069200 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

趣味のミステリー小説の読後感想ブログ

趣味のミステリー小説の読後感想ブログ

【毎日開催】
15記事にいいね!で1ポイント
10秒滞在
いいね! --/--
おめでとうございます!
ミッションを達成しました。
※「ポイントを獲得する」ボタンを押すと広告が表示されます。
x

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール

jinサン

jinサン

カレンダー

楽天カード

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

19580113-mh@ 「ソロモンの犬」について この道尾秀介さんの「ソロモンの犬」は、…
19580113-mh@ 「再会」について ミステリ好きの私としては、いつも楽しく…
通信生@ 教科書について 初めまして! 今年度から通信生として入…

フリーページ

ニューストピックス

2024.04.24
XML

2024年4月24日
★★★★
今月始めに池井戸潤の「花咲舞が黙ってない」を再読したあと、読書の小休憩を挟んで次に読んだのは、岡嶋二人の片割れの井上夢人の作品で文庫本になって上下巻に分かれたSFであり、ミステリであり、そしてアクション大作でもある本作を久しぶりに読んでみた。

山梨県内で発生した致死率百パーセント近い新興感染症。生還者のウィルスから有効なワクチンが作られ拡大を防ぐが、発生当初の“竜脳炎”感染者で意識が戻ったのは、三名だけだった。病院内での隔離生活を続ける彼ら三名は、「後遺症」として不思議な能力を身につけていることに気づき始める。壮大なる井上ワールド、驚愕の終末―。(BOOKデータベースより)

本作はミステリーというよりSF色が濃く、井上さん曰く、絶対有り得ない現象、起こり得ない情景を一度は書いてみたかったと言うぐらいの超大ホラ話なのだ。
内容はというと山梨県内で発生した致死率ほぼ100%の新型感染症。それは「竜脳炎」と命名される未知の感染症であった。その中でわずか生き残った3人の物語である。その生き残った彼らは「後遺症」として不思議な能力を身につけていることに気づくのだが、その能力というのが…なのである。
新型コロナウィルスを巡る騒動は記憶に新しいが、最近ではパンデミックという言葉も知られるようになったが、本作が書かれた15年前に著者の井上氏は先駆けてこのテーマを取り上げることに驚きを隠せない。
大ホラ話。ここまで広げた大風呂敷をどうやって収束させるのか?最高点まで盛り上がったジェットコースターから最後は垂直に突き落されるような残り15ページの力業を予想出来た人はいなかったでしょう。ここまで好き放題にやってしまうと、次も期待しているが流石にこれ以上は無理かな?






お気に入りの記事を「いいね!」で応援しよう

最終更新日  2024.05.01 00:42:27
コメント(0) | コメントを書く
[読書レビュー(井上夢人)] カテゴリの最新記事


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



© Rakuten Group, Inc.