スチュワデスが呆れたドクタートヒモイ公式げすとはうす ~世界は基本的に広い~んですけど・・

フリーページ

国別


ミンダナオ島(フィリピン)


都市から砂漠へ インド


オーロラ フィンランド北極圏


インド 瀟洒な男


タイ ワタシも列車で考えた


コートダジュールの結婚式


ラホール パキスタン


ボルネオ島1


mm


amsterdam


イスタンブール


(チベット)


コサムイ


ベネチア1


新世紀をニューヨークで迎える


ショッピングパッカー イン インディア


イラン 古都イスファーン


スペイン


タイ 自転車縦断


ボルネオ島2 ゴムボートで河下り


ベルリンからプラハまで


ベネチア2


スマトラ島からジャワ島中部まで


マニラの下町 パサイ


インド ダーマン


エストニア タリン


スゥエーデン ストックホルム


デンマーク コペンハーゲン


フィリピン マニラ ケソン


バリ島北部


カルカッタ


デリー


シンガポールからスマトラ島へ


ボンベイ


中国 西寧


イギリス ウォリック


シアトル バンクーバー


マニラ 初夜


ロッテルダム


ペシャワール


ソウル


シャンティニケタン・タゴール大学 インド


上海


プラハ


北極圏及びヘルシンキ フィンランド


アテネ~カラチ~バンコク


香港


ホーリー祭 バナーラス


バンコクいろいろ


ミンドロ島


ジョードプル


2時間のアムステルダム


台北12時間


釜山


ワシントンDC


ブルージュ


サイゴン


サンフラン


グアテマラ


ホンジュラス


エルサルバドル


ロサンゼルス・サンディエゴ


メキシコ ティファナ


イギリス コッツウォルズ


フランクフルト


ビルマ


キエフ


リスボンガイド


ワルシャワ


アンドラ andora


映画テレビ


読書


音楽


絵画 アート


その他


税関・イミグレでの正しい抜け方


未分類


親善訪問国(準国)


recipe OF JAPAN


珍スポット 日本編 東日本


珍スポット・B級名所・c級グルメ 海外編


近隣問題


珍スポ以外の国内旅行


インナートラベル 健康


珍スポット 日本編 西日本


珍スポット 九州沖縄


アメリカ  United States of america


イギリス U K


イスラエル State of Israel


イタリア Republic of Italy


イラン Iran


インド India


インドネシア Indonesia


ウクライナ Ukraine


エジプト Egypt


エルサルバドル El Salvador


オーストリア Austria


オランダ Netherlands


カナダ Canada


韓国 South Korea


カンボジア Cambodia


グアテマラ Guatemala


シンガポールSingapore


スエーデン Sverige


スペイン Espa?a


スロヴァキア Slovakia


タイ thai


台湾 Taiwan


中国 China


チェコ Czech


デンマーク Kingdom of Denmark


ドイツ Federal Republic of Germany


トルコ  Republic of Turkey


パキスタン Islamic Republic of Pakistan


ネパール Nepal


ハンガリー Hungary


ビルマ Union of Myanmar


フィリピン Republic of the Philippines


フィンランド Republic of Finland


フランス French Republic


ベトナム Socialist Republic of Viet Nam


ベルギー Kingdom of Belgium


ポーランド Republic of Poland


ポルトガル Portuguese Republic


香港 HongKong


ホンジュラス Republic of Honduras


マカオ Macau


マレーシア Malaysia


メキシコ México


ヨルダン Jordan Hashemite


ラオス Laos


レバノン Lebanon


食べ物(海外)


飲み物(海外編)


旅行準備 行き先検討 旅行後


飛行機 空港 税関 乗り物


京都


大阪 Osaka


ギリシアHellenic


エストニア Estonia


ウルグアイ Uruguay


アルゼンチン Argentina


クゥエート Kuwait


バーレーン Bahrain


オマーン Oman


アラブ首長国連邦 United Arab Emirates


ブルガリア Bulgaria


チュニジア T?nis?ya


スリランカ Sri Lanka


モルジブ Maldives


カザフスタン Kazakhstan


キルギス Kyrgyzstan


マーシャル諸島共和国Marshall Island


グアム Guam


スイス Swiss Confederation


スロヴェニア Republic of Slovenia


ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosnia Herzegovina


バチカン市国 State of the City of Vatican


ミクロネシア連邦  Micronesia


パラオ Republic of Palau


モンゴル Mongolia


アルバニア Albania


ルーマニア Romania


クロアチア CROATIA


リトアニア  Lietuva


マルタ malta


ニカラグア nicaragua


コスタリカ costa rica


パナマ panama


エクアドル ecuador


アルメニア armenia


グルジア Georgia


キプロス  Cyprus


ノルウェー NORWAY


アイスランド iceland


アイルランド IRELAND


セントマーチン st.martin


プエルトリコ puerto rico


アンギラ Anguilla


アンティグアバーブーダ Antigua Barbuda


ブルネイ brunei


モナコ MONACO


モンテネグロ Montenegro


マケドニア macedonia


サンマリノ san marino


ペルー peru


ボリビア bolivia


コロンビア colombia


ラトビア Latvia


ルクセンブルク Luxembourg


リヒテンシュタイン Liechtenstein


セルビア Serbia


ジャマイカ Jamaica


ベリーズ belize


ブラジル brazil


チリ CHILI


モルドバ Moldova


アゼルバイジャン Azərbaycan


キューバ CUBA


ケイマン諸島 Cayman


モロッコ morocco


カーボベルデ Cabo Verde


バングラデッシュ Bangladesh


ロシア Россия Russia


ベラルーシ Belarus


アンドラ andora


パラグアイ(paraguay)


トリニダードトバゴ Trinidad and Tobago


タジキスタン tajikistan


ウズベキスタン uzubekistan


コソヴォ kosovo


ドミニカ協和国 dominican republic


生き方 死に方


子供時代


学生時代


勉強 運動


食べ物(日本)


飲み物(国内編)


ショッピング 買い物 持ち物


嗜好品  趣味


宗教


反省 画像 まとめ


社会問題


政治 経済 報道


ことば 言語 発言 他人の主張 データ


建築 都市計画


知人友人家族


パソコン、ネット、コンピューター


ふんにょうえろぐろなんせんす


マジメな寺


自然 花 山


健康 怪我 病気


会社員


つぶやき


普通の人々


震災


温泉またはそれらしいもの


プロフィール


トイモイ

2019.03.23
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

行く予定はなかったが、(知らなかったが)青の洞窟というサインが見えたので、寄ってみることにした。ここにもあるのか。海水の浸食によって出来た洞窟内部の海面が、太陽光線の反射で神秘的に青く輝くところが青の洞窟と呼ばれてて世界中に沢山あるぜよ、ここにもあるのか。じゃあ、行ってみるか、まあ、そんな感じである。





メインストリートを離れ、1,2キロ走ると、新し目の建物があり、入ると、大変な賑わいで私以外には係員のおじさんと宅急便のおじさんだけであった。係員のおじさんは、一折の説明をして、洞窟にある石はパワーストーンです、とおじさんに似つかわしくない言葉を発した。まあ、だいだい20分ぐらいです。洞窟まで行けば1500円です、自動販売機で買ってください。え、高っ、しかし、俺しかいないし、一生もう来ないし、地元にちょっとお金落とさないといけないしなあとも思うのであった。


それにしても、大雨と凄い風で傘をさすのも、傘が壊れそうだ。何故か自動販売機で切符を買い、改札でピッとバーコードをかざすが、この施設が入場料に上乗せか?来場者少ないのに過剰投資としか思えない状態だ。



風が一方にずっと吹くから、木が同じ方向を向いているのが、素敵な光景となっている。



しかし、風は強く、雨に濡れ、傘もさしているので、写真もまともに撮れないというか、まともな写真とるより濡れたくないなあ状態である。







早々に、下の方に降りていく。







トンネルを越えると、そこは洞窟であったが、青の洞窟?違うやん、青の照明ライトアップじゃん・・・やられた・・。



入場料は、まあ、初期投資回収か・・・。



LCCとかSNSの発達で、旅行者は増えたがそれも同じようなところにいくことになった。それで有名観光地は大渋滞って、渋滞ぐらいならいいかもしれないが、団体バスで2,30分来ても、せいぜい缶ジュースぐらいしか買わない、個人でゆっくり宿泊した人一人の落とす金は少なくとも1万円は使うだろう。じゃあ、観光地は、団体旅行者20分滞在者50人など来てもらわなくてもいいんじゃないの?地元にとっちゃ。駐車場も整備して、負荷だけかかって地元にお金落ちない、カックン。白川郷も、30分の滞在でもなんでも、3,000円ぐらい入場料とればどうかね。



そういえば、いくらか忘れたけど結構な値段、ミャンマーのパガンの空港で入町税取られたな。











ランプの宿が眼下に。









最終更新日  2019.03.23 20:00:07
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:能登、青の洞窟・・・・ウーン(03/23)   a.n. other さん
> 青の洞窟?違うやん、青の照明ライトアップじゃん・・・
スイスの駅構内のトイレのように、静脈が見つけにくいようにですか??

> いくらか忘れたけど結構な値段、ミャンマーのパガンの空港で入町税取られたな。
最近は、航空券と一緒に支払うんで分かりにくくなっていますが、ちうごくやインドは毛唐に対してUSD 100近いビザ手数料という入国税を掛けていますし、日本でも今年の1月から、国際観光旅客税という名の出国税\1000を、空港使用料の他に取られています。 (2019.03.23 21:45:26)

Re[1]:能登、青の洞窟・・・・ウーン(03/23)   トイオイ さん
a.n. otherさんへ
ああ、スイスの駅のトイレはそうでしたっけ。
そうですね、出国税でましたね。あと、伊丹空港は利用税100円とられるようになりました(リニューアルされたので)。関空神戸伊丹は一緒なので、神戸羽田を買って、伊丹で使うと100円安くなりますね。
VISA、そんな高いのですか。ブラジルとかも高かったですよね。
この前、ネパールもアライバルビザ2,30ドルもしましたわ。
(2019.03.24 17:42:10)

PR

お気に入りブログ

ニゴンボの教会で爆… New! 放浪の達人さん

きょういく、と、き… New! ぼちぼち7203さん

『・・・マスターズ… New! うさぎ仙人さん

そういうことか ★紺桔梗さん

『カメラ』 復刻記… alex99さん

Paint Me ChiyoChipieさん
あるマスコミ関係者… 心斎橋ワタルさん
おいでやす。郡山ハ… 郡山ハルジさん
鰻坂ヒカルのロンド… 鰻坂ヒカルさん
BLUE ROSE BLUE ROSEさん

コメント新着

トイモイ@ Re[1]:奥能登東海岸を行く恋路海岸と見附神社(04/17) ★紺桔梗さんへ 3回もいきましたかー、まあ…
★紺桔梗@ Re:奥能登東海岸を行く恋路海岸と見附神社(04/17) 九十九湾の遊覧船に乗りましたが、乗り場…
トイモイ@ Re[1]:台湾 野柳地質公園 その2(04/13) ★紺桔梗さんへ あのしょうせつはおもしろ…
★紺桔梗@ Re:台湾 野柳地質公園 その2(04/13) 上から6番目の写真に、南総里見八犬伝の…
トイモイ@ Re[1]:ネパール 1989(04/08) 放浪の達人さんへ 放浪さんは、物価安い…
放浪の達人@ Re:ネパール 1989(04/08) インドからネパールに上がっていくとカト…
トイモイ@ Re[1]:石瀬比古神社跡地 逆さ杉 など(04/06) ★紺桔梗さんへ 冬野のとは暗い感じですね…
★紺桔梗@ Re:石瀬比古神社跡地 逆さ杉 など(04/06) ひなびた寂しい景色ばかりですね。下時国…

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.