スチュワデスが呆れたドクタートヒモイ公式げすとはうす ~世界は基本的に広い~んですけど・・

フリーページ

国別


ミンダナオ島(フィリピン)


都市から砂漠へ インド


オーロラ フィンランド北極圏


インド 瀟洒な男


タイ ワタシも列車で考えた


コートダジュールの結婚式


ラホール パキスタン


ボルネオ島1


mm


amsterdam


イスタンブール


(チベット)


コサムイ


ベネチア1


新世紀をニューヨークで迎える


ショッピングパッカー イン インディア


イラン 古都イスファーン


スペイン


タイ 自転車縦断


ボルネオ島2 ゴムボートで河下り


ベルリンからプラハまで


ベネチア2


スマトラ島からジャワ島中部まで


マニラの下町 パサイ


インド ダーマン


エストニア タリン


スゥエーデン ストックホルム


デンマーク コペンハーゲン


フィリピン マニラ ケソン


バリ島北部


カルカッタ


デリー


シンガポールからスマトラ島へ


ボンベイ


中国 西寧


イギリス ウォリック


シアトル バンクーバー


マニラ 初夜


ロッテルダム


ペシャワール


ソウル


シャンティニケタン・タゴール大学 インド


上海


プラハ


北極圏及びヘルシンキ フィンランド


アテネ~カラチ~バンコク


香港


ホーリー祭 バナーラス


バンコクいろいろ


ミンドロ島


ジョードプル


2時間のアムステルダム


台北12時間


釜山


ワシントンDC


ブルージュ


サイゴン


サンフラン


グアテマラ


ホンジュラス


エルサルバドル


ロサンゼルス・サンディエゴ


メキシコ ティファナ


イギリス コッツウォルズ


フランクフルト


ビルマ


キエフ


リスボンガイド


ワルシャワ


アンドラ andora


映画テレビ


読書


音楽


絵画 アート


その他


税関・イミグレでの正しい抜け方


未分類


親善訪問国(準国)


recipe OF JAPAN


珍スポット 日本編 東日本


珍スポット・B級名所・c級グルメ 海外編


近隣問題


珍スポ以外の国内旅行


インナートラベル 健康


珍スポット 日本編 西日本


珍スポット 九州沖縄


アメリカ  United States of america


イギリス U K


イスラエル State of Israel


イタリア Republic of Italy


イラン Iran


インド India


インドネシア Indonesia


ウクライナ Ukraine


エジプト Egypt


エルサルバドル El Salvador


オーストリア Austria


オランダ Netherlands


カナダ Canada


韓国 South Korea


カンボジア Cambodia


グアテマラ Guatemala


シンガポールSingapore


スエーデン Sverige


スペイン Espa?a


スロヴァキア Slovakia


タイ thai


台湾 Taiwan


中国 China


チェコ Czech


デンマーク Kingdom of Denmark


ドイツ Federal Republic of Germany


トルコ  Republic of Turkey


パキスタン Islamic Republic of Pakistan


ネパール Nepal


ハンガリー Hungary


ビルマ Union of Myanmar


フィリピン Republic of the Philippines


フィンランド Republic of Finland


フランス French Republic


ベトナム Socialist Republic of Viet Nam


ベルギー Kingdom of Belgium


ポーランド Republic of Poland


ポルトガル Portuguese Republic


香港 HongKong


ホンジュラス Republic of Honduras


マカオ Macau


マレーシア Malaysia


メキシコ México


ヨルダン Jordan Hashemite


ラオス Laos


レバノン Lebanon


食べ物(海外)


飲み物(海外編)


旅行準備 行き先検討 旅行後


飛行機 空港 税関 乗り物


京都


大阪 Osaka


ギリシアHellenic


エストニア Estonia


ウルグアイ Uruguay


アルゼンチン Argentina


クゥエート Kuwait


バーレーン Bahrain


オマーン Oman


アラブ首長国連邦 United Arab Emirates


ブルガリア Bulgaria


チュニジア T?nis?ya


スリランカ Sri Lanka


モルジブ Maldives


カザフスタン Kazakhstan


キルギス Kyrgyzstan


マーシャル諸島共和国Marshall Island


グアム Guam


スイス Swiss Confederation


スロヴェニア Republic of Slovenia


ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosnia Herzegovina


バチカン市国 State of the City of Vatican


ミクロネシア連邦  Micronesia


パラオ Republic of Palau


モンゴル Mongolia


アルバニア Albania


ルーマニア Romania


クロアチア CROATIA


リトアニア  Lietuva


マルタ malta


ニカラグア nicaragua


コスタリカ costa rica


パナマ panama


エクアドル ecuador


アルメニア armenia


グルジア Georgia


キプロス  Cyprus


ノルウェー NORWAY


アイスランド iceland


アイルランド IRELAND


セントマーチン st.martin


プエルトリコ puerto rico


アンギラ Anguilla


アンティグアバーブーダ Antigua Barbuda


ブルネイ brunei


モナコ MONACO


モンテネグロ Montenegro


マケドニア macedonia


サンマリノ san marino


ペルー peru


ボリビア bolivia


コロンビア colombia


ラトビア Latvia


ルクセンブルク Luxembourg


リヒテンシュタイン Liechtenstein


セルビア Serbia


ジャマイカ Jamaica


ベリーズ belize


ブラジル brazil


チリ CHILI


モルドバ Moldova


アゼルバイジャン Azərbaycan


キューバ CUBA


ケイマン諸島 Cayman


モロッコ morocco


カーボベルデ Cabo Verde


バングラデッシュ Bangladesh


ロシア Россия Russia


ベラルーシ Belarus


アンドラ andora


パラグアイ(paraguay)


トリニダードトバゴ Trinidad and Tobago


タジキスタン tajikistan


ウズベキスタン uzubekistan


コソヴォ kosovo


ドミニカ協和国 dominican republic


タヒチ tatihi


ケニア kenya


マダガスカル madagascar


モーリシャス mauritius


セーシェル seychelles


生き方 死に方


子供時代


学生時代


勉強 運動


食べ物(日本)


飲み物(国内編)


ショッピング 買い物 持ち物


嗜好品  趣味


宗教


反省 画像 まとめ


社会問題


政治 経済 報道


ことば 言語 発言 他人の主張 データ


建築 都市計画


知人友人家族


パソコン、ネット、コンピューター


ふんにょうえろぐろなんせんす


マジメな寺


自然 花 山


健康 怪我 病気


会社員


つぶやき


普通の人々


震災


温泉またはそれらしいもの


プロフィール


トイモイ

2019.08.22
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

インド洋の貴婦人と呼ばれるモーリシャスからフィリピンではなく、インド洋の真珠といわれるセーシェルに飛んだ。2国の比較はまた書くが、今回は、アイランドホッピングである。



入国が一番厳しいのは、イスラエルだった。入国というかイミグレで手こずるという意味である。



その次は私が悪いのだが、2番目は島国イギリスであった。初めて日本からロンドンに行って、書類をなめてて、宿泊先をジャパンエンバシーとか書いてしまい、イミグレの人が就職したばかりの真面目すぎる女性で、いろいろ厳しく聞いてきた。実は、イギリスでは迎えいに来てもらうことになっていたのだが、どうせ来てくれるからと連絡先も住所も聞いてなかったので、書いていることと違うし、どこに泊まるか答えられないので、働くものと勘違いされ、アフリカから来た青年2人と随分時間がかかったのであった。結局、空港放送で呼び出してもらい、本当に迎えに来てもらっていることを証明したのであるが。



そしてまたもや島国セーシェルであり、今回失敗したのは、本数も少なく最後に列に並んだため、後ろに誰もいなかったことであった。イミグレオフィサーの男と、なんだがぶらぶらあつこちのブースに行きかう女性がいて、最後に並んだブースの人たちがターゲットになっていた。もう鬱陶しくて、ちょっとイミグレオフィサーの男はいいんじゃないのといいながら、女性がダメもっと厳しく調べてということであった。



一応、宿泊先とセーシェル去る予定表は提出必要だということは聞いており、それは、携帯電話の画面を見せたのだが、本当に泊まるのか、そこから宿に電話して、泊まることを確認された。



所持金出せといわれて、出したのがドルが200ドルぐらいで、ユーロが100ユーロぐらい、それからとどめが円は7万円、滞在に十分だろいうと、クレジットカードは持っているかということでそれはいくらだという。



あたしのクレジットカードのキャッシング限度額は100万円であるので、そういうも、ほんまかいなということで、キャッシングせよとうことであった。



それで荷物はイミグレ前に置いといて、カードだけ持ってついてこいというので、いやだ荷物も持っていくというと、監視カメラがあるから大丈夫だとうので、仕方なく、イミグレオフィサーの男性ともう一人の男性と、外に出て、銀行の前に行き、キャッシングする。とりあえず、8,000円分(100セーシェルルピー)を出すと、OK分かったといって、これでよいといって、またイミグレまで戻り、うるさい女性に、こいつ金持っているよ、だから入国させていいだろ、というと、女性もうなずき、やっとハンコを押してもらった。もう30分以上たっているんですけど、てか、俺も、このイミグレの男性に憐れみを感じるのであった。私のモットー、できるだけイミグレも税関も男性のほうに並べというのが、今回は、くせ者であった。女性は真面目であり、いままで何度か大変なことになった。



セ―シェル航空国内線



セ―シェル航空国際線



カレー味なかなかいける。



分からないが、空いていた、4割ぐらいの乗車率は、今回一番割合少なかった。そういえば、イミグレの前に最近行った国を書かされるが、前に並んでいた人がケニアと書いていて、イエローカードを出せと言われて出していた。ただ、私は黄熱の注射してなくて、何かないかチェックしてると、12時間以内の滞在であれば免除であったので、それを使うことにしたのであった。



それでハンコ押してもらってみたら、3日間滞在するといってら、ほんまに滞在可能期間3日で押されていた、酷いな。飛行機乗れなかったらどうするんだよ。寝過ごしたらどうするんだよ!



セーシェル航空なのに、機種は何故かエティハド、2時間半のフライトでよかったが、デバイス動かず。まあ、、エティハド資本だから?でも動かぬ。



到着は暗くなる頃。



そういえば、今回日本に帰ってきて、女性の税関のほとばかりだったので仕方なく、並ぶと、荷物これだけですか?アブダビには何日ですか?え、1日ですか?他にどこ行かれましたか?もう鬱陶しくなり、アメリカ、ドイツ、トルコ、モーリシャス、セーシェル、マダガスカルその他もろもろですというと、少し困った顔をして、じゃあ全部で何日ですか?といわれ、まあ一週間ですというと、首をかしげながら分かりましたとうことであった。



まあ、そんな感じで餌食になった私は無事イミグレと税関を越え、セーシャル無事入国となったんであったが、9時代でもう公共バスもなく、高い物価で仕方なくタクシーで宿に向かうか、宿まで15キロぐらいだわ、グーグルで測ってきたのだが、ネット情報と違い、まあインフレとか夜もあるけど、だれももうタクシーの人もいないのだが、5000円弱である、高すぎるが誰に聞いてもそうだ。



昼間首都まで300ルピー2400円、夜は1.5倍ぐらいになるといっても、2倍の600ルピーである、高い、ムカツク、が寄ってたかった一律そういうので、仕方なく両替した8000円のうちここで4800円を消費する。



ただぶったくているのかどうかは分からないが、もう夜なので、スーパーかどっか寄ってくれビール買うからというが、それが25ルピー200円で、これが後日どこで買っても一律料金であった。安売りもないけど、ぼったくりもない。なんだこれ。



宿は、物価の高いセーシェルで一番安いところにしたら、うわー、首都の山の上じゃん、遠い、私も運転手も不便なところだねえと呆れた、だから100程高くなるんだよ、とドライバーはいう。セーシェルはフランス語ベースのクレオール語だが英語も通じ、やたら英語のおしゃべりなドライバーだった。しかし、インド洋の真珠?めんどくさい国だな、ケチだし!タクシーも高いし!と入り口でちょとゴフマンな私であった。しかし、例外はあるけど、日本はぼったくらない国だねえ、誇りだねえ。知らないと思えば、ぼったくる、ちょとだけぼったくる、そういうのが世界スタンダードなのに、日本の誇りにしてほしいわ。ほんまか?財布落としても出てくる国は、日本ていうけど、おれも、2,3回拾ったけど、さすがに抜き取ったことないけど、ごめん、中学校のとき裸の1000円はネコババした。子供の時は100円拾って交番とどけたら、ポリスが気を使て自分の財布から100円だして、勿論何の調書もとらずに、ありがとなこれお駄賃やで、と100円くれたなあ。気が利くねエ。









最終更新日  2019.08.22 21:54:19
コメント(2) | コメントを書く

■コメント

お名前
タイトル
メッセージ

利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。


Re:セーシェルうーん、自分史上3番目に入国厳しかったかなあ。モーリシャス→セーシェル(08/22)   a.n. other さん
> その次は私が悪いのだが、2番目は島国イギリスであった。
今年の6月から、一般の短期観光目的の日本人は、機械での入国審査となりました。
IC旅券の写真のページをスキャンして、その場で取られる写真と比較して終わりです。ですので、ハンコも無し。

> それでハンコ押してもらってみたら、3日間滞在するといってら、ほんまに滞在可能期間3日で押されていた
ケチですなぁ。マレーシアでは、1週間と言ったら6か月貰ったし。
つーごくの「お雇い外国人」ビザでは、1回に180日までのマルチで、旅券の有効期限よりも長い10年物を貰いました。2週間以上滞在することはないのに。

> セーシェル航空なのに、機種は何故かエティハド
産油国のリゾートになっていますねぇ。たしか、お隣のモルジブ航空は、カタール航空が出資していたような。 (2019.08.23 14:49:36)

Re[1]:セーシェルうーん、自分史上3番目に入国厳しかったかなあ。モーリシャス→セーシェル(08/22)   トイモイ さん
a.n. otherさんへ
おお。えげれす、その他EUより楽になりましたねえ。


まあたいていの国は、最大までくれますよねえ。そういえば、セントマーチンからボートで日帰りでアンギラいったときも、日帰りだというと、ハンコに1日ってケチされました。しかし、10年有効って何でしょうか。

カタールも金持ち会社ですものねえ。しかし、買収や出資で得するのかなあ。 (2019.08.23 19:51:48)

PR

お気に入りブログ

『・・・日本の限界… New! うさぎ仙人さん

ボランティアは笑い… New! ぼちぼち7203さん

記事  なに?この間… New! alex99さん

2012年〜2019年 神… New! ほしのきらり。さん

ポルシェ928 放浪の達人さん

気にしていたのか ★紺桔梗さん

クリムト展&あいちト… VeryBerryさん

Paint Me ChiyoChipieさん
あるマスコミ関係者… 心斎橋ワタルさん
おいでやす。郡山ハ… 郡山ハルジさん

コメント新着

といもい@ Re[3]:戸隠 忍者、民芸館、僕らの修行時代(09/18) New! a.n. otherさんへ シンガポでしたか。 台…
a.n. other@ Re[2]:戸隠 忍者、民芸館、僕らの修行時代(09/18) といみいさんへ > あ、ムカベ死にまし…
といみい@ Re[1]:戸隠 忍者、民芸館、僕らの修行時代(09/18) a.n. otherさんへ こういった国々は、短期…
トイモイち@ Re[1]:韓国WTOに勝訴したらしいし。解釈の違いなのかい?光州から(09/17) a.n. otherさんへ しかし韓国が北にんおい…
a.n. other@ Re:戸隠 忍者、民芸館、僕らの修行時代(09/18) > ソロモン諸島は国籍取得がムチャ簡単…
a.n. other@ Re:韓国WTOに勝訴したらしいし。解釈の違いなのかい?光州から(09/17) > 太刀魚定食にしたら、なんだ(高い)刺…
a.n. other@ Re:務安(ムアン)空港から光州への交通 バス移動2019(09/16) 光州に「光州事件」以外に何かあるんです…
トイモイ@ Re[1]:この時期に韓国行ってみる(09/15) a.n. otherさんへ そうです、サーキットで…
a.n. other@ Re:この時期に韓国行ってみる(09/15) 務安って、あの、F1で有名だった「霊岩サ…

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.