スチュワデスが呆れたドクタートヒモイ公式げすとはうす ~世界は基本的に広い~んですけど・・

フリーページ

国別


ミンダナオ島(フィリピン)


都市から砂漠へ インド


オーロラ フィンランド北極圏


インド 瀟洒な男


タイ ワタシも列車で考えた


コートダジュールの結婚式


ラホール パキスタン


ボルネオ島1


mm


amsterdam


イスタンブール


(チベット)


コサムイ


ベネチア1


新世紀をニューヨークで迎える


ショッピングパッカー イン インディア


イラン 古都イスファーン


スペイン


タイ 自転車縦断


ボルネオ島2 ゴムボートで河下り


ベルリンからプラハまで


ベネチア2


スマトラ島からジャワ島中部まで


マニラの下町 パサイ


インド ダーマン


エストニア タリン


スゥエーデン ストックホルム


デンマーク コペンハーゲン


フィリピン マニラ ケソン


バリ島北部


カルカッタ


デリー


シンガポールからスマトラ島へ


ボンベイ


中国 西寧


イギリス ウォリック


シアトル バンクーバー


マニラ 初夜


ロッテルダム


ペシャワール


ソウル


シャンティニケタン・タゴール大学 インド


上海


プラハ


北極圏及びヘルシンキ フィンランド


アテネ~カラチ~バンコク


香港


ホーリー祭 バナーラス


バンコクいろいろ


ミンドロ島


ジョードプル


2時間のアムステルダム


台北12時間


釜山


ワシントンDC


ブルージュ


サイゴン


サンフラン


グアテマラ


ホンジュラス


エルサルバドル


ロサンゼルス・サンディエゴ


メキシコ ティファナ


イギリス コッツウォルズ


フランクフルト


ビルマ


キエフ


リスボンガイド


ワルシャワ


アンドラ andora


映画テレビ


読書


音楽


絵画 アート


その他


税関・イミグレでの正しい抜け方


未分類


親善訪問国(準国)


recipe OF JAPAN


珍スポット 日本編 東日本


珍スポット・B級名所・c級グルメ 海外編


近隣問題


珍スポ以外の国内旅行


インナートラベル 健康


珍スポット 日本編 西日本


珍スポット 九州沖縄


アメリカ  United States of america


イギリス U K


イスラエル State of Israel


イタリア Republic of Italy


イラン Iran


インド India


インドネシア Indonesia


ウクライナ Ukraine


エジプト Egypt


エルサルバドル El Salvador


オーストリア Austria


オランダ Netherlands


カナダ Canada


韓国 South Korea


カンボジア Cambodia


グアテマラ Guatemala


シンガポールSingapore


スエーデン Sverige


スペイン Espa?a


スロヴァキア Slovakia


タイ thai


台湾 Taiwan


中国 China


チェコ Czech


デンマーク Kingdom of Denmark


ドイツ Federal Republic of Germany


トルコ  Republic of Turkey


パキスタン Islamic Republic of Pakistan


ネパール Nepal


ハンガリー Hungary


ビルマ Union of Myanmar


フィリピン Republic of the Philippines


フィンランド Republic of Finland


フランス French Republic


ベトナム Socialist Republic of Viet Nam


ベルギー Kingdom of Belgium


ポーランド Republic of Poland


ポルトガル Portuguese Republic


香港 HongKong


ホンジュラス Republic of Honduras


マカオ Macau


マレーシア Malaysia


メキシコ México


ヨルダン Jordan Hashemite


ラオス Laos


レバノン Lebanon


食べ物(海外)


飲み物(海外編)


旅行準備 行き先検討 旅行後


飛行機 空港 税関 乗り物


京都


大阪 Osaka


ギリシアHellenic


エストニア Estonia


ウルグアイ Uruguay


アルゼンチン Argentina


クゥエート Kuwait


バーレーン Bahrain


オマーン Oman


アラブ首長国連邦 United Arab Emirates


ブルガリア Bulgaria


チュニジア T?nis?ya


スリランカ Sri Lanka


モルジブ Maldives


カザフスタン Kazakhstan


キルギス Kyrgyzstan


マーシャル諸島共和国Marshall Island


グアム Guam


スイス Swiss Confederation


スロヴェニア Republic of Slovenia


ボスニア・ヘルツェゴビナ Bosnia Herzegovina


バチカン市国 State of the City of Vatican


ミクロネシア連邦  Micronesia


パラオ Republic of Palau


モンゴル Mongolia


アルバニア Albania


ルーマニア Romania


クロアチア CROATIA


リトアニア  Lietuva


マルタ malta


ニカラグア nicaragua


コスタリカ costa rica


パナマ panama


エクアドル ecuador


アルメニア armenia


グルジア Georgia


キプロス  Cyprus


ノルウェー NORWAY


アイスランド iceland


アイルランド IRELAND


セントマーチン st.martin


プエルトリコ puerto rico


アンギラ Anguilla


アンティグアバーブーダ Antigua Barbuda


ブルネイ brunei


モナコ MONACO


モンテネグロ Montenegro


マケドニア macedonia


サンマリノ san marino


ペルー peru


ボリビア bolivia


コロンビア colombia


ラトビア Latvia


ルクセンブルク Luxembourg


リヒテンシュタイン Liechtenstein


セルビア Serbia


ジャマイカ Jamaica


ベリーズ belize


ブラジル brazil


チリ CHILI


モルドバ Moldova


アゼルバイジャン Azərbaycan


キューバ CUBA


ケイマン諸島 Cayman


モロッコ morocco


カーボベルデ Cabo Verde


バングラデッシュ Bangladesh


ロシア Россия Russia


ベラルーシ Belarus


アンドラ andora


パラグアイ(paraguay)


トリニダードトバゴ Trinidad and Tobago


タジキスタン tajikistan


ウズベキスタン uzubekistan


コソヴォ kosovo


ドミニカ協和国 dominican republic


タヒチ tatihi


ケニア kenya


マダガスカル madagascar


モーリシャス mauritius


セーシェル seychelles


生き方 死に方


子供時代


学生時代


勉強 運動


食べ物(日本)


飲み物(国内編)


ショッピング 買い物 持ち物


嗜好品  趣味


宗教


反省 画像 まとめ


社会問題


政治 経済 報道


ことば 言語 発言 他人の主張 データ


建築 都市計画


知人友人家族


パソコン、ネット、コンピューター


ふんにょうえろぐろなんせんす


マジメな寺


自然 花 山


健康 怪我 病気


会社員


つぶやき


普通の人々


震災


温泉またはそれらしいもの


プロフィール


トイモイ

全5918件 (5918件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

2019.09.01
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類

モーリシャスには世界遺産が2つあり、アープラヴァシ・ガートとル・モーン・ブラバンがあり、どちらも奴隷に関係しているのだが、今回は特別にガートの方を紹介、というか、首都ポートルイスにあったので、歩いて出かけた。



堂々の無料の太っ腹世界遺産、私が行った時間帯には、入場者3人であった。



移民受け入れに使われてきた建造物群の総称なのだが、こんなに狭いところに移民局みたいなの?エリス島みたいなものだろ?と思ったら、現存するのは15%だけとのこと。



波止場、入り口の門、病院、馬小屋、厨房、トイレ、体の洗い場などが、部分的に残っている。



ガートというからには、こりゃインドだなとピンときたが(アープラヴァシ・ガートとは、ヒンディー語で「移民の駅」らしい)、奴隷がダメになって、インドから労働力を調達した。クーリー貿易な、苦力な。



ここを通ったインド人は80年余りの歴史の中で4、50万人とのことだ。モーリシャスだけでなく、レウニオンやアフリカ、遠くオーストラリア、南米まで送ったって、インドからモーリシャス経由オーストラリアってどんなけ迂回してるねん。



まあ、モーリシャス自体、エゲレスからの独立だけど。



職員がのんびり芝刈りとかしていて、静かだ。



まあ、そんな訳で、モーリシャスにはインド系が多いのは、歩くだけで分かる。ヒンドゥが5割なんで、インド系が半数を占めるってことだわ。街中は中華系インド系が多く、アフリカ人は?てな感じであった。



施設自体は、何も問題ないと思ったのだが、狭い施設に1,000人が詰め込まれていたのだから、そいつは、もはやキツキツだ。



もうひとつのモーリシャスの世界遺産ル・モーン・ブラバンは綺麗に見えるからなあ。負の遺産だが、絶景である。



逃亡奴隷の隠れ家。でも、


絶景だねえ。
ところで、併合と植民地化を、ちゃんと教えたらどうなんだろうねえ。一応教科書では韓国併合と習ったが、これを日本による韓国の「植民地化」みたいな考え方があり、韓国や北朝鮮は政治的な利害からそう主張している。
 英語では、併合は「アネクセイション」、植民地化のことを「コロナイゼーション」。併合は、先方の合意や助けに応じてやったことで、一方的に占領したら植民地だ。まあ、日本では学校で教える人がいないのか。
 しかし、パククネ、さらに罪が重くなっていくなんてね。老人が「案外、昔の日本時代はよかったよ」というんを聞いてカッとして殺してしまった韓国若者の懲役は数年だったのにね。








最終更新日  2019.09.01 19:00:10
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.31
カテゴリ:カテゴリ未分類

JALが毎年大阪松本間を8月の1カ月だけ飛ばしている。40分のフライトである。JALだがハンドリングはフジドリームエアがやっており、JALのカウンターもない。



レンタカー1番に並んだのだが、縦列駐車の後ろにあるので、待ってもらえますか、とのことで、空港内を他の人の手続きが終わるまでうろうろする。てか、うろうろするほど大きくないよ。



ウキペデイアより
1963年 着工 1965年 開港
1966年 観光臨時便大阪便運航。
1982年 大阪便通年運航開始。→それまで臨時便のみかいな。
1992年 ジェット化空港拡張起工式。→長野冬季オリンピック見込み?
1994年大阪便、札幌便、福岡便運航開始。1995年 広島便運航開始。1996年 仙台便運航開始。1996年 関西便運航開始。
1997年 仙台便運休。1998年 広島便、関西便運休。
1998年 松山便、高松便隔日運航開始。1999年 松山便毎日運航開始(のちに隔日)。高松便廃止。2001年( 松山便廃止。
2004年 日本エアシステムの日本航空との経営統合に伴い、日本航空による運航開始。
2007年 札幌、福岡便を日本エアコミューター隔日運航開始。
2010年日本航空グループ撤退に伴い、5月大阪、札幌、福岡便廃止。
2010年 フジドリームエアラインズにより、6月札幌、福岡便毎日運航開始。3年ぶりのジェット機定期運用。→1か月ぐらい定期便なぢやったんかな。
2010年 静岡便運航開始。2011年 静岡便廃止。
2014年 日本航空による大阪便が1ヶ月間限定運航。以来毎年8月に運航される。→これね。行きは残5席、帰りは2割の残席あり。
2015年 福岡便複便化。
2018年 フジドリームエアラインズにより札幌丘珠空港への夏季季節便が運航。
2019年(令和元年)10月 神戸便運行開始(予定)
なかなか、静岡同様。FDAに助けられているねえ。試行錯誤だなあ。



土産はカレーとわさびじゃがりこで決め。いや決まってないけど。



なかなかコンパクト空港。



丘珠は便利だからなあ。あ、夏季だけか。でも鈴与グループにはまだ乗ったことない。元HIS航空も乗ったことないが、一回だけ北九州ベースの飛行機には乗ったなあ。日本ではLCCはジェットスターしか乗れてないなあ。



1機、これに乗る。



JAL本日最終便。そうなったら1日2便か。あと丘珠季節便か。神戸便、神戸から出雲便できるとか。長野県て関東関西から微妙に近いから、便がないんだねえ。しかも、関東からだと米軍制空権があり、迂回し過ぎて採算とれないからか、一度も関東から飛んでないねえ。



信州空港か。施設面では、国際線就航に向け税関、出入国管理、検疫を実施できるようターミナルビルを増設をもくろんでいるが、韓国はブンジェインのままだと、北朝鮮になり鎖国となりかねないからなあ。それまでに、不正で逮捕されるか、40年ぶりの軍事クーデタがあるか。



見に来ている人もいて、手を振ってたりなんかして、いいじゃん。そういえば、機長からも、今日で最終便ですので、メカニック全員でお見送りして手を振ってくれてますと放送していた。



あれ?柵がない。



槍ヶ岳3180メートル、穂高3190メートル。



山の向こうに諏訪湖



進んでいると思ったら下を見ると松本空港が見えた、ああぐるっと回ったのか。





機内誌もラグビー特集やってた。乗ってた飛行機がそうだったとは、てか、みんなイヤホンでかいな。



すぐに大阪へ。鶴見緑地公園。



遠くは、万博公園。



焼岳



槍!飛騨山脈南部。多分、富士山の次ぐらいにいつかは登りたいと思う山ではないか。








最終更新日  2019.08.31 20:00:07
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.30
カテゴリ:カテゴリ未分類

空港に到着した。会社員なのでタクシーで行く。だいたい調べていたタクシー相場なら一番最初に声をかけてきた人のに乗るが、どんな国でもタクシーに乗るのはできるだけ弱っちそうな爺さんのタクシーに乗る。



2万アリアリである、1200円程度か。頑張ればもう少し安くなったかも知れないが、まあ、多少のぼったクラレもなんとも思わなくなった会社員である。たった15キロ程度なのにである。物価から考えると高い。が、まあこれが遠いのだ。



何故遠いか、は、渋滞するからだ。風景はアフリカじゃない、いやアフリカ知らんけど、沙漠や小麦の世界ではない、米の世界であった。こりゃアジアだ。



農業革命があって、産業革命があって人口が爆発した。そして今、生き方を選択できる人が増えた、昔なら笑われる事態である。子は親の職業をつくのが当たり前で、選択なんかなかった。そして、自由に選択して生きているから私の邪魔をしない限りあんたも勝手にしてくれ、というようになった。まあ、リベラルである。でも他人はうっとうしいから、だんだん、ほっといてくれ、と孤独化しつつある、みたいな感じもするし、それで捨てられていく気もするな、何の話だ。あ、小麦と米の話をしようとしたんだった。



米の方が効率がいいからアフリカよりアジアの方が人口増えたのかもなあ、ってことだ。気候や農業方法が違うからかも知れないが、アジアはアフリカと全然違う風土なんかねえ。だれかが独占してるとか、分からんね。アフリカでは米生産量は、エジプト、ナイジェリア、でかいからね、3番目にマダガスカル。(ナイジェリアはキャサバ、トウモロコシの方が生産多い、ナイジェリアってそのうちアメリカより人口増えるんだってね) サブサハラアフリカの生産量の3分の1が,ナイジェリアとマダガスカルの2か国における生産量だってね。あ、小麦は?アフリカでは珍しく雨の多い地域で稲作に適した土地です。一説によるともともと無人島だったこの島に、最初に移住してきたのが農耕民族のアジア(インドネシア)からの人たちだったとも考えられている。



ホテル前でタクシー降りる、なるほど。頭の中で方向が逆だったな。



ホテルはレストラン併設で、ちょっと待たされてチェクイン。何故かパクられるのか、鍵とエアコンとテレビのリモコンを渡された。まあ、エアコンもテレビも使わなかったが、部屋は道の向こうにあるから、と言われて、それどこやねん、って道端でぼーっと立っている関係ない人に自分の部屋を聞いた、治安に問題あるじゃん。



その後の話であるが、夕飯をその自分の泊まっているレストランで飯食おうと行ったら、割と満席で待っててと言われたが、じゃあ、またあとしようかと黙って部屋に戻ると、暫くして誰かが部屋をノックして、席開きましたよ、と言われた、あれ、俺が俺ってばれてたの?アジア人だから?やばいな。わかった、ビール飲んでいるから飲み終わったら行くというと、そのビールを飲んでいる間に座ったまま眠ってしまった。ダメじゃん。結局飯食ったのは良く時の昼、24時間ぶりであった。



あいあい、アイアイ、おサルさんだねー、あれマダガスカルのサルじゃん、そんなことを夢の中でみた。地理はアフリカ、文化はアジア。お米中心の食生活!アイアイ!



確かに貧乏旅行してたら、30年前のタイ旅行みたいにコーヒー10円、ごはん食べて数十円で済む世界だわ。



すぐ近くにアナラケリーマーケット、同じ形と模様と色の建物が続く。



外に出る。


翌日は人がいっぱいであったが、市場自体は終了中の夕方。



うむ、安全度は高いな。注意すれば大丈夫そうだ。なんやとことこ暗いとこ歩いていったら屋台があってビール売ってて買い、またなくなって、夜中にもウ一回買いに行った。わお、1件しか開いてないじゃん、もう閉まっているよ。







市場の横はまだ賑わっていた。



独立通りがドン底で中心だ。





道の真ん中で店開いている、すげえ。








最終更新日  2019.08.30 22:00:06
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.29
カテゴリ:カテゴリ未分類

マダガスカルの首都アンタナナリボの中心地はV字型の渓谷の底がメインストリートの独立通りで、ドンつまりが駅、両側の斜面を登っていくと、一方が高級住宅街や官邸や高級ホテルや大使館、反対側の丘は、ちと貧民街、か?まあ、そうでもなかったな。



「An(地名の接頭辞)+tanana(町)+arivo(千)」で「千の町」



標高は1,200m、涼し気よ。20度ぐらいで、熱帯ではない。



宿以外英語はほとんど通用しなかった。







アンタナナリボ中央駅











先日、ソマリアの不思議現象のひとつとして、通貨(ソマリア・シリング)を書いたが、ウキペディアにはこう記されていた。
モハメド・シアド・バーレ政権下のソマリアでは、大量に紙幣を印刷したためにソマリア・シリングの価値が低下し、インフレーションを引き起こした。ソマリア内戦を経て無政府状態に陥った後は、中央銀行の消滅に伴い1991年を最後にソマリア・シリングの発行は停止され、米ドルやエチオピア・ブル、ケニア・シリングなどが流通した。しかし、発行停止となった事でかえってソマリア・シリングのインフレ率が低く抑えられ、周辺国の通貨より強くなるという現象が発生したことなどから、発行停止から20年以上経過した現在でも流通している。通常の取引においては1991年以前に発行された紙幣しか使用されない。






しかし、昨日まで、もしかしたら数年間に韓国は北朝鮮に飲み込まれるから、その前に韓国行っとかないとと思ったが、ブンジェインの子供が不正入学とか不正留学疑惑がでてきたので、パククネ同様、もう終わりかと思った。受験地獄の韓国は、これにはうるさい。倒れるかもな。







昼食。ホテルのレストランで食べる。安い、中級なのに、ビールとパスタで400円ぐらい。







お札は面白い図案だ。100アリアリが3円ぐらい。3円が札、最大の紙幣が2万アリアリ600円ぐらい。








最終更新日  2019.08.29 22:00:08
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.28
カテゴリ:カテゴリ未分類

グランドモスクは空港までの間にある。シェイクザイードモスクである。シェイクザイードはUAEの建国の父である。ちなみに建国は1971年である。






遠くモスクから離れたところが入り口か。



ライターがあれば預けてくださいだが、元より空港に行く途中だったので、荷物そのものを預ける。



料金はドドーンの無料である。しかし、無料のエントランスフィーというかQRコードが発行される。





長い地下の廊下を通り、モスクに行く。



地下にもシャトルバスが走る。



UAEの首都アブダビを象徴するランドマーク、総工費550億円。



異教徒も入れるが、ドレスコードとかあって、女性は特にスカーフなんかを貸し出してもらってかぶる。



回廊、総大理石。



先ほどもでたが、1971年建国で、アラブ首長国連邦という名前とアブダビは知っていたが、学生時代は、ドバイは知らなかった。なんせ、エミレーツ航空ができたのも1985年だし、それも2機でのスタートだし、エティハド航空については2003年設立。

















世界6番目にでかいモスクとのこと。








最終更新日  2019.08.28 21:00:07
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.27
カテゴリ:カテゴリ未分類









































要塞ってもなあ。



今は無人島ではあるが、働いてる人はす宿泊しとるんだろうなあ。でないと、朝一に船を迎えることでけんからなあ。





明治初期のレンガ積は、20程度しか残っておらず、仏蘭西積(フランドル積)は4件程度のようだ。



実践経験はない。

























千葉の対岸が見える、いや、曇りで薄らと。富津市先端に行ったよなあ。地図で見たら6,7キロ先さ。







何を隠そう、ショッカーのアジトであった。仮面ライダーもじゃあここでつくられたのか。








最終更新日  2019.08.28 18:53:41
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.26
カテゴリ:カテゴリ未分類

実効支配されてしまうと、苦しいですわ。自分で実効支配されてて、ヤバイヤバイって煽るってよくわからない。もう実効支配してるやん。















シャラポアの家



















中華民国ですなあ。台湾行きですなあ。



学校では、独島部ってあるって聞くが、凄いね。対馬部、日本で作らないの。あ、対馬、再訪しようかな。もう10年行ってないものな。あれからがらりと変わってしまったらしいね。












最終更新日  2019.08.27 00:10:07
コメント(0) | コメントを書く
2019.08.25
カテゴリ:カテゴリ未分類

ドバイに到着して、入国は、まあ何の質問もなく、簡単、こいつらは元々手厚く保護されたドバイ人(アラブ首長国連邦人)なんだろうなあ。外に出ると、うわ、息苦しい熱風、44度さすが。5秒で汗ばみ、すぐに空港建物内に戻る。あら、フリーワイファイあるけど、つながらないな。とりあえず、地下鉄でバスステーションに向かう。ドバイ行は2か所あるようで、まあ、近い方に行こう。



カードを買わないといけないが、とりあえず、調べによるとアブダビに行くにはシルバーカードを買っておけということだったので、勝手に25ドユルハム分チャージされ、乗り換えてバスステーションに行く。地下鉄は5、6ドュルハム(200円ぐらい)であった。



地下鉄を出て外に出たら、うわ、むちゃ暑い、すぐ横にバスステーションがあり、うろうろすると、切符売り場があり、シルバーカードを出して追加料金なんぼか分からないので適当に金を差し出すと、チャージ、切符をくれた。どこから出発するのというと、隣の女性レーンに並んでいた女性が、あのバスよ、と指さしてくれた。乗ると、15時出発、てあ、3分ぐらいで出発した。



なんか今回の旅行は3に由来だなあ。1ドュルハム=30円、1モーリシャスルピー=3円、100マダガスカルアリアリ=3円、でも1セーシェルルピーは8円。バス代は5,600円、あれ、カードにまだデポジットの金500円分くらい入っているままだぞ、どうしたらいいんだ。



アブダビまでは150キロから100数十キロ、2時間の道程である。



ドバイの高層建物を過ぎると、沙漠が続く。バスの中は涼しいが、温度は42度を表示されていて、夕方にはもう少し温度下がるのだろうか。



エティハド航空はターミナル3である。アブダビ空港やエティハド航空利用は、お、昨年の正月か。1年半ぶり。空港のことも覚えておる。



10時間の乗船時間。



アブダビ空港はフリーワイファイあったが、ドバイの到着口にはなかったなあ。モーリシャスもセイシェルもフリーファイファイあったねえ。











成田空港検定?なんでも検定や。



おー松田聖子、セーシェル!



JALに続きANAもフリーWIFI



名古屋上空ですわ。いよいよ帰宅。









最終更新日  2019.08.25 21:00:07
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.24
カテゴリ:カテゴリ未分類

アブダビ行バスステーションのある駅



ドバイ空港からアブダビ空港までは130キロぐらいだ。



とにかく外は熱風。昔、インドの沙漠に行ったときのことを思い出した。しかし、この30年前まで閑散とした田舎であったドバイが大都会になり、こんな暑いのにこうなのかよ、というのが何か不思議だ。



ドバイは9年ぶりの模様(トイモイブログ調べ)



バスにはワイファイはなかったが、USB端子はあった。そういえば、台湾の長距離バスはフリーワイファイも電源もあってよろしいな。



ハージュカリファ 今もせかいいちたかいこうそうけんちくぶつ。9年前にもあった。












イブンバトゥータ駅からもアブダビ行バスがでているけど、それも鉄道で行けるが、こりゃもうバス乗って30分以上走っているから、えらい端だなあ。



45分ぐらい走ると、沙漠地帯に入る。



アブダビに入ったら空港が見えた。



アブダビは1年半ぶり。





アブダビバスステーションに2時間で到着。



無茶苦茶あつい、42度に熱風のまま、直ぐに目の前にあった百貨店に飛び込む。



百貨店の前にタクシーあるから、あれに乗ろう、意外と、アブダビはタクシーが安い。



腹減ってないけど、涼んだところで飯食った。店員は全員ピりピン人だった。



ところでGSOMIA韓国破棄って、とち狂ったのだろうかブンジェインって多くの人が思ったか。軍事情報協定といいながら、米国や日本からは情報がいっても、韓国から情報はもともとほとんど出てなかったってことだから(レーダー情報は日本からしか出ない、韓国からはヒューミントしかないけど、それはあまり出ない)、損するのは韓国のはずなのだが。まあ、すべての情報をギブテイクでやり取りするわけではなく、渡した情報を他国に漏らさないよという約束だが、既に北に漏らしているだろうから、既に破られているような・・・。まあ、おおぴらにもらしたいわけか。日本にはほとんど影響がないのに、日本も騒ぎ過ぎだねえ。喜ぶのは、支持率を維持したいブンと北とちうごくだけ?もっとやればって呆れている人、日韓それぞれ多いかもね。









最終更新日  2019.08.24 21:00:07
コメント(2) | コメントを書く
2019.08.23
カテゴリ:カテゴリ未分類

いよいよ帰国に向かって走り出す、いや走っていない。



宿は空港から5キロのバンガローをとった。早朝だからな。察したのか女主人も、明日は何時の飛行機なの?といきなり聞いてきた。8時だから6時にタクシー呼んでくれないかきいたら、いいわよ、といわれいくらぐらいか聞くと、後でお知らせするわと言われた。



300ルピー(2400円ね)とあとからお知らせされ、財布を見ると200ちょとしかないので、ちょとだけ両替してくれない?200しか財布にないわというと、問題ないわよ、と言われる。何が問題ないか分からなかった。



6時15分と言われていたので、朝からタクシーが迎えに来るのをテラスで待っていると、女主人が出てきて、自分の車を出した、何だ、送ってくれるのかははは、という感じの緩い感じであった。車内で部屋のカギを返す。



空港ぎりぎりまで花崗岩の山が迫っている。



セーシェル、便数少ないなあ。夕方までに6便だけ?だからか、GNP3分の2程度のモーリシャスより空港がぼろっちいわけだ。いや、モーリシャスの空港が立派になってただけかもな。



エミレーツは久しぶりだ。最後に乗ったのはモルジブからコロンボ(スリランカ)に飛んで以来か、そのあとコロンボからシンガポールもエミレーツだったような気がする。うわ、ドバイ36度か!(なんと到着前の機内放送では44度であった。)





エミレーツは、トリプルセブンとA380しか持っていない。だから、この小さな空港にでかい777がやてきたよ。



チェックインも、ドバイからどうするの、と聞かれて、ドキュメントを出したが、最近、どの国行っても割と聞かれるなあ。アブダビから日本に戻る予約表の紙を出したが、即刻ドバイじゃないけど理解してくれて、OKとのことだった。OKじゃないと困るけど。







エミレーツは、とにかくディバイスが充実、日本語もあるぞー。



ドバイまで4時間半、ちょと厳しいな。大阪からフィリピンや香港よりちょと遠い感じか。











最終更新日  2019.08.23 21:00:07
コメント(4) | コメントを書く

全5918件 (5918件中 21-30件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

PR

お気に入りブログ

天気のように New! ★紺桔梗さん

小泉発言の【セクシ… New! alex99さん

図書館の本 New! ぼちぼち7203さん

ゲント Gent レイ… New! ほしのきらり。さん

スカイラインの後ろ姿 放浪の達人さん

令和を利島で迎える minnieミニーさん

『・・・日本の限界… うさぎ仙人さん

クリムト展&あいちト… VeryBerryさん

Paint Me ChiyoChipieさん
あるマスコミ関係者… 心斎橋ワタルさん

コメント新着

a.n. other@ Re:セイシェルの散歩(09/22) > 花崗岩がセイシェルでモーリシャスや…
トイモイゲストハウス@ Re[1]:4月上旬、台湾基隆余り画像(09/20) a.n. otherさんへ 2Gですか。そういえは、…
a.n. other@ Re:4月上旬、台湾基隆余り画像(09/20) > 個人では5Gの必要はまあ、ない。 3G…
といもい@ Re[3]:戸隠 忍者、民芸館、僕らの修行時代(09/18) a.n. otherさんへ シンガポでしたか。 台…
a.n. other@ Re[2]:戸隠 忍者、民芸館、僕らの修行時代(09/18) といみいさんへ &gt; あ、ムカベ死にまし…
といみい@ Re[1]:戸隠 忍者、民芸館、僕らの修行時代(09/18) a.n. otherさんへ こういった国々は、短期…
トイモイち@ Re[1]:韓国WTOに勝訴したらしいし。解釈の違いなのかい?光州から(09/17) a.n. otherさんへ しかし韓国が北にんおい…
a.n. other@ Re:戸隠 忍者、民芸館、僕らの修行時代(09/18) > ソロモン諸島は国籍取得がムチャ簡単…
a.n. other@ Re:韓国WTOに勝訴したらしいし。解釈の違いなのかい?光州から(09/17) > 太刀魚定食にしたら、なんだ(高い)刺…

カレンダー

キーワードサーチ

▼キーワード検索

バックナンバー

ニューストピックス


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.