1266177 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

▲▼▲▼▲ 一方的に語るの大好き ▲▼▲▼▲

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >

小中学生

2014年04月06日
XML
カテゴリ:小中学生


★ 似たもの同士なのに ★


昨日は、庶民らしからぬ、贅沢なお金の使い方をしました(笑)
というか、
約束を実行した。 だけなんですが、
ちょっと惜しかったです(笑)


先日、
“コーヒーをゆっくり飲む練習” を頑張ってできたので、
“次は ここでお昼ご飯を食べたい” と言う自閉くんに、約束をしていたのでした。


こういう コーヒー店って、
ランチだからといって何のお得設定もないので、
4人でコーヒーを付けて、お昼を食べると、
ギョエーーーーー (◎ロ◎ ;) な、お値段でした(笑)


それでも許せたのは、
最後、席を立つ直前に自閉くんが、「じゃあ、残りのコーヒー飲むね。」


おおお!

今回は何の指示も出してなかったのに、
妹が食べるペースを見ながら、
頑張ってゆっくり飲んでいたみたいで、

これで完璧やんか!!!
なのでした。

やったあ☆


・・・・・・・・・・・・・・・・


というのは前置きで、

このお店に、そもそも白羽の矢が立ったのは、
娘の不満がキッカケです。


煮え切らないところが似たもの同士の、ダンナと娘。
なのに、当人たちはまるで自覚がない。


少し前のこと。
2人で出かけて、お昼。

娘の言い分。
「パパが、“ここでええやろ” って言って、一方的に、吉野◎に入らされた。」

ダンナの言い分。
「dokidoki子、なにが食べたいか、ちっともハッキリせんから、2人で行くの 嫌や。」


どっちもどっち。
とても似ている。

だけど、煮え切らないなりにペースがあるらしく (笑)
相手のペースが許せない。

そして、相手をわかろうとしないところまで似ています(笑)




そして、先日、
ダンナと娘、2人で出ていて、なんとなくおやつぐらいの時間。

「どっか、店、入るか? 入りたいとこ、ないんか? 」


いかにも口先だけです、と言わんばかりの、
たたみかけるような言い方で、誘ったらしい主人。

(出かける前に、「最後のスイミングの帰りなんだから、外で、お茶でもしといで。」
と私に言われて出たので、義務的なのはわかる。)


「なんか、行きたくない感 いっぱいに誘われても、行く気しいひんから、
“別にいい” って帰ってきてん。
ホンマは、あのコーヒー屋さんに行ってみたかったんやけど、もうええわーと思った。」

と、娘。

もー。


ナメて かかるダンナ

ナメられていることをわかっている娘。

でも、自分にナメられる隙があることについては考えない。

なので、変わらずナメてかかるダンナ



‥つづく( ̄- ̄)



昨日、家を出しなに、
「なんでこんな高い昼飯すんの??」 と不満げだったダンナ。

なので、これらを長々と説明しました^^;



(ノ^∇^)ノ 結果、黙って従ってくれました。 よかったねえ。 娘と自閉くん。

娘 「ママは最強やからなあ。」

そういう意味とちゃうやろー!? もー。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



今日は、中学生の練習をしていた娘です(笑)

練習とは、
スカートと、中にスパッツを履いて過ごしてみること (笑)
(スカートは、唯一、1枚だけ持っている普段着のスカート)

普段、全くスカートを履かないので、
スースー感に慣れたい、トイレに慣れたい、と(笑)


この間、
持ち物以外にも、中学校生活スタートの準備をいろいろしていて、ぼそっと、

「◎◎◎、みんな、こんなん、もう履いてないねん‥」


なるほど‥ ( ̄m ̄* )

股上が長いのがいい、履いてて安心な丈がいい、
と、頑なに言っていた娘だけど、
さすがにいよいよ、ぐらつき始めたらしい‥ (^^;)


“皆が履いてるようなの” を買いに行き、
なんか、気がすすまなさそうに選んで、それでも、 

「今日は、新しい◎◎◎履く練習(笑) するわ」

と、
いろいろ、
自分と闘ったり、しぶしぶ妥協したり。


明日は、入学式です。











(入学祝いって、お返しする地域と、しない地域がありますよね。
ここらへんは しないので、気にしないでいたら、
なんか、義姉が気になることを‥
もぅ・・・・・・・・・・・・・・・・)







最終更新日  2014年04月06日 16時22分33秒
コメント(18) | コメントを書く
2014年02月04日
カテゴリ:小中学生


小6も中2も6時間授業なんですが、
ウチは小学校が近いので、
いつも娘の方が、帰りが早いです。

自閉くんと私が帰ってくると、既に家にいます。


昨日、
帰ると、こんなものが置いてありました。

NCM_1980


な! なにこれ?!

怒られると思って、わざわざメモにしたみたいでしたが
(怒るかいな、(;一_一)こんな事態で…)

6時間目、図書委員会で、本の整理をしていて、

しゃがんだら、お尻からビリッと音がして、
見なくても破れたことはわかったから、
丈長めのトレーナーで隠せることにホッとして、
そばに誰もいなかったことにもホッとして、

そんなこんなで残り10分を過ごしてから、
トイレに駆け込み、ホッチキスで留めてみた。 らしい。


パニクりながらも、本人なりに考えたんだろうなあ^^;



もう中学生になったら履かないんだから、今シーズンいっぱいは、履いてもらおう、と、
サイズ150のズボンに、それ以上のお尻を押し込ませていたのがいけなかったかなあ。

にしても、一気に破れないでしょ。 普通は。 それがビックリ。

よかったねえ。
学校が近くで。
そして、残り10分で。


私だったら、
親が悪くなくても、親に当たりそうな、愚痴りそうな気がしますが^^;
娘は、「ホンマ、運が悪い日やったなあ~」 とだけ、言ってました。

ごめんな。
あと1本、同じのがあるけど、あれは、もう履かんでもええよ^^;



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



昨日もヘンテコでしたが、今日も変なお天気です。
朝、自閉くんを送って歩いているときは晴れていたのに、
帰ったらすぐ、空が暗くなって雨が降って、

昨日も帰りにいきなり降ってきたし、
「今日は降らないの?」 と空を見上げて不安そうにしていましたが、
それでも、自閉くんの、お天気心配性は、だいぶマシになったかなと思います。


これまで、
かなり、道端で2人でモメたりもしましたが、
いろんな天気を外で経験して、
それでも、“ 雨でも、車で迎えに行かない ” を貫いてよかったです。



今日は、
支援学級で、昨日煎った豆をきな粉にするそうで、
きな粉もお団子も食べない自閉くんなので、(豆のまんまなら食べられますが)
きな粉って知らないんじゃないかなあと思って、聞いてみると、

「知ってるよ。 肌色の粉でしょ。」 と(笑)

なんて、まずそうな表現なんだ!!(笑)



自閉くんのクラス担任であり、音楽の先生が学校に来れなくなって1ヶ月、
不在だった、音楽の先生ですが、
ようやく、新しい先生が昨日から来られたようです。

その旨のプリントを主人に見せてみると、

「N先生!? この先生知ってる。 
小学校の時に習って、その後、中学校に移って、
ブラスバンドで他の中学と合同練習した時に顧問やってたわ。」

へええ。
聞くと、感じのよい先生だったみたいで少し安心。
(にしても、N先生が若いのか、主人が年寄りなのか、不思議な感じ…(笑))

音楽室などの教室移動がうまくいかない確率が高い自閉くんなので、どうだろう。
今日は早速、音楽の授業があったと思うんだけど…

何年か前に定年された先生なんだろうけど、
いきなり招集?が、かかって、いきなり、3学期から全校生徒を教えるって
どんな感じなんだろう。
しかも、お行儀のいい学校でもないし…


いづれにしても、とても、ホッとしました^^;

よろしくお願いします。










最終更新日  2014年02月04日 14時05分12秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年12月27日
カテゴリ:小中学生


今日は、小6娘の都会病院。

小児科のない病院なので、基本的に子どもはいなくて静かです。
なので、ガヤガヤ声の苦手な自閉くんも、ほとんど抵抗なく一緒についてきます。

が、今朝はたいへんでした。

電車が、人身事故の影響で、ダイヤが乱れ、
のろのろと到着する満員電車に乗るしかない状態で、

事態がわからない自閉くん、
普段でさえ、電車の乗り方にはこだわりがあるので、抵抗感アリアリ、
しかも、
いつもなら まず乗らない準急しか来なかったので、
私に怒りながら、しぶしぶ乗りました。
(20以上、先の駅なので、準急では気が遠くなる‥)

立つ場所確保も ままならない、あそこまでの混みは私も久しぶりで、
もちろん子どもらは初めてで、

最初は怒っていた自閉くんにも、
ただならぬ雰囲気は伝わったようで、
人に押し流されないように 必死に車内のポールにしがみついていました。

いい経験になりました。
ダイヤは狂うことがある。
特急より準急がはやく着くことがある。

‥言ったって、経験しないとわからないですもんね (^^;)

たいへんでしたが。




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



そうだ!
私だけがうれしいことですが!(笑)

ガス屋さん、
ついに新しいガラストップを設置してくれました \(o ̄∇ ̄o)/


危なっかしくて不便だったので、(って、悪いのは私ですが)
ホッとしました。


ガス屋のおじさんが言ってました。
『この天板は、コンロがダメになっても、
割れさえしなければ、いつまでも美しく使うことができますんでね。』

あたたた‥ (o*。_。)o

もう絶対に割らないぞー。

2013-12-27_15.30.11


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



今晩から、北へ旅立つ自閉くんと主人です。

が、なんと! 
京都から新宿まで夜行バスです。
鉄道は東京からスタート。


えーっ!? 自閉くん、大丈夫?? 
テンションあがっちゃって、1人しゃべり炸裂して、
寝てる人に迷惑かけたりしない???


私だったら、それが心配で おちおち寝ていられませんが、
というか、
そんな大冒険できませんが、
主人はそんなこと、どうでもいいのか? 
‥そこらへんの神経がわかりません。


とりあえず、 自閉くんには、
『寝るバスだから、おしゃべりしないよ』
とは、言っておきましたが‥

頭で わかって、しゃべらないでいられるくらいなら苦労しないです (^^;)


そして、目指すは青森。
何回行ってるんだろう。
今回は、八甲田丸の船内を見に行く様です。。。

例によって、自閉くんは観光しない人なので、
青森駅と、八甲田丸しか見ないんだろうな^^;

てか、自閉くん、船は興味ないので
もろに、主人の趣味ですね‥ ( ̄∇ ̄;)


実は、もともと、もっと違う方面の旅をする予定だったのが、
切符がとれなくて、断念。

JRみどりの窓口の人からの電話で、私が伝言を受けて知ったことで
秘密裏にすすめていた様子

で、切符がとれなくて、「断念する」、と言った次の日に、
もう、このバス手段を使ってでも旅立つことに決めていて、
そこまでしてまで行くんや… と、ちょっと呆れてしまった私です。


彼らが毎年この時期に鉄道の旅をするようになってから毎回書いてますが、
この、鉄道の旅、自閉くんの希望は滅多に聞き入れられなくて、
単に、鉄道好きの主人が、自分の旅に自閉くんを連れて行っている‥
という色が濃い旅です。

最初は、そうじゃなかったんですが。

「東京から、何に乗って青森に行くわけ??」

昨日、晩ご飯を食べながら、自閉くんに聞いてみたんですが、

「わからない。」

(^_^;) わかってないやん。

てか、今回は、旅を楽しみにしている風がないので、
ちょっとかわいそうです。
せっかく行くのにね。


ケンカをしながら旅から帰ることが多いので、
そういう時、主人に、チクリと言ってやるのは、

「自閉くんを連れて行ってやってるつもりなんかもしれんけど、
ついてきてもらえるから、自分の好きな方面の旅に行けてるってこと、
感謝せなあかんねやで。 ホンマは。」


いつぞやのように、
見知らぬ土地で、自閉くんだけを乗せたまま電車が発車してしまう、
という事態だけは
お願いだから、気をつけてもらいたいです。。。




さて、
残る女子は
娘の士気を高めつつ? とっとと掃除を済ませて、
(主人の分は置いとくぞ(笑))
のんびりする時間、作ろう (^^)/


ホントは、
負けじと女子チームも京都辺りに泊まっちゃえ!
とか思っていたんですが、

めぐりの悪いことに、
年内最後の生協が臨時に届く日だったり、
年内最後のゴミ出しの日だったり、


( ̄∇ ̄;) 神様は加勢してくださらなかったです(笑)











最終更新日  2013年12月27日 16時48分10秒
コメント(14) | コメントを書く
2013年12月24日
カテゴリ:小中学生


掃除とか、片付けとか。

自分で、ちゃっちゃとやった方が早いです。 手も抜けます。 
そして、そういう性格です。

子どもたちも、「自分もやってみたーい」 なことも言ってこないので。



しかーし!

それではいけない。
と、思う。

たぶん。

なので、
忍耐で、いろいろ一緒にやっています。

1着の服の毛玉を取るのに、
自閉くんと、「そうそう。次はこう。あ、そこはそうじゃなくて、こう。あああ・・・」

とまあ、恐ろしく時間をかけて(笑)

娘も、使える人になってもらおうと、
教える前に、この人はヤル気モードになってもらうのが結構難しい。

「冬休みってさあ・・・」 な、話し合いから入る(笑)



子どもらは、「自分って、役に立ってる!!」 な、達成感。

うおおおおおおおお。 なんも片付いてないぞー。

私は、ストレスです・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



クリスマス第三弾は、今夜実家で、です。

その前に、娘の塾が終わってから。

ただでさえ少人数の塾、
今日は小学6年の算数、塾長さんと娘の2人だそうです(笑)


同じクラスの子は、
『おばあちゃんちでクリスマスやるから休むわ』 と言っていたらしく、

娘、家に帰ってから、
『ウチも、おばあちゃんちでクリスマスやるんやけど、って、よう言わんかった…(^_^;)』
と、苦笑。

その娘を迎えに行きつつ、
実家でクリスマスしてきます。


小6娘へのプレゼントは完全版の7~9巻(笑)
(絶対に続きが欲しくなる(笑))
中2自閉くんへは、リクエストの幼児向け音楽番組DVDです。

娘よ。 
残り10~27巻は己で努力してゲットするべし。



ダンナは、
自分がいない間にクリスマスをすると決められて拗ね気味だったので、(だって日がない)
おばあちゃんに頼んで、
面倒だけど、ダンナに お誘いメールを送ってくれる様、お願いしました(^^;)

ダンナ 『平日モードだし、夜とはいえ難しいわなあ‥』
と言ってるくせに、
『行きません』
とはメールを返していない(^^;) やっぱり行きたいんやー。

さて、来るか来ないか。


--------------------------------------------------


それから、

我が家は、小学生までサンタが来る方式 なので、
娘にだけ、サンタが来ます。

これまた、その“アニメのシリーズのキャラクター図鑑本” です。


dokidoki1234サンタは忙しいです(笑)
メリークリスマス。

getCardImage



コラージュをあなたに共有

お店のケーキ、娘がクリームを飾ったケーキ、ハイカロな食事… 
クリスマス、こわっ。








最終更新日  2013年12月24日 17時00分13秒
コメント(6) | コメントを書く
2013年12月20日
カテゴリ:小中学生


長かった2学期。 今日は終業式でした。

子どもらは冬休みの始まりです。



今日の天気予報は
曇り時々雨、気温は4℃~8℃だったんですが、
朝から快晴!

こういうハズレは大歓迎。
雨が続いて満タンだった、部屋干し洗濯物を外に出せました。



それにしても寒い!!!
朝は、さすがに私も耳当てをして行きました。


さすがと言えば、
やっぱり自閉くん、こんなに寒くてもちゃんと顔を上げて歩いていて、

「ママ! あんな高いところに飛行機! 太陽でキラキラしている。」

私は寒くて、飛行機どころじゃなかったんですが(笑)

「ほんまやねー 夕方とは違う色で光ってるねー。」


いつも飛行機に反応していると、
自閉くんにとっては、
“ママは、飛行機には必ず反応する”
とインプットされているので、

それは、私にとっても、
“いつ何時でも、自閉くんに求められれば、飛行機には反応しなければならない”
なので ( ̄∇ ̄;)

テキトーに反応を返しでもしたら、
たちまち自閉くんは大混乱に陥ってしまうのでした‥

(と、ちょっと自閉くん講座でした(^^))




★ついに!!★


小六娘、帰るなり、ただいまの前に、
『飛び箱やっぱりさあ‥』


六年生の二学期、という、
残すところ小学校生活もあとわずか、になって、初めて、

“通知表で、『がんばろう』 評価”
をもらってしまった娘です。

飛び箱での、台上前転。

ひたすら頑張ったけど、
できるようになりませんでした。

これは、個人懇談で予告されていましたが、
娘、悔しくて泣いてました(^^;)


全国共通?地方共通?市内共通? わからないけど、ちょっと言いたい。

『がんばろう』 と、ちゃうやんなあ。
頑張った。って、自信をもって言えるくらい、頑張ったやんなあ。

娘 『だから、がんばろうじゃなくて、数字で評価して欲しかった。』

そやそや!!!



台上前転‥ 私もできなかったなあ~
落下した激痛、大きな音、目の前にいっぱい見えた星、恥ずかしさは忘れない。




★二学期の変化★

雨。
自閉くんは、乾いているものが濡れていくのが苦手です。

ところが。

「まだ誰も傘、さしてない。」

と、傘をさすのを我慢するようになりました。

不意にちょっと濡れようものなら あんなに怒っていたのに。

周りと同じ行動をとりたい。
我慢できるところまでは我慢しよう。

“ 周りを見る ”
苦手なことに関しても、そんな変化が現れ始めました。


でもでも、

やることは幼児みたいです。
「みて! 大きな葉っぱ、見つけた!!」

大事に持って帰りました ( ̄▽ ̄=)
コラージュをあなたに共有

おやつに関心がないのも、
ちっちゃい頃は、人に説明しづらくて、
なんだかなー って感じだったけど、

さすがに中2だと、
“甘いものが苦手な男” みたいな見方をしてもらえるので、
なんだか面白いなー と思います。

娘と私と主人のおやつ用に、みたらし団子を買って置いてあったのを見つけ、
「これ、どろだんごか?」
と、真顔で… (笑)

んなわけないやろー。 と言ってもわかるわけでなし
食べてみー。 と言っても食べられるわけでなし^^;

私が近くて食べていると、「うわっ! やめて!」 と、
ゲテモノ食いを見るような目で、じっと見ていました(笑)


‥そう言われながら、見られながら食べても、ちっともおいしくないですね(笑)



さ、今晩9時から、校区パトロールです。
年末だなあって感じですねー。

ハズレだった天気予報、
元に戻って大雨、そして、パトロール中止を願いたいです‥(^^;)

って、そうは いかんか。
こんなに晴れてるし。

寒そうだー!!(>_<)







最終更新日  2013年12月20日 14時43分40秒
コメント(12) | コメントを書く
2013年11月29日
カテゴリ:小中学生


【 人のせいにしてはいけないけど良い朝 】

今朝、確かに6時に起きたんです。

そして、
とある方の日記を携帯で読んで、

うわあ‥これが長年連れ添った夫婦の形なんやなあ‥

そして、コメントを、と‥


・・・・・・・・。




娘 『ママ! もう7時!!』

ええっ?!
私、寝てた?!

って、7時~っ?! 起こしてくれてありがとう!!!

これはたいへん。
家を出るまでに50分しかない。


・弁当作る (これは重要)
・子供らの朝ご飯 (普通に重要)
・私の髪をクルクルに (私の命なので重要)
・着替えて顔を作る (別にいいけど、こんな日に限って誰かに会ったら困るから一応重要)
・7時50分に家を出る (重要)


間に合いました!!
(お弁当の隙間埋めに、惣菜お豆に助けてもらったけど(^^;))


-------------------------------------------------


7時に慌てて下りてきた私に、

中2自閉くん 「ママ遅いよ」
小6娘 「お弁当大丈夫?」

カチーン!

「確かにな、寝坊したのはママが悪い。 やけどな、自分らでできることあるやろ。
アンタら早くから、テレビやら本やら見てて、7時過ぎてんの、わかるやろ。
遅くてもママが起きてきたら、もうそれでええのんか??!
ママが間に合わすだけなんか? 自分では間に合おうと思わんのか??」


…自分の事は棚に上げて何ですが^^;

さすがに、時間的にぼちぼちヤバいと思ったみたいで、
自分にできることは何か考えながら、自閉くんに指示を出しながら動こうとする娘^^;

いつも、いちいち、
「これはどうすんの?」「これ、やってー」と聞いてくる癖があるので、
それをするまい、と頑張る姿が面白かったです。

いつもは、手伝うことに拗ねて、本ばかり読んでいる娘ですが、
こういう、“事態” もあっていいのかな。 と思いました。


…自分の事は棚に上げて何ですが^^;


------------------------------------------------


家を出る時間に間に合ったとはいえ、
顔を縦断する2本のくっきり寝あと(/ω\) が消えるわけはないので、
先生にはなんとなく、顔の右側を向けて挨拶しました(笑)


ま、寝坊したけど、結果的には良い朝か。
って、
せわしなくて気がつかなかったけど、霜がおりてました。

今日はそんなに寒かったんだ… 
って、
自閉くんに遅れまいと せっせと歩いていたから、
寒いのに気づきませんでした (^^;)


家に帰る途中、
どこかの駐車場の入り口に、
え?! 猫の死体?! 

と、思ったら、
なんと、ファーの落とし物。
紛らわしい!(笑)

今朝は寒いから持って出たものの、巻く暇なく、慌てて落としたんでしょう ( ̄- ̄)


水高さん日記のせいにしてはいけないけど、
ありがとう。 良い朝でした ( ̄▽ ̄=)

そして、書いたつもりのコメントは夢だったみたいです(笑)




★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



【 赤とんぼ 】

気持ちをしっかり集中させる目的で、おうちリコーダーを始めた自閉くん、
少し前まで、初心者向けアルトリコーダー用の楽譜で練習していました。

でも、考えてみたら
自閉くんは音符を読めなくて、私は譜面がなくても運指がわかる。
そして、選曲は、とっつき易い、自閉くんも知ってる童謡が多い。
なんや、じゃあ楽譜要らんやん。

ということで、
指の練習になりそうな知っている曲を勝手に考えて、
自閉くんには、
歌詞を書いて、『じゃ、次はここから』 みたいに、練習箇所を指して、

今は、“ 赤とんぼ ” やっています。


アルトリコーダーの運指がわかる方ならわかってもらえると思いますが、
あんなに単純な、ゆっくりした曲なのに、初心者には、意外と複雑なんです。
(♯や♭を使わないように、ソから始めてます)

これはなかなか苦戦しています。
クリスマス前にはクリスマスの曲をしたかったんですが、
赤とんぼがなかなか終われないので、
このまま、年末もお正月も赤とんぼかもしれません(笑)


自閉くんはアルトリコーダー
娘はソプラノリコーダー
私はピアノ

de 赤とんぼ


中学生でいる間限定の、おうちアルトリコーダーだけど、
そんなのができたらカッコいいのになあ。。。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



珍しい。
札幌ナンバーが目の前に走ってました。

船で来るのかな。

札幌。
今日みたいな日に聞くと、さらに寒さを感じます。






最終更新日  2013年11月29日 16時22分02秒
コメント(6) | コメントを書く
2013年11月13日
カテゴリ:小中学生



今日は、小学校も中学校もフリー参観でした。

先に日程がわかったのが中学校だったのですが、

肝心の自閉くんが、ちゃんと授業に参加している光景を見られるのは何時間目か?
という質問を支援級M先生にしてみると、
なんとも歯切れが悪い返事で、よくわからなくて、

要は、
自閉くんは、“座ってるだけ” で、
支援級の時間も、教師が足りなくて、
誰か先生は付いてくれるけど、“ちゃんと取り組めないかも” 
みたいな予防線なお返事が返ってきました。

おまけに、
“最近、取り組み姿勢が、実は、だらけ気味” みたいな現状も、
どさくさに紛れて返ってきました。

んもー。


なんか、頑張る自閉くんを観に行く気が失せる以前に、
そんな程度しか、最近は、チェックできてないんですね… みたいな気持ちになったので
行く気が起こらなくなりました。


そこに、
小学校も同じ日にフリー参観、とのこと。

娘の学年は、こういう、披露の場に対する、先生の気合が並でなく、
(たぶん… 参観という域を超えてるなといつも感じる)

プリントによると、
フリー参観と言いながら、2~5時間目、どの時間も濃くて、
参観仕様の発表もの、という内容になっていました。

うーん。。。


ものすごく迷って、
今まで一度も見たことがない、
少人数(クラスの半分)の算数の授業(担任外の先生)と、
体育館で学年全体の音楽発表もので、
娘が進行役の1部をつとめるらしいので、
その2つにしました。



いつも自閉くんを優先してるつもりはないけど‥
娘にしてみたら、そういう印象なのかもしれないです。

私が、中学校の方には行かないで、小学校の方にだけ行く選択をしたこと、
うれしそうにしていました。

やっぱり
自閉くんの様子も1時間ぐらいは観に行こうかと迷いかけていましたが、
その様子を見て、やめました^^;

うれしそうにしてたことに気付いてよかった。 です(*^^*)



==========================================
==========================================



★算数 (反比例) 
一緒に授業を受けた感じでした(笑) 
ほとんど忘れている自分が嫌になりました。
ちょっと賢くなりました!

娘は不思議な視点の意見を真面目に言う傾向にあるのですが^^;
やはり今日も言ってました。

(それを受ける先生の反応が、先生によっていろいろなのが面白いです)

少人数って、いい感じですね。 
担任外の算数の先生も、もと自閉くんの小6担任だった先生でしたが、
教え方が当時と違っていてビックリしました。
子どもたちも授業に向かう姿勢、よかったです。



音楽発表
この子たちの音楽発表、これまで何度聴いたかわかりません。
毎回、うまいのです。 すごいまとまるのです。 95人が。
多分、第三者が見ても、きっと同じ印象だと思います。

練習も、ちっとも滞らずスムーズらしく、
とっても平和な学年です。

中学校に行ったらきっと皆、変わっていくだろうけど、
こんなすごいことができる力がある仲間なんだ、と自信をもっていいんじゃないのかな。

と、親の感想文にも似たようなことを書きました (^^)

個人的には、
音楽専科の先生の存在が大きいと思ってます。
そういう先生がおられない数年間とは明らかに違いますねー (^^)



今日は、なんだかいろんなことが集中して忙しくて、

小中学校のフリー参観は小学校しか行かなかったからいいとして、
自閉くんの送迎と、
娘は塾のお試しコースに行くので下校後すぐに出発させて、
その後は、自閉くんのスイミングに出発で、
合間に、ダスキ◎と生協が届けにきて、それから、子ども会の集金と、


‥ホントにあっという間に、こんな時間になりました。









最終更新日  2013年11月13日 16時50分36秒
コメント(10) | コメントを書く
2013年11月06日
カテゴリ:小中学生



自閉くん 「dokidokiちゃん 行ってらっしゃいに、行く」

え?! お見送り、行くんか~

保護者10人も来ていない お見送りでしたが
実は自閉くんは、dokidokiちゃん目当てではなく、バス目当て(^^;)

(すごい狭い隙間を、辻回しの様に見事なテクニックで
学校敷地から出て行く様子は壮観)

修学旅行のお見送りに、小学校に行ってきました。
6時45分って、寒いんですねえ(>_<)



夏休み明けからひたすら平和の勉強をして、
今日は、広島 資料館と碑めぐり、平和のセレモニーに出席、
リコーダーを吹いたり、外国人にインタビューしたり、

その後は、慌ただしく山口県に移動して、
明日は秋芳洞というスケジュールです。

いつものんびり娘も、さすがに昨日から、キリッとしていて別人みたいでした(笑)
成長して帰って来てくれそう。


願わくば、
クラスの女子がみんなどんだけ身だしなみに時間をかけるか、
ちょっと刺激を受けてきて欲しかったりもします^^;

普段はどんなに言っても使わないが、クシは持ってったのが笑けます。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



自閉くんは二日間の職業体験です。

妹の見送りから帰って、しばらくして、こちらも出発。
私が、小学生の登校班付き添いから戻って、自転車で自閉くんに追い付くまでの間、
支援級M先生にお願いして、Cメールしながら、行きました。

誤算は、
思ったより遠くて、
自閉くんが、緊張すると歩く速度が落ちること。

家から30分では着かないことがわかったので、明日はもっと早く出ないとです(>_<)



走って走って着いてみると、入口で待ち合わせた頼みのSくんがいません。
始業までまだ10分近くあったけど、先に入っちゃったのかもしれない。。。

ちょっとテンション高めだった自閉くんに不安と混乱が見えました。
でも仕方ないです。
(私も混乱した^^;)
一緒に入るわけにはいかないです。


「靴を脱いだら端っこにまっすぐ置いて」
「こないだスリッパ出したところからスリッパを出して履いて」
「2階にあがること」
「おはようございます。とあいさつをして、わからないことはちゃんと教えてもらう」
「働く人は、疲れたよーとか、寒いよーとかいいません」
「勝手に休憩したり、しゃがんだりしません」
「今日はおしまいです。と言われるまで、帰りません」


ああ、思い出してみると、こんなに一気に言ってしまった。。。

こんなんがわかるなら、普通の人ですよねえ。

って、とても自閉くんは聞いていなかったでしょうが。


自動ドアの向こうで、
靴はここ? スリッパはここから? 二階ってここから上がるの??
と、いちいち、ジェスチャーで聞いてくる姿を見ていたら、たまらなくなりました。

こんな緊張、初めてかもしれないです。

学校でもなく、息子をお世話してくれるところでもなく、
息子1人を待ってくれてるわけじゃない、普通の人のいる場所に放り込む。

息子にしてみても、お世話してもらえない経験って、初めてだと思うから、
そんな環境を、どう感じるだろう。

息子の事では滅多に後悔しないけど、「無謀だったかな…」 と思ってしまった。



…そんなこんなで、2人が飛び立っちゃった気持ちでいます。



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



それから、
こちらは、勝手に飛んでってもらっちゃ困る人。

昨日の夕方。
仕事中の主人から、いつもと違う様子で電話があり、
聞くと、愛媛の義父から電話があったらしく、
義母に電話がずーっと通じない状態になっているから見てきて欲しい。と。

(義父は高齢の障害者兄姉を介護して愛媛で暮らし、義母は大阪で1人で暮らしてます)

日に2回、安否確認も兼ねて、連絡を取り合っているが、
こういうことが、たまにあって、これで3回目。


塾から娘が帰るのを待って、2人に留守番させて、
あれこれ、最悪の事態をいろいろと想定しながら車を走らせ、
気持ちを落ち着けて
、ピンポ~ンと鳴らすと、
いつもと変わりない声で「はーい」と、中から声が。


「あれまあ、dokidoki1234ちゃん、なんでえ???」
「お義母さん、電話機電話機。またヘンになってますよ。入りますよ。」
「あれまあ、ほうで。(そうなの?)」


愛媛でずーっと心配している義父に、電話してみせて、無事を報告。

が、思った通り。 この発言が義父を怒らせる^^;


「あんた、なんで私は元気にしとんのに大騒ぎすんの。
dokidoki1234ちゃんまで来てくれてしもうたがね」


あはは… 
もう慣れましたが、
この人は、自分の事で、人がどんだけ心配したか、をわからない。
そのくせ、
自分がどんだけ人を心配してるかは猛烈にアピールしてくれる^^;


そして、
10時頃帰宅したダンナ、私がきっと怒っているだろうと思ってか、
大げさなくらい、不自然にありがとうを連発するので、
また、ありがとうで済ますつもりなのがカチンときて、

もうこれで3回目なのに、
息子として何も対策してくれないことをガツンと言ってやりました。


この人は、自分第一なので、そもそも、人の事を心配したりしない。


義母に、
「ありがとう。 さ、dokidoki1234ちゃん、早くお帰り。 晩ご飯するんでしょ。」

って言われた時、
まるで、ひざカックン状態でした(笑)








最終更新日  2013年11月06日 10時41分09秒
コメント(10) | コメントを書く
2013年10月14日
カテゴリ:小中学生



今日は、男女別で行動です。

ホントは、私は自閉くんと組む予定だったんですが、
いろいろあって… 

って、明日の“一方的に語るの大好き” で、おそらく語ります^^
よろしくお願いします。



女子同士で行動、といっても、
娘、もともと、あんまりおでかけ、好きじゃないんです^^;

ブーブーと文句言う人じゃないので、そんなに気にしてなかったんですが、
「行く?」 と聞いて、飛びついてくるのって、ファミレスぐらい(笑)

人混みとか、長時間ドライブとか、電車とか、たちまち苦痛になるらしく、
ファミレスしか飛びついてこないのも納得です(笑)


と、わかっているけど、
今日は私に付き合ってお出かけしてもらいます^^;
なにせ、初めての道なので、1人では心細い。

方向オンチが、もっと方向オンチを連れての珍道中。
カーナビはないし、せっかくのスマホのナビだって、見る余裕がない。

行き先は、“関西最大級のホームセンター” 

>当店は、ペットやインテリア・家庭用品を中心にした生活館と、
>植物やガーデン・園芸用品を中心としたガーデンセンター、
>木材・建築資材を豊富にそろえた資材館から構成されております。
>家族の皆様で一日楽しめる体験型ホームセンターです。


って、
行ってみたくなりますよね★
(娘は、行ってみたくならないらしい(笑))

無事に行けるのか。

帰ったら、絶対に疲れ果てて、日記を書くどころでない予定です(笑)
(笑いごとではないぞー(>_<))



===========================================
===========================================



なんだか、とても、出かけたい連休です。

といっても、ウチは、“毎年恒例が義務” な行動がとても多いので、
それに費やす連休、という感じですが^^;


昨日の半日、

自閉くんの自転車練習(いや、厳密には、私が自転車組み立てを練習したい。か^^;)
をしてから、
毎年恒例の、当市の里山のコスモス畑でこおろぎを捕る、に行ってきました。


こないだより半分以下の時間で、タイヤがつけられるようになりました (^^)v
私と自閉くんが40分程、練習に行ってる間、
主人と娘は、公園の駐車場で待っていました。

はやくコスモス畑に行きたい自閉くん、機嫌が良くなくて、
私とケンカにもなりましたが、
(自分のこだわりを私にまで強要するので、私も反撃。自閉くんもまた反撃。それがつづく(笑))
それでも結局、予定より沢山乗り回して、終了。 コスモス畑へ移動。

コラージュをあなたに共有

虫の鮮やかな赤って、なんか不思議です。
ヤゴもテントウムシの幼虫も、けったいな形と色なのに(笑)



今年は、イエローがかったコスモスの畑もありました。
自閉くんはコスモスを愛でるわけでもなく、こおろぎ探し。
最後は全員で、こおろぎ探し。

コラージュをあなたに共有




コスモスより、勝手に咲いている草花の方が好きな娘です^^;

コラージュをあなたに共有




これまで、10年間ほど毎年来てますが、
こんなに沢山きれいに咲いていたのは初めてです。

コラージュをあなたに共有



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


というわけで、
今年も、こおろぎ様、20匹ぐらいをお迎えして賑やかな我が家です^^;

ようこそ! わたくし、お世話係のdokidoki1234と申します。
(って、見事に世話しぃひん子どもらです (-"-))







最終更新日  2013年10月14日 11時33分33秒
コメント(8) | コメントを書く
2013年09月28日
テーマ:たわごと(22025)
カテゴリ:小中学生


毎年恒例の、

両家そろって、
小学校の運動会を最初から最後まで見て、
夜はレストランでお疲れさま会をする、長い長い1日が、
無事に終わりますように~‥


‥もう、今日は、
そんな明日を思うと気が気でなく、

とりあえず、家の片づけやら何やらしないといけないけど

いや、
やはり、
せっかく買ったマウンテンバイク、
自閉くんに乗らせてあげないといけないだろ、と、
2人で出かけたりしてしまい、










わざわざ行った河川敷公園は、
まだ台風後、車両閉鎖したまんまだったし、
府立公園に行き先変更、知らない道をびくびく、到着したはいいけど、
肝心のタイヤが着けられなくて四苦八苦!(笑)

自閉くん、イライラしつつ、よく30分も待ってくれた(^^;)
「まだ?!」
「やり方を忘れちゃったわけ?!」
とか、責められながら(笑)


タイヤ着けたら自閉くん、
もう、ピューッと乗っていなくなるし、
いたと思ったら乗り捨てて散策は始めるし、

‥ちっちゃい頃の多動を思わず思い出しました(笑)



★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★



『 もう1人抜いてみ 』

ずっと前に書きましたが、
運動会練習の他に、放課後の陸上練習にも参加している小6娘、

運動オンチなりに鍛えられて、
ペース配分の難しさだの、自分の限界をもっとのばすには、だの、
いろいろ吸収しています。

が、それでもなかなか身につかないこと、
競争心。


もともと平和な人なので、
ベストを尽くしたら満足♪ な感じで(^^;)
まあそれでもいいのですが、

昨日のやりとり。

運動会の全員リレーで、第一走者らしく、

6人でスタートするのに、
ぶっちぎりな男子がいて、これはとてもかなわない。

で、自分よりわずかに速い女子がいて、この子が2位、
で、自分は3位、

そして、この順位が最後まで変わらないらしく、
何度練習しても同じ展開になるらしい。

これってスゴい。
と、言います。
みんなが3位を死守するべく走ってるから。
と、言います。

うーむ。
それでいいのか‥?

じゃ、アンタが接戦の女子を抜いて最初のうちに2位になっといたら、
クラスの白組は2位になるんちゃうん?

娘 「‥‥‥」


順を入れ替えられて第一走者になった娘なので、
それを指示したナントカちゃんの思いはわかりませんが(^^;)
(えーっ! 子供同士で決めたんか~)


いつも2位の子が、もっと本気出すかもしれへんねやでー。

頑張って、もう1人抜いてみーや。


(って、チョー運動オンチのdokidoki1234、好き勝手 言うてますね‥

運動オンチだが、闘争心は人並みにある (* ̄∇ ̄*))










最終更新日  2013年09月28日 17時00分54秒
コメント(12) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全15件 (15件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.