんだけど、予約したんだけど、何時にどこに迎えにきてくれるの?希望はお昼頃にマーレの港にきてよ、また後でメール見るから。」みたいな内容のメールを打ったときにはもう朝の4時を超えていた。コレは、急いで寝ないと目が霞んどる。
ジク
ジク
 それでも、アルコールがないし、持ち込んでもいけない国へ、ついつい密輸した酒を飲むのである(リゾート島にはあるが、街にはない。ないのに、徹夜でノナルコールバーがチョコチョコ見受けられるのである)
 朝9時半、部屋に電話がなった。ホテルからだ。寝ぼけていた私は、そんなホテル知らないぞと一瞬切ろうとしたが、いや待て待てそんな感じの名前だったと思い出し、聞くと、「マーレにはいかないよ、空港に戻ってきてくれ、今日は11時半、14時半、15時半に島から迎えに行くからどれか選んでくれ、空港に各ホテルのブースがズラーっと並んでたでしょ、あの○○番ブースの前に来てよ」、ということであった。
ジク
「ああ、14時半ね、もう一組アメリカ人がスリランカから飛んでくるから、それと一緒に専用ボートでいきましょね」、ということであった。しかし、島でも電話あるのね。ネットもあるのね、時代は変わったね。
ジク
ゴク
 空港島から、マーレの町(島)が近くに見える。
ジゴク






最終更新日  2011.05.17 23:29:44
コメント(10) | コメントを書く

PR

お気に入りブログ

味祭り New! ぼちぼち7203さん

ベルギー【世界遺産… New! ほしのきらり。さん

巨大高潮、発生せず alex99さん

大変ですね・・としか ★紺桔梗さん

御嶽山へ出発 放浪の達人さん

『・・・獅子身中の… うさぎ仙人さん

明日はナマステ・イ… VeryBerryさん

令和を利島で迎える minnieミニーさん

Paint Me ChiyoChipieさん
あるマスコミ関係者… 心斎橋ワタルさん

コメント新着

トイモイ@ Re[1]:韓国の清州(10/12) New! a.n. otherさんへ そのあたりは、規定をみ…
a.n. other@ Re:韓国の清州(10/12) New! で、幾らか返金されるんですか? それと…
トイモイ@ Re[1]:松本到着(10/09) a.n. otherさんへ > 朝日新聞だけは無…
a.n. other@ Re:松本到着(10/09) > 朝日新聞だけは無料配布、おしがみだ…
トイモイ@ Re[1]:バンコク珍寺に行く ワット パリワット1(10/05) 放浪の達人さんへ 暁の寺には、最近行って…
放浪の達人@ Re:バンコク珍寺に行く ワット パリワット1(10/05) おお、これは見応えありますな。 ワットア…

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.